人生でよくある後悔とは?後悔しないために大切な考え方を解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

「あの時こうすればよかった……」と、過去の出来事を後悔する人も多いのではないでしょうか?

今回は、人生を後悔する原因になる7つの事柄を紹介します。もし今あなたが後悔に押しつぶされそうなら、きっと当てはまるものがあるはず。原因を自覚することは、立ち直ったり、今後公開しない人生を送るための第一歩となるので、自分自身の気持ちと照らし合わせてみてください。

そして後半では、気持ちを切り替えて前向きになる方法や、後悔しない人生を送るために大切な考え方も解説します。

この記事を、後悔が続くつらい日々から抜け出すきっかけとしてくださいね。

後悔とは?

そもそも後悔とはどういうものでしょうか?


用語検索サービスによると、以下のように記されています。

自分のしてしまったことを、あとになって失敗であったとくやむこと。

出典:コトバンク

あなたも今「あの時こうしていればよかった」「ああしていれば人生が違ったのに」という後悔の念に苛まれているのでしょう。

後悔に関することわざ

「後悔」に関することわざといえば「後悔先に立たず」が思い浮かびます。「後悔先に立たず」とは「すでに終わったことを後から悔やんでも取り返しがつかない」という意味です。

例えば以下のように使います。

  • 「後悔先に立たず」といわれるように、やらなければと思ったときにやってしまったほうがいいよ
  • 締め切りギリギリで動くよりも余裕を持って動こう。「後悔先に立たず」だよ

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

ITスキルでパラレルワークを実現する方々のリアルな声を、ぜひこちらからご覧ください。

人生に後悔する原因7つ

人生を後悔してしまう原因には、以下のようなものがあります。


あなたが後悔していることにも当てはまるものがあるではないでしょうか。原因を自覚することは次に進む一歩となるので、明確にしておくとよいですよ。

恋愛

「自分のことを愛してくれる人に対して素直になれなかった」「本当に好きな人と一緒になればよかった」など、恋愛に関する後悔を心の片隅にずっと抱えている人は多いです。

ただし特に片思いで終わってしまっている場合など、思い出として美化されやすい側面もあるので、その点は念頭に置いておきましょう。

家族

「家族が元気なうちにもっといろんなところに出かければよかった」「仕事ばかりで家族との時間を蔑ろにしてしまっていた」など、普段一緒に過ごすことの多い家族だからこそ、後悔の原因となることも多いです。

勉強

「あのとき、めんどくさがらずに勉強を頑張っていればよかった」「学校の授業を真剣に聞いておけばよかった」など、歳を重ねるにつれて学業に関する後悔の念を抱く人も多いでしょう。

仕事


「あの時あのプロジェクトに手を挙げていれば……」「育休後に復帰していればよかった」など、仕事での後悔は人によって違いますが、挑戦しなかったことによる後悔は引きずってしまいます。

お金

「もっと前からお金を貯めていれば〇〇ができたのに」「勢いでお金を使い過ぎてしまった」など、お金に関しても後悔を抱く人も多いでしょう。

お金に関してはきちんと考えようと思っても、どこから手を付けていいかわからず管理できない人も多いのではないでしょうか。その結果お金を計画的に使えず、後悔する事態になることも。

以下の記事では、人生設計をするとき必要なことや、役立つアプリ・本を紹介します。参考にしてください。

人生設計の書き方がわからない?必要なことや役立つアプリ・本を紹介
「人生設計をして将来必要なお金を把握したい」「今後のキャリアを考えるため人生設計から始めよう」という考えている方。この記事は人生設計をするとき必要なことや、役立つアプリ・本を紹介します。

健康

健康ほど大切なものはないのに、失ってから大切さに気づく人も多いです。

自分や身近な人に大きな病気が見つかってから「きちんと健康診断を受けていれば」「生活習慣を見直していれば」と後悔することもあるでしょう。

人間関係

「あのときの縁を繋げておけばよかった」「自分の意見を押しつけ過ぎていた…もう少し歩み寄ればよかった」など、人間関係は悩みが多い分、後悔につながることもあります。

人の悩みのすべては対人関係によるものといわれるほどですから、人生において後悔することのほとんども、人間関係に関するものともいえます。

以下の記事では、人生やり直したいという気持ちを抱いている人のために、そのように考えてしまう心理ややるべき5つのことを解説します。こちらも参考にしてください。

人生やり直したい!そう考える心理・やるべき5つのことを解説
「仕事ばかりでワークライフバランスが崩れている」「結婚をしたが、理想とは違う毎日を送っている」仕事や生活で上手くいかないことがあると「人生やり直したい」と思ってしまうこともあるかもしれません。人生のやり直しを実行するためにはどうすればいいのでしょうか。そのように考えてしまう心理ややるべきことを解説します。

気分を切り替えて前向きになる方法

後悔の気持ちに苛まれ、そのまま前に進めない方もいると思います。


でも落ち込んだままでは、時間がもったいないです。
ここでは気持ちを切り替えて前に進みやすくなる、おすすめの方法を紹介します。

体を動かす

体を動かす習慣が身についている人は、ストレスに強い傾向があります。体を動かすと、交感神経が優位になる時間が長くなり、気持ちがポジティブになりやすいからです。

とはいえ、これまで運動習慣がなかった人が、いきなり激しい運動を始めるのはキツいでしょう。そこでおすすめしたいのがヨガです。

ヨガは深い呼吸によって心を整えられるほか、インナーマッスルを鍛えることで姿勢改善などにつながります。以下の記事も参考にしてくださいね。

人生が豊かになる「ヨガの効果」とは?お家ヨガにおすすめのYouTube動画も
ヨガには、精神安定作用や血行促進などの効果があり、仕事や日々の生活に良い影響を及ぼし、「ワークライフバランス」を整えてくれます。この記事では、ヨガの効果を詳しく解説します。お家で簡単にできるヨガ動画も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

十分休息をとる

十分な休息が取れていないと、精神面にも余裕がなくなり、後悔からなかなか立ち直れない原因になります。

まずは土日など連続で休める状況を作り、リラックスできる環境を整えましょう。部屋でリラックスできる香りのアロマをたいたり、ハーブティーなどお気に入りの飲み物を飲んだり、心地よい音楽を聴いたりするのもいいでしょう。

精神的余裕が生まれれば、心をポジティブに切り替える余裕も生まれます。

好きな場所に出かける

自分の好きな場所に出かけて気分をリフレッシュさせるのもおすすめです。近場であればお気に入りのカフェ、遠出するのであればお気に入りの旅先など。

自分の原点に立ち帰るような場所に訪れるのもおすすめです。

元気になる名言を読む

後悔に苛まれ気分が落ち込んだとき、心が元気になるような名言を読むのもおすすめです。

筆者である私は、詩人 相田みつをさんの詩に何度も元気付けられました。以下のような、名言がまとめられた書籍もあります。

参照:大切なことに気づく365日名言の旅

後悔しないために大切にしたい考え方

「もう後悔したくない」と思うなら、以下のような思考法を身につけましょう。


もっとも大切なのは、自分の信じた道を歩むことです。

自分は自分

「自分はあの人のようにうまくできない」「自分がこれをやったらまわりの人はどう思うだろう」そんな気持ちから、1歩前に踏み出せずに後悔した経験はありませんか?

今日からは自分と人とを比べ過ぎず、周囲の目を気にし過ぎず行動していきましょう。

「自分は自分」という考えを常に心の中心において、チャンスが来たときに動き出せる心の状態を作ってみてください。

「後でやる」を減らす

何か思いついたときに「時間があるときにやろう」と後回しにしていませんか?

後悔の念に苛まれるとき、大抵「あのときああしていれば…」という気持ちになりがち。そんな気持ちになる前に「思いついたら即行動」を心がけると、後悔することは少なくなります。

行動力とは?身につけている人の特徴や鍛えるための習慣も紹介
仕事ができる人が持っている「行動力」。行動力がある人に憧れているが、いざという時になかなか上手く動けない、という人もいるでしょう。行動力を身につけることで、仕事での効率や成果のアップ、ワークライフバランスの実現に繋がります。この記事では、行動力がある人、ない人の特徴や鍛えるための習慣、おすすめ本について紹介します。

ときには直感的に動いていい

過去や未来のことを考え過ぎて、新しいことにチャレンジできないこともあるでしょう。

もちろん計画的に動くのは大切です。しかし先のことを考え過ぎて動けずに後悔するくらいなら、ときには自分の直感を信じで動いてみましょう。

「やらなかった後悔」より「やった後悔」のほうがいいともよくいわれますよね。

自分を大切に

人から頼まれたことを安易に引き受けて後悔したことはありませんか?

人からの頼まれごとを何でも引き受け過ぎて後悔することが多い人は、断る練習をしてみましょう。

自分を大切にするようにしていれば、自分がやるべきことが残っているときは、人からの頼まれごともスムーズに断れるようになります。

スマートな断り方のポイント4つ!断れるようになるメリットとは?
「急に仕事を振られたときにいい断り方が知りたい」「メンバーが固定されている友達グループの集まりは断りにくい」など、断り方に関して悩む方は多いでしょう。この記事では、相手を不快にさせないように断る方法や、スマートな断り方を知るメリットなども紹介します。

チャレンジに失敗も成功もない

「チャレンジしてみたいけど失敗に終わりそうで怖い…」そんな気持ちから行動に移せず、結局後悔してしまうのなら、チャレンジしてみたほうがいいです。

たとえ失敗に終わったとしても、それは1つの経験に過ぎません。その失敗を活かして次のステップに進められれば、大きな前進になるからです。

何も身動きが取れずに現状で止まっているよりも、チャレンジして失敗したほうが経験値になります。

大切なのは、後悔から立ち直る方法を見つけること

後悔すること自体は悪いことではありません。


大切なのは、そこから立ち直れるかです。いつまでも後悔してなかなか立ち直れないのであれば、今回紹介した方法で気持ちを切り替えてみてください。

以下の記事では、後悔しがちな人の特徴や、後悔とうまく付き合う方法についても紹介しています。あわせて参考にしてくださいね。

後悔しない生き方とは?後悔しやすい人の特徴や悔しい気持ちとの付き合い方も
後悔しない人生を送るにはどうしたらいいのでしょうか。この記事では後悔しがちな人の特徴や、後悔しない人生を送る方法、いまある後悔と上手く付き合う方法を紹介します。過去を後悔する自分を変えたい方は、ぜひ参考にしてください。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました