「会社に行きたくない」と感じた時にオススメのストレス発散法6選

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

強いストレスを感じて出勤の時「会社に行きたくない」なんて考えたことはありませんか?

強いストレスを感じると業務に集中できなくなって仕事の生産性に悪影響を与えるのはもちろん、ネガティブになったり体調が悪くなったりすることで、日常生活に支障をきたすこともあります。

この記事では、あなたがなぜストレスが感じてしまうのか、その原因を紹介します。

ストレスを減らして、ワークライフバランスの実現に近づきましょう。

おすすめのストレス発散法

ストレスの対処方法で最も有効な手段は、そもそものストレスの原因を解消すること。
しかし、仕事に関することであるとなかなか難しいです。

ストレスを根本から解消できない場合は、出来るだけストレスを溜めず、定期的にストレスを発散することが重要です。

一時的とはいえストレスを発散させると心がすっきりし、同じことが起きてもストレスに感じなくなることもあります。

まだ自分なりのストレス発散方法を見つけられていないという人は、これから紹介するおすすめの発散法を参考にしてみてください。

体を動かす

スポーツやウォーキングなどで体を動かすことでストレス発散に効果的です。
特にスポーツをしている間は目の前のことのみを考えるため、脳のリフレッシュにもなります。体を動かして疲れさせることで、夜にぐっすりと寝られ、翌朝は気分的にもスッキリしていることでしょう。

スポーツを通して会社以外の人と交流することも、仕事のことを一時的に忘れるために効果的です。

仕事関係の友人と過ごすと、どうしても仕事の話題が出て憂鬱な気持ちになってしまうこともありますが、会社外の人であればそのような話をする必要もありません。

旅行する

国内・海外に関係なく、旅行をして非日常を体験することは心のリフレッシュに非常に効果的です。
初めての場所に行って、初めてのものを見たり・食べたり・体験したりしている間に、仕事のことは忘れてしまうことでしょう。

旅をすることは、世界の広さを実感できたり、世の中にある様々な人・考えに触れる良い機会でもあります。旅先で出会った人と話をしているうちに、自分の悩みやストレスへの対処法を見つけられるかもしれません。

家族や友人と会話する

家族や友人など、気が置けない人との会話も簡単でかつ有効なストレス発散法です。

話の内容は仕事の愚痴や悩みでも、仕事に全く関係のない昔話や世間話でも良いでしょう。大切なのはその人との会話を「楽しむこと」です。会話に集中し、笑ったりすることで自然と心はリラックスしていきます。

悩みを打ち明けられるような人であれば、あなたが抱えているストレスや不安・悩みを聞いてもらうことも出来ます。

悩みを相手と共有することで精神的な負担が軽減される他、考えなどを口に出して話している間に自然と考えが整理されたり、自分一人で頭の中で考えていた時には思い浮かばなかったような解決策や対処法を思いつく可能性もあります。

睡眠・休息をとる

とてもシンプルなことですが、睡眠や休息を取ることはストレス発散にとても効果的です。
人間の脳は、寝ている間にその日あった出来事を整理すると言われています。机の上に無造作に置かれた資料や書類を、寝ている間にキレイにファイリングするようなイメージです。

前日にあった嫌なことも寝てしまうとどうでも良いことのように思えたり、前日の夜に対処法や解決策がわからなかったことが翌朝には解消していたり、といった経験はないでしょうか。

睡眠時間が不足すると、この脳の整理作業が十分に行われず同じことで長期間悩んでしまったり、集中力が持続しなかったりします。

いらないものを捨てる

「断捨離」という言葉が広く普及するようになって数年が経ちますが、ものを捨てることは実は心の掃除にも関係しています。

例えば、別れた恋人の物を全部捨てると前向きな気持ちになれた、学生時代に使っていたペンを見ると受験勉強生活を思い出す、といったように私達は知らない間に「もの」と「記憶」を結びつけています。

つまり、ものを捨てることは記憶を整理することでもあるのです。部屋や職場のデスクに物が溢れている人は、頭の中も色々な記憶がごちゃごちゃとたくさんある状態になっているのかもしれません。

何となくスッキリしない、モヤモヤするという人は、思い切って使わない物・いらないものを捨ててみましょう。

スキルアップのために勉強する

ストレスをバネにして、「今」ではなく「将来」への投資に労力を使うという方法もあります。

例えば、職場の人間関係がストレスになっているけれど、部署異動や今のメンバーの配置換えの予定がなく、いつまでこの状態が続くか分からない、という場合。この考え方を転換し「スキルアップをして転職しよう(状況が変わらないのであれば自分から変えよう)」という考えにシフトしてみることが出来ます。

今の状況を何とかして脱却したい、という気持ちが強ければ強いほど、それはスキルアップする行動のモチベーションになります。

■おすすめのストレス発散方法まとめ
✔︎旅行する
✔︎睡眠・休息をとる
✔︎いらないものを捨てる
✔︎スキルアップのために勉強する

無料キャリア相談!本日も予約受付中

テックキャンプは、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクール。(条件を満たせば給付金の支給があります)

徹底したサポート体制があるので、転職成功率は99% 実際に受講した人の体験談はこちらから

今の仕事を続けて大丈夫だろうか」と不安なら、何でも相談できる無料カウンセリングに参加してみませんか?IT転職に特化したプロのカウンセラーが、中立な立場であなたの悩みを解決します。

無理な勧誘は一切行いませんので、お気軽にどうぞ。※2016年9月1日〜2020年12月31日の累計実績。所定の学習および転職活動を履行された方に対する割合

どうしてもストレスを感じてしまう場合

ストレスを解消する方法をこれまでいくつか紹介しました。
しかし、中には抱え込んでいるストレスが大きくなりすぎて、自分ではどうしようもできないということもあるでしょう。

その場合は、ストレスを発散させる(=一時的に忘れる)のではなく、ストレスの根本を取り除く必要があります。そのための方法をいくつか紹介します。

専門の医者に相談する

最善の方法は精神科などの専門の医師に相談することです。
精神科医は、心をケアするプロです。あなたの悩みに真摯に向き合い、あなたがストレスを乗り越えるためにどのようなことが必要なのかアドバイスしてくれます。

「病院に行くと何かしらの病名を付けられる」(=健康な人でも病院に行くと病人になる)という意見もあることでしょう。しかし、どのような症状であれば、自分で対処できない問題については医者に相談することが重要です。

ストレスへの対処法は、ストレスを発散したり気を紛らわせるだけでなく、薬や医師によるトレーニングも含まれます。たかがストレス、と思わずに医師からのアドバイスに耳を傾けてみましょう。

部署を変えてもらう

部署異動の意思表明や相談をして、積極的な問題解決のための行動を起こしてみましょう。

少し勇気のいることかもしれませんが、負担に感じる環境で働き続けることはあなたの人生やキャリアにとってプラスに働くことはありません。

会社にとっても、あなたによって今の状況がパフォーマンスを発揮するのに適していないことは不利益なことでもあります。

しかしながら、一点注意点として「今の仕事が嫌だから」というネガティブな理由を言わないことです。あくまでも「会社のため」そして「自分のため」の行動であることを示すことが重要です。

具体的には以下のように、会社にただのわがままと捉えられないような正当な理由を述べるようにしましょう。

「社外の人と商談をしてもうまくいかず、精神的な負担になっています。私は決まった仕事を黙々とこなす方が能力を発揮できると考えているため、内勤の部署に異動させてもらうことは可能でしょうか」

「同じ部署の〇〇さんより嫌がらせに近いことを受けており、仕事に手がつきません。別部署に異動させていただけないでしょうか」

休職する

休日や少しの休みで心身の不調が改善しない場合や、ストレスが原因で不眠や食欲不振などの症状も出てしまっている場合、思い切って休職するいう選択肢もあります。

一般的に、上司と相談した上で休職が可能です。会社のルールに従って休職申請を行いましょう。

「自分が長期間休むと、他の社員に迷惑がかかるのではないか…」と不安になってしまうかもしれません。しかし、会社は「組織」として誰かが抜けた穴を別の誰かで補充できるように成り立っています。何よりもあなたの心や体の健康が第一なので、仕事の心配はせずゆっくりと休みましょう。

転職する

仕事内容や職場があなたに合っていないと感じるのであれば、転職を検討してみましょう。

自分にあっていない環境で働き続けても、ストレスはたまる一方です。もしそこで行っている仕事が本来望んだものではない場合や将来のキャリアに繋がらない場合は、あなたの人生の時間を無駄遣いしないためにも転職に踏み切ることをおすすめします。

以下の記事では、今の会社を辞めるべきか迷ったらやってほしいことが紹介されています。参考にしてみてください。

会社がつまらない!いますぐ辞めるべき?転職する前にやるべきこと5選 | テックキャンプ ブログ
「会社へ行ってもモチベーションが上がらず、退屈に感じる」 「スキルアップしている実感がなく、このまま今の仕事を続けるべきか悩む」 「残業ばかりが続いて、仕事を面白いと感じられない」 「会社がつまらない」と感じてしまう方は、このような気持ちに陥りがちです。 この記事を読むあなたも同様に感じ、今の仕事を続けていいのかどうか

ストレスから逃げるのは悪いことではない

休職、転職や退職は、実際に行おうとすると上司などとの相談や面談、手続きなど少し労力のかかるものです。そして転職は給与やキャリアの面でリスクが伴うため、「最後の手段」として考えておくほうが良いでしょう。

しかし、ストレスから逃げることは悪いことではありません。我慢してまであなたがその会社で働く意味は果たしてあるのでしょうか。

忘れてはいけないのは、「あなたがなぜ働いているか」です。自分の生活のためかもしれませんし、家族のため、あるいはなんとなく他にやりたいことがないから、という人や社会貢献のために働いている人もいるでしょう。

仕事=人生のように捉えている人も居れば、仕事=仕事以外の何でもないと割り切っている人もいます。

仕事でストレスを抱えて悩んでいる人は、まずなぜ自分が働いているのか、そしてその目的はその会社・現場でしか達成できないものであるかを考えてみましょう。

そしてあなたの目的が他の場所・環境でも達成されるのであれば、部署異動や転職によって環境を変えることはごく自然なことです。

自分の感情に素直になり、時にはストレスから逃げる方法があることも忘れないでおきましょう。

さいごに

ストレスの発散方法や対処法について紹介してきましたが、重要なのは「ストレスを放置せず、しっかりと向き合うこと」です。

今回ご紹介した方法を参考にして、自分にあったストレスの解決策や対処法をぜひ試してみてください!

また、仕事のストレスを溜めないコツについては以下の記事で紹介しています。こちらも合わせて参考にしてみてください。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?