あなたの毎日が退屈な5つの理由ーーつまらない日々を楽しむ方法も解説

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

「毎日が退屈」「なにか物足りない」……こんな悩みはありませんか?仕事や家事でそれなりに忙しくしているのに、なぜか毎日がつまらないと感じてしまう。これには理由があります。

この記事では、あなたの毎日が退屈な理由や、つまらない日々を楽しい日々に変える方法を紹介します

仕事ばかりの毎日でワークライフバランスが崩れている人や、もっとプライベートを充実させたい人にもおすすめです。

退屈とはどのような状態?

そもそも、退屈な毎日とはどのような毎日なのでしょうか。


まずは「退屈」とは具体的にどのような状態であるかと整理しましょう。

一時的な退屈

私達が普段の生活で感じる「退屈」には2つの種類があります。その1つが一時的な退屈。これは「今」や「今日」などその時にだけ感じる退屈を指すものです。

例えば、次のような状況で感じる退屈が一時的な退屈に当てはまります。

・単純作業の繰り返しやルーチンワークをしている時
・一度聞いたことのある話を聞く時
・電車の待ち時間など、やることがなく暇を持て余している時

継続的な退屈

もう1つが継続的な退屈。これは文字通り、仕事やプライベートなどについて長期に渡って感じる退屈です。例えば、次のよう状況において感じる退屈があります。

・自分の仕事に興味はないが、生活のために続けている
・自宅と職場の往復をするだけの毎日
・熱中できる物事がなく、なんとなく日々を過ごしている

継続的な退屈は「何に対しても興味が持てない」「毎日やる気がない」など、憂鬱な気持ちを引き起こす可能性も。

退屈と暇の違い

退屈と同じような意味を持つ言葉に「暇」があります。日常的によく使われるこれらの言葉ですが、厳密には次の違いがあります。

・暇:時間が空いて、やることがない状態
【例】「勉強が忙しくて遊ぶ暇がない」「今日暇なら出かけよう」
・退屈:やることがない、あってもつまらないと感じてしまう状態
【例】「昨日のドラマは退屈だった」「同じことの繰り返しで毎日が退屈だ」

つまり「暇」とは、予定ややることがない自由時間だけではなく、何かをする為に使う時間のことを指します。

一方「退屈」は物事に興味が持てなかったり、面白く感じられなかったりする状況を指します。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

あなたの毎日が退屈になっている理由

毎日やることがないわけではないが、なぜか充実していない、退屈だと感じてしまうのはなぜなのでしょうか。


ここからは、あなたが毎日を退屈だと感じてしまう主な理由を紹介します。

コミュニケーションが不足しているから

他人や社会とのコミュニケーションは、日々の生活に変化をもたらします。

友人から「今週末出かけよう」と誘われたり、同僚と他愛のない話で盛り上がったり……毎日が充実している人は、周囲と多くのコミュニケーションを取っています。

しかし、これらのコミュニケーションを取らず、自分1人だけで毎日を送ろうとすると、変化が少なく退屈だと感じてしまうのです。

毎日がルーチン化しているから

朝起きて会社に行き、仕事をして、帰宅したら食事や入浴などを済ませて寝る、といった繰り返しの毎日はたしかにつまらないでしょう。

毎日がルーチン化してしまっている人には、例えば「毎週水曜日はジムに行く」など、生活に新しいルーチンや趣味を取り入れるのがおすすめです。

成長や変化を実感できないから

仕事やプライベートの中で、自身の成長や変化を実感できないことも、退屈に思えてしまう要因。

例えば、新入社員として仕事を始めたばかりの時は毎日覚えることだらけで、大変ではあったが面白くもあった、ということはありませんか?

仕事や今の生活になれて、色々なことをこなせるようになったことで、自身のさらなる成長を求めて退屈さを感じるのです。

ネガティブ思考になっているから

いきなり毎日が退屈になった、という人は、ネガティブ思考になっていることが原因かもしれません。

嫌なことやうまくいかないことがあって、気持ちが落ち込んでいたり、投げやりな気持ちになっている可能性があります。

ストレスや疲れが溜まって仕事やプライベートが楽しめない、という人は、一度立ち止まって休息する時間が必要でしょう。

やりたくないことをやっているから

やりたくないことをやっている時間は、退屈でつまらないものです。希望していた業務とは違うことをやっている、同僚に仕事を押し付けられたなどの状況が当てはまるでしょう。

「やらされてる感」を持っていては、楽しいことも楽しめません。一旦気持ちを切り替え、目の前の仕事や物事に楽しさや意義を見いだせないか考えてみましょう。

退屈を楽しめる人になる方法

毎日が退屈なら、その退屈な日々を楽しめる人になってみませんか?


「退屈な毎日って素晴らしい!」と思える人になるための方法を紹介しましょう。

趣味をたくさん持つ

退屈な日々を楽しめる人の多くが、たくさんの趣味を持っています。

例えば、晴れの日は散歩、雨の日は家で映画、春は花見、夏はビアガーデンなど、季節や天候に合わせて様々な趣味を持っているのです。

小さな趣味や日々の楽しみをたくさん持つことで、1年中どのような時でも退屈になることはありません。

「何もしない時間」を楽しむ

やることが何もないのであれば、その時間を満喫するのはどうでしょうか。忙しない日々の中で「何もしない時間」は、とても貴重なもの。

「今日はやることがなくて幸せ!」と退屈をポジティブに変換にするだけで、気持ちが晴れやかになるはず。

次のような方法で「何もしない時間」を楽しむのもおすすめです。

・お風呂に入ってぼーっとする
・公園や自然の中でベンチに座ってぼーっとする
・リラックスできる姿勢で目を閉じる
・窓や庭からただ外を眺める

色々な人に会う

色々な人に積極的に出会い、様々な人の考え方や価値観、趣味に触れましょう。友人の趣味のジョギングにつきあったり、色々な人が集まる飲みの場に参加したりするのもよいでしょう。

人との交流・コミュニケーションの機会を増やすことで、退屈な日々を抜け出すヒントが得られるかもしれません。

パートナーを作る

恋人や親友など、ただ一緒にいるだけで幸せや楽しさを感じられるパートナーを作りましょう。一緒にいて居心地がよい人がいれば、退屈な日々さえも素晴らしいものに思えるはず。

交友関係は広ければいいものではありません。「友人はたくさんいるけど退屈」という人は、本当に大切に思える人を1人探してみましょう。

まとめ

同じような毎日を過ごしていても退屈だと思う人と思わない人の違いは、彼らの価値観にあります。退屈を楽しめる人は、日常の中に小さな楽しみを見出し、何気ない日々を楽しめる人と言えるでしょう

この記事を参考に、積極的にそしてポジティブに毎日を楽しいものに変えていきましょう!

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?