職場での孤立感を前向きに捉えるための5つの方法!孤立することのない仕事も紹介

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

社会人になってから職場で孤独を感じていませんか?

職場での孤立が、自分の力ではどうしようもないケースもあるでしょう。職場での孤立は人生に大きな影響を及ぼします。

孤立したことがストレスとなり、私生活にも影響が及ぶとワークライフバランスも崩れてしまいがち。

この記事では、職場での孤立を気にしないための思考法や、孤立して「会社を辞めたい」と感じているときに選ぶべき仕事を紹介します。

職場での孤立は改善できないことも

職場での孤立は、自分では解決できないこともあります。

例えば以下のようなケースの場合、自分の働きかけのみで解決するのは困難でしょう。

自分を陥れるような人物がいる

職場に何を言っても文句をつけてくる人がいると、身動きが取れなくなってしまいます。

会話しようとしても相手にしてくれなかったり、あることないことを噂されていて不信感が募ったりすると、孤立しないように頑張ろうとする気力も湧いてこないでしょう。

職場での孤立がいじめに発展している

職場での孤立がいじめのようになっているのは大きな問題です。

例えば、社内の共有事項が自分に行かないように仕向けられたり、意図的に悪い噂を流されたりするなど。孤立が業務にも悪影響を及ぼしていると、仕事に集中しようと思ってもできない状況です。

職場に逃げ場がなく、精神的に追い込まれる原因になってしまいます。

孤立が原因で精神的に不安定

「職場で孤立していて出社するのがつらい」
「職場のことを考えると体調が悪くなる」

このような状況では、孤立を改善するための対策を取ることもできません。

精神的に不安定な状態と考えられるため、まずは心身の調子を整えるのを優先すべきでしょう。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

職場での孤立をメリットと捉えるには

一方、職場で孤立することをメリットと捉える方法もあります。

ここでは職場での孤立を気にしないための思考法を紹介しましょう。

無駄な飲み会に誘われなくなる

そもそも人付き合いが苦手な人にとっては、職場での孤立が逆にメリットになることも。

とくに集団の飲みの席を避けたかった場合、誘われなくなることが楽に感じられるでしょう。

それまで断る理由を一生懸命考えていた場合、一気にストレスフリーになることも考えられます。

一人で動きやすいから楽

「あの人は群れるのが苦手な人なのだ」と周囲から認識されると、一人で行動しやすくなります。

もともと一人でいるのが好きだった人には好都合でしょう。周囲の人の気持ちを気にしながら動く必要がなくなります。

自分の仕事に集中できる

周囲から相談事を持ちかけられたり、仕事に関係ない話をされたりすることが減り、業務に集中できます。

仕事を早く終わらせて、プライベートの充実をはかれるでしょう。

職場以外にコミュニティーを作るきっかけになる

「職場は仕事をするところ」と割り切り、職場以外のコミュニティーで楽しむこともできます。

例えば趣味のためのコミュニティーに参加して、視野を広げるのもいいでしょう。

以下の記事では楽しみながらお金を得られる趣味について紹介されています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

そもそもデキる人は群れない

「デキる人は群れない」と考えるのもおすすめです。

「群れるのは同じレベル感の人同士が集まっているから」
「自分がこの職場に違和感を感じるのは達観したスキルがあるから」

このように考えると孤独感を感じにくくなり、一層仕事に専念できるでしょう。

孤立して会社を辞めたいときに選ぶべき仕事

職場で孤立して辛いなら、孤立感を感じる必要のない仕事を選ぶのも一つの手です。

人とのコミュニケーションが少ない仕事

黙々と作業をこなす仕事であれば、そもそも人と接する時間を減らせます。

例えば工場のライン作業や倉庫作業スタッフなどです。人付き合いが苦手な人は、楽に感じられる仕事の一つでしょう。

以下の記事ではひとりでできる仕事について紹介されています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

在宅勤務ができる仕事

在宅でできる仕事も、人と接する時間を減らせます。

例えばプログラマーやWebデザイナーなどのWeb専門職は、リモートワークが認められる代表的な職種でしょう。

そのような専門スキルを身につけて転職し、リモートワークできるようにするのも一つの方法です。

個人でできる仕事

個人でできる仕事なら、人付き合いを気にする必要はほぼないでしょう。

例えばフリーライターやブロガー、アフィリエイター、ネットショップ運営など、個人でできる仕事にはさまざまなものがあります。

一方で、いきなり会社を辞めてフリーランスになるのはリスクを伴います。まずは副業としてはじめて、継続できるかどうか判断するのが無難でしょう。

以下の記事では副業から始める理由について解説されています。こちらも参考にしてみてください。

職場で孤立して辛いなら、転職も視野に

職場での孤立は自分からの働きかけのみでは解決できないケースもあります。

その場合は孤立をむしろメリットと捉える方法もあるでしょう。

しかし職場での孤立が原因で心身ともに消耗しているのであれば、転職も視野に入れましょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?