Apple・Androidスマートウォッチ機能比較!おすすめ三選

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

Apple Watchをはじめ、Android・iPhoneと連携するスマートウォッチが多く発売されており、ウェアラブルデバイスのひとつとして注目を集めています。

しかし、さまざまなモデルがあるため、どれを選んでいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、スマートウォッチのおすすめランキングについて詳しくご紹介します。

この記事を読めば、スマートウォッチを使うメリット・注意点・選ぶポイントも理解でき、あなたにぴったりのスマートウォッチを見つけることができます。

スマートウォッチとは?

スマートウォッチ1

出典:Pixabay

スマートウォッチとは腕時計のように手首につけられるウェアラブルデバイスのひとつです。

スマートウォッチはスマートフォンと連携して、アプリケーションやインターネットなどのさまざまな機能が利用できます。

腕時計の機能はもちろん、メールチェックやLINE・Facebook・Twitterなど通知を受け取ることができ、そのひとつひとつを時計を見るように手軽に行えることが魅力といえます。

スマートウォッチはまるでインターネットを身につけているように感じる便利なデバイスといえます。

また、身につけているだけで生活の記録ができることから、健康管理の面からも注目を集めています。

タッチパネルのものが主流で、ディスプレイは四角型・丸型のものが多く見られますが、ひとくちにスマートウォッチといっても、その性能・機能はメーカーによって異なります。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

どのような方におすすめか?

スマートウォッチ_画像2

出典:Pixabay

利用が想定されるさまざまなシーンから、スマートウォッチがどのような方におすすめかご説明します。

スマホの取り出しを煩わしいと感じている方

スマートフォンの画面は大型のモデルが増えており、ポケットやカバンにしまっていると取り出すのが一苦労です。

また、何度も取り出して確認する必要があり、わずらわしいと感じることもあるはずです。

スマートウォッチを使えば、スマートフォンを取り出すことなく、アプリケーションの通知を手元ですぐに確認できます。

これにより、電話・メールの着信やアプリケーションの通知などに気付かないということもなくなり、スムーズな連絡ができるというメリットがあります

車を長時間運転する方

外回りの営業や運輸業のドライバーの方など、車を長時間にわたって運転する方にスマートウォッチは役立ちます。

近年、運転中のスマートフォンの使用による事故は増えており、とても危険な行為といえます。

しかし、スマートフォンを確認するたびに車を停めることは大変な手間と時間がかかります。

スマートウォッチを使えば、地図のナビゲーションや通知などを時計をみるようにさっと確認できるので運転を妨げません。

スマホながら運転により事故を起こした経験がある方は、ほとんどの場合「軽い気持ちでスマホの画面を見た」と話すそうです。
友人からLINEやメールが来ると、ついつい画面に目を落としてしまい、運転の集中力が削がれ追突や運転操作ミスから事故に繋がったケースも多いようです。

引用元:事故件数が増加中! 危険極まりないスマホながら運転|大阪のWeb制作会社ゼロワンアース

仕事中にスマホを取り出せない方

会議やクライアントとの打ち合わせの時に、スマートフォンを何度もチェックすることは難しいでしょう。

また、接客業の方はお客様の目がありますので、時間の確認ですらスマートフォンを取り出すことはためらわれます。

このように、仕事中にスマートフォンを取り出せないという方もいらっしゃると思います。

また、後で確認すればよいという連絡ばかりではありませんので、細やかな確認は必要です。

スマートウォッチであれば、腕時計を見ているように周りの方に映りますので、不快な思いを与えることもなくスムーズに連絡の確認ができます。

スマートウォッチのおすすめ機能の一例

スマートウォッチ_画像3

出典:Pixabay

Googleカレンダーによるスケジュール管理

スマートウォッチはGoogleカレンダーなどに登録した予定が確認でき、アラートを設定すれば通知も届きます。

スマートフォンの通知機能では、見落としてしまうこともあるので、この機能は便利です。

そして、今まではスマートフォンでスケジュールの登録を行っていた方も多いでしょう。

スマートウォッチを使えば、スケジュールを簡単に登録・確認ができますので、今まで以上に素早く正確に管理ができます。

スマホと同時にGoogle検索

Google検索で何かを調べたいと思った時も、スマートウォッチが便利です。

Web Browser for Android Wearなどのブラウザを入れれば、主に音声検索を利用してスマートウォッチの画面上でGoogle検索が可能です。

詳しく調べたいと思った時には、連携しているスマートフォンの画面でそのまま続きを調べることができますので、二度手間にもなりません。

アプリ通知を手軽に確認

スマートフォンに通知があった時に、その度に取り出すのは手間がかかります。

スマートウォッチは着信・メール・LINE・Facebook・Twitterなどさまざまなアプリの通知が確認できます。

このように通知を漏らさずに確認できることは、実際に使ってみると想像以上に便利だと感じる方が多く、スマートウォッチによって得られる大きなメリットといえます。

「ちょっとスマホから目を離している隙に大切な連絡が入り、後で気がついて慌てるなんてこともよくありましたが、スマートウォッチを身につけるようになってから、そういうことはなくなりました」

引用元:スマートウォッチ利用者が「通知機能」にハマる理由|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

ルート検索・道案内

スマートフォンを地図がわりに、目的地までのルート検索を行う方も多いと思います。

このような、とても便利な地図アプリケーションがスマートウォッチを使えばより便利になります。

土地勘のない場所では、道順がわかったつもりでも迷ってしまうものです。

そのたびにスマートフォンを取り出すのも手間がかかります。

そして、地図を見ながらの「歩きスマホ」も危険が伴います。

スマートウォッチなら音声でルートを検索すれば、目的地までしっかりナビをしてくれます。

手元ですぐに地図を確認できますので、道に迷わずに目的地に到着できます。

着けているだけで健康管理

日々の生活をデジタルデータとして記録する「ライフログ」は、健康管理の面からも注目を集めています。

スマートウォッチを身につけているだけで、このライフログを記録でき、あなたの生活の改善に最大限に活用できます。

スマートフォンでも計測できる「歩数」「消費カロリー」「移動時間」に加えて、スマートウォッチは「心拍数」「睡眠時間」なども計測可能です。

このようなライフログを集められるアプリケーションの代表的なものとして、SONYの「Lifelog」などがあります。

スマートウォッチ使用において、気を付けるべきポイント

スマートウォッチ画像_4

出典:Pixabay

さまざまな機能を実現するスマートウォッチですが、使用において気を付けるべきポイントもありますのでご説明します。

スマホが必要

多くのスマートウォッチに搭載されている「Android Wear」は、Android OSをベースに設計されたウェアラブルデバイス向けのOSです。

Appleが手がけたApple Watchには「WatchOS」と呼ばれる、独自のOSが搭載されています。

このAndroid Wear・WatchOSといったOSは、スマートフォンのサポートをメインに開発されています。

そのため、Wi-Fi・Bluetoothでスマートフォンとペアリングを行えない場合には、使用できる機能が限られてしまいます。

スマートウォッチのみでも、時刻・日付の確認や歩数や心拍数の計測はできますが、通知・ルート検索・ウェブ検索といった全ての機能を利用するためにはスマートフォンが必要になります。

バッテリー持ちは微妙

スマートウォッチのバッテリーの使用できる時間は、SmartWatch 3 SWR50で2日、Galaxy Gear S3で4日と通常の時計に比べると短くなっているので注意が必要です

しかし、使用できる時間は、画面の明るさや使用頻度などの工夫で長くできます。

バッテリーの持ちを良くする方法は下記に詳しく記載されています。

電池の消耗が早すぎる – Android Wear ヘルプ

また、活動量計としての機能がメインのスマートウォッチはバッテリーの持ちが良いモデルが多く、使用する用途に合わせて選ぶことも大切です。

人前での操作に抵抗感

スマートウォッチのタッチ操作はメニュー呼び出し・選択・決定がメインとなり、他は音声認識での操作が基本になります。

そのため、人前でデバイスに話しかけることに対して、はじめは抵抗を感じることもあり、スマートウォッチの操作に関してはある程度慣れが必要になります。

しかし「Android Wear 2.0」ではユーザーのメールから学習を行い、短い返信を提案するSmart Replyへの対応、キーボード入力機能の強化などが行われており、今までのようなスマートウォッチならではの操作が、今後は抵抗がなく使えるものに進化していくと予想されます。

ビジネスシーンにも対応可能なデザインか

スマートウォッチにはデザイン性の高い端末が次々と登場しています。
ただし一般的な腕時計に比べると、スマートウォッチはビジネスシーンや就職活動などの現場に浸透している端末とはまだまだ言えません。
日常的にスーツを着る機会が多く、かつオフィスや営業先でもスマートウォッチを装着したいとお考えの場合は、端末のデザインがスーツに合わせても違和感が無いものか検討すると良いでしょう。

Apple Watchはビジネスマンの利用も想定し、レザータイプの交換用バンドを発売しています。
バンドを交換することで、スマートウォッチをクラシカルなデザインに仕上げることもおすすめです。

スマートウォッチの購入前に確認するポイント

スマートウォッチ画像_5

出典:Pixabay

搭載されているOSなど、スマートウォッチを購入する前に確認するべきポイントについてご説明します。

搭載されているOS

スマートウォッチに搭載されているOSは、Apple WatchにはwatchOS、その他の多くがAndroid Wearです。

WatchOSはiPhoneのみと連携が可能で、Andoridのスマートフォンでは利用できません。

Android WearはiPhone・Androidのどちらでも使用可能です。

2つのOSは電話・メールの通知、ライフログの記録といった基本的な機能に大きく変わりはありません。

違いとしては、Android Wearは使えるアプリケーションの数がWatchOSに比べて多く、ユーザー好みのアプリケーションを選ぶことが可能です。

また、今後もアプリケーションの数は増えていくと予想されます。

WatchOSは最新のApple Watch Series 2ではApple Payが利用できるなど、Appleが提供する安定した機能や快適な操作性が魅力です。

選ぶスマートウォッチによっては、独自のOSを搭載していることもあり、その場合には使えるアプリケーションが少なくなりますので注意が必要です。

デザイン

スマートウォッチのデザインのポイントとして、まずディスプレイの形があります。

基本的なディスプレイとして、腕時計と同様の「丸型」と、Apple Watchをはじめとする「四角型」があげられます。

また、交換できるリストバンドが豊富であるなど、カスタマイズするアイテムが豊富にあることも、自分好みのスマートウォッチに仕上げるためには重要な要素です。
このようなデザインの要素から、あなたのファッションや利用するシーンを考えてスマートウォッチを選ぶと良いでしょう。

搭載センサー

スマートウォッチにはモデルによって、搭載されているセンサーに違いがあります。

加速度センサー・ジャイロセンサー・光センサーなどさまざまなセンサーがあり、価格帯や機種にスペックが変わるため使える機能も異なります。

特に心拍センサー・GPSは搭載していないモデルが多く、ランニング・サイクリングでの利用を考えている方は注意が必要です。

あなたの使用する目的に合わせて、搭載されているセンサーの確認を行いましょう。

スマートウォッチ売れ筋ランキングベスト3

多くの方に選ばれているAndroid・Apple Watchなど、スマートウォッチの売れ筋アイテムをランキング形式でご紹介します。

 iWOWNfit i6 Pro

iWOWNfit i6 Pro_画像

出典:Amazon

コストパフォーマンスの高さで人気を集めているのがPMJの「iWOWNfit i6 Pro」です。

PMJのiWOWNfit i6 Proは、心拍センサーがついたエクササイズや生活のリズムの計測に最適な活動量計といえます。
身につけているだけで、自動で歩数・消費カロリー・心拍数・睡眠の計測が可能です。

多機能で価格帯も低いことから、スマートウォッチを気軽に使ってみたいという方に選ばれています。

シンプルなデザインが特長で、防水・防塵加工も施されていて、さまざまなシーンで活躍するアイテムです。

「電子マネーが使いたい」、「ポケモンGOと連携できたら…」と、やりたいことを望んだらキリがないとは思いますが、iWOWNfitを健康目的・ダイエット・睡眠管理などに使用するのであれば十分だと思います。

軽いので運動中に邪魔になることはありませんし、3日充電しなくても問題なく使用できていました。

引用元:iWOWNfit i6 proをレビュー!ラインも確認できるスマートウォッチ _ Apple Watch _ スマートウォッチ買取 _ 価格ランキング

SmartWatch 3 SWR50

SmartWatch 3 SWR50画像

出典:SONY

2014年11月の発売以来、根強い人気を集めているロングセラーのスマートウォッチがSONYの「SmartWatch 3 SWR50」です。

Google Playから時計の画面デザインをカスタマイズできます。

リストバンドと本体部分の取り外しが可能で、気軽にリストバンドの変更が可能です。

そして、SmartWatch 3 SWR50には雨の時にも安心なIP68の防水防塵仕様になっています。

まず「IP65」は「粉塵の侵入を完全に防ぎ、かつ水流にも耐える」という意味で、もう一方の「IP68」は「粉塵の侵入を完全に防ぎ、かつ長時間水没しても影響がない」ことを表わします。

引用元:iPhone7やXperiaの防水・防塵性能「IP67」「IP65_IP68」ってどんな意味? – こまめブログ

このようなデザインの拡張性と、日常からスポーツまで幅広い場面で利用できる機能性がSmartWatch 3 SWR50の魅力です。

また、SmartWatch 3 SWR50のみでWi-Fi接続が可能ですので、自宅にスマートフォンを忘れた場合でも、Wi-Fiに接続可能な環境であれば通知を受け取ることができます。

Galaxy Gear S3 Classic

Galaxy Gear S3 Classic画像

出典:Galaxy

Samsungの「Galaxy Gear S3 Classic」は高級腕時計のような円形のデザインが採用されています。

標準の使用可能時間が最大4日間というバッテリーの持ちの良さも魅力です。

Galaxy Gear S3 ClassicはTizenというSamsung独自のOSが採用されており、ベゼルを回すことでアプリケーションの選択が可能で操作性の良さが特長です。

また、スピーカーが搭載されているため、スマートフォンを取り出さなくても通話が可能です。

このように、優れたデザインと高い機能性が実現されたスマートウォッチがGalaxy Gear S3 Classicです。

独自のOSが採用されたGalaxy Gear S3 ClassicはAndroidのみの対応となり、iPhoneユーザーは利用できませんので注意が必要です。

画面操作はダイヤル部とふたつのボタン、タッチ操作で行う。スクロール時にはダイヤル部がとても便利だし、何度もスワイプする必要がないのはとても便利。

操作自体ももたつくこともなく、とてもいいね。

引用元:PebbleのかわりにGear S3を買った。 Gear S3レビュー – kinakoの便所の落書き

その他おすすめスマートウォッチ3選

その他にもおすすめのスマートウォッチはまだまだありますので、ご紹介します。

ASUS ZenWatch 3

ASUS ZenWatch 3画像

出典:ASUS

「ASUS ZenWatch 3」は高級感のあるラグジュアリーなデザインが特長です。

本体には高品質なステンレススチール製、ベゼルにはダイヤモンドカットが施され、本革ストラップにはイタリアンレザーが使われています。

これにより、心地よいつけ心地と贅沢なビジュアルを実現しています。スーツスタイルにもぴったりで、ビジネスシーンにもおすすめです。

Android Wear、スマートウォッチとしてだけ捉えてしまうにはちょっと勿体ないかな、と思える、腕時計としても充分に魅力的な時計だと思います。

引用元:[1379-201612] ASUS ZenWatch 3(WI503Q)レビュー。まずは機能より大切な腕時計としての魅力を考えてみる。 _ Life Style Image

I5 Plus

I5 Plus画像

出典:Amazon

EXCELVANの「I5 Plus」は低価格でありながら、基本となる通知やライフログの記録といった機能をもったスマートウォッチの入門に最適なデバイスです。

着け心地のよいシリコン製のリストバンドと、スマートなデザインで、よりよりライフスタイルの実現をサポートしてくれます。

機能をシンプルにまとめることで、バッテリーの持ちがとても良いこともうれしい点です。

バッテリーもかなり持ちます。待機時間で160時間という通り、5日程前に100%して以来、毎日つけてますが、現在59%です。

普通に使っていれば1週間以上持ちますね。

引用元:スマートウォッチ「I5 Plus」を購入しました!~使用感レビューその1~ _ スマホを遊ぼう!~スマホコンテンツ発信サイト~

HUAWEI FIT

HUAWEI FIT画像

出典:HUAWEI

「HUAWEI FIT」リアルタイムでの心拍数の計測ができる心拍センサーが搭載された低価格帯のスマートウォッチです。

5気圧防水によってスイミングでの利用も可能で、幅広いスポーツに対応した高品質なフィットネスウォッチといえます。

削りだしによるメタルケースは軽量で装着感もよく、リストバンドも好みに合わせて交換ができるというデザイン性の高さも魅力です。

Android WearではないHuawei独自のソフトウェアを搭載したスマートウォッチですが、通知を受け取れ水泳も可能な5気圧防水で2万円以下という価格も魅力的な1台。
Gear S3やZenWatch3も気になっていますが、案外これだけで十分ということになるかもしれません。

引用元:お手軽スマートウォッチ、HUAWEI FIT開封レビュー _ プラスガジェット

おすすめApple Watchシリーズ3選

iPhoneとの抜群の相性を持った、Apple Watchシリーズについてご紹介します。

Apple Watch Series 1

Apple Watch Series 1画像

出典:Apple

Apple WatchはApple が手がけるスマートウォッチです。

ディスプレイには四角型が採用されており、見やすく操作しやすい画面になっています。

初代のApple Watchの持つ防沫性能・心拍センサー・加速度センサー・ジャイロスコープ・環境光センサーなどの機能はそのままに、デュアルコアプロセッサのS1Pが搭載されたことでパフォーマンスが向上したモデルが「Apple Watch Series 1」です。

そのうえで、初代のApple Watchよりも低価格を実現し、はじめてのApple Watchにも最適なモデルとなっています。

ファッション性はしっかりと抑えつつも、「まずはスマートウォッチを買ってみたい、試してみたい」という人を意識したのが「Series 1」モデルではないかと思う。

引用元:「Apple Watch Series 1」の登場から垣間見えるAppleのスマートウォッチ市場制覇への道 _ gori.me(ゴリミー)

Apple Watch Series 2

Apple Watch Series 2画像2

出典:Apple

「Apple watch Series 2」はApple Watch Series1の豊富な機能に、GPSとプールで使えるほどの防水性能が加わった上位モデルです。

さらに、S2という新しいデュアルコアプロセッサの搭載と、2倍明るくなったディスプレイが進化した点といえます。

また、Felicaを搭載したことで、非接触決済のApple Payが利用できるようになったことも見逃せません。

スマートフォンでの決済というのはスマートフォンを取り出すか、カードを取り出すかの違いで動作的なものはほとんど一緒だったのですが、「Apple Watch」は腕をそのままかざすだけになるので、かなり効率的ですよね。

引用元:【レビュー】「Apple Watch Edition Series 2」を31日間使ってみてわかった20のこと。 _ SPOT NOTE BLOG

Apple Watch Nike+

Apple Watch Nike+画像

出典:NIKE

「Apple Watch Nike+」Apple Watch Series 2のすべての機能を持ち、快適なランニングを支えるスマートウォッチです。

高い防水性で雨の日のランニングにも安心で、GPSの搭載によってスマートフォンなしでも、ペース・距離・ルートといったランニングの情報をしっかり記録してくれます。

スポーツバンドは耐久性の高いフルオロエラストマーでできており、通気用の穴をあけることでさらに軽量で快適なつけ心地を実現しています。

また、Apple Watch Nike+だけの「Nike+ Digital」と「Nike+ Analog」というオリジナルな文字盤は、本体・スポーツバンドと見事に調和し、高いデザイン性を生みだしています。

バンドは水分をはじくので夏の暑い時期や運動時にはApple Watchと手首の間に汗がたまって蒸れるのが非常に気持ち悪いです。
しかしNikeスポーツバンドならば、多数の通気穴が空いているのでバンドと手首の間の水分も蒸発しやすくなっているというわけ。

引用元:Apple×ナイキのランニング特化型「Apple Watch Nike+」レビュー、Apple Watchとは一体何が違うのか? – GIGAZINE

まとめ

以上のように、Apple Watchだけでなく、機能・デザイン・価格帯の異なるさまざまな魅力を持ったスマートウォッチがあることがお分かりいただけたと思います。

ご紹介した情報を参考に、あなたの目的・用途に合ったスマートウォッチを見つけてみてはいかがでしょうか?

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました