人望が厚い人になるには?メリットや役立つ本も紹介

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

人望が厚い人になるには、どうしたらいいのでしょうか。

特に仕事で部下を持つ人は悩んでいることでしょう。人望を集めることで部下のモチベーションを挙げてチーム内の生産性を高めればワークライフバランスの実現にも一歩近づきます。

この記事では人望が厚い人になるための方法や、人望を厚くするメリットを解説するので、ぜひ参考にしてください。

人望が厚い人になるには

人望が厚い人になるには、以下の5つのポイントを押さえて行動する必要があります。

1つずつ見ていきましょう。

締め切りや時間などを厳守

そもそも「人望が厚い」とは、周囲から信頼の念を集めることを指します。

ですから人と何か約束事を交わした時は、必ず守らなければなりません。小さな約束事でも必ず守り、コツコツと信頼を集めることで、人望を厚くすることができるのです。

周囲に責任を押し付けない

人望の厚い人は、周囲に責任を押し付けず、まず「自分は何ができるのか」を考えます。仕事上何かミスがあったとしても犯人探しはせず、解決に全力を注ぎましょう。

そのような姿勢が周囲からの信頼を得るきっかけに。一緒に気持ちよく仕事ができる相手と思われるでしょう。

愚痴や陰口を言わない

その場にいない人の噂話をしたり陰口を言ったりすると、たちまち信頼を失うきっかけになります。

なぜならそのような話は「ここだけの話」としていたとしても、巡り巡ってさまざまなところへ拡散するからです。

もし誰かの噂話や陰口を言うシーンに遭遇しても「そうなんだね」と返すに留めておくべきです。

そして、物事の感じ方・考え方は人それぞれで、自分にとっては必ずしもそうとは限らないことを念頭に置きましょう。

常に笑顔を心がける

周囲からの信頼を集めたいなら、常に口角を1センチ上げることを心がけましょう。

自分では真剣に仕事に励んでいるつもりでも、その真剣な表情が不機嫌に見えることもあるからです。

特に1日の始まりの挨拶の時は元気よく行い、周囲から声をかけやすい雰囲気を出せるようにしましょう。

相手のことをまず考える

何か相談を受けた時も、まず「聞き役」に徹することが大切。

相手の気持ちを汲み、理解しようと努めましょう。

「何か上手いことを言おう」「アドバイスしてあげよう」と思う必要はありません。

ただ相手の話をオウム返しするだけでも、相手は「話を聞いてくれている」と安心し、あなたに心を開いてくれます。

相談をしてくる人の中には「ただ話を聞いてもらいたいだけ」の人も多くいることを理解しましょう。

以下の記事では、聞き上手になるための方法が紹介されています。あわせて参考にしてみてください。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

人望が厚い人になるメリット

人望が厚い人になると、ビジネスもプライベートもうまくいくようになります。

コミュニケーションスキルが上がる

人望が厚い人は、周囲の人に「頼りやすい」「相談しやすい」と思われる人。つまり、人と関わり合える力=コミュニケーションスキルの高い人と言えるでしょう。

信頼度を上げるコミュニケーションができると、当然ビジネス面にも好影響を与えます。

クライアントから「この人なら信頼できる」「この人となら気持ちよく仕事できる」と思われ、成果に直結します。

感情をコントロールできる

人望の厚い人は周囲に責任を押し付けません。何かチームでトラブルがあったとしても、犯人探しをせず解決に全力を注げるからです。

「自分のせいではない」と思うことは誰にでもあるでしょう。しかしその気持ちをコントロールできれば、物事を前向きに捉えられるようになります。

そして、そのような姿勢を周囲も認め、あなたと一緒に仕事がしたいと感じるようになります。

周囲や上司からの信頼を得られる

約束事や時間を厳守すれば、その分信頼を高められます。

「絶対に決めた時間に納品してくれる」「約束の時間を守ってくれる」など、このような周囲からの評価が蓄積され、人望は厚くなっていきます。

しかし、信頼は徐々に蓄積されるもの。一見回り道と思えても真摯に向き合い、コツコツと物事に取り組みましょう。

謙虚な姿勢が身につく

人望の厚い人は、自分の成功やスキルを自慢しません。

たとえ自分が率いるチームが大きな成果を出したとしても「チームメンバーの努力のおかげだ」とまっすぐ言えます。

このような謙虚な姿勢は、さらに信頼を高めるきっかけになるでしょう。

人や物事に誠実に向き合える

人望が厚い人の特徴として「私利私欲に走らない」ことが挙がります。

人と交わした約束はしっかり守り、仕事に対しても前向きに誠実に取り組みます。

「いかに自分が得するか」ではなく「いかに相手(お客様)を喜ばせられるか」を軸に考えられるため、周囲に好印象を与えられるでしょう。

良好な人間関係を築ける

「約束事を守れる」「人に誠実に向き合う」ことは、良好な人間関係を築く土台となります。

逆にこのようなことを守れない人とは「深く関わりたくない」と思うのが自然でしょう。

信頼を集められる行動が常に身につけば、自分がピンチの時も、周囲から手を差し伸べてもらえる環境を作れます。

大きな仕事を任されるチャンスが来る

人望が厚くなると、上司からの評価も上がります。そして「〇〇ならこの仕事を任せても大丈夫だろう」と、大きなプロジェクトを任せられる可能性もあります。

また、人望が厚い人はリーダー的存在です。その信頼の高さから周囲を引っ張っていけるので、プロジェクトマネージャーに抜てきされることもあるでしょう。

人望が厚い人を目指すのに役立つ本

人望が厚い人になるには、自分の考え方をアップデートする必要があります。

そのために役立つ本を3つ紹介しましょう。

なぜ、あの人の周りに人が集まるのか?

出典:Amazon

ストーリー形式で「自然と人に信頼される人」がどのような人かを理解できます。

舞台は経営が傾いているコンビニチェーン店。そこへ一人の「おばちゃん」が現れ、徐々にコンビニ店にファンが増え始めます。

一見回り道であったり「損になるのでは」と思えたりすることでも、巡り巡って自分のもとへ返ってくる──そんなことを教えてもらえる一冊でしょう。

できる人は必ず持っている一流の気くばり力

出典:Amazon

入社して間もない新卒社員、これから部下を育てる立場になる中堅社員など、あらゆるビジネスパーソンに役立つ「気くばり力」が理解できます。

本書では気くばり力を「俯瞰する」「共感する」「論理を通す」「サービス精神を持つ」「尊重する」の5つの要素に分解して解説。

これらの要素で「自分に足りない」と思う部分があれば、その章をまず読むのがおすすめです。

人望が集まる人の考え方

出典:Amazon

この記事でも「人望を厚くするメリット」は解説しましたが、本書ではさらにその本質が理解できるでしょう。

人望を厚い人の考え方を理解し、周囲を自分の考えにうまく巻き込むため方法が解説されています。

ビジネスだけでなく、夫婦関係、育児などプライベートなシーンなど、あらゆる方面で活用できる内容でしょう。

人望を厚くするとビジネスチャンスもやってくる

人望を厚くできる行動が当たり前になれば、ビジネスもプライベートもうまくいくようになります。

特にビジネスでは上司やクライアントから信頼を集められるため、大きな仕事を任せられるチャンスもやってくるでしょう。

大きな仕事をする上では、周囲からの協力が不可欠であり、そのような協力を得たい場面でも人望は役立ちます。

ビジネスの好循環を生むために、あなたも今日から人望を厚くする習慣を身に付けていきましょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?