人生の転機はいつ来る?好転させるために大切な行動・考え方とは

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

あなたは「人生の転機」を経験したことがありますか?あるいは訪れた人生の転機に上手く対処することができたでしょうか?

突然やってくる人生の転機に敏感に反応し、それをものにすることは簡単なことではありません。転機を逃したことで、仕事やプライベートが上手くいかなくなりワークライフバランスが崩れてしまうという人も。

この記事では、人生の転機に上手く対処する方法として、転機が訪れやすいタイミングや転機を迎えてた際の適切な行動を紹介します

人生の転機とは

人生の転機とは、あなたの人生や生活、考え方などがかわるきっかけのこと。


人生の転機には、具体的に内側と外側の2種類があります。

例えば「仕事に慣れてきてもっとキャリアップ・ステップアップしたいと思うようになった」といったような、あなた自身の価値観や考え方の変化によるのが内から起こる転機。

一方「就職して独り暮らしを始めたら、料理にハマって料理教室に通うようになり、新しい友人ができた」といったような、環境などの変化によるものが外からの転機です。

転機の意味

「転機」という言葉には、他の状態に転じるきっかけという意味があります。つまり、人生の転機にはよい転機(ポジティブ)と悪い転機(ネガティブ)があるということ。

人生の転機といえば良いものとして捉えられがちですが、実際には事故や病気、解雇などの悪い転機もあるのです。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

ITスキルでパラレルワークを実現する方々のリアルな声を、ぜひこちらからご覧ください。

人生の転機はいつ起こりやすい?具体例も紹介

多くの人が一度は経験するであろう人生の転機。


具体的にどのようなタイミングで人生の転機を実感するのでしょうか。人生の転機が起こりやすいタイミングについて解説しましょう。

出会いや別れ、恋愛などで人間関係が変化する時

新しい人との出会いや大切な人との別れ、恋愛などの人間関係の変化がきっかけとなり、人生が好転・暗転するケースは多くあります。

以下に例をいくつか紹介しましょう。

・転職した先で知り合った人と結婚した
・大学で知り合った人に誘われてテニスサークルに入ったことがきっかけで、テニスの楽しさに気づいた
・恋人と別れたことがきっかけで自分磨きを始め、スキルもキャリアもアップして年収が上がった

生活環境が変化する時

結婚や出産、引っ越しなどの生活環境の変化も、人生の転機となることが多いようです。以下でいくつか例を紹介します。

・結婚をきっかけにこれまでの仕事をやめ、在宅でもできるフリーランスの仕事を始めた
・妻の出産をきっかけに、仕事終わりの同僚との飲み会をやめた
・引っ越しをきっかけに田舎暮らしの良さに気づき、シンプルライフをするようになった

仕事の環境が変化する時

就職や転職、転勤など仕事環境が変わったことが、キャリアのみならず人生の転機となることも。以下でいくつか例を紹介します。

・転職をきっかけに日本と海外を行き来する生活になった
・新しい上司のおかげで仕事のやり方を見直すことができ、ワークライフバランスが整った
・就職して営業部門に配属になり、口下手を克服できた

悲しいこと・つらいことがあった時

病気や事故、身内の不幸などの悲しいこと・つらいことがその後の人生の方向性に大きく影響することもあります。以下でいくつか例を紹介します。

・身内の不幸をきっかけに医療の道に進んだ
・子供の時に病気にかかった経験がカウンセラーを志すきっかけになった
・事故をきっかけに当時の仕事を続けられなくなり、キャリアチェンジをした

人生の転機を好転させるための行動

記事の冒頭でも解説した通り、人生の転機とは必ずしも良い方向に向くものではありません。


では訪れた人生の転機を逃さず、好転させるにはどうすればよいでしょうか。

状況を正確に把握する

まず大切なのは、正確な状況把握。どのような状況であっても焦らず、今自分が置かれている状況や自身の気持ちを整理しましょう。具体的には、次のような視点で状況を見ていくとよいでしょう。

・人間関係や周囲の環境などがどのように変化したか
・変化をポジティブに捉えられているか
・何に対して不安に感じているか
・変化を受け入れたいのか、別の形に変換したいのか
・今後どうしていきたいと思っているのか

人生の転機を迎えた時に「どうすればいいかわからない」と焦ってしまう人は多くいます。焦って判断を誤ってしまわないよう、まずは気持ちを落ち着けるところから始めましょう。

将来設計をする

人生の転機を迎えることで、あなたがこれまでに描いていた人生プラン・将来設計も見直す必要が出てくるでしょう。

これからどのような人生を歩んでいきたいのか、どのような人間関係を築きながら、どのように仕事をしていきたいのかなどを具体的に考えてみます。

「◯◯がしたい」「◯◯になりたい」など希望ベースでどんどん書き出していく方法がおすすめ。自分自身を見失ってしまった…という人は「なりたい自分とは何か」から考えていくとよいでしょう。

これまでの考え方・生き方をリセットする

人生の転機を迎えてこれから新しい自分をスタートさせる時に、古い自分は必要ありません。「〇〇すべき」「◯◯であるべき」といった固定観念も、柔軟な発想の妨げになります。

これまでの考え方や生き方は一度リセットし、まっさらな気持ちで人生について考えてみましょう。

どん底でもポジティブ思考を忘れない

悲しいことやつらいことがあった場合でも、できるだけ気持ちは前向きに、ポジティブに保ちましょう。気持ちがネガティブになっていると、人生は好転させられません。

ここで注意なのが、ポジティブ思考とは「何とかなるだろう」とただ楽観的になることではないこと。

状況を正確に把握した上で、どうすれば上手くいくか、どうすれば人生を好転させられるかを積極的に考えることが大切です。

時間を大切にする

人生の転機には転職や結婚などの重要な決断を伴うものが多くあります。この時期に十分な時間がないと、冷静な判断ができなかったりタイミングを逃してしまったりする可能性も。

人生の転機は、あなたの今後の人生を左右する大切な時期。無駄なものや不必要なものを除外し、大切なことや本当にやらなければいけないことに時間を割きましょう。

まとめ

人生の転機をものにするためには、正確な状況把握と冷静な思考が不可欠。急な変化や慣れない環境に不安になってしまうこともあるでしょうが、不安定な状況でも自分をしっかりと保ち、自身のコントロールをすることが大切です。

十分な時間を確保し、焦らず着実に行動していきましょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました