Iターンとは?Uターン・Jターン就職との違い、移住のメリット・デメリット

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

Iターン・Uターン・Jターンにはどのような違いがあるのでしょうか?「自分があの地域に移住するなら、どれに当てはまるのだろう」と疑問に思う人もいるでしょう。

今回はIターン・Uターン・Jターンの違いやそれぞれの意味をはじめ、Iターン移住によって地方で働くメリット・デメリットを紹介します。

新型コロナウイルスの影響によって、Iターン移住を検討する人も増えています。地方移住でワークライフバランスを実現していと考えている方は、この記事で基礎知識をつけましょう。

Iターンの意味とは?Uターン・Jターンとの違い

Iターン・Uターン・Jターンのそれぞれのアルファベットは人の動きを示しています。


以下でどのような意味なのか詳しく紹介します。

Iターンとは

Iターンとは都市部から地方に移住して働くこと

この場合の地方は出身地とは異なります。都市部の便利な暮らしにメリットは感じつつも、田舎特有の穏やかな雰囲気や自然を求めて移住する人が多いでしょう。

Uターンとは

進学や就職を機に地方から都市部に移住したのち、再び故郷である地方に戻ることを指します。

Uターンのケースはさまざま。Iターンと同様の理由のほか、例えば実家から育児サポートを受けたい・親の会社を継ぐ・親の介護のためといった理由で故郷に戻るケースもあります。

Jターンとは

進学や就職を機に地方から都市部に移住したのち、故郷から近い地方へ移り住むことを指します。

この場合、故郷へのアクセスや利便性が両立した地方都市を選ぶ人も多いです。

無料キャリア相談!本日も予約受付中

テックキャンプは、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクール。(条件を満たせば給付金の支給があります)

徹底したサポート体制があるので、転職成功率は99% 実際に受講した人の体験談はこちらから

今の仕事を続けて大丈夫だろうか」と不安なら、何でも相談できる無料カウンセリングに参加してみませんか?IT転職に特化したプロのカウンセラーが、中立な立場であなたの悩みを解決します。

無理な勧誘は一切行いませんので、お気軽にどうぞ。※2016年9月1日〜2020年12月31日の累計実績。所定の学習および転職活動を履行された方に対する割合

Iターンで地方移住して働くメリット

Iターンで地方移住して働くとどのようなメリットがあるのでしょうか?


今回は7つのポイントでまとめました。

満員電車のストレスがない

都市部は人口が多いため満員電車で通勤しなければならない人が多いです。国土交通省のデータによると、東京圏における主要区間の混雑率はもっとも低い区間(JR東日本 中央線(緩行) 代々木〜千駄ヶ谷)でも97%。もっとも高い区間(東京地下鉄 東西線 木場〜門前仲町)では199%にも上ります。

しかし地方に移住すれば人口が少なく、そもそも電車の本数が少ないため電車を利用して通勤する人も少ないです。車を所有して通勤に使うことが多いため、見知らぬ人と密着しながら通勤する満員電車のストレスから解放されます。

以下の記事では満員電車通勤をなくすことによるメリットを紹介しています。あわせて参考にしてくださいね。

満員電車通勤は本当に必要?コロナで働き方への意識が変化
新型コロナウイルス感染症は、働き方に対する意識変革を多くの人にもたらしています。緊急事態宣言により、多くの人の働く環境は一変しました。テレワークを経験した人の中には「通勤時間は本当に必要なのか」と疑問に思った人もいるはずです。この記事では、「満員電車通勤をやめることは、生産性向上に繋がる」ことを紹介します。

ワークライフバランスを実現しやすい

出典:内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局

地方は地価が都心ほど高くないため、職場の近くに家を構えることも実現しやすいです。その結果通勤時間を短くでき、自由な時間を増やせるでしょう。

実際に内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局がまとめた資料によると、例えば東京都と高知県との生活時間を比較すると、睡眠や食事、自由に使える時間はいずれも高知県のほうが多いです。

また有業者の平日帰宅時間を東京都と和歌山県で比較したデータでは、東京都の平均が19:45だったのに対し、和歌山県は18:17でした。

つまり東京よりも地方のほうが仕事や通勤時間にかかる時間を短くでき、その分子育てや趣味などのプライベートが充実。ワークライフバランスの実現につながると考えられます。

スキルを重宝されやすい

都心部で働いていた経験が、地方では重宝されやすいメリットもあります。

特に都心部で専門職として働いていた場合、Iターン転職者の高いスキルや新しい知見を取り入れたいと考える地方企業が存在します。

例えばこれまでその地域のニーズを把握するしかできていなかった企業が、Iターン転職者によって商品開発における新しい知見を得られることも。またIターン転職者の高いスキルによって、商品・サービスの品質を向上できるケースもあるでしょう。

このような点から、Iターン転職者は地方で重宝されることも多いのです。

価値観・視野が広がる

これまで都心部で仕事一筋で生活してきた人にとって、地方での暮らしは価値観や視野が広がる良い機会になります。

そもそも同じ土地に何年も続けて暮らしていると、視野が狭くなりがち。自分と同じような価値観の人との付き合いがずっと続くケースも多いでしょう。

しかし思い切って地方移住してみると、その土地ならではの環境に順応して生活している人たちの生活が新鮮に感じられたり、都心部ではなかなかできなかった、人との交流がはかれたりできます。

付き合う人との幅も広がり、人間的に成長するきっかけになるでしょう。

生活コストが低い

出典:内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局

地方は都心部に比べ物価・家賃などが低いです。

実際に内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局がまとめた資料によると、東京都と福井県の生活収支の差額は、60歳までで約3,000万円になると算出されています。

地方では都心に比べて生活にかかる基本コストを下げられるため、その分趣味などにコストをかけやすくなるでしょう。

子育てしやすい

出典:内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局

都心部を中心に問題となっている待機児童。子育てしながら働きたい女性にとって、子供を保育所に入れられないのは深刻な問題。

しかし地方は都心部に比べ、待機児童数が少ないです。実際に内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局がまとめた資料では鳥取県を例に挙げていますが、待機児童数は何と0人(全国平均445人・東京都8,672人)。

また小学校以降になると、教師1人当たりの生徒数の問題も発生します。全国学力調査1位で注目を浴びる福井県は、小学校の教師1人当たりの生徒数は13.9人、中学校は12.5人。一方東京都はそれぞれ18.1人、16.1人。地方の学校のほうが、子供がきめ細やかな指導を受けやすいと考えられます。

自然豊かな環境

建物が多い都心部に比べ、地方は緑豊かでゆとりのある環境です。四季を感じられる場所も多く、身近に自然を感じながらゆったりと暮らしやすいメリットがあります。

あるデータによると、自然と触れあう時間が20分間でもあるだけで、ストレス軽減効果があるのだそう。日常的に自然を感じながら生活できる地方は、たとえ仕事でストレスを感じることがあっても、自然によって癒されやすいと考えられます。

食べ物が美味しい

地方移住すると、豊かな自然で育まれた美味しい食材を楽しめます。また水が美味しいのも魅力でしょう。

都心部でも地方から運ばれてきた野菜を食べることはできますが、やはり採れたての食材は格別なおいしさが。地方にある直売所などでは、新鮮で美味しい食材を驚くほどリーズナブルに購入できます。

またその土地ならではのソウルフードを楽しめるのも、地方移住の醍醐味と言えるでしょう。

人とのつながりを大切にできる

都心部に住んでいると人との関わり合いが希薄になりがちです。「そのほうが気楽」という人もいますが、ある程度人とのコミュニケーションを大切にしていきたい人にとって、地方移住は向いていると言えるでしょう。

例えば子育てする際も、近所の同世代の子供を育てる家庭同士の繋がりが深く、少し用事を済ませたいときに他の家庭に子供を預けられることも。都心部ではなかなかない、人とのつながりを感じられるメリットがあります。

Iターンで地方移住して働くデメリット

Iターン移住して働く前に、デメリットがあることも知っておかなくてはなりません。


今回は4つのデメリットを紹介します。

求人数が多くない

都心部と比べ、地方はそもそも働き口が多くありません。これを把握するのにわかりやすいのが求人雑誌の厚さでしょう。都心部の求人雑誌と比較すると、地方の求人雑誌は求人数がかなり少なく、薄いのが分かるはずです。

また都心部と比べて、企業の中での働き方にも差が。
例えば都心部ではマーケティングを専門として働いていたとしても、地方の会社に入るとマーケティング以外の仕事も並行しなければならないケースもあります。

都心部からIターン転職を考えている場合は「本当に働き口が見つかるのか」や「理想的な働き方ができる会社があるかどうか」などを、慎重に判断したほうがいいでしょう。

特有の風習があるケースも

メリットの部分で「人との関わり合いができる」ことを挙げましたが、この点がデメリットに感じる人も多いでしょう。

これまで都心部で自由に暮らしてきた人にとって、地方特有の、地域の人から干渉されるような部分が合わないと感じることもあります。

例えば回覧板も、これまで都心で暮らしてきた人にとっては慣れない習慣の1つ。また地域の行事に参加しないと浮いたような存在になってしまうなど、ある程度地域の関わり合いがあることを覚悟して移住しなければなりません。

娯楽施設や商品の品揃えが少ない

都心部と比較して地方は娯楽施設が少ないです。

都心部では休日に遊びに行くところがたくさんあったでしょう。地方移住した当初は各地の観光地をめぐる楽しみがあるかもしれませんが、しばらく経つと遊びに行くところが尽き、退屈に感じられることも。

またお店の商品の品揃えも、都心に比べて少ないです。

たとえ都心部で通っていたお店と同じブランドのショップがあっても、品揃えが少ないため取り寄せをしなければならなかったり、そもそも大型店舗限定の取り扱いだったりすることも。

最近はインターネットショッピングができるためそこまでデメリットに感じないかもしれませんが、この部分も移住前に念頭に入れておきたいことの1つです。

情報が少ない

東京は政治・経済・文化・人口が一極集中しており、それに比例して情報も集中しています。

日本の経済活動の中心地なので、街中を少し歩いているだけでもあらゆる情報が目に飛び込んでくるでしょう。全国ネットのテレビでも、やはり日本の中心地である東京の話題は多く取り上げられます。

一方で地方は人口が少なく、情報も自分から積極的に取りに行かないと得られない傾向があります。Iターン移住したのちに久しぶりに都心部に住んでいる友人に会って、自分が取り残されてしまったような感覚に陥る人もいるでしょう。

しかしそのような情報が溢れる日常に嫌気がさして地方移住を決めたのであれば、そこまで問題ない部分とも言えます。

Iターンで移住するのに向いている人

Iターン移住のメリット・デメリット双方を踏まえて、ここではIターン移住が向いている人の特徴を挙げます。


以下の4つに当てはまる人は、Iターン移住を検討してみてもいいかもしれません。

都会の暮らしに疲れた

デメリットの部分でも触れたように、都心部にはあらゆるものが一極集中しています。人口・経済活動・情報などの過多によって疲れてしまったのであれば、のんびりとした地方で暮らすのはメリットが大きいと言えるでしょう。

ワークライフバランスを重視したい

「年収がある程度下がっても家族との時間を大切にしたい」と考える人は、Iターン移住が向いています。逆にいうと「今の年収を絶対に落としたくない」と考えているなら、Iターン移住はやめたほうがいいかもしれません。

収入や地位などにこだわらず、プライベートや生活の質を重視する人は、Iターン移住した先輩の様子を伺ってみて、イメージを膨らませてみましょう。

子育て環境が充実した場所に住みたい

Iターン移住をする人の声の中で多いのが「子供をのびのびとした環境で育てたかった」というもの。特に幼い子供は、体を目一杯動かしやすい地方での暮らしが好影響を与えられるでしょう。

もちろん都心部でも週末に自然豊かな場所に出かけることはできますが、日常的に自然と触れ合いながら子供を育てたい場合は、Iターン移住は理想的と言えます。

また待機児童が少ないのも地方の良い点。夫婦共働きで、妻もキャリアを継続させていきたい場合、地方に移住して子供を確実に保育所に入所させられるのは大きなメリットです。

場所に関係なく働ける

都心部で働く際も、基本的にリモート作業が中心だった場合は、地方に移住しても同様の働き方ができる可能性があります。企業の中には実際に社員が地方移住して働き続けているケースも。

また移住を機にフリーランスとして独立する選択肢もあるでしょう。例えばプログラマーやWebデザイナーなどは、自宅にパソコンやインターネット環境があれば時間や場所関係なく働きやすい職種です。

以下の記事では時間や場所にとらわれずに自由に働ける仕事を紹介しています。あわせて参考にしてくださいね。

自由な仕事・働き方とは?自由だからこそ生まれる悩みも紹介
「自由な仕事」と聞いて何を思い浮かべますか?この記事では自由な仕事の条件について考えていきます。自分らしく働きワークライフバランスを実現したいと思う人は、この記事を読んで「自由な仕事とはなにか」から見つめ直してみてください。

移住に人気の場所を見てみよう

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、これまでの生活はガラリと変わった方も多いでしょう。


中にはテレワークが増えたことを受け「出社せずに働けるのであれば地方移住もできるのでは?」と考える人もいるのではないでしょうか。

以下の記事では実際にIターン移住などで人気の地域を紹介しています。実際に移住を決めた人の声が記載されているサイトも紹介していますので、あわせて参考にしてくださいね。

Iターン転職希望者がコロナの影響で増加!人気の移住希望先は?
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、Iターン移住(転職)を検討する人が増えています。この記事ではコロナの影響でIターン転職希望者が増加している理由や、地方移住(I・J・Uターン)で人気の場所を紹介。地方移住によってワークライフバランスの実現をはかりたいと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?