仕事のやりがいとは?やりがいを感じる瞬間や見つけ方を紹介

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

あなたは自分の仕事にやりがいを感じられていますか?

やりがいを持って日々の仕事に取り組めている人もいる一方「そもそもやりがいとは何かがわからない」「やりがいの見つけ方がわからない」といった、悩みや疑問を抱えている人もいることでしょう。

この記事では、仕事のやりがいを感じる瞬間や、やりがいの見つけ方について解説します。

そもそもやりがいとは

そもそも「やりがい」とはどのような感情なのでしょうか。

まずは、基本的な言葉の意味を確認していきます。

充足感・手応えのこと

やりがいとは、事に取り組む際の充足感や手応え、張り合いのことを言います。

つまり、やりがいのある仕事とは、その仕事を通してあなたが充足感や手応えを感じられるもののことを言うのです。

過去に行った事について評価する場合は「やり甲斐があった」と表現できます。

ちなみに、やりがいの対義語は「つまらない」「面白みのない」「味気がない」などです。

「やりがい」の捉え方は人それぞれ

どのようなことを「やりがいがある」と感じるかは人によって異なります。

例えばスポーツのやりがいは「仲間と楽しい時間を過ごすこと」「勝つこと」「体を動かして汗をかくこと」などがあります。

このように、同じことに対しても何を「やりがいがある」と感じるかは個人の価値観によるということです。

仕事においても、どのようなことをやりがいと捉えるのかは人によって異なるため、自分にとってのやりがいを見つけることが大切です。

仕事でやりがいを感じるタイミング

「やりがいのある仕事」という言葉は、求人広告などでもよく見かける言葉です。

では、やりがいのある仕事とは具体的にどのような仕事なのでしょうか。ここからは、仕事でやりがいを感じられるタイミングについて解説します。

達成感を得られたとき

「大きな仕事を成し遂げた」「昇進昇格した」など、仕事で目標を達成した時に感じる達成感は「やりがい」と言えるでしょう。

目標達成以外にも、上司や先輩から褒められるなど成果や頑張りが認められた時にも、やりがいを感じる人が多くいます。

能力を発揮できた時

能力を発揮できた時の喜びも、仕事のやりがいの1つです。

「さすが◯◯さん」「この仕事は◯◯さんだからできた」といったように自分しか出せない価値を提供できている、と実感できた瞬間、喜びと共に大きなやりがいを感じられるのです。

成長を実感できた時

「苦手だった取引先との交渉で、前より緊張しなくなった」「資料作りが正確にできるようになった」など、成長を実感できた時もやりがいを感じることができます。

成長を実感できると仕事のモチベーションもアップし、さらに仕事のやりがいを感じやすくなっていきます。

十分な報酬を得られた時

仕事のやりがいには、報酬も重要です。

好きな仕事をボランティアとしてでも続けられるかと言われたら、そうではないケースが多いはずです。労働の対価として適切な報酬を得ていることは、モチベーションを保って仕事を続けるために必須と言えます。

人の役に立てた時

「ありがとう」と言ってもらえた時など、社会や人に貢献している実感が持てた時にやりがいを感じることができます。

言い換えると、誰のために仕事をしているのかわからない、社会に貢献している実感が持てない人は、やりがいを感じづらいかもしれません。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

仕事でやりがいを見つける方法

どうせ仕事をするなら、やりがいのない仕事よりもやりがいのある仕事をしたいものです。

しかし、仕事のやりがいは誰かが与えてくれるものではなく、自ら見つける必要があります。ここからは仕事でやりがいを見つける方法を解説します。

自己分析をする

まず、自分にとっての「楽しい」「やりがい」とは何かを考えてみましょう。

例えば、資料作りであれば、多少のミスはあっても最短時間で完成させることをやりがいに感じる人がいます。

一方、ミスのない完璧な資料作りにじっくりと時間をかけて取り組むことで、やりがいを感じる人もいるはずです。

これまでにやりがいのあった出来事や経験を振り返って、なぜやりがいを感じることができたのかを考えてみることが大切です

今の仕事にやりがいがない理由を考える

今の仕事にやりがいを感じられない理由を考えてみましょう。

思いつく原因があれば、それを解消するための方法を考えることで、やりがいを取り戻すことができるはずです。

仕事でやりがいを失ってしまう主な原因には次のようなものがあります。

  • 仕事に慣れてしまい、新鮮味がない
  • 仕事でミスが続いて落ち込んでいる
  • 将来や仕事での目標がない
  • そもそも仕事があなたの性格やタイプに合っていない
  • 社会に貢献できている実感が持てない
  • 昇進・昇給のペースが遅い、頑張っても評価されない

当事者意識を持つ

やりがいを持つためには、当事者意識と積極性が大切です。

上司や先輩などの指示に従って、その通りに仕事をしている方が楽でしょう。

しかし、言われたままの仕事を続けていると、少し気に入らないことや上手くいかないことがあった時に「やらされてる感」を強く感じてしまう可能性があります。

やりがいは、自ら考え積極的に行動し、責任を持って仕事をするからこそのものです。

例えば、上司から言われたままの仕事をする前に、自分で仕事のやり方を考えてみましょう。また、業務の課題やその改善方法について提案してみてください。

当事者意識を持って行動してみると、同じ仕事でもずっと面白く感じられるはずです。

仕事のモチベーションを上げる方法

「普段はやりがいを持って仕事をできるのに、今日はやる気が起きない」という経験は誰でもあるはずです。

ここでは、仕事のやりがいがなくなった時にすぐに実践できるモチベーションの上げ方を紹介します。

以下の記事では、仕事のモチベーションを上げる言葉について紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

仕事のモチベーションを上げる13の言葉。やる気が出る本・映画も紹介
仕事のモチベーションが上がらないときにおすすめの言葉があります。あなたも今までに誰かの言葉を聞いて励まされたときはありませんでしたか?この記事では、やる気が出てくる言葉13選とおすすめの本・映画を紹介します。

1分間瞑想する

心が疲れた時は少しだけ目を閉じて、1分間瞑想をしてみましょう。

目から入る情報をシャットダウンし、呼吸に集中することで心が落ち着き、目の前の仕事に集中できるようになります。

ポジティブな未来をイメージする

「なんでこんなことやってるんだろう」と仕事の意義を見失いかけた時には、ポジティブな未来をイメージしてみましょう。

仕事が終わってリラックスしている自分や辛い時期を乗り越えた自分をイメージすることで、頑張る気持ちが沸いてくるはずです。

視線・目線を変える

ちょっとした悩みや不安が原因でやる気を失っている場合は、物事を大きなスケールで見てみましょう。

あなたのその悩みやストレスは、人生という長い時間で見たらちっぽけなものだと思いませんか。

「これくらいは大したことない」と割り切ることができれば、些細なことに時間を割いていることが馬鹿らしく思えてくるでしょう。

やりがい搾取に陥っている可能性にも注意

「やりがいがある仕事だから」と低賃金など劣悪な環境で働かせることを「やりがい搾取」と言います。

そもそも、やりがいがあるかどうかは個人が判断することであって会社や他人が決めることではありません。

あなたの職場で上司や上層部から、必要以上に「やりがい」という言葉が出てきたり「やりがいのある仕事だろう」と社員に意識を植え付けようしたりする職場には注意が必要です。

やりがい搾取に陥っていないかを確認する方法

「もしかしたら自分の職場はやりがい搾取をしているかもしれない」という人は、次のポイントにどれくらい当てはまるかを確認してみましょう。チェックの数が多い人ほど要注意です。

  • 残業は当たり前だ
  • 職場や企業にワークライフバランスという考えがない
  • 好きな仕事をできているなら給料は安くても仕方ない
  • 自分の成長のためなら休日出勤や深夜残業も仕方ない
  • 有給休暇が取れない
  • 職場に「できなくてもやる」といった精神論がある

以下の記事では、やりがい搾取に陥る例と、起きやすい業界について紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

やりがい搾取に陥る例と起きやすい業界について【働き方に悩む人必見】
「やりがい搾取」は客観的に見れば異常であることがよくわかりますが、働いている本人は気づきづらいものです。そこでこの記事では、やりがい搾取に陥ってしまう例と、やりがい搾取が起こりやすい傾向にある業界について解説します。やりがい搾取の事例を知ることで、ぜひあなたの現状を見直すヒントにしてください。

まとめ

やりがいはどこかから勝手に降ってくるのを待つのではなく、積極的な行動で自ら探しにいく必要があります。

今の仕事がやりがいがない…という人は、まず、なぜやりがいを感じられないかを考え、どうすればまたやりがいを持って仕事をできるのかを前向きに考えてみましょう。

以下の記事では、タイプ別のやりがいのある仕事について紹介しています。こちらもあわせて御覧ください。

やりがいのある仕事に就きたい!タイプ別のおすすめと自分にあった仕事の探し方
やりがいのある仕事とはどのような仕事でしょうか。同じ仕事をやっていてもやりがいを持てる人・持てない人がいるように、やりがいを感じる基準は人によって異なります。この記事では、あなたにとってやりがいのある仕事に探す際のポイントや、タイプ別のおすすめの仕事を紹介します。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

無料カウンセリングの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました