明るい人になりたい!4つの方法と暗い人との行動・考え方の違いを解説

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

いつもニコニコと笑顔を絶やさず、自然と周囲に人が集まってくる明るい人。明るい人柄になれば、人間関係がスムーズになり、仕事やプライベートのストレスも軽減される可能性も。ワークライフバランスの実現にも繋がります。

しかし、どうすれば彼らのようになれるのでしょうか。この記事では、明るい人になるための方法を詳しく解説します

明るいことは魅力の1つ

明るいことは、男女問わずその人の魅力になります。


ポジティブさや明るさを持っている人の周りには、同性・異性関わらず多くの人が自然と集まってきます。

いい男の条件は性格や前向きであること

「明るい女性に惹かれる」という男性は多いですが、明るさに惹かれるのは男性だけではありません。

男性の場合であっても、いい男の条件は性格や前向きであるかどうかが大きく関係しています。

アンアン総研リサーチが約200人の女性に「イイ男に最も大事な条件は何だと思いますか?」と質問したところ、次のような結果がでました。

1.性格がいい 50%
2.前向き 28%
3.センスがいい 9%
4.お金を持っている 6%
5.顔がいい 3%
6.面白い 3%

この結果の通り、お金や外見と条件として挙げた人は合計で1割にも及びません。一方、性格の良さやポジティブさを挙げた人が合計で全体の約8割を占める結果となりました。

性格がよく、ネガティブなことを口にしない男性は、一緒にいて安心できるという女性が多いのでしょう。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

明るい人と暗い人の違い

性格の明るさや暗さは、見た目だけで決まるものではありません。


その人の発言や考え方、行動などで総合的に「明るい・暗い」は判断されます。では、明るい人と暗い人にはどのような違いがあるのでしょうか。

愚痴や批判を言っているか

「あの人のここが嫌い」「なんでこんなことするのか」と愚痴や批判が多い人を、明るい人・前向きな人と呼ぶことは難しいでしょう。

明るい人は愚痴や批判を言いません。その代わりに言いたいことは直接伝え、相手の嫌な部分よりもいい部分を見ようとします。

友人や家族など周囲の人を大切にしているか

自分を中心に世界が回っているような自己中心的な人物で、周囲に愛されている人はいないと言っていいでしょう。

明るい人は、自分はもちろん友人や家族など周囲の人も大切にできる人。常に前向きに、ポジティブにいるからこそ、相手のことを気遣った言動をする余裕があるのです。

自分に自信を持てているか

明るい人は「どうせ自分なんて」と自分を卑下することはありません。仮に自分にできないことがあったとしても「勉強中」や「成長過程」と前向きに捉えることができます。

常にその時の自分に自信を持っていることで、色々なことに積極的に挑戦することができるのです。

「失敗」にネガティブなイメージを持っているか

同じ出来事、物事に対しても、暗い人と明るい人とではその受け取り方が大きく違います。あなたは、仕事でミスや失敗をしてしまった時、どのような感情になりますか?

嫌なことが起きた時、暗い人はすべてがダメになってしまったような、自分のすべてを否定されたような感情になりがち。

一方、明るい人は「失敗は成功の母」という言葉を信じ、すぐに気持ちを切り替えて次に進むことができます

明るい人になるための方法

20代、30代と大人になってから「明るい人」になるのは難しいと思っていませんか?


実は、考え方や行動を変えることで、今からでも周囲のあなたのイメージを「明るい人」に変えることはできます

大切な考え方・行動を紹介するので、無理のない範囲で実践してみましょう。

嫌なこと=きっかけと捉える

まずはできるだけ常に気持ちを前向きに、ポジティブにすることを心がけましょう。嫌なことがあっても落ち込まず、自分の行動や考え方を変えるきっかけと捉えます。

例えば仕事でミスをして怒られたとしても「次からは怒られない方法を知ることができた」「新しいことを知ることができた」と前向きに考えてみましょう。

始めは無理やり気持ちを切り替えるのが難しいかもしれません。しかし、続けていくうちに自然と切り替えられるようになるはずです。

肯定する癖をつける

暗い性格の人は、物事や人を否定しがち。口を開くとついネガティブなことを言ってしまうという人は要注意です。

批判する代わりに、肯定する癖をつけましょう。そうすることで、物事や人の良い面を見ることができるようになります。

例えば、誰かの意見に反対したい時でも「言っていることは理解できるけど」「あなたの意見も一理あるけど」と肯定する言葉を先に言ってみましょう。

クッション言葉とも言われるこのテクニックを使うだけで、あなたの印象は大きく変わります。

前向きな言葉を言う

「言霊」や「引き寄せの法則」といった言葉がある通り、言葉には力があります。たとえ成功させる自信がないことであっても「失敗するかもしれない」よりも「成功させる!」と前向きな言葉を口にしてみてください。

そうすることで気持ちも前向きになり、成功する自信がわいてくるはずです。

同じように、自分や他人の性格もポジティブに表現することを心がけましょう。

例えば「行動力がない」という言葉は「思慮深い性格」や「慎重に行動するタイプ」に。「口下手」は「聞き上手」と言い換えられます。

常に感謝の気持ちを持つ

常に感謝の気持ちを持つことも大切。


ただ心の中で思うのではなく、実際に声に出すことを実践してみましょう。

例えば、いつもオフィスを清掃してくれている清掃員の人に「ありがとうございます」と言ってみましょう。

仕事を手伝ってくれた後輩や同僚には、コーヒーやお菓子などちょっとしたお礼を添えて感謝を伝えるのもおすすめです。

このように感謝する機会を増やしてくことで、あなた自身も人から感謝される人になることができるでしょう。

人の目をあまり気にしないようにする

他人と比較したり、周囲の目を気にしすぎたりしないようにしましょう。明るい人とは自分に自信を持ち、ありのままの自分を愛することができる人。他人は他人、自分は自分という考えを持っています。

もしあなたが「もっと明るい人でないと、職場の雰囲気に合わない」と考え、明るい人になろうとしているのであれば、その努力は素晴らしいものです。

しかし、無理をして自分を偽ってしまわないように、人の目は気にしすぎないことも大切です。

まとめ

明るい人はもともとの性格が明るいと思っているかもしれません。しかし、考え方や行動を意識して変えることで「明るい人」になることはできます。

この記事を参考に、ポジティブな発言・行動をしたり、感謝の気持ちを積極的に伝えたりする機会を増やしてみましょう

そうすることで、だんだんとあなたの周りに人が集まってくるはずです。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?