人生やり直したいのに…人生リセットに大切な考え方と背中を押す名言

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

「人生をやり直したいのにどうすればいいかわからない」「人生をリセットしようとしたができなかった」など変えたいという気持ちがあっても今の生活から抜け出せないという人がいます。

人生をやり直すために大切なのは「変える」というあなたの意思。この記事では、人生リセットに大切な考え方やあなたの背中を押す名言を紹介します

ワークライフバランスが崩れて疲労もストレスも溜まっている、イメージしていた結婚生活ではないなどの悩みを持っている人もぜひ読んでみてください。

「人生やり直したい」が上手くいかない理由

「どん底の状況から一念発起して成功した」という話がドラマや本などで度々紹介されている一方、人生をやり直すことができずに日々を過ごしている人もいます。



やり直すことができた人・できなかった人にはどのような違いがあるのでしょうか。
まずは人生のやり直しが上手くいかない主な理由を解説します。

考えすぎている

「本当の幸せとはなんだろうか」「自分に本当に合っている仕事とはなんだろうか」などを考え過ぎるあまり、行動に移せないケースがあります。

何も考えずに行動するのは確かに危険ですが、考え過ぎるのもよくありません。人生を変えるためには、時には勢いや思い切りも必要です。

常識・固定観念にとらわれている

「この歳からやり直しなんてできない」「世間からどう思われるか」と常識や固定観念にとらわれていませんか?

常識や世間といった曖昧な概念に縛られている限りは、人生を変えることはできません。「自分は自分」「自分の人生は自分で決める」という強い意志で変えていきましょう。

自分に自信がない

「今の企業を離れてやっていけるだろうか」「失敗したらどうしよう」と自分に自信が持てず、結局今の生活を続けてしまう人も。

自信がないのであれば、どうすれば自信を身に着けられるかを考えてみましょう。

最初から完璧・成功を目指している

最初から完璧や大きな成功を目指していたり、挫折や失敗を恐れたりしていると、思い切った行動が取れない可能性があります。

失敗が怖いのであれば、失敗しても痛くない(小さな失敗)から始めてみてはどうでしょうか。

今の自分より少しチャレンジングなことから始め、小さな成功体験を積み上げていけば自信にも繋がります。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

人生をやり直すために大切なこと

そもそも「人生をやり直す」という言葉自体、定義が曖昧なものです。


行動した結果、人生をやり直せたかどうか・リセットできたかどうかを決めるのもあなた次第。では「人生をやり直すことができた」と実感するためにはどうすればいいのでしょうか。

ここからはあなたの人生リセットを成功させるために大切なことを解説します。

目標を持つ

なんとなく「今の生活が嫌だからやり直したい」では、成功と失敗の見分けがつきません。

どのようにやり直ししたいのか、リセットした結果どのような生活を手に入れたいのかを初めに考えることが大切。憧れの人や生活をイメージし、目指すべきゴールを設定しましょう。

他人と比較しない

自分の人生を他人と比較することに意味はありません。「隣の芝生は青い」という言葉がある通り、人は皆自分以外の人生・生活は良く見えがちだからです。

あなたがやり直したいと思っている人生も、他の誰かから見たら憧れの的になっているかも。他の誰かと比較するのではなく、あなた自身が納得して過ごせる毎日を目指しましょう。

後悔や落ち込むことに意味はない

一度しかない人生。後悔したり落ち込んだりしている時間がもったいないと思いませんか?

「あの時ああすれば…」「あの頃はよかった」と過去を振り返りがちな人は、目の前の幸せに気づきづらいというデメリットも。過去ではなく未来に目を向けることを心がけましょう。

今できることを考える

実現不可能な大きな夢よりも、実現可能な小さな夢を叶えることに時間と体力を使いましょう。

「宇宙に行きたい」「プロのサッカー選手になりたい」といった大きな目標・夢を持つことは確かに素敵です。しかし、かなわない夢を持つことは日々の生活の満足度を下げることに繋がります。

今できること、今の自分を幸せにできる方法を考えましょう。

背中を押してくれる名言

人生をやり直す時に、あなたの背中を押してくれる名言をいくつか紹介しましょう。


気にいったものがあれば紙に書いて見える場所に貼っておくのもおすすめです。

本田宗一郎

本田技研工業(ホンダ)の創業者である本田宗一郎氏の言葉。

心機一転、やり直せばよいのである。
長い人生の中で、そのための一年や二年の遅れは、モノの数ではない。

様々な困難やチャレンジを乗り越えながら、ホンダを世界的な自動車メーカーにした同氏の言葉は、失敗を乗り越える勇気が与えてくれます。

スティーブ・ジョブズ

アップルの共同設立者の1人であるスティーブ・ジョブズ。iPhoneなどの先進的な機器の開発を手掛けた同氏は、日本でも人気の高いアメリカの実業家です。

もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?

If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?

2011年に56歳という若さでなくなった彼ですが、死ぬ直前まで本当に好きなことをやっていたことを思わせる言葉です。

ヘンリー・フォード

アメリカの実業家であり、フォード・モーター創業者であるヘンリー・フォードの名言。

あなたができると思えばできる。できないと思えばできない。どちらにしてもあなたが思ったことは正しい。

Whether you believe you can do a thing or not, you are right.

1863年から1947年という激動の時代を生き、大量生産によって車を大衆化した「自動車の育ての親」とも言われる同氏。彼の言葉は不可能を可能にする力を感じさせます。

アルフレッド・アドラー

「アドラー心理学」として日本でも有名なアルフレッド・アドラーの一言。

人生が困難なのではない、あなたが人生を困難にしている

Life is not the difficult . But you’re making it difficult to life. Life is very simple.

「人生はこうあるべき」「毎日がつまらない」といったネガティブな考えは、全て自分の中から沸き起こっているものであることを気づかせてくれます。

まとめ

「人生やり直したい」という気持ちには、正直に向き合い、丁寧に対処することが大切。投げやりになって仕事を辞めたり、人間関係を粗末にしたりすることは、リセットを失敗させるどころか、状況をさらに悪化させる原因にも。

他人と比較するのではなく、自分にとっての幸せや充実した毎日を考えていきましょう

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました