よくある仕事の悩みを解決するには?【若手社員向け】

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

「仕事を効率よく進められない」「残業時間が長い」
「上司や同僚との人間関係が上手くいかない」

このような悩みを我慢したままでいると、仕事のモチベーションが下がったり、会社に行きたくないと感じてしまったりすることでしょう。

そこでこの記事では、20代の若手社員が感じやすい悩みと、その解決方法について解説します。

仕事の悩みを0にして、ワークライフバランスの整った生活を手に入れましょう。

若手社員によくある悩み

仕事の悩みと一言で言っても、その内容は年代や性別、業種・業界などによって異なります。

それら全てをピックアップすることは難しいため、ここでは若手社員の多くが共通して抱えやすい悩みに絞って紹介します。

仕事がスムーズにいかず残業が多い

入社して数年以内の若手社員によくある悩みが、仕事そのもののやり方や進め方に対する悩みです。

代表的なものとしては「振られた仕事を効率的に進められず、残業時間が増えてしまうこと」があります。

例えば、

「ある一つの書類作成をするために先輩社員が30分でやれることに1時間以上費やしてしまった」

「上司や先輩からプレゼン資料のミスや漏れを指摘され、修正のために何時間も残業してしまった」

など。仕事に慣れていない間はこういったことがよく起こります。

残業続きの毎日で、睡眠時間が十分に取れなかったり、友人や家族との時間が減ってしまったりと、不満やストレスに繋がる点も注意するべきです。

ミスが多くて上司に怒られる

仕事をスムーズに進められないことに関連した悩みとして、「上司や先輩からいつも(よく)怒られる」があります。

「作成した書類の誤字脱字で怒られる」「取引先への不適切な対応で怒られる」「重要な締切を守ることが出来ずに怒られる」など、入社して間もない若手社員は様々な理由で怒られます。

そのように日々怒られ続けるうちに、「自分はだめ(出来ない)人間だ」と自己嫌悪に陥ってしまうケースも考えられます。

上司も部下を育てるためにきつい口調で教えている面はあります。しかし、あまりにも負担に感じるようなら我慢するべきではありません。

思ったような成果が出せない

「頑張って仕事をこなそうとしているのに、なかなか成果に繋がらない」という悩みも若手社員が多く抱くものの一つです。

例えば「営業職として少しでも売上をあげようとしてテレアポをしているのに、なぜかアポイントが取れない」など。

こういった悩みは、具体的な解消方法を自分で見つけるのが困難です。

仕事のやり方に何らかの問題があるのだとは思うものの、どのように変えればよいかわからずにただ悩む日々が続く。このような若手社員も多いのです。

見当はずれな作業ばかりしてしまう

よかれと思って自分なりに仕事を見つけてやってみたが、実はそれが全くの見当はずれ。逆に上司や先輩から「もっとやることがあるだろう」と言われてしまったという経験はありませんか?

少しでも成果を出したい、チームや部署の役に立ちたいといった前向きな気持ちは素晴らしいです。

しかし気持ちかあれば必ず成果に結びつくわけではないのも事実。

自分なりに動いた結果、「言われたことだけやっていればよい」と先輩や上司から怒られてしまったのではやる気や向上心にマイナスの影響が出るでしょう。

仕事に対して意欲的な若手社員に多い悩みです。

社内での人間関係がうまくいかない

上司との関係が上手くいかない、同僚と仲良くできないなど、人間関係の悩みは若手社員に限らず全ての年代やポジションでよくある悩みです。

特に大学を卒業して入社したばかりの若手社員の場合、それまで多かった「友達同士」の付き合い以上に、上司や先輩、顧客といった立場や年齢の異なる人たちとの交流が増えます。

どのような態度・言葉遣いで接すべきかわからず、悪気はなくとも相手に失礼な振る舞いをしてしまったという人もいるでしょう。

人間関係の悩みは転職者の主な転職理由の一つでもあり、日々接する同僚や上司との円満・円滑な関係は仕事を長く続けるうえで大切な要素の一つです。

給料がなかなか上がらない

頑張って仕事をしているのに給料がなかなか上がらないという悩みもよくあります。

これは仕事に慣れてきて、少しずつ成果を出せるようになってきた20代後半~30代前半によく見られる悩みです。

別の会社や業界で働く同年代の人と比べてしまったり、結婚や出産などのライフイベントを迎えると、高い給料を求めるようになりがち。

また日々の仕事に少しずつ余裕が出てきたことで、給料に対する不満や欲求を感じやすくなることも原因です。

同期社員が自分より早く出世する

同期社員が自分より早く出世して、より重要な仕事を任されていたり、自分より先に部下を持っていたりするのを間近で見ると焦りや不満を感じてしまうでしょう。

出世のスピードは同じ会社であっても部署や職種によって異なります。また同期社員と全く同じ仕事をしていない限り、出世の早さを正しく比べることはできません。

しかしながら、「あの人はもうチームを持っている」「あの人は自分よりも早く◯◯の仕事を任されている」と比べてしまうことで、自己嫌悪になってしまったり、自身の仕事内容や上司に対して不満を抱いてしまうことはあります。

無料キャリア相談!本日も予約受付中

テックキャンプは、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクール。(条件を満たせば給付金の支給があります)

徹底したサポート体制があるので、転職成功率は99% 実際に受講した人の体験談はこちらから

今の仕事を続けて大丈夫だろうか」と不安なら、何でも相談できる無料カウンセリングに参加してみませんか?IT転職に特化したプロのカウンセラーが、中立な立場であなたの悩みを解決します。

無理な勧誘は一切行いませんので、お気軽にどうぞ。※2016年9月1日〜2020年12月31日の累計実績。所定の学習および転職活動を履行された方に対する割合

若手社員の悩みを解決する方法

仕事中は何かと我慢を強いられることの多い若手社員。

今抱えている悩みも「年数が経てば解消されるだろう」と考えて放置してしまいがち。

時間が解決する悩みもあるでしょうが、全てそうとは限りません。自分の力で解決できるものは、早い段階で解決し、仕事に悪い影響が出ないようにしましょう。

ここからは、若手社員の悩みを解決する方法を紹介します。

業務効率化の方法を見つける

仕事がスムーズに進まずに残業が多い、という悩みを持っている場合は、あなたの今の仕事のやり方で何か業務効率化の方法がないかを探してみましょう。

例えば、業務の報告書や営業レポートの作成に時間がかかっているのであれば、自分なりのテンプレートを用意して同じ形式の書類なら簡単に完成できるような仕組みを作る。

わからないことがあるとそこで作業の手が止まってしまうのであれば、15分調べてわからなかったことは先輩に聞くというルールを設定する、など。

自分なりに仕事のやり方を見直してみましょう。

作業の優先順位をリストアップする

残業時間が多い人の中には、全ての仕事を同時にこなそうとしているケースもあります。

来週までに終わらせられればよい仕事を今週中にやろうとしていたり、逆にタスクの優先順位付けが甘く締切直前に残業をして終わらせなければいけなかったといった経験はありませんか。

あなたの管理をしっかりとやっている上司であれば締切や作業のボリュームを考えて仕事を依頼しているはずです。

「残業は仕方のないこと」ではなく「仕事は本来の就業時間内に終わらせるもの」という意識を持ち、作業の優先順位とそれぞれのボリューム(かかる時間)の管理を徹底して行うようにしましょう。

できれば、仕事を始める前に1日の作業を全てリストアップしてみてください。終業時間から逆算し、どの作業を何時までに終わらせるか目標を立てることで、残業せずに仕事を終えやすくなります。

メモを取るクセをつける

上司や先輩から怒られてばかりいるという方は、具体的にどのようなことで過去に怒られたかを振り返ってみましょう。

もしかしたら、誤った理解のまま上司の指示と違うことをやってしまうなど、いつも同じ理由で怒られているかもしれません。

そのような場合は、その怒られる原因をこれから作らないための方法としてメモを取るクセを付けてみましょう。

メモを取ることで頭の中を整理することになり、曖昧な理解のままで仕事を進めることを防ぐことが出来ます。

先輩や上司から仕事のアドバイスをもらう

頑張っているのになぜか成果が出ない、頑張ろうとしているのに空回りしてしまうという方は、思い切って先輩や上司からアドバイスをもらうことも方法の一つです。

あなたの仕事ぶりを近くで見ている先輩・上司であれば、あなた自身が気づいていない改善点を指摘してくれるかもしれません。

もらったアドバイスはまずは素直に受け入れ、実践してみることが大切です。

頭では理解していても実践できないという場合には、どうすれば実践できるのかなどを相談してみてもいいでしょう。

小さな仕事を通して基本スキルを身につける

仕事はスポーツと同じく、練習しなければ上達することはありません。

あなたから見て完璧に仕事をこなす先輩や上司であっても、昔は仕事でミスを繰り返しながら基本的なスキルを身につけていったはずです。

「いつかはあの人のようになりたい」「◯◯の仕事を任せてもらえるようになりたい」という目標があるのであれば、いきなりそこを目指すのではなく今できる仕事を通して基本的なスキルを身につける努力をしましょう。

相手の立場になって物事を考える

人間関係に対して悩みがある場合は、自分の好き嫌いだけでなく、冷静に相手の感情も考えることで少しでも人間関係の良化が図れる可能性があります。

そもそも職場は仕事をする場であって、なれ合いの場ではありません。

あなたに対して厳しい意見を言う顧客や上司も、彼らは彼らのやるべき仕事をしているのです。

そのように考えると「なぜあの人はあのような言動を取るのか」といった不満や疑問を解消でき、他者に対しての理解がより容易に出来るでしょう。

社内の人と無理に仲良くしなくてもいい

先ほども説明した通り、職場(会社)は仕事をする場所。同僚や仕事相手と無理に仲良くする必要はありません。

仕事中に何度も無駄話を持ちかけられて集中ができない場合には、「今日中にやらなければいけない仕事があるので集中させてください」と言っても問題ないでしょう。

仕事終わりの飲み会や休日の社内イベントなども、あなた自身が行きたいと思えるのであれば参加し、そう思えないのであれば断ってもよいのです。

社内の人間関係に悩みを持っている人は、「仕事は仕事」と冷静に捉えたほうが気持ちが楽になることでしょう。

資格やスキルを身につける

出世や給料アップに対しての悩みがある方は、資格やスキルを身に着けてキャリアアップが出来ないかを考えてみましょう。

企業によっては特定のスキルを持っている人に対して特別な手当が支給されたり、昇進・昇格の条件として資格の取得が設定されていることがあります。

何より、資格やスキルの取得はあなた自身のスキルアップと自身に繋がります。

今の自分に必要なスキルは何か、どのようなスキルを身につければより職場や会社で求められる人材になれるかを考え、行動しましょう。

資格取得マニアならないために|本当に仕事に使える資格はこれだ! | テックキャンプ ブログ
「もっとパワーポイントで見やすい資料が作れたらなあ」 「エクセルを使いこなせればもっと仕事が早くなりそうだなあ...」 「どうせなら実際の業務に活かせる資格を取りたいな!」 今の業務の完成度をワンランクアップさせたい!と思ったことはありませんか? 資格の勉強をすることで、業務で使えるスキルが身につけば一石二鳥ですよね。

自分のペースで仕事をこなす

同期入社の社員の出世をみると焦ってしまいますが、一度気持ちを落ち着けましょう。

仕事に対して本気で取り組んでいるのであれば、同期社員が自分より先に出世して悔しくないはずはありません。

しかし、そこで慌ててがむしゃらに仕事をしても出世につながるとは限りません。

ミスが増えたり、無理して体を壊したりして逆にチームや会社に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

成長のスピードは人によって異なるもの。自分のペースで昇格した方が、あなた自身にとってプラスに働く面が大きいことを理解し、無理のない範囲で仕事を続けていきましょう。

若いうちは悩み事の連続

若手社員によくある悩みとその解決方法について紹介してきましたが、若手のうちは特に悩み事が増える時期です。

順調に仕事をしているように見える先輩社員であっても、大小様々な悩みを乗り越えてきたはずです。

大切なことは「あまり深刻に悩みすぎないこと」「自分がスキルアップするため意欲的に仕事に取り組むこと」です。

キャリア、スキルを重ねながら、問題を一つ一つ地道に解決していきましょう。

厳しければ転職も考えよう

残業が多い、人間関係が上手くいかないといった理由は若手社員に限らず多くの社会人が持つ悩。その原因や程度によっては自分自身の努力や工夫では解決が難しいこともあります。

例えば残業を許容する企業文化であったり、部下の面倒を見ようとしない上司などは、本人の努力で多少の改善が出来たとしても、その悩みが完全に解消されることは出来ません。

そのような場合には思い切って転職をすることも方法の一つです。

転職をすることで、解消される悩みもあります。それだけでなく、「より仕事に対してやる気が持てるようになった」「給料が大きく上がった」といったケースも。

転職をきっかけに人生がよい方向に動くようになったという人もいますので、今後の選択肢に含めておくのもおすすめです。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?