仕事ができる人になるための行動プラン!おすすめ本も紹介

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

「仕事ができる人になりたい……!」と悩む方必見。

この記事では今日からできる具体的なアクションプランを解説します。その前に紹介している仕事ができる人の特徴を理解してから読むと、イメージが湧くので実現できる可能性が高まりますよ。

仕事の効率化をはかりワークライフバランスを実現したい人は、ぜひ参考にしてください。

仕事ができる人の特徴13個

「仕事ができるようになるにはどうしたらいいの……」と悩むなら、まずは仕事ができる人はどんなことをしているのか知りましょう


仕事ができる人には以下のような特徴があります。

迷う時間が少ない

仕事ができる人は決断が早いです。「やる」となればスピーディーに実行し、その結果から次の方法を考えます。

また物事に優先順位をつけているため「どこから手をつけよう」と迷う時間もありません。やる前から「成功するための方法」を考え過ぎず、まずやってみて、手を動かしながら軌道修正し、よい方法を導き出していきます。

行動計画を立てている

その日に何をすべきかを事前に把握し、どのような順番で行動していくのが効率的かを計画します。

仕事内容をざっくりと分けるのではなく、タスクを細分化。「生産性の高い作業は午前中」「単純作業はスキマ時間に」など、効率的な時間の使い方ができるようなスケジュールを立てます。

【無料で使える】スケジュール管理アプリ12選。使用するメリットも解説
スケジュール管理がうまくできず悩んでいませんか?そんな場合は無料で使えるスケジュール管理アプリを使いましょう。この記事では12のアプリを紹介するとともに、それぞれのメリットも解説します。ぜひ参考にしてみてください。

効率化をはかっている

計画通りに動くため、作業の効率化もはかります。

例えばメールも自動でフォルダ分けがされるように設定したり、メールチェックの時間は出社してからの5分と決めたり。生産性の高い業務に集中できるように、単純作業は効率化しています。

仕事を効率化する「8つのアイデア」とは?おすすめのツールや本も紹介
最近仕事が非効率な気がする…。もっと効率化して残業を減らしたい!そんな思いを持つ方もいるでしょう。この記事では、効率的に仕事をする8つのアイデアを紹介します。具体的に活用できるアプリやガジェットも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

人を頼れる

自分が効率的に動きにくい作業は、他の人を頼るようにしています。逆に何でも自分でやろうとする人は、仕事ができない人の部類に入るでしょう。

仕事ができる人は、自分が苦手なことや「自分はもっと他の仕事に集中すべき」と考えた業務は他の人に任せ、チーム全体で効率的に仕事を進められるようにします。

レスポンスが迅速

仕事ができる人はレスポンスが早いです。すぐに予定が分からない場合も「後ほど確認して本日○時までに連絡します」といった返信をまず行います。

相手を無駄に待たせることをしないため「この人とは気持ちよく仕事ができる」と思われるでしょう。

人として尊敬される

仕事ができる人は人間としても尊敬される特徴を持ちます。

例えば「基本的な挨拶がしっかりできる」「礼儀正しい」「他者への気遣いができる」など。相手が気持ちよく仕事ができるため「次の担当は〇〇さんで」指名されることも多いでしょう。

論理的に説明ができる

漠然とした表現をせず、数値に基づいた論理的な説明ができます。明確な根拠をもとに話ができるため相手が納得しやすく、また分析もしやすいメリットがあります。具体的な数値が提示できるため、途中の軌道修正も数値を元に行いやすいでしょう。

話が理解しやすい

「論理的に説明する」といっても、ただ理詰めするわけではありません。相手の反応を見ながら、理解しやすい形で説明できるスキルも持ちます。相手に応じて表現の仕方を変化させられるのも、仕事ができる人の特徴でしょう。

清潔感がある

仕事ができる人は身だしなみがきちんとしています。相手に好印象を与えられ「一緒に仕事をしていて心地よい」と思われることが多いでしょう。

またデスクまわりやパソコンのデスクトップも整理整頓されているため「あの資料どこやった?」と時間がかかることもありません。指定された資料をスピーディーに提示でき、仕事相手にも信頼感を与えられます。

行動力がある

行動力がある人はスピーディーに物事を進められます。

たとえうまくいかない事態が発生したとしても、改善すれば済む話です。それよりも全く前進していないことのほうが問題でしょう。「まず行動してから考える」という習慣が身に付くと、自然と仕事ができる人の考え方をインプットできます。

行動力とは?身につけている人の特徴や鍛えるための習慣も紹介
仕事ができる人が持っている「行動力」。行動力がある人に憧れているが、いざという時になかなか上手く動けない、という人もいるでしょう。行動力を身につけることで、仕事での効率や成果のアップ、ワークライフバランスの実現に繋がります。この記事では、行動力がある人、ない人の特徴や鍛えるための習慣、おすすめ本について紹介します。

話しかけやすい

仕事ができる人は周囲への気遣いも忘れません。集中すべきときは集中し、休憩中はチームメンバーとの雑談も楽しめます。

ポジティブ思考

仕事ができる人は「できないこと」よりも「できること」を探す傾向があります。また自分のスキルのギリギリのラインの目標を設定し、それに向かって前向きに取り組めます。これはマイナス思考の人にはなかなかできないことでしょう。

ポジティブ思考を実践!あなたは悪い状況でも前向きに考えられる?
「過去の自分を変えてポジティブになりたい!実際にどのように考え方を変えればいいのだろう」この考え方ができたとしたら、ポジティブ思考を実践する準備が整った証拠です。では実際に、悪い出来事が起こったとき、どうやってポジティブ思考に転換すればよいかを見ていきましょう。ぜひ参考にしてください。

ワークライフバランスを実現している

本当に仕事ができる人は、プライベートも大切にしています。プライベートも充実させないと、仕事に集中できないのを理解しているからです。

家族や恋人との時間を大切にするため、プライベートの時間に仕事を持ち込むのをできる限り避けます。休日は仕事のことを忘れてリフレッシュし、会社では仕事に集中するような習慣が身についています。

仕事とプライベートを切り替える方法!分けることでデメリットがある?
「仕事モードの自分をなかなか切り替えられない」「最近仕事ばかりになってプライベートがうまくいっていない」という悩みを抱えていませんか?この記事では仕事とプライベートを切り替える方法や、仕事とプライベートを明確に区別しない考え方について紹介します。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

ITスキルでパラレルワークを実現する方々のリアルな声を、ぜひこちらからご覧ください。

仕事ができる人になるためのアクションプラン

仕事ができる人になるには、仕事ができる人を観察して、真似できる部分は真似てみましょう。


さらに、以下のような習慣を心がけるのもいい方法です。

生活習慣を整える

生活習慣を整えると、生産性の高い仕事ができるようになります。

例えば現在、睡眠時間が短くなっているのであれば、まずは6〜7時間睡眠時間を確保できるような生活習慣に整えましょう。人は睡眠不足に陥ると脳のパフォーマンスが低下してしまうからです。

また運動不足や乱れた食生活も、生産性が落ちる原因に。基本的な生活習慣を正していくとよいでしょう。

目標を設定する

目標を設定せずに何かを始めると「いつまでにどこまでを目指せばいいのか」が不明な状態。だらだらと仕事をしてしまう原因になります。

まず大きな目標を定め、細かな目標を定めると効果的です。スモールステップで進めていけるため、達成感も得やすいでしょう。

もちろん、初めは「今日1日の目標設定」から始めてもいいです。タスクを細分化して「これは今日の正午までに終わらせる」「今日は○時に退社する」と決めたら、達成するにはどう動けばいいのかを考えましょう。

後回しを辞める

「やらなきゃ」と思ったときにやってしまう癖をつけましょう。「あとからやろう」と思っていても、結局忘れてしまい締め切りギリギリになってしまう可能性があります。

とはいえ物事に集中しているときに、異なることを行うのは避けるべきです。そのような場合はとりあえずメモ書きで残しておき、あとから取り掛かるようにしましょう。

目的意識を持つ

漠然と仕事に取り掛かっていませんか?

「この仕事は自分はなぜやるのか」「何のためにやるのか」を明確にしてないと、仕事のモチベーションが上がりません。目的意識を持てるようになるとモチベーションが上がり、自然と仕事の質も上げられるでしょう。

いますぐ仕事のモチベーションを上げる方法を紹介【たった5分でやる気が約1.5倍増】
「仕事のモチベーションがなかなかあがらない」「気分にムラがある性格で業務の生産性が落ちやすい」といった悩みを抱えるあなたに向けて。この記事では、仕事のモチベーションを上げるのに有効な方法を紹介。所要時間も5分程度と簡単に実行可能。それなのに「やる気は38%も上がった」との研究結果がでた最新のテクニックです。

スキマ時間を使う

仕事ができる人は、移動中などのスキマ時間をうまく活用できます。

例えば「朝の出勤中にメールチェックを済ませてしまう」「昼食を早めに済ませ残りの休憩時間に午後から商談する会社の情報をチェックする」など。

限られた時間だからこそ集中して作業できますし、スキマ時間も仕事に当てることで時間に対する意識が向上します。

あたなも今日から、ただボーッと過ごしたり動画を見たりしていた時間を、活用するようにしてみましょう。

仕事に役立つ!時間の使い方が上手くなる方法を解説
ワークライフバランスを実現したい人は、まずは「時間の使い方」を見直しましょう。この記事では、仕事の生産性を高める時間の使い方を解説します。上手く時間を使えれば、効率よく仕事ができるようになり、周囲からの評価も上がります。この記事を読んで、ぜひ時間の使い方をマスターしてください。

分析する機会を作る

仕事を「やりっぱなし」にしていませんか?

うまくいかなかったことをただ反省するのではなく、どこに失敗の原因があったのかを分析して次に活かすことができれば、失敗も成功へのステップになります。

仕事ができる人は常にこのような分析・改善に取り組んでいます。まずやってみて失敗しても分析して改善策が見つかれば、次にステップに進めるでしょう。

手帳の使い方を見直す

例えば現在スケジュールがどんどん後にずれてしまうのが悩みであれば、手帳に空白時間を設けてみましょう。あえて何もしない時間を予定に組み込んでおくことで、計画通りに進まなかった仕事の調整時間に活用できます。

また手帳のメモ欄をフル活用する方法も。

何かアイディアが思いついたときに書き留めるようにして、スキマ時間に具体的なアクションプランを書き込むようにしたり、通勤中気になったキーワードを書き留め、マインドマップを作成して考えを広げたり。

「書く」という作業自体が脳の活性化に役立つため、何事も書き出すことを意識するだけでも、仕事のパフォーマンスが向上する可能性があります。

情報収集を行う

情報収集の質は、機会を増やせば増やすほど向上します。自分が知りたい情報を得るためにどのようにアプローチをすればいいのかは、実際やっていくうちに見えてくるからです。

例えば仕事を効率的に進める方法が知りたいのであれば、実際にgoogle検索でキーワード検索をしてみましょう。最初は漠然としたキーワードで検索していても「もっと知りたい」「この方法は具体的にはどうすればいい?」などと次々と検索していくうちに、自分が本当に知りたかった情報にたどり着けるでしょう。

このように、知りたい情報にスピーディーにたどり着けるように普段から情報収集に取り組んでいれば、仕事に必要な情報収集力も上がります。

コミュニケーションを大切にする

本当に仕事ができる人は「仕事が恋人」状態ではありません。周囲の人とのコミュニケーションも大切にし、チームで仕事をする意識を高く持っています。

「仕事ができる=周囲を気にせずただバリバリ仕事をする」イメージを持っているのなら、今日からその考えを改めましょう。

周囲との調和をはかれるようになれば、周囲の人に仕事を頼みやすくなります。その分、自分が集中したい作業に集中しやすくなるメリットが。結果、質のよい仕事ができるでしょう。

アサーティブコミュニケーションとは?意味やメリット、意識するポイントを解説
「言いたいことが伝わらないことが多い」といった悩みを抱えていませんか?そんな人に実践してほしいのがアサーティブコミュニケーションです。言いたいことを言えないストレスから開放させ、ワークライフバランスを充実させましょう。この記事では、アサーティブコミュニケーションの意味やメリット、ポイントについて解説します。

納期を守る

仕事ができる人は納期をきちんと守ります。あなたも、まずは今ある仕事の納期を厳守することから始めましょう。

納期厳守を意識すれば、自然とタスクを細分化して目標を設定したり「効率的に進めるにはどうすればいいのか?」を考えたりなど、仕事ができる人の習慣が身に付くようになります。

【SNS調査】仕事ができる人とは?

SNS上でも仕事ができる人の特徴を調査してみました。


あなたも参考にして実践してみてください。

インプットだけで終わらない

継続できる

セルフコントロール力がある

仕事の質が高い

優先順位をつけて行動

仕事ができるようになりたい人におすすめの本

仕事ができるようになりたい人におすすめの本もあります。


今回はケース別で紹介します。

「仕事ができる人とできない人との違い」を知りたい人にはこの本

出典:同じ条件、同じ時間で10倍仕事ができる人、10分の1しかできない人

「自分と仕事ができる人とはどこが違うのだろう?」と感じている人におすすめしたい本です。今回紹介したアクションプランがまとまっています。

「いつも計画倒れだ」「次々と仕事を頼まれる」…そんなケース別に、解決策を提示してくれますよ。

ミスを減らしたい人はこの本

出典:仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?

あなたはミスをしてしまったとき「以後気をつけます」だけで済ませていませんか? そして同じようなミスを繰り返していませんか?

それならば本書でミスを減らす方法を学びましょう。うっかりミスを防ぐ方法や仕事で信頼を得る方法が紹介されています。

人望を集めたい人はこの本

出典:なぜ、あの人の周りに人が集まるのか? 仕事もお金も人望も、すべてが手に入る「大切なこと」

仕事ができて周囲から頼られる人になりたいなら、本書がおすすめです。

本書の舞台は廃店の危機に追い込まれたコンビニ。急にやってきたアルバイトのおばさんの働きで、少しずつコンビニのファンが増えていく様子が描かれています。ストーリーを読み進めながら「人望を集める人とは?」を考えられる1冊です。

時間の使い方を見直したい人はこの本

出典:仕事ができる人の最高の時間術

仕事ができる人もできない人も、時間は同じ分だけ与えられています。その限られた時間をどう使うかで、できる人・できない人が分かれるのです。

本書では限られた時間に、重要なことに集中するための時間術が解説されています。

「今日から時間の意識を変えたい」という人はぜひ読んでみてください。

コミュニケーション能力を上げたい人はこの本

出典:伝え方が9割

思わず相手に「イエス」といわせるような伝え方が分かれば、職場で仕事を頼みやすくなったり、商談もうまく進みやすくなったりするでしょう。本書ではそんな「ノー」を「イエス」に変える方法を学べます。

仕事ができない人になっていない?

仕事ができる人になるには、仕事ができない原因を探り、改善するアプローチ方法もあります。


以下の記事では仕事ができない人の特徴を挙げていますので、あなたに当てはまる部分がないか確認してみてください。

仕事ができない人の特徴7つ!できる人になるための方法も紹介
仕事ができる人とできない人との違いはどこにあるのでしょうか。この記事では仕事ができない人の特徴を挙げ、仕事ができる人になるための方法や、仕事ができる人ならではの悩みも紹介します。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました