人生の岐路の意味とは?迷いがある時に決断する方法・後悔しない考え方も

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

結婚や就職・転職、引っ越しなど、人生には将来を大きく左右する決断を迫られるタイミングがいくつかあります。人生の岐路に立っている時、あなたはどのように道を選ぶでしょうか?

この記事では、人生において重要な選択・決断をする方法と、大切な考え方について解説します。

「転職してワークライフバランスを実現したい」「家庭かキャリアのどちらを選ぶべきか迷っている」「自分はこのままでいいのだろうか」といった悩みを持っている方はぜひ読んでみてください。

人生の岐路とは

人生の岐路とは、人生において重大な選択をしなくてはいけない状況を指します。


例えば「就職か進学か」といったような、その後の人生や生活を大きく左右する選択をする必要がある時、人は人生の岐路に立っていることになるのです。

人生の岐路とは、いわば人生を選択する時。精神的・体力的に大きなエネルギーを費やす時期でもあります。

「岐路」の意味

岐路とは、分かれ道・分岐点という意味。つまり、人生の岐路とは「人生の分かれ道・分岐点」と言うこともできます。

人はどのような時に人生の岐路に立つ?

多くの人が経験する人生の岐路には、進路、就職、転職、結婚、引っ越し、家の購入などがあります。

この記事を読んでいる人の中にも、過去にこのような決断を経験したという人も多いでしょう。

「今日のランチは何にしよう」「今週末はどこに行こう」など、私達は日々の生活で大小様々な決断をしています。

多くの決断は無意識レベルで行われていますが、人生の岐路はそうも行きません。その決断が将来に大きな影響を与えることを自覚しているため、多くの人は一度立ち止まり、悩むことになるのです。

人生の転機とは?前兆や転機を見逃さないための行動を解説
人生や生活が大きく変わるきっかけとなる「人生の転機」。しかし、人生の転機とは一体どのような状況で、どういった形で訪れるのでしょうか。この記事では「人生の転機とはどういったものだろうか」「今自分は人生の転機を迎えているかもしれない」という方のために、前兆や転機を見逃さないために気をつけるべきことを解説します。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

人生の岐路で迷った時の決断方法

一度きりの人生で、大きな決断に迷ってしまうのは当たり前。


しかし、いつまでも悩んでいるわけにもいきません。人生の岐路に立っている時、どのように考えるといいのでしょうか。

自分の本当の気持ちを考える

まずは、自分の本当の気持ちを考えてみましょう。「本当は進学したいけど、親は就職して欲しいだろう」と他の誰かの気持ちを考えてしまっていませんか?

あなたの人生は、あなたのためにあります。

誰かのことを思いやる気持ちは素敵ですが「本当は自分はどうしたいのか」を考え、その本音を大切にしましょう。

本当にやりたいことを考えてみる

人生で成し遂げたいことや、本当にやりたいことを突き詰めてみましょう。

やりたいことがないからと言ってなんとなく道を選択してしまうと、将来後悔する可能性も。

「やりたいことが見つからない」という人は、次の記事を参考にまずは自分のやりたいことを見つけてみてはどうでしょうか。

やりたいことが見つからないときの対処法4つ!おすすめの本も紹介
「やりたいことが見つからない」と悩んでいませんか。ワークライフバランスを整える上でも、仕事やプライベートでやりたいことができているかは重要な要素となるでしょう。この記事では、やりたいことが見つからないときの対処法を紹介します。

自分を大切にする

誰かのために人生を選んだり、人生に投げやりになって決断したりするのはやめましょう。

あなたが選ぼうとしている道について「お前には無理だ」「やめたほうがいい」と家族や友人に反対されることもあるでしょう。

周囲のアドバイスは真摯に受け止めるべきですが、必ずしもそれに従う必要はありません。

あなたを一番に思いやることができるのは、あなた自身。自分を大切にした決断をしましょう。

困難な道を選ぶ

簡単な道と困難な道で迷ったならば、あえて困難な道を選ぶのも方法の1つ。

難しい道を選んだら、ゴールまでの道のりは険しいでしょう。しかし、難しい道・険しい道だからこそ見えてくるものや得られることも。

楽な道では経験できないようなことを経験し、学べないようなことを学ぶことで、自分自身を成長させることができるはずです。

また「急がば回れ」の言葉の通り、困難に思えた道が、逆にあなたを目的地に早く運んでくれるかもしれません。

人生設計をする

長期的な人生設計をして、そこから逆算して道を選択することもできます。

例えば、転職するかどうかで迷っている時には、10年後、20年後などの将来について考えてみましょう。

そうすることで「今は転職のリスクよりも安定が大事だ」「今の会社では思い描くキャリアが実現されない」など、どちらを選択するかが見えてくるはずです。

人生設計のやり方を解説!できないときの対策や有名な基本公式も
人生設計をするなら、転職・結婚などのライフイベントについて考慮しなければなりません。また人生で必要不可欠なお金についても考えなければなりません。この記事では、人生設計の方法や考えるときのポイントを丁寧に解説していきます。

人生の決断で後悔しないために大切なこと

誰もが一度は経験する人生の岐路。


将来、自分の決断で後悔しないためには、どうすればいいのでしょうか。人生の決断で後悔しないために大切なことを解説します。

直感に従う

周囲のアドバイスや他者の気持ち、様々な状況などを考えてどちらを選ぶべきかわからなくなった時には、自分の直感(インスピレーション)を信じてみることが大切。

思い返してみると「これだ!」と直感的に決めてから「いや、でもこっちのほうがいいかも……」とあれこれと悩んでしまったということも多いはず。

大切な場面で自分の直感を信じられるよう、日頃からインスピレーションを大切にすることを心がけてみましょう。例えば、ランチに行く時は最初に食べたいと思ったものを選ぶ、服は第一印象で選ぶなどできるでしょう。

「過去は変えられる」と思う

「過去は変えられない」と言われますが、本当にそうでしょうか?

例えば、仕事で大きな失敗をしてしまったとしましょう。確かに失敗をしたという事実は変えられません。しかし、そこから学ぶことができればその「失敗」は「学び」になります。

つまり、過去は未来の行動で変えられるということ。そう考えれば、失敗への恐怖や不安も薄れるはずです。

世間の目を気にしない

世間の目を気にせず、自分の人生を歩みましょう。

あなたと全く同じ人生を歩む人は、この世にあなた以外いないため、自分と他人を比較して、優劣をつけることにも意味はありません。

自分は自分、他人は他人という気持ちで、あなたが本当にやりたいことを追求していきましょう。

最終的に決めるのは自分

決断をするために家族や友人、先輩などに相談することはあっても、最終的に決めるのは自分であることは忘れてはいけません。

「あの人がいいと言ったから」と判断を他人任せにすると、将来その決断に不満が出てきた時に「あの人のせいだ」と責任転嫁をしてしまい、自分の非に気づけない可能性も。

あなたの人生のハンドルは、あなたが両手でしっかりと持っておくことが大切です。

人生を楽しむためにやめるべきことは?名言やおすすめの本も紹介
「人生を楽しむためには何をすべきだろう」と悩んでいませんか?この記事では人生を楽しめない人の特徴、人生を楽しむためにやめるべきこと、前向きになれる名言や本を紹介します。

まとめ

人生の岐路で悩んでしまうのは当たり前。大切なのは、自分の直感や本当の気持ちを大切にして、将来後悔する可能性が小さい道を選ぶことです。

また、人生に正解はありません。どのような結果になっても「過去は変えられる」という気持ちを持ち、勇気を持って道を選びましょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?