今すぐできる好感度を上げる方法5つ!好感度の高い人の特徴も紹介

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

「周囲から嫌な人と思われたくない」「第一印象をよくしたい」という方必見。

この記事では、好感度の高い人の特徴や、好感度を上げる5つの方法を解説します。

人間関係がうまくいくと仕事もプライベートも上手くまわり、ワークライフバランスの実現にもつながるでしょう。

そもそも好感度とは?

そもそも「好感度」とは、人物・企業・商品・サービスなどに対して、人が「好ましい」と感じる度合いのことを指します。


英語では以下のように表現されます。

  • favorability rating
  • likability

「好感度」を使った例文

好感度とはどんなときに使う言葉なのかおさらいしましょう。例文には以下のようなものがあります。

  • CM好感度調査の結果が発表された
  • あの女優さんは演技中とバラエティ番組出演中とのギャップで好感度が急上昇している
  • 好感度ランキング上位の芸人は漫才も見応えがある

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

ITスキルでパラレルワークを実現する方々のリアルな声を、ぜひこちらからご覧ください。

好感度の高い人の特徴5つ

好感度を上げるためには、好感度の高い人の特徴を真似するのも1つの方法です。


そこで今回は、好感度の高い人の特徴を5つ紹介します。あなたのまわりの好感度の高い人にも当てはまる部分が多いのではないでしょうか。

話をするときに安心感がある

会話をするときに「なんとなく安心する人」っていますよね。

例えば以下のように会話に応じてくれる人です。

  • 視線を合わせる
  • 体ごと自分に向けてくれる
  • 程よく相槌をうってくれる

このような姿勢で会話ができると、相手は「ちゃんと話を聞いてくれている」と感じるようになります。

丁寧な言葉を使う

丁寧な言葉使いの人に悪い印象を抱く人は少ないでしょう。一方で初対面から砕けた感じで話してくる人に対しては「馴れ馴れしいな」「失礼だな」と感じてしまう人も多いはず。

また、以下のような「相手を気遣うワンクッション」を会話の中で取り入れられるようになると、好感度が上がるきっかけになります。

「もしよろしければ〜」
「差し支えなければ〜」
「ご迷惑でなければ〜」
「お手数おかけしますが〜」

相手への気遣いが伝わり、相手の「YES」を引き出せるようになるでしょう。

清潔感がある

清潔感のある人は、周囲に好印象を与えられます。例えば以下のような人です。

  • 髪型に寝癖がなく整えられている
  • 髭がきちんと剃られている
  • 歯の黄ばみや口臭がない
  • シワが伸ばされたワイシャツやスーツを着ている
  • ハンカチを持ち歩いている
  • デスクまわりがいつも整理整頓されている
  • ふんわりといい香りがする(キツ過ぎる香水・柔軟剤の香りはNG)

このような清潔感のある人は「一緒にいて心地よい」と思われます。好感度が上がり「また会いたい」とも思われるでしょう。

いつも前向き

いつもポジティブな発言をしている人からは元気をもらえますよね。

例えば何か自分にミスがあったときも

「今このミスに気づけてよかったよ。次から挽回していこう」
「このミスは誰にでも起こりうることだから、マニュアルの見直しも検討したほうがいいな」

など、ミスを次につなげるステップとして捉えてくれる人には、精神的に助けられますし、自然と好感度も上がります。

ポジティブ思考を実践!あなたは悪い状況でも前向きに考えられる?
「過去の自分を変えてポジティブになりたい!実際にどのように考え方を変えればいいのだろう」この考え方ができたとしたら、ポジティブ思考を実践する準備が整った証拠です。では実際に、悪い出来事が起こったとき、どうやってポジティブ思考に転換すればよいかを見ていきましょう。ぜひ参考にしてください。

よく笑う

よく笑う人は、自然と周囲に元気を与えられます。会話中も「笑ってほしいな」と感じている話題でしっかり笑ってくれるため、相手は話をするのが楽しくなるでしょう。

「笑う」という行為は「相手を信頼している」というサインともいえます。つまりよく笑う人は相手に「自分に心を開いてくれているのだ」と感じさせるため、好感度も上がる傾向にあります。

一方で以下のような笑い方には注意しましょう。

  • 何事にもヘラヘラと笑う
  • 相手が真剣に話している場面で笑う
  • 自分を嘲笑する

このような笑い方は、相手が不快になる原因になります。

【今すぐできる】好感度を上げる10の方法

では好感度を上げるにはどうしたらいいのでしょうか?


今回はすぐに実践できる10の方法を紹介しましょう。

姿勢を正しくする

姿勢が第一印象に与える影響は大きいです。例えば猫背で姿勢が悪く、全体的に縮こまった人からはどのような印象を持つでしょうか?

「なんだか自信がなさそう」
「この人に仕事を任せて大丈夫だろうか?」

こんな印象を持つ人も多いのではないでしょうか?

一方、いつも背筋が伸びていてシャキッとした印象に人からは、芯の強さや自信の高さが伺えます。

素直になる

日ごろから素直になるのを心がけましょう。

例えば

  • コーヒーを淹れてもらったときに「ありがとう」と伝える
  • 仕事で褒められたときにまず「ありがとうございます」と受け止める
  • ミスを指摘されたときに「申し訳ございません」と謝る
  • アドバイスをもらったらすぐ実行してみる

など。

素直に感謝できるようになると、相手も気持ちよくなります。またミスなどを素直に認めたり、もらったアドバイスをすぐに実行したりできるようになると、周囲の人から手を差し伸べられる機会が増えるでしょう。

相手の話を遮らない

誰かと会話するときに、話の途中で遮って自分の話をしてしまっていませんか? 途中で話を遮ると、相手が不完全燃焼になる原因に。特に相手の悩みを聞いているときは、まず相手の話を最後まで聞くことを心がけてください。

そしてアドバイスをする際は、相手に「1つアドバイスしてもいい?」と尋ね、了解を得た上で伝えるといいでしょう。こうすることで、相手もあなたのアドバイスを聞く準備ができ、スムーズに伝わりやすくなります。

相手の名前を言う

挨拶をするとき、ただ「おはようございます」と言うよりも「〇〇さんおはようございます」と言ったほうが、相手に好印象を与えられます。

相手の名前をいって挨拶することは「存在承認」につながります。存在承認とは、相手の存在自体を認めること。

もちろん挨拶だけでなく、会話中でも相手の名前を入れると存在承認につながります。相手が「自分はここにいていい存在なのだ」「認められているのだ」と思うきっかけになり、安心感を与えられるでしょう。

固定概念をなくす

固定概念にとらわれていると、自然と視野が狭くなります。また新たな挑戦がしにくくなる原因に。誰かと会話する中で固定概念にとらわれた発言をしていると、相手が不快に感じる原因にもなってしまいます。

例えば相手が過去に仕事でやってしまったミスを思い出して「またあのようなミスをしているのでは?」と考えてしまっていませんか?

そのような「決めつけ」は相手の「現在」をフラットに見られない原因に。根拠なく決めつけ責めてしまわないように、まずは相手の話に耳を傾けて、現在と未来にフォーカスしてみましょう。

固定概念をなくすと、自然と前向きに物事を考えたり、未来志向になれたりするメリットがあります。

口だけでなく行動で示す

口だけでなく実際に行動に起こせる人は、何かアドバイスする際も説得力があります。

例えば「こうしたほうがいい」とただアドバイスするよりも「自分が〇〇だったときは、こうしたらうまくいったよ」と言われたほうが「やってみようかな」と思えるでしょう。

行動で示すことができ、実際に結果を出している人は、周囲の人も「この人について行こう」と思いやすいです。

相手のためになる話をする

昨夜見たテレビ番組の話をする際に「ここが面白かった」「あれは驚いたよね」と感想を言い合うのもいいでしょう。しかし好感度を上げるためには、もう1歩ステップを踏んでみましょう。

例えば友人との会話を思い出して

「そういえば前になかなか寝付けないことがあるって言ってたよね。この前見た番組で専門家がいっていたんだけど、ぬるめの湯船に浸かったほうが寝つきがよくなるらしいよ」

など、相手の為になる話をすると「自分の話を覚えていてくれたんだ」と思われ、好印象を与えられます。

このような相手にとってプラスになるような話や行動ができるようになると、自然と好感度は上がっていきますよ。

褒め上手になる

相手のことをナチュラルに褒められるようになると、好感度が上がります。褒め上手になると人間関係もスムーズになるので、仕事・プライベートなどあらゆる方面でメリットがあるでしょう。

褒め上手になるには、以下のポイントを押さえてみてください。

  • 相手のことを観察する
  • いいところを見つける
  • 的確に褒める
  • 自然な会話の中で褒める

例えば後輩が以前指摘したポイントを改善してきたのであれば、すかさず褒めてください。

「前はここでつまずいていたけど今見たらできているね」
「〇〇の資料、すごく見やすくなっていたよ。特にこのグラフの項目いいね」

など、気付いたときに具体的に褒められるようになると、相手も嬉しくなるでしょう。

相槌をうつ

好感度の高い人は会話の中で相槌を程よく打てます。相槌を打つと相手が会話しやすくなり「この人とは話がしやすいな」「もっと話したいな」と思われるようになります。

相槌の打ち方にはさまざまありますが、以下の方法を試してみてください。

  • 「うんうん」「そうなんですね」などで会話にリズムを作る
  • 相手の言葉をそのままオウム返しする
  • 相手に共感する(「それは大変でしたね…」「それ私も悲しいと思う…」など)
  • 相手の話を要約する(「〇〇ってことですね」など)
  • 「それでどうなったの?」「うわ〜その話とても面白いですね!」など相手の話を促す

気遣いを忘れない

好感度の高い人は周囲への気遣いを忘れません。

例えば「自分の話を理解できているかな?」と感じた場合、

「ここまでの説明で不明点はありますか?」
「ちょっと分かりにくいかもしれないので図で説明しますね」

などと相手の理解度に合わせて話を進められます。

このように周囲に気遣いができると「優しい人だな」と思われ、好感度が上がるでしょう。

メラビアンの法則から学ぶビジネスコミュニケーションと第一印象のポイント
仕草や話し方などの非言語情報によるノンバーバルコミュニケーションの重要性を示しているメラビアンの法則。その法則をビジネスに活かすことで、第一印象がよくなる、他者との信頼関係がよりスムーズに構築できる、などの効果が期待されます。ビジネスコミュニケーションのコツと、第一印象をよくするためのポイントについて解説します。

好感度をあげたい人におすすめの本

好感度を上げたい人におすすめしたい本があります。


今回は4冊紹介しましょう。

好かれる人 「現実の自分」で生きる

この記事を読んで「好感度を上げるためにはやはり周囲への気遣いが大切なのだな」と感じた人も多いでしょう。しかし周囲を気遣える人になるには、まず自分自身を気遣えなければりません。

本書では現実の自分を大切にした上で、周囲の人を大切にし、周囲から好かれる人になれるヒントが詰まっています。小手先のテクニックだけでない、好感度を上げるための思考法が学べますよ。

なぜか好かれる人がやっている100の習慣

「人の悩みの大半は人間関係の悩み」とよくいわれます。つまり人間関係をスムーズにして周囲から好かれるような存在になれば、今ある悩みも改善される可能性が高いでしょう。

本書では心理学をベースに、人間関係を良好に保つ方法が100個紹介されています。人との付き合い方から生き方まで学べる1冊でしょう。

仕事ができる人はなぜハンカチを2枚持っているのか?

好感度の高い人は気配り上手。上司・取引先・後輩などと接する際のさりげないプラスアルファで、あなたの好感度は上げられます。

本書ではイメージコンサルタントの第一人者による「ワンランク上の気配り術」が学べます。

モノの言い方ひとつで好感度をグ~ンと上げる

好感度を上げる受け答えを具体的に学びたいなら本書がおすすめ。社内での言葉遣い・電話での応対方法・ものの言い方などを、ケース別に学べます。今日から使えるフレーズがきっと見つかるでしょう。

好感度が低い人の特徴も知っておこう

好感度の高い人になるためには、好感度が低い人の特徴を知っておくのも大事です。


以下の記事で紹介していますので、自分に当てはまる部分がないかチェックしてみましょう。

好感度が低い人の10の特徴!すぐできる好感度UPのテクニックも紹介
好感度を上げたいなら、まず今の自分の言動が好感度の低い人の特徴に当てはまっていないかチェックしてみましょう。この記事では好感度の低い人の特徴を10個紹介。好感度を高めるための6つのテクニックも紹介しますので、参考にしてくださいね。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました