悩める社会人には読書がおすすめ!今読むべき本11冊を厳選

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

「本を読みたいけど時間がない」「どの本を読んだらいいか分からない」、といった悩みを抱えている社会人の方も多いのではないでしょうか。

インターネットであらゆる情報が手に入る現代、そもそも本を読む習慣がない人も多いと思います。

この記事では、社会人、とりわけ仕事や人生に悩んでいる方におすすめの本を11冊紹介します。ぜひ今日から読書を始めてみませんか?

社会人の半数は1ヵ月に一冊も読まない

突然ですが、あなたは普段どれくらいの本を読みますか。


文化庁が2019年10月に発表した「国語に関する世論調査」(対象:全国16歳以上の男女1,960人)によると、「1 か月に大体何冊くらい本を読むか」という質問に対して、約半数の47.3%が「一冊も読まない」と回答しました。

「読書量は以前に比べて減っているか、それとも増えているか」という質問に対しては67.3%が「減っている」と回答しました。

1日の平均読書時間は20代~40代で30分程度

上記の調査結果によると約半数の人が一ヶ月に一冊以上の本を読んでいることになります。

電子書籍や書籍のオンライン販売を行うhontoが2014年に全国20歳~49歳の男女300名を対象に行ったアンケートによると、本を読む人の平均の読書時間は、20~40代で平均30分程度でした。

詳細を見てみると、20代男性の39.1分が最も長く、40代女性の25.5分が最も短い結果が出ています。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

悩める社会人におすすめの11冊

様々な仕事の問題や先の見えない人生の課題、悩みが尽きない社会人の方に、仕事や人生を前向きに捉えられるようになる本を12冊を紹介します。

嫌われる勇気

「自由とは他者から嫌われることである」、「嫌われる勇気を持つことで幸せになれる」とはどういうことか。

ビジネスやプライベートなどの人間関係で悩む人におすすめのベストセラービジネス・自己啓発本です。

鬼速PDCA

野村證券で最年少記録を出し続けた著者による、努力を100%結果に変えるフレームワークが紹介されている一冊です。

メディアでも数多く取り上げられている本書は、ビジネスでのキャリアアップや目標達成をしたい人だけでなく、受験勉強中の人やその親、アスリートにもおすすめです。

自分の中に毒を持て

大阪万博で太陽の塔を制作したことなどで有名な世界的な芸術家である岡本太郎さんによる本書では、彼の生き様や考え方がわかりやすく綴られています。

実際に読んだ人からは「読むと元気になる」「熱意が凄まじい」「頭を後ろからガツンと叩かれたような衝撃」などの感想があがっています。日々の生活に何か刺激が欲しいという方におすすめです。

成長マインドセット

「成長って何だっけ?」「なぜ、成長できないんだろう?」という悩みを抱えていませんか。

本書では、わかりやすい図とケーススタディを用いて、成長の本質や原理原則をわかりやすく解説しています。若手から管理職まで、全てのビジネスマンにおすすめです。

7つの習慣

全世界3,000万部、国内220万部を超える売り上げを誇るビジネス書の大ベストセラーです。

成功するためのヒントである7つの習慣について、哲学が苦手な人にもわかるよう丁寧に解説しています。大人の教養として読んでおきたい一冊です。

小さいことにくよくよするな

穏やかな人生を生きるための2つのルール、「1. 小さいことにくよくよするな」「2. すべては小さなことだ」を人生に取り込む方法が解説されている本書。

周囲の環境や状況に感情が流されやすい、もっと自分をコントロールしたい、という方におすすめです。

未来の年表

日本の人口減少をテーマに、その詳細や対策について解説してある本書。

日本の将来について考えたい、という方のための、10年後、20年後の社会の変化を見据えたビジネスを考えるための“タネ”が多く詰まった本です。

置かれた場所で咲きなさい

進学や就職、結婚など様々なライフイベントを経験していく中で「こんなはずじゃなかった」と思ってしまうことはありませんか。

この本では「置かれたところこそが、今のあなたの居場所」という考えの元、目の前にある人生を生きるためのヒントが紹介されています。

LIFE SHIFT

寿命100年時代をどう生きるか、新しい時代の新しい人生戦略を提示した本書。

将来に漠然とした不安を持つ全ての人に贈る、働き方、学び方、結婚、子育て、人生のすべてが変わる、長寿社会を楽しむバイブルです。

反応しない練習

原始仏典に学び、宗派に属さず活動する僧侶による一風変わった仏教本です。SNSやネット記事など、誰かの言葉にすぐに反応する日々に疲れていませんか。

その苦しみは、すべてあなたの「反応」から始まっているのです。原始仏教に触れながら、現代の生活を生き抜く合理的な考え方を紹介された一冊です。

人生の9割は逃げていい

「人生で起こる9割の出来事は大したことではない」という考えの元、お金も時間も心も自由な生活を手に入れるための残りの大切な1割への向き合い方を解説します。

「大丈夫、今いる場所がすべてじゃない。逃げて、逃げて、逃げまくれ」という言葉に心が軽くなる一冊です。

読書のメリット

本を読んだ方がいいような気はするが、どうしても読書する気分にはなれない、という方は、自分自身で本を読む目的を設定し、その目的に沿った本を読んで見るのがおすすめです。

読書のメリットを紹介しますので、この中から読書の目的・目標を考えてみましょう。

国語力・語彙力の向上

正しい日本語で書かれた文章を一定量読むことで、国語力・語彙力が向上します。

例えば、小説などでは登場人物の心情やその場の状況を表現するために様々な言葉が用いられます。これらの多彩な表現に触れることで、ビジネスやプライベートの場面でより適切な言葉選びをできるようになります。

文章力が身につく

文章力を身につけることもできます。


例えばビジネス書籍などでは情報をわかりやすく、正確に伝えるための文章で書かれています。

わかりやすい文章・伝わる文章を読むことであなた自身が文章を書く際にも、わかりやすく・伝わる文章が書けるようになります。

コミュニケーション力が向上

様々な本を読むことで、あなた自身の知識・話題の引き出しを大きくすることができます。

会社の先輩や上司と話題のビジネス本の話をしたり、友人や家族とベストセラー小説の話をしたりと、話題が増えることでコミュニケーションスキルが上昇します。

以下の記事では、コミュニケーション能力を高めるのに役立つ本が紹介されています。参考にしてみてください。
https://tech-camp.in/note/pickup/71908/

仕事や勉強で成果を上げられる

本を読んで得た知識を仕事や勉強に活かすこともできます。


例えば、タイムマネジメントやタスク管理に関する本を読むことで、自身の仕事・勉強を効率化させたり、世界の偉人たちを紹介する本を読むことで、彼らの行動や思考を学ぶことができます。

まとめ

語彙力やコミュニケーション力の向上など様々なメリットがある読書。ぜひ一度本屋に足を運んでみて、気になるタイトルやテーマの本があれば手に取って、少しページをめくってみましょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?