転勤族の妻が仕事を見つけるコツは?仕事を始める前にすべき準備も紹介

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

転勤族の妻は仕事探しに苦労しますよね。今回は転勤族の妻が仕事探しで苦労する原因や、仕事探しのポインを紹介します。

じつは、筆者である私も数年前までは転勤族で、転勤によって1年足らずで仕事を辞めた経験があります……。この記事が、転勤があってもワークライフバランスを取りながら仕事を続けるためのヒントになると幸いです。

「仕事ができない…」転勤族の妻に立ちはだかる壁

家族が転勤が多い場合、夫の転勤が急に決まることが多く、なかなか仕事を探しにくいという声も多いですよね。


SNSでも以下のような意見があがっています。

 じつは筆者である私自身も、3年前までは転勤族でした。子供の幼稚園入園を機に一度仕事を始めたものの、1年足らずで夫が転勤に……。やむなく退職した経験があります。

家族に転勤が多いと、こんなにも仕事探しで苦労するのはなぜなのでしょうか。次の項で深堀りしていきます。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

転勤族の妻が仕事探しで苦労する原因

転勤族の妻が仕事になかなか就けない原因を、大きく4つにまとめました。


あなたが感じる悩みと近いものがあるのではないでしょうか。

正社員として働きにくいから

転勤族は同じ場所に安定的に住み続けることが難しいです。そのため正社員で働きたいと思っても、面接時に転勤族であることを伝えると難色を示される傾向があります。

会社側も、いつ転勤になっていなくなるかわからない人を正社員として迎え入れるのは、なかなか難しい現実があります。特に重要な仕事は、転勤族の妻には任せにくいと思われがち。急に空いた人材枠を再度求人募集で探さなければならず、採用コストが余計にかかってしまうからです。

次の転勤のタイミングが読めないから

会社やケースによっては、転勤のタイミングが前もってわかることもあります。しかし大抵の場合、1ヶ月を切って辞令が出ることが多いでしょう。妻がすでに仕事をしている場合、急いで会社に夫の辞令について報告し、引っ越しの手配をして……と、バタバタのスケジュールに。

筆者である私も、夫の転勤が決まったとき急遽職場に報告することになったため、心苦しかったのをよく覚えています。一度そのような経験をすると「もう急な転勤で迷惑をかけたくない」と、仕事がしにくい心境になってしまう人も多いでしょう。

子供の預け先を確保しにくいから

転勤族で幼い子供がいる家庭の場合、妻は仕事を探す前に子供の預け先についても考えなくてはなりません。

筆者自身もそうでしたが、採用面接を受けるだけでも、その間の子供の預け先を探す必要があります。実家も遠方で見知らぬ土地だったため、どこの預け先を選べばいいのか、探すのに苦労しました。

保育園の一時保育を利用する手もありますが、子供が多い地域の場合、すでに予約でいっぱいになっていることも。そのため就職活動自体が難しく、仕事探しを諦めてしまう転勤族の妻も多いのです。

採用されにくいから

採用面接まで進んだとしても、面接の際に転勤族の妻であることを伝えると、なかなか採用されにくいケースも。

筆者自身も面接で「実家は近いの?」「子供の預け先は?」「旦那さんは手伝ってくれるの?」などと聞かれ「何とかします」としか答えられませんでした。結果採用はされましたが、おそらくパート職員だからという背景もあったのだと思います。

転勤族の妻の仕事探しのポイント

では転勤族の妻でも仕事をスムーズに見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?


ここでは5つの方法を紹介します。

「子連れOK」「託児つき」の求人を探す

実家が遠方の転勤族の場合、仕事の際に子供の預け先に困ることが多いです。そのような場合、子連れ出勤が可能であったり、託児所が完備されていたりする求人を探してみましょう。

例えば保育士の募集で無料で子供を預けられる求人が出ていることも。「子連れ」「託児」などのフリーワード検索で求人サイトを検索してみるといいでしょう。

在宅ワーク・業務委託で働く

転勤が気になって外に仕事に行くのが憚られる場合は、在宅でできる在宅ワークや業務委託の仕事を探してみましょう。近年はパソコンとインターネット環境があれば在宅でもできる仕事が多数ありますよ。

私自身もパートの仕事を1年足らずで辞めてから、在宅でWebライティングの仕事をはじめました。その後も夫の転勤はありましたが、Webライティングの仕事は継続できています。

業務委託で働くメリット・デメリット。契約書で押さえるポイントを解説
業務委託という働き方になんとなく憧れを感じているけど、実際どのようなメリット・デメリットがあるのか知りたい。そんな方もいるでしょう。この記事では、業務委託の働き方について解説。また、実際に契約をする際に押さえておきたいポイントも紹介します。

開業して個人事業主になる

自宅で開業して仕事をはじめる方法も。「開業」と聞くと身構える人もいるかもしれませんが、クラウドソーシングサービスを使えば、今日からでも仕事をはじめられます。

私自身、クラウドソーシングサービスを使ってWebライティング案件を受注したのが、個人事業主としての第一歩でした。Webライティング案件は未経験の人でもチャレンジしやすい在宅ワークなので、以下のサービスなどで案件を見てみてくださいね。

クラウドワークス
ランサーズ
サグーワークス

パート・アルバイトを探す

転勤族でも気軽に応募できるパートやアルバイトから仕事をはじめる方法もあります。なかには産休中の社員を補う形で、期間限定でパート職員を募集している場合も(私自身もこのケースで働いた経験があります)。

辞令が出るタイミングがある程度決まっている会社であれば「この期間なら確実に働けそう」という期間限定の求人を探して、応募する手もありますよ。

派遣会社に登録する

派遣会社に登録して、派遣社員として働くのもおすすめの働き方です。私自身も派遣会社に登録しており、定期的に仕事の紹介が入ります。

派遣会社の求人は契約期間が数ヶ月からのものが多く、転勤のタイミングに合わせやすいのが魅力です。また事務作業やデスクワークなど、体力があまりない場合も働きやすい仕事が多いのもおすすめポイント。家事・育児との両立がはかりやすい仕事を見つけられるでしょう。

短期・単発の仕事からスタートする

長期的に働くのが難しい転勤族の場合、まずは短期的に働ける仕事からスタートするという方法もよいでしょう。例えば以下のようなものなど。

  • ショールームの受付
  • 催事会場の販売スタッフ
  • 学校の教科書販売スタッフ
  • イベント会場の販売補助

以下のような短期バイトを探せるアプリもあるため、参考にしてみてください。

参照:Timee(タイミー)

転勤族の妻が仕事を始める前に準備すべきこと

転勤族の妻は、実際に仕事を探し始める前に、ある程度準備すべきことがあります。


以下のような準備をしておけば、面接の際も回答に困ることが少なくなるでしょう。

子供の預け先を把握

子供がいる転勤族の場合、子供の預け先の確保はもっとも重要といえます。なぜなら仕事探しの段階でも、子供を預ける必要が出てくるため。

私自身も面接の際、近くの保育園で一時保育をお願いしようとしたところ枠が空いておらず、急遽託児所を利用した経験があります。一時保育利用には書類の提出なども必要になるため、余裕を持って申請するようにしましょう。

夫に相談し体制を整える

仕事をしたいことを夫に相談し、共働きでも家庭が回るような体制を整えておきましょう。家事分担の話し合いはもちろん、子供がいる場合は育児分担も重要。

面接など求職活動の際、子供の世話を夫に任せる手もあります。自分のキャリアプランも話しつつ協力を仰ぎましょう。

共働き夫婦が家事を分担する4つのコツ!便利なアプリも紹介
家事の総量を100としたとき夫婦間の割合はなんと「妻 83.2:夫16.8」!夫婦でワークライフバランスを実現するにはうまく家事を分担することが大切です。この記事では共働き家庭で家事をスムーズに分担する方法や、家事育児の分担に便利なアプリ・アイテムを紹介していきます。

ブランクをカバーするため勉強する

この記事を読む人の中には、転勤族の夫と結婚する際に仕事を辞め、前職から長いブランクがある人もいるでしょう。その場合、求職活動とともにブランクをカバーできるよう勉強も並行するのがおすすめ。

特にもともと専門的な知識が必要な仕事に就いていた場合、最新情報をインプットするのは重要でしょう。

未経験分野へのチャレンジも視野に

「以前就いていた仕事を転勤族で続けるのはどうしても難しい」と考えられる場合は、転勤族でも働きやすい職種へのキャリアチェンジも視野に入れましょう。

その際は家事・育児をしながら働きやすい職種をチェックするのがおすすめ。以下の記事でも紹介していますのであわせて参考にしてみてくださいね。

自由な仕事17選!ワークライフバランスを実現しやすい職業とは? - MTU life
「もっと自由な仕事がしたい」と考えている方も少なくありません。でも「自由な仕事」とは一体どんな職業でしょうか? この記事では自由と感じやすい仕事を、4つの特徴に分けて紹介します。あなたが思う「自由」が叶えられる仕事もきっとあるはず。 また、自由な仕事に就きたいと思ったらやるべきこと、自分らしく働くためにやるべきことも解...

工夫次第で転勤族の妻も仕事を続けられる!

「転勤族の妻だから専業主婦になるしかない」と諦めないでください。


筆者である私がそうであったように、転勤族の妻でも、職種の選択や働き方の工夫をすれば仕事を続けられます。

以下の記事では、転勤族の妻の仕事探しや開業に役立つ資格について詳しく紹介しています。あわせて参考にしてくださいね。

転勤族の妻がキャリア形成する方法は?仕事探しに役立つ資格も紹介
「転勤族の妻は専業主婦になるしかないのだろうか」「家族の転勤について行くとしても仕事を続けていきたい」と悩んでいませんか。この記事では転勤族の妻がキャリア形成する方法や、仕事探しや開業に役立つ資格を紹介します。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?