人生の転機とは?前兆や転機を見逃さないための行動を解説

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

人生や生活が大きく変わるきっかけとなる「人生の転機」

しかし、人生の転機とは一体どのような状況で、どういった形で訪れるのでしょうか。

この記事では「そもそも人生の転機とはどういったものだろうか」「もしかしたら今自分は人生の転機を迎えているかもしれない」という方のために、その前兆や転機を見逃さないために気をつけるべきことを解説します

最近仕事が面白くない、ワークライフバランスが崩れてきたなど、生活や考え方が変わってきたという人は要注意!人生の転機が近づいているかもしれません。

人生の転機とは

人生の転機とは、あなたの人生や生活、考え方などをこれまでとは違う方向に向けるきっかけとなる出来事のことを指します。


これまでの人生を振り返ってみて「あの出来事をきっかけに自分はこう変わった」「あれがなければ今の自分はいない」といったことは思い当たりませんか?

その中には、就職や結婚などの良い出来事もあれば、大切な人との別れや病気、事故などの悪い出来事もあるでしょう。

つまり人生の転機とはあなたの人生を好転させるものでも、暗転・悪化させるものでもあるのです。

人生の転機は「内側」と「外側」から訪れる

人生の転機は、あなたの内側(内部的な要因)と外側(外部的な要因)の2つの方向から訪れます。

具体的には、何かのきっかけであなたの考え方や人生観に変化があることが内部的な要因、進学や就職、転勤など外部環境の変化により生活や人生も変わっていくことが外部的な要因です。

人生の転機の例

世の中の人はどのような人生の転機を経験しているのでしょうか。いくつかの例を紹介します。

・これまで転職を何度もしていたが、その経験がなければ今の恋人に会えていなかった
・1ヶ月間のボランティアの経験が元になり、ライフワークを見つけられた
・何気なく観たドキュメンタリー番組がきっかけで、海外に興味を持った。海外留学の後、就職をして現地に住んでいる

この例を見てみると、後から人生を振り返って初めて「あれが私の人生の転機だった」と思うケースが多いことがわかります。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

人生の転機の前触れ・前兆

この記事を読んでいる人の中には「自分は今人生の転機を迎えているかもしれない」という人もいるでしょう。


出会いや別れなどの突発的な出来事が、人生の転機となるケース(外的要因)もあれば、考えや人生観がだんだんと変化していき、それが人生の転機となるケース(内的要因)もあります。

ここからは内的要因による人生の転機について、その前触れや前兆を紹介していきます。

上手くいかないことが増えてくる

これまで順調だった仕事やプライベート、人間関係などが何故か上手く行かない…そのような時は人生の転機が近づいている可能性も。その背景には次のようなことが考えられます。

・あなた自身が成長したことで、これまでの仕事に物足りなさを感じている
・考え方が変わって、これまで付き合ってきた友人達と気が合わなくなる
・単調な毎日にうんざりしていて、仕事や人付き合いが雑になっている

これまで順調だったということは、あなた自身に仕事や人付き合いをスムーズにおこなうスキルはあるということ。それが上手くいかなくなるのは、心に変化が生じているのでしょう。

好きだったものに興味がなくなる

好きだったものや熱中していたものに興味がなくなることも、人生の転機が近づいている兆候の1つ。

子供がそれまで熱心に遊んでいたおもちゃに急に興味を失ってしまうように、あなた自身も次のフェーズ(段階)に向かっています

このような場合には、その思いのままに新しい趣味を見つけてみましょう。

引っ越しや断捨離をしたくなる

引っ越しや断捨離で生活環境を変えたくなることも重要な前触れ。これまでの生活に飽きてしまい、新しいものを求めている証拠です。

実際に断捨離をしてミニマリストになった、引っ越しをしてライフスタイルが変わったという人は多くいます。

この場合についても、思いのままに行動するのがおすすめ。断捨離をして、モノと一緒に古い自分も捨ててしまいましょう。

強い眠気を感じる

人生の転機を迎えると、日中でも強い眠気を感じることがあります。

これは、新しい生活や自分に転換していく中で、様々なことを考え、行動する必要があるため。生活を変えるためにはそれだけエネルギーが必要なのです。

ふと過去の出来事を振り返ってしまう

「あの頃は良かったなぁ」とふと過去に思いをはせてしまう人も、人生の転機が近づいているかもしれません。

過去を振り返ってしまうということは、あなたの心が今(現在)に向いていないということ。今の生活に飽きてしまい、変えたいという気持ちが高まっている表れです。

人生の転機を見逃さないためには

突然訪れる人生の転機を見逃さず、適切に対応するためには普段から自身の行動や考え、周囲の環境をよく観察しておくことが重要。


人生の転機を見逃さないため、普段からやっておきたいことを紹介しましょう。

環境や人間関係の変化に注意する

周囲の環境や人間関係の変化には、常に注意・関心を向けておきましょう。

職場に新しい同僚がやってきた、上司が変わった、近所に新しいスーパーがオープンした、お隣さんが引っ越ししてきた、友人が結婚した…など小さな変化は日々たくさんあるはずです。

ただし、それぞれの変化について過剰に反応する必要はありません。変化を無視するのではなく「変わったな」と意識しておくことが大切です。

心と体の調子を観察する

自身の心を体の調子を常に観察しておきましょう。

「今日はこんないいことがあった」「今日は嫌な気分をした」など、良いことも悪いことも自分の中で起きたことは、把握しておくようにします。

こうすることで「前は嫌だったことが嫌ではなくなった」といった変化に気づくことができます。

夜寝る前にその1日を振り返ってみる方法の他、手帳やアプリに日記をつけるのもおすすめです。

自分の行動・考え方を振り返ってみる

自分の行動や考え方に変化がないかを定期的に振り返ってみましょう。例えば、次のような変化はありませんか?

・前は週末は必ず外出して買い物に行ったり、友人に会ったりしていたが、最近は家でこもりがち
・カラフルな服が好きだったが最近は落ち着いた服を好む
・甘いものが好きだったが、今は塩っけのあるものの方が好き

変化をキャッチすることで、自身に訪れている人生の転機にも敏感に反応することができます。

まとめ

人生の転機は、いつどのようなタイミングで訪れるかわかりません。就職や転職、退職、結婚、出産などの大きな転機に限らず、小さな出来事や何気ない出来事が人生の転機となることもあるのです。

普段から周囲の環境や自身の心と体の状態に気を配り、人生の転機の兆候を敏感にキャッチすることで、そのチャンスを逃さずに人生を好転させていきましょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?