後悔しない生き方とは?後悔しやすい人の特徴や悔しい気持ちとの付き合い方も

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

後悔しない人生を送るにはどうしたらいいのでしょうか。

この記事では後悔しやすい人の特徴や、後悔しない人生を送る方法、いまある後悔と上手く付き合う方法を紹介します。

過去を後悔する自分を変えたい方は、ぜひ参考にしてください。

後悔しやすい人の特徴

何事も後悔することの多い人は、以下のような特徴を持ちます。


あなたにも当てはまる部分がないでしょうか。

自分に自信がない

自分に自信がない状態は、人生を後悔しがちな人によくある特徴の一つです。なぜなら、自信を持てないと、新しいことにチャレンジしようという気持ちになれないから。

「やらずに後悔するよりやって後悔するほうがいい」とも言うように、人は「やりたいのにやらなかったことに後悔する」パターンが多いです。

自信がないと、何かアイディアが思いついたとしてもそれを発言する勇気が持てなかったり、やりたいことがあっても「私がやっても上手くいかないかも」と手を挙げられなかったり。

なので、自信のなさはさまざまな後悔の原因になってしまうでしょう。

自分に自信を持つ方法7つを解説。今日からできる自信がない状態を変える習慣も
自分に自信がない…。そんな悩みを抱えていませんか?しかし、そんな自分を変えようと思ってもなかなかすぐには難しいもの。この記事では自信をつけるための7つの方法を紹介します。自分に自信を持って幸せに生きませんか?

周囲のことを気にし過ぎ

自分に自信がないことに加え、周囲の目を気にし過ぎて行動できないことはありませんか?

「自分がこの意見を言ったら雰囲気が悪くなるかも」「この服は変と言われるんじゃないかな」「あの人は私のことをよく思っていないから、その周りの人にも話しかけるのをやめよう」

このように周囲の目や意見を気にし過ぎると、やりたいことができず後悔の原因になります。

言い訳が多い

できない理由を探してしまう人も、後悔することが多いです。

例えば「自分を変える方法」などが書かれた本や記事を読んでも「この人と私は状況が違う」「忙しくてこんな習慣は作れない」などと言い訳ばかりして行動しないと「やっぱりあのとき自分を変えていればよかった」と後悔することに。

変化を怖がる

変化を怖がって避ける人も後悔しがちです。

例えば新しいプロジェクトメンバーを募集しているときに、経験のない仕事に不安を覚えて手を挙げられなかったり、今の仕事に満足できない自分に気付きつつも、転職には踏み出せなかったり。

大きな変化にストレスを感じてしまうのは当然でしょう。しかし少しずつでも変わる勇気が持てれば、後悔の念を抱く回数を減らせます。

慎重すぎる

何事も石橋を叩いて渡るような慎重すぎるタイプの人は、どうしても行動に移すまでに時間がかかりがち。考えている間に時期を逃して、後悔することがあります。

ときには自分の直感を信じて動き、チャンスを掴みましょう。

人生の転機とは?前兆や転機を見逃さないための行動を解説
人生や生活が大きく変わるきっかけとなる「人生の転機」。しかし、人生の転機とは一体どのような状況で、どういった形で訪れるのでしょうか。この記事では「人生の転機とはどういったものだろうか」「今自分は人生の転機を迎えているかもしれない」という方のために、前兆や転機を見逃さないために気をつけるべきことを解説します。

人からの頼みを断れない

人からの頼みを断れないと、自分のための時間が短くなります。

例えば「今日は仕事を早く切り上げてゆっくりしよう」と考えていたのに、同僚に仕事を頼まれて結局残業になってしまったり、あまり気分がのらない飲み会に参加して、結局楽しめずに帰ることになったり…。

人からの頼みや誘いをきちんと断れないと、自分が本当にやりたかったことができず後悔することも多くなります。

スマートな断り方のポイント4つ!断れるようになるメリットとは?
「急に仕事を振られたときにいい断り方が知りたい」「メンバーが固定されている友達グループの集まりは断りにくい」など、断り方に関して悩む方は多いでしょう。この記事では、相手を不快にさせないように断る方法や、スマートな断り方を知るメリットなども紹介します。

勝ち負けにこだわる

勝ち負けにこだわる人は、失敗しそうなことにチャレンジできない傾向があります。

人は自分の能力ギリギリのラインのことをやって成功させたときに、大きく成長できます。しかし勝ち負けにこだわる人は、失敗するリスクが少しでもあると挑戦することを躊躇ってしまいます。

その結果、自分の気持ちに素直になれずに後悔してしまうでしょう。

すぐに諦めやすい

何か新しいことを始めても3日坊主で終わったり、コツコツとした努力が苦手だったりする人も後悔しがちです。

「あのときもう少し頑張っていれば人生変わったのだろうか」などと考えてしまうことが多いでしょう。

うまくいかない時期があっても、それを乗り越えることで人は成長できます。しかし乗り越える前に諦めるのが癖になっていると、成長のチャンスを自ら摘み取ってしまうことに。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

後悔しない生き方とは

後悔しない人生を送るには、以下のような方法を試してみてください。


たとえ最初はうまくいかなくても、自分の行動を振り返って、次はどうするか考えて行動を続ければ後悔は少なくなります。

行動量を増やす

考える時間よりも行動量を増やしましょう。人生、結局はやってみないと分からないことが多いからです。

特にこれまで「やっておけばよかった」という後悔が多かったのであれば「まず動く」のを常に意識してみてください。

行動力とは?身につけている人の特徴や鍛えるための習慣も紹介
仕事ができる人が持っている「行動力」。行動力がある人に憧れているが、いざという時になかなか上手く動けない、という人もいるでしょう。行動力を身につけることで、仕事での効率や成果のアップ、ワークライフバランスの実現に繋がります。この記事では、行動力がある人、ない人の特徴や鍛えるための習慣、おすすめ本について紹介します。

自分なりに考えて行動する

自分の考えを持たずに行動すると、後悔するのはもちろん、失敗した原因を自分ごととして捉えにくくなります。

何事も「これはなぜやるのか?」「何のために必要なのか?」といった目的意識を持ってみましょう。そうするとたとえうまくいかなかったときもただ後悔するのではなく、次のアクションに活かしやすくなります。

今に集中する

過去や未来のことを考え過ぎないでおきましょう。

例えば何か新しいことにチャレンジしようとしたとき、過去のトラウマに囚われたり、未来への不安が大きかったりすると、なかなか行動に移せません。

大事なのは、あなたがチャレンジしようとしている今この瞬間。今に集中できるようになれば、余計なことを考えずに行動できます。

周囲の人を大切にする

今日から自分の近くにいる人との関係を大切にしてください。当たり前の存在だからこそ、失ってしまったときの後悔は計り知れないからです。

特に大切にしてほしいのが、あなたの家族です。一緒に暮らしているのであれば、今日から些細な出来事に対しても感謝の気持ちを伝えましょう。離れて暮らしているのであれば、久しぶりに電話して話をしてみませんか?

身近な人を大切にできる人は、職場の人や友人も大切にできるようになります。

自分にとっての心地よさ・楽しさを大切に

「やりたいことをやって後悔しない人生を送りたい」と考えていても「自分にとってのやりたいことってなんだろう?」という人もいるかもしれません。

そんなときは、例えば自分が楽しいと感じることや、心地よいと感じることを大切にしてみてください。

自分のプラスの感情に敏感になれば、やりたいことを見つけられるはずです。

以下の記事も参考にしてみてくださいね。あなたが本当にやりたいことが見つかり、それに向かって努力できるようになれば、後悔しない日々を送れるようになるでしょう。

やりたいことが見つからないときの対処法4つ!おすすめの本も紹介
「やりたいことが見つからない」と悩んでいませんか。ワークライフバランスを整える上でも、仕事やプライベートでやりたいことができているかは重要な要素となるでしょう。この記事では、やりたいことが見つからないときの対処法を紹介します。

後悔とうまく付き合う方法

いまある後悔とはどう付き合っていけばいいのでしょうか。


ここではSNS上でみつけた、よい方法を紹介します。

「過去は変えられない」と認める


確かに、過去は変えられませんよね。後悔の念に苛まれているときは「タイムマシンに乗って過去に戻ってやり直したい」という気持ちになることもありますが、それは無理な話。

「過去は変えられない」とちゃんと認め「では未来をどうしていくか」と考えられるように頭を切り替えましょう。

とことん反省する

ただ失敗したことを後悔するのではなく、冷静に振り返って改善点を見つけるのがポイントでしょう。以下の記事も参考にしてくださいね。

振り返りの意味とは?効果的なフレームワークも解説
「振り返りにはどんなメリットがある?」「効果的な振り返りをするにはどうしたらいいのだろう」このように振り返りについて悩んでいませんか?適切な振り返りはパフォーマンス向上にも効果があり、ワークライフバランス実現のためにも重要です。この記事では振り返りの意味、メリット、フレームワークを紹介します。

楽に立ち直る方法を見つける

自分が後悔しがちだと思うなら、後悔から楽に立ち直る方法を見つけておくのもいい方法。

以下の記事では、後悔したときに気持ちを切り替える方法を紹介しています。あわせて参考にしてくださいね。

人生でよくある後悔とは?後悔しないために大切な考え方を解説
「あの時こうすればよかった……」と、過去の出来事を後悔する人も多いのではないでしょうか?今回は、人生を後悔する原因になる7つの事柄や、気持ちを切り替えて前向きになる方法、後悔しない人生を送るために大切な考え方を解説します。

後悔しない人生を送れるようになるとどうなる?

後悔しない人生を送れるようになると、以下のようなメリットがあります。
自分に当てはめてイメージしてみましょう。モチベーションが高まるはずです。

今を大切にできる

後悔の念を抱くときは、大抵今の自分に満足できていないときです。「今」という時間を大切にでき、周囲にある小さな幸せを見つけられると、過去を後悔する隙がなくなります。

自分の道を歩める

自分の考えを大切にして行動できるようになれば、それがうまくいかなかったとしても自分自身の経験値としてしっかり蓄積されます。「これも自分の人生」という納得感が高まるでしょう。

過去のトラウマに囚われない

過去のトラウマに囚われている人は、「後悔しない人生にしよう」と決めて思い立ったらすぐに行動できるようにすることで、過去のことを考える時間が少なくなりなります。

行動して新しい経験を積み重ねていくうちに、過去のトラウマを薄れていく可能性もあるでしょう。

ポジティブ思考になれる

後悔とは過去の自分の行動を振り返って落ち込むこと。つまり後ろ向きな考え方といえます。

後悔しないように常に前向きに行動できれば、自然とポジティブ志向になれます。何かトラブルが発生したとしても、反省はしつつ、すぐに「次はどうするべきか」と考えられるようになるでしょう。

新しいことにチャレンジできる

「後悔しない人生を歩もう」と心に決めると、新しいことにチャレンジすることが怖くなくなります。あなたも、今心の中にあるやってみたいことを、今日から少しずつはじめてみませんか?

もしうまくいかないことがあったとしても、大切な経験になります。まずやってみないと何も分かりませんよ。

後回しを辞めて後悔しない人生を

「どう生きていきたいか」を考えると、自然とやりたいことや叶えたいことが見えてくるはずです。


まずはそのとき浮かんできたやりたいことを書き出してみて、実現するためにはどう行動していけばいいのか考えてみましょう。

後悔しない人生は、自分のやりたいことを見つめ直すことからはじまります。以下の記事も参考に、やりたいことができる人生を歩んでみましょう。

やりたいことリスト100が今すぐ書ける方法や項目のコツ、アプリを紹介
人生や生活について漠然とした悩みを持っていませんか。人生で達成したい目標や夢と呼べるものがなく、心にもやもやを抱えている方は、やりたいことリストを作ってみるのがおすすめです。この記事では、あなたの毎日をより充実したものに変えるやりたいことリスト100の効果や書き方について解説します。リストが作れるおすすめアプリも紹介します。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました