職場でイライラする人にはどうしたらいい?8つの対処法を解説

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

あなたの職場には、なぜか周囲をイライラさせる人がいませんか?「話を聞いているのかわからない」「謙虚な気持ちがない」など。

この記事ではイライラする人に対処する方法を解説しています。

職場でイライラする人の特徴

あなたの職場には、なぜか周囲をイライラさせる人がいませんか。

例えば以下のような人です。

話を聞いているのかわからない

相槌を打ったり目線を合わせたりしないため、話を聞いているのかわからない人がいます。
あなたも実際に「ちょっと、話聞いてる?」と、イライラして言ったことがあるのではないでしょうか。

理解していないのに「わかった」と言う

「話を聞いてた?」と尋ねると、「聞いてました」「わかりました」とだけ答える人もいるでしょう。

しかし大抵話を理解できておらず、全く異なるものが出来上がることも。

あなたや周囲の人はその度に頭を抱えているのではないでしょうか。

返事だけは立派

「わかりました!」「はい!」「できます!」と、返事だけは立派な人がいます。しかし、有言実行できず周囲をイラつかせてしまうことも。

初めは仕方ないと思っていても、そのような事態があまりにも続くと、フォローに入る気持ちも萎えてしまうでしょう。

謙虚な気持ちがない

自分の成果にしたがったり、すぐ自慢したりする人は、謙虚さが欠けています。

周囲に対する感謝の気持ちも伝わってこないため、周囲がイライラする原因になるでしょう。

人の話を聞けない

自分の話ばかりしたがる人に対しては、会話するうちにイライラしてしまいます。

そのような人は、間違いを少しでも指摘すると話を聞いてくれなくなることも「扱いにくいな」と感じる原因になります。

喜怒哀楽が激しい

子供っぽく、ご機嫌とりをしないといけない人がいませんか。
例えば喜怒哀楽が激しく、プライベートでトラブルがあるのがすぐにわかる人などです。

このようなことが仕事にもすぐ影響するため、正直「面倒だ」と感じてしまうでしょう。

切り替えができない

一つのミスに対していつまでも落ち込んだり、プライベートのいざこざを職場に持ち込んだりする人もいます。

気持ちの切り替えができず、ときには周囲を巻き込んでしまうため、チームを率いるリーダーなどは頭を抱える対象になるでしょう。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

イライラする人に対処する方法

では、職場のイライラする人にうまく対処するにはどうしたらいいのでしょうか。
ここでは8つの方法を紹介します。

その人の立場で考える

周囲をイライラさせる人の中には、納期や時間を守れない人がいます。普通に考えれば守る約束事を破るため、理解に苦しむでかもしれません。

しかし、そのようなときこそ相手の気持ちを考えてみましょう。

どうしても理解できない業務内容があったり、プライベートで大きなトラブルを抱えていたりすることも考えられます。

子供っぽいのだなと割り切る

些細なことで怒鳴り散らしたり理不尽に人を責めたりして、周囲を混乱させる人もいます。

そのような人は、ある意味「どうしようもない」と割り切ることも大切。

言ってしまえば、他人は自分の力だけでは決して変えられません。「この人は子供っぽい性格なのだな」と考え、重要度の高いタスクは任せないようにしたり、振り回されないようにしたりするのも一つの手でしょう。

距離を置く

周囲をイライラさせる人に振り回されないためには、距離を置くのもいい方法です。

しかし、初めから突き放すのはよくありません。ある程度向き合ってみて、あなたに過度にストレスがかかるのであれば、距離を置いて様子を見ましょう。

あなたがその人に対してイライラして、別の人にそのストレスをぶつけてしまっては元も子もありません。「関係を続けるのはもう無理だな」と感じれば、自分の感情を優先してもいいです。

話は聞くけど受け入れない

イライラさせる人と距離をとっていても、相手から話しかけられることもあるでしょう。
そのようなときは必要最低限の話は聞き入れましょう。しかし話半分で聞いてもよいです。

まずは自分の気持ちを優先し「ここまでは受け入れるがここからは別次元」などと、心の中にボーダーラインを引いておくのもよい方法です。

成長のチャンスと思う

「自分のことをわざとイライラさせているのでは?」と感じてしまう人もいるでしょう。例えば「何度言っても同じミスを繰り返す」「嫌味を言ってくる」などです。

しかし、そのようなときこそセルフコントロール力が試されていると考えるのです。

「このイライラをどこにもぶつけずに自分の中で消化できれば、大きく成長できる」と、自分自身を奮い立たせましょう。

反面教師と捉える

イライラさせてくる人を反面教師にする方法もあります。

イライラさせられるような言動があったときも「自分はこういう風にならないようにしよう」と思うのです。

そして「むしろ気づかせてくれてありがとう」と心の中で言い、自分の心の広さに浸るのもいいでしょう。

目の前のことに集中する

イライラしている自分に気づいたら、目の前のことに集中しましょう。

イライラすること自体は仕方ありません。大切なのは、イライラの感情に振り回されず、いち早くその感情を察知して、心の隅に置く癖をつけること。

そして気持ちを切り替えて目の前のことに集中する習慣をつければ、たとえイライラしても周囲にあたらずに消化できます。

時間がもったいないと考える

何度間違いを指摘しても改善しなかったり、気持ちが伝わらなかったり。そのような相手にイライラする時間はもったいないです。

とくにそのイライラが原因で、あなた自身が仕事ができない人になっては元も子もないでしょう。

それよりも、あなたが一緒に仕事をしていて気持ちが良いと思える人とのコミュニケーションに時間を使ったり、もっと生産性のあることに時間をあてたりしたほうが、あなた自身のためになります。

イライラする人とうまく向き合うためのスキル

イライラする人とうまく向き合うためには、以下の3つのスキルが役立ちます。

アンガーマネジメント

イライラして怒ってしまう人は、アンガーマネジメントを身につけましょう。
アンガーマネジメントとは、怒りの感情と正しく向き合うためのスキル。

怒りの感情を正しく理解すれば、怒って周囲にあたってしまったり、怒りで仕事に集中できなくなったりするのを避けられます。

共感力

イライラする人と向き合うためには、相手の気持ちを理解し、寄り添うことも必要です。

とくに現在「全く理解できない」とその人を突き放してしまっているのであれば、一度冷静になり、共感力を持って向き直してみましょう。

共感力は相手の立場に立って気持ちを理解し、寄り添うためのスキルです。

これまで「イライラしてまともに話せない」と感じていた相手でも、共感力を身につければ理解できるようになり、あなた自身から見える世界が変わることもあります。

理解力

あなたをイライラさせる人も、同様にあなたに対してイライラしているのではないでしょうか。

この場合双方に足りないのが「理解力」でしょう。お互いが「なぜわかってくれないのだろう」と感じていると考えられます。

理解力を磨くと、このような状況を打開できるでしょう。姉妹サイトで理解力を高めるための本を紹介しているので、参考にしてください。

「理解力がない人」からの脱却!理解力を高める8つの方法とおすすめの本も紹介 | テックキャンプ ブログ
物事の仕組みや状況を適切に判断する能力を指す理解力は、トレーニングによって高めることが出来ます。「もう理解力がない人だと言われたくない」という方のために、本記事では理解力を高める8つの方法を解説します。

イライラする人とは距離をおくことも大事

職場でどうしてもイライラする人には、まずその人の立場で理解する努力をしましょう。

しかしそれでも状況が打開できないのであれば、あなた自身の感情を優先してもよいです。

その人とは距離を置き、気持ちよく仕事ができる人とのコミュニケーションを大切にしましょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?