正社員でも「人と関わらない仕事」に就くには?メリット・デメリットも紹介

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

正社員として、人と関わらない仕事に就きたい方もいるでしょう。

そこで今回の記事では、正社員にフォーカスして人と関わらない仕事を紹介しています。

正社員などの雇用形態を気にしないという方は、以下の記事を参考にしてください。

正社員として就ける「人と関わらない仕事」

今回は10種類の仕事を紹介します。

人と関わらない仕事10選

正社員でも、人とあまり関わらない仕事があります。

プログラマー

システム設計書をもとにプログラムを書く仕事です。基本的に1人で作業していくことが多く、特にバグの調査は地味な作業で根気強さが求められます。

給料の目安:平均年収 449万円、平均時給 1,122円〜2,002円
参照:求人ボックス 給料ナビ
プログラマーと聞くと「未経験からだと目指せないのでは…?」と思う人もいるでしょう。しかし努力次第では可能です。

姉妹サイトでは未経験からでもプログラマーを目指す方法を紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

システムエンジニア

システムエンジニアは、システム開発のいわゆる上流工程を担当する職種。担当する工程にもよりますが、Web系開発やシステム運用であれば在宅勤務もしやすいです。

給料の目安:平均年収 490万円、平均時給 1,048円〜2,099円
参照:求人ボックス 給料ナビ
システムエンジニアの仕事内容やキャリアプランについては、姉妹サイトでどこよりもわかりやすく紹介しています。こちらも合わせて確認してみてください。

警備

特に施設警備の仕事は人とあまり関わりません。施設内の巡回やモニターの監視など決められたスケジュールに沿って警備を行ないます。

給料の目安:平均年収 314万円、平均時給 1,009円〜1,303円
参照:求人ボックス 給料ナビ

工場作業

製品の加工・検品・ピッキング作業などを行います。基本的に指示に従って黙々と1人で作業をすることが多いです。

給料の目安:20代 年収300~400万円、30代 年収400~500万円、40代〜 年収500~600万円
参照:工場勤務.com

新聞配達

決められたルートを1人で回ります。朝刊・夕刊を配達しますが、特に朝刊配達であれば6時頃に終わり、配達するときに人に会うこともあまりありません。

給料の目安:平均年収 370万円、平均時給 1,003円
参照:求人ボックス 給料ナビ

清掃

1人で黙々と作業しやすいのはビルやオフィスの清掃作業です。一方でハウスクリーニングをする場合は、顧客のニーズに応えるため会話が多くなる傾向があります。

給料の目安:平均年収 339万円、平均時給 954円〜 1,102円
参照:求人ボックス 給料ナビ

ゲームテスター(デバッガー)

開発されたゲームを実際にテストプレイして不具合があればプログラマーに報告します。単純作業を黙々とこなす在宅でできる仕事です。

給料の目安:筆者が実際に求人情報を調査したところ、日給6,000円前後、月収20万円前後、年収200〜500万円程度でした。

配達・配送ドライバー

セールスドライバーとは異なり営業を行いません。センターでの仕分け作業の後は基本的に1人で配達をすることになります。

給料の目安:平均年収 376万円、平均時給 1,003円〜 1,218円
参照:求人ボックス 給料ナビ

電車運転士

単独で乗務可能になれば、1つの運行に対して1人で乗務することになります。細かなマニュアルがあるため1人でも問題なく業務を遂行できるでしょう。

給料の目安:平均年収643万円
参照:年収ガイド(厚生労働省の調査を元に算出)

図書館司書

図書館で資料の選定・読書案内などを行います。基本的に静かな環境で働けるため、人付き合いが多く騒がしい職場が苦手な人に向いているでしょう。

給料の目安:平均年収 416万円、平均時給 961円〜平均時給 1,305円
参照:求人ボックス 給料ナビ

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

人と関わらない仕事に就くメリット

人と関わらないことにより、あらゆる人間関係の悩みから解放されるでしょう。

自分のペースで仕事できる

会社に出社して働いていると、どうしても集中したいときに話しかけられたり、上司に仕事を頼まれたりといったことが発生しがちです。

しかし1人でできる仕事はそういったことが基本的に起こりません。あまり人と関わらない分、自分のペースを保って黙々と作業できるでしょう。

好きなことを仕事にしやすい

1人で行う仕事は何かに特化したものも多いです。プログラマーやWebデザイナーがその代表例でしょう。

自分が本当にやりたい工程のみを担当できることが多いため、好きなことを仕事にしやすい働き方と言えます。

パーソナルスペースを保ちやすい

人に距離をつめられるのが苦手な人もいるでしょう。そういった人も、在宅ワークなどならストレスフリーで仕事ができます。

個性を活かしやすい

人と関わらない仕事の中には、個性があるからこそ案件を獲得できることもあります。会社という後ろ盾がない分、自分の強みをアピールすることが求められるからです。

人と関わらない仕事に就いた人の声

実際に人と関わらない仕事に就いた人はどう感じながら過ごしているのでしょうか。SNS上の声を紹介します。

ストレスフリーになった

組織で働く中では、どうしても苦手な人、関わりたくない人が出てくるもの。しかし在宅ワークなど1人でできる仕事なら、そういった人と顔を合わせる必要がなく、ストレスから解放されるでしょう。

一緒にいたい人といられるようになる

「仕事だからとりあえず付き合わなければならない…」といったケースが減らせるでしょう。

フリーランスなどの場合、一緒に仕事をしたい人を選べることも。その分、本当に一緒にいたいと思えるような人との関わりを大事にできるでしょう。

人と関わらないことによる悩みも…

コミュニケーションの機会自体が減り、ストレスになる人もいるでしょう。

本当に人と関わらない仕事についたほうがいいのか、単純に転職で人間関係を一旦リセットしたほうがいいのかを考えるのが大切です。

人間関係の憂鬱な部分が解消

テレワーク(リモートワーク)をしてみて、これまで感じていたストレスが解消されることに感動する人も。在宅勤務が認められる仕事なら、試しに1人作業を試してみるのも手です。

人と関わらない仕事に就くデメリット

人と関わらない仕事に就くのはメリットだらけ、というわけではありません。

体力的にキツい

なかには仕事の性質上、深夜業務拘束時間が長い肉体労働など、体力的にキツい作業を求められることもあります。

将来性が低い傾向

1人でできる仕事の中には単純作業で済むものもあり、機械化されやすいと言われています。

例えば警備員のモニター監視・電車運転士などです。なかにはすでに機械に代替されているものもあります。

姉妹サイトでは、将来AIに代替される可能性のある仕事を紹介しています。こちらも合わせて参考にしてみてください。

収入が低い・不安定な傾向

人と関わらない仕事をする人の中にはフリーランスも多く、基本的に業務委託契約で仕事を請けます。

自分の働き次第で稼げる金額が変動する働き方なので、どうしても収入が不安定になりやすい傾向があります。

人脈を広げにくい

人との関わりがあまり持てないため人脈を広げにくいデメリットがあります。

特にフリーランスで仕事をしていく場合は人脈で仕事の幅が広がることも。ある程度つながりを保っておくことが大切です。

また周囲の人を目標にして成長を目指したり、周囲から指摘されて改善点を見出したりしにくいのもデメリットでしょう。

人と関わらない仕事が増えている理由

人と関わらない仕事には上記のようなデメリットがあるにも関わらず、近年は増加傾向にあります。その理由は何なのでしょうか。

インターネットの普及

1人でできる在宅ワークは、パソコンとインターネット環境があれば誰でも始められるものが多いです。

インターネットの普及によって離れた人とのやりとりも容易になり、今や誰でもビジネスが始められるようになりました。

個人のスキルが重視されるように

日本国内でも人材の流動性が高まり、個々のスキルが重視されるようになってきました。

「どこの会社のだれか」よりも「どういったプロジェクトに関わりどのくらいのスキルがあるのか」という部分が重視される時代に突入しています。

そのためスキルさえあれば収入を上げられるフリーランス個人事業主といった働き方を選択する人も増えました。

クラウドソーシングサービスの普及

クラウドソーシングサービスの普及により、誰でもパソコンとインターネット環境があれば仕事を受注できる時代になりました。

クラウドソーシングサービスを使えば請求書の作成や直接的な金銭のやりとりが不要なため、副業としてのハードルも低いです。

企業側も発注の手間が減らせるため、気軽に外注できるというメリットもあります。

仕事にできる範囲が広がった

最近では、10年前にはなかったような仕事が増えています。

その代表格がYouTuberインフルエンサーでしょう。これらの仕事もインターネットの普及により生まれたものです。

個々のスキルを売り買いできるサービスもあり、自分の得意分野を仕事としてアピールしやすい時代になっています。

多様性が求められるようになった

従来の日本社会特有の「みんなで同じことをやる」のが通用しなくなってきました。すでに世の中にはモノや情報が溢れているため、同じモノを作っても売れない状態になっているからです。

そんな現代社会でビジネスを成り立たせるためには、これまでにないモノをビジネスにすることが求められるようになっています。

つまり「みんなと同じでないこと」「従来の考え方では想像できないこと」が求められる時代になったと言えます。

人と関わらない仕事を探すには

人と関わらない仕事が見つかりやすい方法やサイトを紹介します。

転職サイトを活用

以下のような転職・求人サイトでは、人と関わらない仕事が見つかりやすいです。ジャンル別でも紹介していますので、気になる職種のサイトをみて見てください。

転職エージェントを活用

起業・フリーランスになる道も

「人と関わりたくない」
「本当に一緒に働きたい人と仕事したい」

こう考えるなら起業・フリーランスといった選択肢もあります。

人間関係の煩わしさから解放されて、仕事へのモチベーションが高められる可能性があります。

人と関わらない仕事に就く準備をしよう

今の職場の人間関係から解放されたいのなら、転職がよい選択肢の1つと言えるでしょう。しかし、特に初めての転職は不安が大きいもの。

姉妹サイトでは、転職成功へのヒントを解説しています。こちらも参考にしてみてください。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?