仕事やめたいは甘えなのか?辞めるべき4つのケースを紹介

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

特に長い休み明けは、体も心も仕事モードにならず「仕事やめたい」と思う人もいるでしょう。

しかしそんな「仕事やめたい」という気持ちは「ただの甘えだ」と言われてしまうこともあります。

一方で中には「仕事やめたい」が甘えでないケースも。この記事であなたの仕事やめたい気持ちが甘えなのか、甘えでないのかを判断してみましょう。

今の「仕事やめたい」の原因がわかり解決できれば、仕事もプライベートも充実させられます。

ワークライフバランスを実現したい人もぜひ参考にしてくださいね。

「仕事やめたい」は甘え?

まず「仕事やめたい」が「甘え」と言われてしまうケースを紹介します。

あなたの仕事を辞めたい気持ちも、以下に当てはまる場合は「単なる甘えだ」と言われてしまうかもしれません。

仕事がつまらない

仕事をやめたい理由が「つまらないから」だと、甘えと言われてしまう可能性が高いです。

なぜなら、たとえ最初は「面白い」と感じた仕事でも、続けていく中で自分にとって苦手な業務を担当することになったり、つまらないと感じる業務も行ったりする必要が出てくるからです。

それにもかかわらず「つまらない」と感じた途端に仕事を辞める選択をしてしまうのは、責任感がないと思われるでしょう。

朝起きるのが辛い

社会人になると、一般的に朝9時頃には会社へ出社する生活がスタートします。たとえ眠くても、前日夜遅くまで仕事をしていても、大半の人が翌朝には起きて出社しています。

そんな中「朝起きるのが辛い」という理由で仕事をやめようとしてしまうと「それは甘えだ」と思われてしまう可能性が高いでしょう。

大半の人が当たり前のようにやっていることができないと「甘え」と判断されることが多いからです。

とにかくやる気が出ない

仕事のモチベーションを失いどうしてもやる気が出ない点を、仕事をやめたい理由にすると「甘え」と思われる可能性が高いです。

一口に「やる気がない」と言ってもさまざまなケースが考えられるでしょう。しかしそこを「やる気が出ない」で済ませてしまうと、その背景が分かりません。

なぜあなたが仕事に対してやる気が出ないのかを、明確にして伝える必要があります。

上司や先輩に怒られるのがイヤ

仕事をしていると、誰もが大なり小なりミスを犯してしまいます。その際に上司や先輩に怒られるのが嫌なのは当然でしょう。

しかしそれを仕事を辞める理由として挙げてしまうと「怒られるのが嫌で辞めるなんて、子供っぽい」と思われる可能性が。

一方「怒られる」にも程度があります。例えばパワハラのようなケースは話が別。

あなたが置かれている現状を第三者にも説明し、パワハラにあたるかどうかを判断する必要もあるでしょう。

責任を負わされるのが苦手

責任のある仕事を任されるプレッシャーが、人によっては心に大きな負担をかけることもあります。

中には大きな責任に耐えられず「仕事やめたい」と感じることもあるでしょう。

しかし人によっては、責任ある仕事にやりがいを見いだしていることも。特にリーダー格の人はそのような傾向が強いでしょう。

そのため「責任を負わされるのがいやで仕事を辞めたい」と伝えると、なかなか理解されない可能性があります。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

甘えではなく辞めたほうがよい4つのケース

では「仕事やめたい」がただの甘えではなく、むしろ辞めたほうがいいケースはどのような場合なのでしょうか。

以下のケースにあてはまる場合は「甘えかも」と考えず、辞める選択をしたほうがいい可能性があります。

先が見えない

今の仕事をしていても「先が見えない」と感じている人はいませんか?例えば以下のようなケースです。

  • とにかく長時間労働・休日出勤が続いていて自分の将来を考える余裕もない
  • そもそも独立を視野に入社して、独立するためのスキルはもう十分獲得できたと感じている
  • 基本的にルーチンワークでスキルが得られている実感がない
  • 将来的に機械に代替される代表格とされている職種で、自分もいつ不要になるかわからない

以上のような場合、今の仕事をやめて新しい仕事を探したほうが、モチベーション高く仕事ができる可能性があります。

以下の記事では将来性のある仕事ランキングTOP10を紹介していますので、あわせて参考にしてくださいね。

将来性のある仕事ランキングTOP10!AIに置き換えられない職業は?
「いまの仕事を続けて大丈夫だろうか」と不安に思っている方もいるのではないでしょうか。この記事では、将来性のある仕事ランキングを紹介します。「AIに置き換えられない」「ワークライフバランスを実現できる」「専門性のある」といった基準で作成しました。

ハラスメントを受けている

職場でハラスメント(セクハラ・パワハラ・マタハラ・ジタハラなど)を受けている場合、早めに対処する必要があります。

中でもジタハラ(時短ハラスメント)は、働き方改革の裏で問題視されているハラスメント。

自分では気づかないうちにジタハラを受けていて、ストレス過剰になっている可能性もあります。

ジタハラについて詳しくは、以下の記事を参考にしてくださいね。

時短ハラスメント(ジタハラ)とは?原因や対策を解説します
「時短ハラスメント(ジタハラ)」は、働き方改革が進む日本において新たに発生している問題です。この記事では時短ハラスメントの意味・発生する原因・違法性について解説。時短ハラスメントを防ぎ、真の働き方改革が進めば、ワークライフバランスの実現につながるでしょう。

心身ともに疲労が溜まっている

ブラックな働き方によって心身ともに疲弊していると、何か行動を起こそうとしても余裕がない状態。

そのままでは今の会社で働くことすら困難になる可能性もあるため、まずは休息をとることを優先しましょう。

心身の回復を待ってから、転職など具体的な改善策を探すのがおすすめです。

自分ではどうしようもない人間関係の悪化

例えば上司や先輩同士のいざこざに巻き込まれたり、根も葉もない噂をたてられて仕事がしにくくなったり…。

自分自身の行動ではどうしようもない人間関係の悪化は、誰にでも起こり得ます。

「仕事は楽しいし自分に合っているのに、人間関係の悪化が原因で楽しめない」という状況であれば、働く環境を変えて、人間関係をリセットするのもいい方法です。

異動が叶わない・あるいは異動してもそんなに状況が変わる期待ができない場合は、転職も視野に入れましょう。

「仕事やめたい」は甘えだと言われないためには

満を辞して「仕事やめたい」と誰かに打ち明けた時に「それは甘えだ」と言われてしまうと、ダメージが大きいですよね。

そこでここでは、仕事をやめたい気持ちが甘えだと言われないために、やるべきことを紹介します。

原因を深掘りする

冒頭で「仕事やめたい」が甘えになるケースを紹介しました。しかし中には、原因を深掘りすると甘えとは言えない側面が見えてくる場合もあります。

例えば「とにかくやる気が出ない」のであれば「なぜ自分は仕事のやる気が出ないのか?」を考えてみましょう。

深掘りするうちに、以下のような原因が見えてくることもあります。

  • 仕事内容が自分のやりたいことではない
  • 成果を出しているのに評価に反映されなくて虚しい
  • 能力・経験不足で自分のやりたいことを任せてもらえない
  • やる気のない先輩と一緒にいると自分のやる気も奪われる

やめたい原因を分析

前段階で出てきた仕事をやめたい原因を「その原因は仕事をやめたら解決するのか?」の視点で考えてみましょう。

例えば「能力・経験不足で自分のやりたいことを任せてもらえない」のであれば、今の仕事を続けながらスキルアップを目指す選択肢もあります。

スキルアップしてやりたい仕事を任せてもらえるようになれば、きっと今の会社のままで仕事を楽しめるようになるでしょう。

仕事をやめれば解決するのか、そうでないのかを、しっかり見極めてくださいね。

やめずに済む方法を探す

あなたの周囲には「思い切って今の仕事はやめたほうがいい」と言う人もいるかもしれません。しかし転職は想像以上に体力がいります。

しかも、転職先で仕事をやめたい理由が解決されるかどうかは、正直働き始めないとわからない部分も。なので今の仕事をやめずに済む方法を模索することも、入念に行ってほしいのです。

逆に言うと、この時点で仕事をやめずに済む方法を模索し、それでも「やはり転職したほうがいい」と決断できたのなら、転職活動により前向きに取り組めます。

「仕事をやめたい」と上司に打ち明けるときにたとえ引き止められても「転職のほうが自分にとってメリットが大きい」としっかり自覚できているため、論理的な説明ができる可能性が高いでしょう。

「仕事やめたい」を繰り返さないためには

実際に仕事をやめる選択をしたとしても、勢いでやめてしまうと転職を繰り返してしまう可能性も。

前項で紹介したような仕事をやめたい原因を深掘りしたなら、その原因がないような会社を選ぶべきでしょう。

自己分析を行う

あなたが「仕事やめたい」と思った原因から、再度自己分析を行いましょう。

例えば「今の仕事が向いていないからやめたい」と思うのであれば「では自分に向いている仕事とは何だろう?」と考えてみるのです。

あなたに向いている仕事を見つける方法にはさまざまなものがあります。例えば以下のような視点を軸に、向いている仕事について考えてみましょう。

  • 何をしているとき楽しい?
  • 人生に大切にしたいものは?
  • 周囲からよく褒められることは?

詳しくは以下の記事を参考にしてくださいね。

向いている仕事を見つける方法!好きな仕事との違いも解説
今の仕事が「天職」だと思っている人は半数ほど!この記事では、自分に向いている仕事を探すにはどうしたらいいのか、好きな仕事との違いも含めて解説しています。「自分に向いている仕事がわからない」と悩む方必見です。

やる気が出ない時の対処法を知っておく

「最近仕事のやる気が出ないからやめたいな」と思う程度であれば、転職に踏み切るのは時期尚早かもしれません。

以下のようなやる気が出ない時の対処法を実践すると、状況を変えられる可能性があります。

  • ToDoリスト管理
  • ご褒美の設定
  • 自己肯定感を高める

詳しくは以下の記事も参考にしてください。

仕事のやる気が出ない時はどうすればいい?6つの対処法を解説
仕事は順調、しかしやる気が出ない…ということは誰でもあること。朝起きた時に「仕事に行くのがだるい」と感じてしまったり、仕事中にぼーっとしてしまうことがあったりすることも。仕事のやる気が出ない理由は、燃え尽き症候群やワークライフバランスの乱れなど様々。この記事では、仕事のやる気が出ない時の対処法を解説していきます。

人間関係については考え方を変える手も

職場での人間関係が原因で仕事やめたいと感じているならば、職場の人間関係に対する考え方を変えるのも1つの方法です。

例えばあなたが苦手と感じている人物とは、仕事上関わりがある場合だけやりとりすることもできるでしょう。「仕事で必要なときだけ接する」と割り切ってしまえば、案外スッキリすることも。

この機会に、職場以外で交友関係を広げ、職場の人間関係に依存し過ぎない状況を作っておくのもいい方法です。

「仕事やめたい」と思った時の対策も知っておこう

あなたの「仕事をやめたい」という気持ちは、一時的な感情である可能性もあります。

一時的な感情に任せて転職してしまうと、後悔することも。

以下の記事では一時的な仕事やめたい気持ちに対処する方法を紹介しています。まずは対処法を試してみて、それでも改善されないなら、転職も検討してみましょう。

仕事やめたい時どうする?辞めたくなる理由や転職を見極める方法も解説
仕事をやめたい気持ちは、一時的な感情である可能性もあります。感情に任せて転職してしまうと後悔する可能性もあるため、この記事で転職すべきかどうかを見極めましょう。仕事やめたい気持ちが解消されると、仕事面もプライベート面も前向きに取り組めるようになります。ワークライフバランスの実現にもつながりますので、参考にしてください。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?