リカレント教育で一生のスキル・知識を得よう!おすすめサービスなども紹介

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

IT技術の発達、終身雇用制度の崩壊、長寿化による人生100年時代の到来。これからの時代、私達はより仕事において求められるスキルが増え、働く期間が増えていきます。

「自分のスキルのアップデート」「新しい知識・スキルの習得」を増やすことが働く上で欠かせなくなります。

その手段として今注目されているのが働きながら学び直すリカレント教育です。

この記事ではリカレント教育の必要性やおすすめのサービスなどを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

リカレント教育とは

リカレント教育とは一生涯において就労と教育を繰り返すという教育制度のことを指します。

欧米では一般的な教育制度ですが、日本ではこれまでなじみがありませんでした。

総合転職エージェントのワークポートが2020年に社会人に実施した調査では、リカレント教育について知っているのは2割のみでした。

認知度はまだ低いですが、今日本で徐々に注目を集め始めています。

ちなみに、リカレントとは英語の「recurrent」をカタカナ表記した言葉。日本語では「繰り返し、循環」といった意味です。

義務教育を終えて就職した後も、それぞれの人生のタイミングにおいて学び直すことから「社会人の学び直し」「学び直し教育」として知られています。

下記の記事では、社会人が学び続けるメリットや勉強するべき内容について解説されています。こちらも参考にしてみてください。

社会人だからこそ勉強は必須!学び続けるメリットと勉強すべき内容5つを紹介 | テックキャンプ ブログ
本記事では、社会人が勉強すべき内容やメリットについてを紹介します。この記事を読んだあなたが、勉強する際の不安や疑問点を解消し、明日からの行動につながるきっかけになれば幸いです。

リカレント教育と生涯学習の違い

「生涯学習とは何が違うの」と思う方もきっといると思います。

生涯にわたり学び続けるという点では同じ様に捉えられがちですが、実はリカレント教育と生涯学習は別物です。

生涯学習は生涯において学ぶあらゆる学習のことを指します。文化活動、スポーツ活動、ボランティア活動なども含まれます。

つまり、幸福で豊かな人生を歩むために学ぶ学習のことです。

リカレント教育は趣味や生きがいなどのために学ぶのではなく、仕事に活用できるスキルや知識を学ぶという教育です。

仕事でのスキルアップやキャリアアップが目的で、働くことが前提にあります。

リカレント教育の対象者

リカレント教育の対象者は義務教育などを終え、社会人として活動している全ての人です。

定年退職をした元社会人なども含まれます。年齢制限はなく、「学びたい」と思ったら誰でも学び直せます。

結婚や出産などで退職、休職してブランクがある人でも学ぶことができます。

年収1000万円以上の6割がリカレント教育を受けている

エン・ジャパンが35歳以上のミドルに行った調査では、年収1000万円以上の6割がリカレント教育を行っていると回答しています。

学習内容は専門的な資格が最多でした。教育機関は「民間サービス」が最も多かったです。

年収の高い人の多くがリカレント教育をやっているというのは興味深い調査結果ですね。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

リカレント教育が求められる背景

今なぜ日本でリカレント教育が脚光を浴びているのでしょうか。

背景には、長寿化、終身雇用の崩壊、技術の発展に伴う労働市場の変化などがあります。

政府もリカレント教育を積極的に後押ししており、これからの時代を生きる社会人には必須の教育になるでしょう。

長寿化

日本は平均寿命が伸びており、今後私達は定年退職後も働く必要が出てくるかもしれません。

「人生100年時代」と言われる時代に私達は常に新しい知識やスキルを身に着ける必要があるのです。

終身雇用の崩壊

終身雇用の崩壊に伴い、1つの会社でキャリアを積むということが形骸化してきました。

社内教育だけに頼るのではなく、社員が主体的に自分自身のスキルアップのために何をするかが求められているのです。

雇用の流動化の中で私達は自分のキャリアパスを考えていかなくてはいけません。

技術の発展

技術の発展もリカレント教育が求められる要因になっています。

「AI」や「IoT」などの技術発展で私達は働く上で新しい知識・スキルが必要になってきています。既存の働き方では通用しなくなり、常に最先端のスキルを持っていることが欠かせないのです。

下記の記事では、AI時代に備えて今からやるべきことが紹介されています。こちらも参考にしてみてください。

AIは仕事を奪う?今から備えるべきこと9選【AI時代を想像できる本も紹介】 | テックキャンプ ブログ
AI(人工知能)時代を迎え、これから仕事が徐々に消えていくかもしれません。今後生き残っていくためにどのような心構えが必要か知りたいと思います。この記事では仕事をAIに代替されないための心構えを9個紹介します。また、AIによってなくなる仕事の特徴や、実際に雇用に影響が出始めている会社などについて解説します。

政府がリカレント教育を後押し

リカレント教育は政府も全面的に後押ししています。

内閣官房の人生100年時代構想推進室は「リカレント教育 関連資料」を発表。日本ではリカレント教育を約8割の企業が認めていないことを指摘しており、政府は企業に変革を求めています。

文部科学省では、リカレント教育を推進していくために、社会人の学び直しを進めている大学を認定する制度などを設けました。

また、学び直しをした社会人の中途採用を上場企業に求めるなどの呼びかけをしています。

リカレント教育を提供する民間・教育機関

「リカレント教育を受けてみたいけど、一体どこで受けられるんだろう」

興味を持ってもどうしたらいいのか分からない人もいるはずです。ここでは、リカレント教育が受けられる民間サービスや教育機関について紹介していきます。

Schoo

出典:Schoo

学ぶことを躊躇している人におすすめなのが「Schoo」です。

オンライン学習を通して、リカレント教育を提供しています。参加型の生放送による授業と4600以上の動画教材を通して仕事に活かせる知識やスキルを獲得することが可能です。

生放送では教師、受講生同士の交流が可能なので、学ぶ意欲を維持できます。授業は録画されれいるため、いつでも見直すことができます。

スマホからでも見ることができるので、隙間時間で勉強したいという方はぜひ受けてみてはどうでしょうか。

  • ビジネススキル
  • テクノロジー
  • プログラミング
  • 企画・マーケティング
  • 起業・複業・キャリア

上記のように、ありとあらゆるジャンルがあるので、きっとあなたが学びたいことが見つかります。

リカレント教育のBBT

出典:BBT

グローバル環境で活躍できる人材育成に力を入れているのが「BBT」。あらゆる世代を対象にインターネットを通してリカレント教育を提供しています。

様々な分野の第一線で活躍している企業経営者、経営コンサルタントなどからビジネスについて学ぶことができます。

オンライン学習のため、時間に縛られずにいつでも勉強することが可能。実践的なプログラムを提供しているため、キャリアアップに繋がるでしょう。

MBA取得、起業の準備、ビジネス英語の鍛錬など目的別に数多くの学習が可能です。コンテンツ量は10,000時間分あり、繰り返し見ることもできます。

大学

全国の様々な大学もリカレント教育を推進しています。

各大学では教養、ビジネス、資格まで幅広く受講することができます。

茨城大学では2020年度から地域の社会人向けにリカレント教育を拡充させました。前年度の10倍以上に増やし、1000科目から学びたいことを選択できるのです。

それだけ需要が高まってきていると言えるでしょう。

ほとんどの大学で夜間授業を提供しているため、日中働いている人でも安心して通えます。

リカレント教育を行っている大学の一部を下記に紹介しておきます。

  • 早稲田大学:論理的思考トレーニング、経営が見える会計など
  • 明治大学:金融・財務リテラシー、ビジネスコミュニケーションなど
  • 筑波大学:スポーツ・ヘルスプロモーションの政策立案など
  • 阪南大学:実践ビジネス、情報とメディアなど
  • 愛知大学:ICTパソコン、資格取得など

専修学校

文部科学省は2019年度から全国3000校ある専修学校でリカレント教育に取り組み始めました。

職業教育に特色がある専修学校。学校と企業が協働体制を築き、人手不足や生産性向上に寄与する人材を育成する狙いがあります。

社会人の方はこれまで培った分野に加え、異分野のスキルを学び、今後の働き方に活かすことができます。

例えば美容師が介護知識技術を学ぶ講座を受けることで、訪問美容師という新しい仕事に就いてもらうということを想定します。

キャリアアップや新しい道に進んでみたいという方におすすめです。

リカレント教育を受けるメリット

リカレント教育には一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

年収増加

スキルアップで業務範囲が広がれば年収アップが期待できます。

内閣府の「平成30年度年次経済財政報告」によると、リカレント教育学習者は何もしていない人に比べ、2年で9.9万円、3年で15.7万円年収が増加しているのです。

一定期間学習を続けることによって年収は少しずつですが上がっていくでしょう。

心が豊かになる

自分の就きたい仕事に就けることが可能になり、働きがいを得られるでしょう。

また、学んだことが社会のために役立つという実感を得ることで自己肯定感も高まり、幸福度が高まります。

就業確率が高まる

一度、結婚や出産などで退職したり、介護離職などをした人でも就業確率が高まります。

リカレント教育は人生をコントロールするという点においてもかなり効果的な学習です。

専門性の高い仕事に就きやすくなる

専門的な知識やスキルを得ることによって、定型的な仕事からの転職も可能になるでしょう。

今後はテクノロジーのさらなる発展で、専門性の高い人材の需要が高まります。

経済産業省が発表した「IT人材の最新動向と将来推計調査結果」では、IT人材が2030年に79万人不足すると指摘されています。

リカレント教育でIT分野を学ぶのもおすすめです。

リカレント教育を後押しする助成金制度

学び直しをしたいけど、金銭的に厳しいという方もいると思います。


リカレント教育を受けるための助成金制度もあります。
ぜひ活用してみてください。

教育訓練給付金

働く人の早期の再就職と早期のキャリアアップを後押しする教育訓練給付金

厚生労働大臣の指定する講座を受講し、修了した場合に支払額の2割が支給される制度です。職業能力アップを目的とした講座が給付対象になります。

雇用保険の被保険者であれば、失業者だけでなく在職者も利用することが可能です。

専門実践教育訓練給付金

中長期的なキャリアアップを支援する専門実践教育訓練給付金。専門性の高い知識やスキルの習得を目的とした講座が給付対象です。

上述した教育訓練給付金と同じく、厚生労働大臣の指定する講座の受講によって支払額の2割が支給されます。

まとめ

まだまだ認知度の低いリカレント教育ですが、これからの時代をどう生きていくか模索している方はぜひ学ぶ機会を作ってみてはどうでしょうか。

仕事に直結したスキルや、これからの時代に求められる知識を得ることできっと働き方の選択肢も増えていくはずです。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?