あなたが前向きになれない理由とは?心が元気になる映画も紹介

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

「辛いことがあってなかなか前向きになれない」「前向きになるためにはどうしたらいいのだろう…」という方へ、この記事ではあなたが前向きになれない理由を深堀りします。

前向きになるために大切な考え方も紹介しますので、参考にしてくださいね。

前向き思考が身につけて、仕事もプライベートも楽しみ、ワークライフバランスが実現できる毎日を過ごしましょう。

あなたがなかなか前向きになれない理由

あなたはなぜなかなか前向きになれないのでしょうか?


今回は6つの可能性を紹介します。

自信がない

自分に自信がないと、何事も後ろ向きに捉えがちに。

「もし失敗したらどうしよう」
「自分にできるはずがない」

このようなネガティブ思考のきっかけになり、なかなか前進できなくなります。

「自分にはできるはずだ」という思いが根底にないと、前向きになりにくいです。「きっと〇〇できる」といった、いわゆる“漠然とした希望”は、自分に自信がないとなかなか持てないでしょう。

自分に自信を持つ方法7つを解説。今日からできる自信がない状態を変える習慣も
自分に自信がない…。そんな悩みを抱えていませんか?しかし、そんな自分を変えようと思ってもなかなかすぐには難しいもの。この記事では自信をつけるための7つの方法を紹介します。自分に自信を持って幸せに生きませんか?

固定概念に囚われている

「どうせ自分にはできない」
「これは〇〇さんがやったほうが絶対にいい」

などと考えてしまっていませんか?

後ろ向きな考えに陥っているときは、視野が狭くなりがち。自分も努力すればできるかもしれないことも、可能性を考えられず「できるはずがない」と思ってしまうのです。

しかし前向きな人は「もしかしたらできるかもしれない」と考えられます。あらゆる方法から「もしかしたら成功するかもしれない方法」を導き出し、行動に移せます。

心配性

「もしミスしてしまったらどうしよう」
「自分が急に体調を崩したら誰がカバーするのだろう」

などと常に考え過ぎていませんか?

リスクを事前に把握するのはいいことですが、度が過ぎるとなかなか前進できない原因になります。思い浮かんだリスクに対策を講じたら、あとは前を向いて行動を起こしてみましょう。

自意識過剰

「自分がこれを担当したら周囲はどう思うのだろう」
「今この意見を言ったら嫌われるかな」

そんな風に考え過ぎていると、物事を建設的に捉えられないきっかけに。

「自分は自分」と割り切って考えて、周囲からどう見られているのかはあまり考えないでおきましょう。自然と前向きに物事に取り組めるはずです。

自己肯定感が低い

自己肯定感とは、ありのままの自分を受け入れる感覚のこと。自己肯定感が低いと、失敗を極度に恐れるきっかけになります。

一方で自己肯定感が高いと、失敗してしまった自分も素直に受け入れられます。失敗したあとの心の体制が整っているため、未経験のことにもチャレンジしやすいのです。

ミスをしてしまった自分を受け入れ「繰り返さないためにはどうしたらいいのか?」と前向きに考えられるでしょう。

自己肯定感を高めるには、自分の考え方だけでなく環境を変えることも大切
自己肯定感を高めるには、あなた自身の考え方だけでなく身を置く環境を変えることも重要です。自己肯定感は環境によって大きく左右されるものです。では、環境を変えるためには具体的にどんな行動をすればいいのか、この記事で解説します。

深刻な悩みを抱えている

深刻な悩みを抱えている場合、どうしても気持ちが前向きになれないのは当然のこと。悩みを素直に打ち明けられる場所を見つけないと、心が病む原因になってしまいます。

仕事や家族との人間関係など、悩みを打ち明けられる場所が身近にないのであれば、以下のような相談窓口を利用するのも1つの方法です。前向きになれない自分を責め過ぎず、まずは悩みを心の外に出して、心を癒すことに努めましょう。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

ITスキルでパラレルワークを実現する方々のリアルな声を、ぜひこちらからご覧ください。

前向きになれる思考法

後ろ向きな思考から前向きな思考に変えていくには、以下のような考え方を身につけてみましょう。


ちょっとした心の癖を直していけば、あなたも自然と前向きになれます。

失敗も1つの経験

「失敗が怖くてなかなか前向きになれない」という人もいるでしょう。しかし失敗が怖くて何もできなければ、状況も変わりません。

一方、たとえ失敗したとしても行動を起こしたのなら、それはあなたの大切な経験になります。つまり失敗も成功も1つの経験に過ぎないのです。

そう考えれば、一歩踏み出す勇気が湧いてきませんか?

動かないと何も始まらない

特に未経験のことに挑戦する前は、うまくいかなかったことを想像して身が縮こまってしまうこともあるでしょう。

しかしそこで立ち止まって身動きできない状態では何も変わりません。

何か行動に移してみれば改善点も見つかりますし、周囲の人からのアドバイスも受けやすくなります。まずは動くことからはじめましょう。

行動力とは?身につけている人の特徴や鍛えるための習慣も紹介
仕事ができる人が持っている「行動力」。行動力がある人に憧れているが、いざという時になかなか上手く動けない、という人もいるでしょう。行動力を身につけることで、仕事での効率や成果のアップ、ワークライフバランスの実現に繋がります。この記事では、行動力がある人、ない人の特徴や鍛えるための習慣、おすすめ本について紹介します。

どんなことも楽しむ

後ろ向きな考えに陥っているときは、何をするにも不安で「楽しむ」のは難しいかもしれません。しかし少しでも希望が見出せるときが来たら「とにかく楽しもう」を合言葉に行動に移してみてください。

何かうまくいかないことがあっても、その経験が蓄積される楽しさがあります。ネガティブな反応が返って来たとしても「なるほど、こうするとあまりよくないのだな」と、ある意味楽しむこともできるでしょう。

実験のような感覚で、何事も反応を楽しめるようになると、自然と前向き思考になれますよ。

ポジティブワードを使う

言霊という言葉があるように、言葉が持つ力を侮ってはいけません。

例えば

「どうせ自分にはできない」
「だって前も失敗したから」
「でもうまくいかなかったらどうする?」

という風に「どうせ」「だって」「でも」が口癖になっていませんか?

これらの発言は、あなた自身の能力を制限してしまうようなもの。本当にその通りの自分になってしまうかもしれません。

そうではなく

「努力すればきっと自分にもできる」
「何かうまくいく方法があるはずだ」
「大丈夫、この方法ならできるだろう」

といったポジティブな発言をしていると、あなた自身だけでなく、あなたの周囲の人も勇気づけられ、よいパフォーマンスができるようになるでしょう。自然と気持ちも前向きになれます。

ポジティブ思考で生きるコツ!今日から送ろうハッピーライフ
「ポジティブな考え方で生きたいけど、なかなかうまくいかない…」失敗したり落ち込んだりしたとき、こんなことを考えてしまいがちな人もいるでしょう。特に仕事に関してはポジティブに捉えないと精神的にもやられてしまいます。ワークライフバランス...

自分は自分

ありのままの自分を受け入れ、自分の軸に沿って行動できる人は、何事にもチャレンジできる心の土台ができています。

あなたも今日からは周囲の目をあまり気にせず「自分は自分」と自分自身に言い聞かせてみてください。

これまで周囲に何か頼まれてどうしても断れなかった人も、自分自身を大切にして断る勇気が湧いてくるはずです。

自分を大切にできれば、自分の強みや良さにも気付きやすくなり「これは自分にもできるはずだ」という前向き思考にもつながります。

「自分らしく生きる」とは?自分に素直に生きるために知っておきたいポイントも解説
「自分らしく生きるにはどうすればいいんだろう」 「自分に自信を持つことで、仕事もプライベートも楽しみたい」 現在あなたはこう考えていませんか。 この記事では、そもそも「自分らしく生きる」とはどういうことなのかについて解説します。

経験は無駄にならない

大きな失敗をしてなかなか前を向けないときは「この失敗は必ず次に活かせる」と考えましょう。

どんなに大きな失敗も、あなたの人生の中のほんの数ページに過ぎません。そこでいつまでも立ち止まってしまっては時間がもったいないですよ。

その経験を無駄にしないよう、次につなげるための分析をはじめましょう。

観たら前向きになれる映画

なかなか前向きになれないとき、映画を見て心を元気にする方法もあります。


今回は前向きに物事に取り組む勇気をもらえる映画や、日々を大切に生きていこうと思える映画を5つ紹介します。

イエスマン

何をするにも「イエス」と答えるようにしたら、人生どうなると思いますか?

この映画の主人公は、何事にも否定的な男性。しかしあるきっかけで何事にも「イエス」と言うようにしたら、自然と物事がポジティブに動き出します。

観終わったあと、あなたもきっと「イエス」と言いたくなりますよ。

LIFE!

主人公は雑誌社『LIFE』の写真管理部で働く社員。彼は変わらない生活の中、空想が唯一の楽しみでした。

しかしある日、雑誌の表紙の写真ネガを探すため、壮大な旅に出ることになります。

「後ろ向きでなかなか前を向けない」
「こんな毎日を変えたい」

そう考えている人の心に響くヒューマンドラマです。

グレイテスト・ショーマン

心が元気になるミュージカル映画です。

家族を幸せにするため、ショービジネスに奮闘する主人公。一時は挫折するような出来事が起こりますが、仲間とともに再度奮起する姿に感動します。

劇中歌「This Is Me」はきっとあなたの応援歌になるでしょう。

インサイド・ヘッド

ありのままの自分の感情を受け入れるきっかけをくれるのが、この「インサイド・ヘッド」です。

女の子の頭の中にある5つの感情「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」が繰り広げるストーリー。自分のあらゆる感情を受け入れ、大切にして、前を向くきっかけをもらえるでしょう。

アバウト・タイム

「あのときああしていれば…」
「あの頃に戻れたら…」

そんな感情にとらわわれている人におすすめしたいのが「アバウト・タイム」。

タイムトラベルの能力を持つ主人公が、能力を活かしてあらゆる苦難を乗り越えていきます。しかし、主人公が最後にたどり着いた考えには、きっとあなたも胸打たれるでしょう。

観終わったあと、一瞬一瞬を前向きに大切に生きていこうと思える映画です。

【要注意】前向きな人が嫌われるポイント

前向きでいるとメリットが多いですが、ときに嫌わられることもあります……。


相手の状況を考えずポジティブな発言ばかりしていると、うんざりされてしまうことも。では、どのポイントに気をつけるとよいのでしょうか?

無理に励ます

自分が前向きになると「周囲の人にも前向きになってもらいたい」と思いがちです。もちろんそう思うのは悪いことではありませんが、落ち込んでいる人を無理に励ますのは避けたいもの。

あなた自身も、落ち込んでいるときは「もう放っておいて」という感情になった経験があるのでは? そのようなときに「次があるよ」「さあ前を向いて」と言われ続けたら、正直げんなりしてしまいますよね。

前を向くためには、一度悲しい感情をじっくり味わい、気持ちをリセットすることも大切です。落ち込んでいる人を見かけたら無理に励ましの言葉をかけるのではなく「それは大変だったね」と共感の言葉をかけてみましょう。

楽観的過ぎる

前向きに物事に取り組むのはいいことですが、楽観的過ぎるのは考えものです。例えば重要なプロジェクトなのに、周囲の意見を取り入れずに突き進んでしまうのは危険。想定外のトラブルが起こり、対処できない可能性もあります。

特にリーダー格の人の場合は、前向きに取り組みたいがために楽観的に物事を捉え過ぎるのは避けましょう。道筋をたて、順序立てて物事に取り組めば、周囲から支持を集めやすいです。

反省点を活かせない

「まずやってみよう」と思うことはいいことですが、一度ミスしたことを反省せず、また同じミスを繰り返すのは避けるべきです。反省点を生かせていないため「またミスしてるよ…」と周囲に思われる原因になってしまいます。

失敗は原因を突き止め、次はその失敗を繰り返さないために分析をすることが重要です。「数打ちゃ当たる」とがむしゃらに取り組むのは避けましょう。

前向きな人の習慣を真似てみよう

前向きになりたいと思ったら、前向き思考な人の習慣を真似するのが近道です。


以下の記事で前向きな人の習慣を紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

前向きな人が行っている7つの習慣!前向きになれる曲も紹介
「前向き思考になりたい」と考えていませんか?この記事では「前向き」の意味や前向きな人が行っている7つの習慣を紹介します。最後まで読んでいただけたら、きっとあなたも前向き思考になるきっかけをつかめるはず。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました