楽な仕事とは?楽な仕事の条件や就く際の注意点を解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

ノルマや残業、休日出勤、複雑な人間関係のない、楽な仕事や職場を探していませんか?

仕事のストレスから「給料はそこそこでいいから、ワークライフバランスが保てる仕事に転職したい」と考えている人もいるでしょう。

しかし「楽な仕事」とは一体どのような仕事なのでしょうか。楽な仕事とは本当に「楽」なのでしょうか。この記事では、楽な仕事の条件や就く際の注意点について解説します

「楽な仕事」とはどんな仕事?

「楽な仕事」と聞いて、あなたはどのような仕事をイメージしますか?


実は「楽な仕事」の定義は人によってそれぞれ

ある人にとっては、自己判断・自分のペースで作業が進められるような仕事かもしれません。また、別の人にとっては、誰かの指示を受けながら黙々と作業をするような仕事が楽かもしれません。

まずは、楽と言われている仕事にはどのようなものがあるかを紹介します。あなたにとっての楽な仕事について考えてみましょう。

精神的に楽

楽な仕事と聞いて、精神的に楽な仕事をイメージした人も多いのではないでしょうか。

確かに1日、1週間の多くの時間を費やす仕事がストレスフルであっては、心が保ちません。具体的には次のような仕事が精神的に楽であることが多いです。

・特定の人とのコミュニケーションしか発生しない
・人間関係が楽(良好)
・ノルマがない
・自分がやりたいと思える仕事である
・自己判断で仕事を進めることができる(裁量が大きい)
・責任が大きくない(あるいは給与や立場に見合っている)

肉体的に楽

肉体的に楽であることも、楽な仕事を探す上で欠かせない要素です。

給与も職場の雰囲気も良いが肉体労働で体力的に限界……という理由で転職を希望している人もいるでしょう。具体的には次のような仕事が肉体的に楽な仕事と言えます。

・営業や顧客訪問などの外回りがない(少ない)
・職場が空調の効いた屋内
・労働時間が柔軟(早寝早起きをしなくてよい)
・残業がない(短い)、定時で帰られる
・拘束時間が短い
・休日出勤がない

仕事内容が楽

頭を使う複雑な作業よりもマニュアルがあるルーチンワークの方が楽、という人もいるでしょう。仕事内容の楽さの条件には、次のようなものがあります。

・単純作業(すぐに覚えられる)
・マニュアル通りにすればよい
・考えなくてもいい
・専門知識がなくてもできる
・仕事がルーチン化している

働く環境が楽

20代~30代の転職において、仕事内容よりも職場の環境や雰囲気を重視する人が意外と多いのをご存知でしょうか。働く環境が快適(楽)な職場は、それだけで大きな魅力になります。

具体的には次のような職場が人気です。

・通勤時間が少ない(または在宅でできる)
・転勤がない
・有給を取りやすい
・福利厚生がよい
・オフィスが快適、きれい
・仕事内容の割に給料、ボーナスがよい

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

ITスキルでパラレルワークを実現する方々のリアルな声を、ぜひこちらからご覧ください。

楽な仕事・簡単な仕事に就く際の注意点

給与や待遇、業務内容などが全く同じで、つらい仕事と楽な仕事があればあなたはどちらを選ぶでしょうか?


「条件が全く同じなら楽な仕事!」という人がほとんどでしょう。しかし実際は、楽な仕事に就くことに全くリスクやデメリットがないわけではありません。

楽な仕事・簡単な仕事に就く際に気をつけておくべき点について解説します。

給与が低い(上がらない)

給与は労働の対価として受け取るものであるため、仕事の難易度や求められるスキルと比例して高くなっていきます。

楽な仕事・簡単な仕事は、その多くが特別なスキルが必要ない誰にでもできる仕事。そのため給与も低く設定されていたり、給与が上がりづらかったりすることが多いです。

もし「簡単な仕事で高収入!」といった求人広告がある場合には、何か怪しげな仕事である可能性もあるため注意が必要です。

スキルアップ・キャリアアップしづらい

楽な仕事・簡単な仕事は、仕事を通して新しいスキルを身に着けたり、そのスキルを元にキャリアアップしたりすることが難しいです。

1年経っても、5年経ってもずっと同じ作業を続けているかもしれません。

「仕事を通してスキルアップ・キャリアアップをしていきたい」という人はある程度難易度や責任のある仕事を探す必要があるでしょう。

仕事が続けられなくなる可能性も

誰にでもできる楽な仕事・簡単な仕事は、経営危機などによる人員削減の際に真っ先に候補にあがります。また、将来、AIやコンピューターに仕事を奪われたり、体力の問題で仕事を続けられなくなったりする可能性も。

長期的に働くことを考えている場合は、将来性についてはしっかりと考えることが大切です。

正社員でも楽な仕事に就ける?

正社員として楽な仕事に就くことはできるのでしょうか?

スーパーのレジ打ちや事務員など、楽(簡単)な仕事としてイメージしやすい仕事は、アルバイトや派遣などの非正規雇用であることが多いのが現実です。

実際、正社員にはルーチンワークの他、他の社員や現場を指揮・監督する業務など、給与に応じた一定の責任が伴います。会社が教育コストをかけている分、自ら学び成長していく義務もあるでしょう。

正社員として楽な仕事に就きたいという思っている人は、抱える責任やストレスと給与などの条件を比べて自分にあった仕事を探す必要があります。

楽な仕事をすることは悪いことではない

楽な仕事に就くことを「難しい仕事から逃げている」といったように考える人もいるかもしれません。


しかし、人にはそれぞれ適性というものがあります。楽な仕事に就くことがあなたの性格や働く目的に合っているのであれば、それは決して悪いことではないのです。

何が楽であるかは人それぞれ

この記事の冒頭で楽な仕事の条件を解説した通り、楽な仕事の定義は人それぞれ。

例えば、あなたにとっての楽が、一日中パソコンの前で座って黙々と作業をしていることだとしましょう。しかし別の人は「一日中じっとしているなんて耐えられない」と考えているかもしれません。

また、自営業やフリーランスなど企業に雇用されずに働いている人を、ある人は「大変そう」と思うでしょう。

しかし、実際にその職業を選んだ人は、自分の意思・ペースで仕事をできることが楽であるからそうしているかもしれません。

世間体や仕事のイメージではなく、あなたにとって楽な仕事を見つけることが大切なのです。

まとめ

精神的な楽、肉体的な楽など、楽な仕事と一口に言ってもその内容・条件は人にとって異なります。

求人広告の「楽な仕事です」といった文言につられて就職したら、自分に全くあわず、楽どころか苦痛…ということは避けなければいけません。

自分にとっての楽な仕事について考え、軸を決めて就職・転職活動を進めていきましょう

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました