人生やり直したい!そう考える心理・やるべき5つのことを解説

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

「仕事ばかりの毎日でワークライフバランスが崩れている」「好きな人と結婚をしたが、イメージとは違う毎日を送っている」

仕事や生活で上手くいかないことがあると、つい「人生をやり直したい」と思ってしまうこともあるかもしれません。人生のやり直しを実行するためにはどうすればいいのでしょうか。

この記事では、人生やり直したいという気持ちを抱いている人のために、そのように考えてしまう心理ややるべき5つのことを解説します

「人生やり直したい」と考える心理とは?

できないと分かっていても「人生やり直したい」と思ってしまう背景には、どのような事情があるのでしょうか。


実は、そのような気持ちになる理由は年代によって異なります。
詳しく解説していきましょう。

10代の場合

小学校から中学校、高校へと進学し、体も心も成長していく10代。行動範囲や交友関係も広がり、社会との関わりをどんどんと広がっていきます。

「何でも1人でできる」「自分が世界の中心」といった自信に満ち溢れる一方、思春期と言われる成長ホルモンの影響によって心の揺れも激しい年代です。

子供と大人の中間とも言える10代は、次のような出来事によって早くも人生のリセットをしたくなります。

・友人との付き合いに疲れた
・周囲の人と話が合わない
・学校の雰囲気が嫌い
・勉強、部活についていけない
・受験失敗などの人生初めての挫折経験

20代の場合

世間の荒波にもまれながら大人として自立していく20代。

就職をして社会人人生を歩み始めていきます。新たな世界に胸を躍らせる機会が増える一方で、結婚や出産、転職など人生の岐路に立たされることも。

「自分はこのままでいいのか」「これからどう生きていくべきか」という悩みや不安、挫折から、人生を振り返って「あの時ああしておけば……」と考える人も多くいます。

・本来の希望とは異なる仕事をしている
・仕事にやりがいを感じられない
・失敗ばかりで成果を上げられない
・職場の人間関係に疲れた
・周囲が結婚や出産をしていく中で焦りを感じている

30代の場合

就職して10年ほどが経過し、社会人として成長していく中で「結婚(出産)か仕事か」という決断に迫られる人が多い30代。

今の会社にとどまり続けるか、転職してステップアップを目指すかといったキャリアについて悩むことも増えるでしょう。

・結婚、出産によってキャリアを諦めざるを得なくなった
・仕事を選んだ結果、結婚のタイミングを逃してしまった
・出世街道から外れたかもしれない
・若い頃にもっと勉強しておけばよかった
・手に職をつけておけばよかった

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

人生をやり直したい時にやるべき5つのこと

人生をやり直したい…そう思った時、まず何から始めればいいのでしょうか。


ポイントは「身の回りを変化させること」人間関係、仕事、趣味などあなたの身の回りを少しずつ変えていくことで、やがて大きな変化につながっていきます

具体的にやるべき5つのことを解説します。

人間関係を変えてみる

交友関係や人との付き合い方、関わり方を変えてみましょう。

例えば、職場の人間関係に不満があって人生をやり直したいという気持ちになっているのであれば、思い切って同僚・上司・取引先との付き合い方を変えてみるのです。

なんとなく行っていた飲み会を断る、同僚とではなく1人でランチを食べるなど、小さなことから始めてみましょう。

同時に、新たな人と出会える場に足を運んでみてはどうでしょうか。

社会人サークルやSNSのコミュニティ、習い事、オンラインサロンなどを通じて新しい人間関係ができれば、人付き合いのストレスも緩和されるかもしれません。

仕事を変えてみる

転職などで仕事を変えることも生活を大きく変えることに繋がります。転職が難しいのであれば、社内で部署異動や配置換えなどを希望してみましょう。

仕事や業務が変わることで最初は戸惑うことも多いかもしれません。しかし、慣れてくればやりがいや成長も感じられるはず。人生=仕事という気持ちがある人は、仕事を変えてみましょう。

生活を変えてみる

日々の生活を変えることも大切。例えば引っ越しをすれば通勤経路などの行動範囲や隣人などの人間関係がガラッと変わります。

引っ越しが難しい場合には、夜型の生活を朝型にする、断捨離をしてモノを減らす、食生活を見直すなどのライフスタイルを見直してみましょう。

タバコや暴飲暴食などの悪習慣をやめれば心の変化も出てくるでしょう。

新しいことを学んでみる

新しい趣味や勉強などを始め、自分自身に新しい風を吹き込ませます。

資格を取って転職をする、ハンドメイドを始めてフリマアプリに出品するなどの目標を設定すると長続きしやすくなります。

新しいことは、とにかく始めてみるのがポイント。合わなかったらやめればいいという気軽な気持ちでやってみましょう。

誰かに悩みを打ち明けてみる

悩みや不安がある場合には、誰かにそれを打ち明けてみましょう。例えば「結婚かキャリアか」や「転職かそのままか」といった悩みは、多くの人が持っているものです。

同じ悩みを持つ仲間に出会えると、互いに励まし合ったりアドバイスしあったりすることもできます。

話をするだけで気持ちがスッキリすることもあるため、思い切って打ち明けてみましょう。

人生はいつからでもやり直せる

「人生をやり直したいけど、今からでは遅い」と諦めていませんか?


人生をやり直す時に何よりも大切なのは、年齢や環境などを考えて「もう遅い」と諦めてしまわないこと

諦めることは思考を停止させ、それ以上の行動を起こさせなくします。人生をやり直したいという強い気持ちを持ち、自分をモチベートさせることが必要なのです。

年齢は関係ない

「もう◯歳だから」と年齢を理由に何かを諦めるのはやめましょう。今この瞬間が、これからの人生で最も若い時。

後になって「あの時ああすればよかった」と後悔しないよう、年齢を言い訳にしている間に行動すべきです。

目の前の幸せに気づこう

あなたの毎日は本当にリセットしたいほど辛いものでしょうか。

同じことも考え方次第で幸せにも不幸にも捉えられます。例えば、仕事が単調で毎日同じことの繰り返しという状況を、あなたは「つまらない」とネガティブに捉えているかもしれません。

しかし、ちょっと見方を変えれば大きな困難や苦労がなく日々を過ごせていることを「平和」とは考えられませんか?

人生をやり直したいと思うのは、今の自分から目を背けているとも言えます。考えを少し変えて目の前の幸せに気づくことができれば、人生をやり直す必要性すら薄れてくる可能性もあります。

まとめ

時間を巻き戻して人生をやり直すことは、できません。私達にできるのは将来の自分のための最善の行動を取ることだけ。

もし、あなたが本気で「人生をやり直したい」と思っているのであれば、年齢や仕事、生活などの言い訳をやめて未来の自分のために積極的に行動を起こしていきましょう

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました