長距離の移動を快適にするおすすめのグッズ・ガジェット20選【交通手段別】

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

旅行は楽しみだけど、車の運転が長くてつらい…
帰省は移動時間が長いので体が疲れる…
そのような長時間の移動が快適にできれば、旅先での楽しさも倍増します。

今回は、旅行や帰省などの長時間の移動を快適にするおすすめのグッズとガジェットを紹介します。

  1. 旅行や帰省の「移動時間」は重要なポイント
    1. 長距離移動の時間が快適なら楽しさもアップ
    2. メインとなる「乗用車での移動」は長くて疲れるもの
  2. まずは抑えておきたい基本グッズ・ガジェット
    1. スマホ
      1. 暇つぶしにも活躍
      2. タブレット
    2. モバイルWi-Fi
    3. アイマスク
      1. TEMPUR スリープマスク(アイマスク)
    4. スリッパ
      1. PAN NAM(パンナム) ルームシューズ
  3. 乗用車での移動を楽しむグッズ・ガジェット
    1. 車載スマホホルダー
      1. Beyeah 車載スマホホルダー
    2. 車載タブレットホルダー
      1. SAMHOUSING 車載タブレットホルダー
    3. カーチャージャー
      1. Anker PowerDrive 2
    4. 車用電気ポット
      1. ジェーピーエヌ(JPN) 直流湯沸器 ワクヨさん
    5. Bluetoothトラッカー
      1. Tile Mate
    6. Bluetoothスピーカー
      1. Tribit XSound Go
    7. 携帯トイレ
      1. チカ21 万能トイレくん
      2. 携帯ウォシュレットもあると便利
  4. 夜行バス・高速バスでの移動を快適にするグッズ・ガジェット
    1. マスク
      1. 小林製薬 のどぬ~るぬれマスク
    2. 耳栓
      1. Quietide 睡眠用耳栓
    3. ネックピロー
      1. GUAPO ネックピロー
    4. カラビナ
    5. エコバッグ
    6. モバイルバッテリー
      1. TSUNEO モバイルバッテリー
  5. 飛行機・新幹線での移動を楽しむグッズ・ガジェット
    1. ノイズキャンセリングヘッドホン
      1. SONY WH–1000XM3
    2. 静音モデルのキーボード
      1. HHKB Professional Type-S
    3. 電子書籍リーダー
      1. Amazon kindle paper white
  6. 自分にあったグッズとガジェットで快適に移動を楽しもう

旅行や帰省の「移動時間」は重要なポイント

旅行や帰省における移動時間で、頭を悩ませる人も多いでしょう。長距離の移動になれば、それはさらに大きな悩みのタネとなります。

長距離移動の時間が快適なら楽しさもアップ

長距離の移動において、その時間が快適に過ごせれば旅行や帰省などの楽しさもアップします。

快適に過ごす上で欠かせないのが交通手段の検討・休憩時間などを含めたスケジューリング・荷物の精査など、事前の準備です

メインとなる「乗用車での移動」は長くて疲れるもの

乗用車での移動は長くて疲れるもの。だからこそ、快適にする工夫がさらに重要です。

日本経済新聞の調査によると300km未満は、乗用車などが95.6%。700km以上になると飛行機を使う人も増えるが、やはり乗用車を使う人が多いです。

ドライバーはもちろん、同乗者も疲れない工夫が大切。たとえば、「子どもを退屈させない」「友だちが楽しく過ごす」など、さまざまなシチュエーションが考えられるでしょう。

最近は費用を抑えるために夜行バスを使う人も増えています。移動時間は深夜から朝までが基本なので、うまく眠るかが次の日を楽しむカギとなるでしょう。以下でそのような長時間の快適にするおすすめのグッズやガジェット、移動手段別に紹介していきます。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

まずは抑えておきたい基本グッズ・ガジェット

長距離移動を快適に過ごす上で基本となるグッズとガジェットを紹介します。

スマホ

「当たり前」と思うかもしれませんが、まず外せないのがスマホです。最近では、乗用車のカーナビとして使用する人も多くいらっしゃいます。

また、スマホをドラレコ化できるアプリもあるので、専用の機器を買うのをためらう方は使ってみてはいかがでしょうか。

また、スマホを存分に楽しみたいという場合には、ハイスペックなモデルに買い換えるのもおすすめです。最近では、Asusの「ROG Phone」のようにゲームに特化したゲーミングスマホも発売されています。

参考Webサイト:ROG Phone ZS600KL | ゲーミングスマートフォン

暇つぶしにも活躍

スマホは暇つぶしにもぴったり。「音楽を楽しむ」「Kindleで本を読む」「ゲームアプリで遊ぶ」など、さまざまな楽しみ方が1台でできます。

ただし、夜行バスなどでは画面の明るさがマナー違反になる場合もあるので注意。画面の明るさを落としたり、ブランケットで囲うなどの工夫は最低限必要です。

また、周りを気にせず楽しみたいという場合には、MovieMaskなどの2D表示に特化したゴーグルを使うという方法もあります。

ただし、荷物としてややかさばり、まわりから「ちょっと変わった人がいる…」と思われる可能性があることは理解しておきましょう。

タブレット

スマホと同じように、さまざまな楽しみ方ができるタブレットも持っていたいガジェットの1つ。

タブレットはスマホよりも画面が大きいので、Netflix・Amazon Prime Video・Huluといった動画配信サービスの視聴に最適です。

長時間の乗用車の移動で、子どもたちを退屈させないガジェットして活躍するでしょう。

モバイルWi-Fi

音楽や動画の視聴で気になるのが通信制限。「旅行が終わったら制限がかかっていた」ということになれば、暗い気持ちになるだけでなく、仕事に支障が出る場合もあります。

しかし、モバイルWi-Fiがあれば、データ通信量を気にしなくて済みます。移動中はもちろん、旅先に到着してからも大活躍です。

ただ、「家族みんなで使う」などの場合には、「3日間10GB」などの制限が気になる場合があるでしょう。

そのような時には、「どんなときもWiFi」のように制限のないサービスがおすすめです。

参考Webサイト:【公式】どんなときもWiFi | 通信制限無しモバイルWi-Fi

アイマスク

乗用車の運転中は、ずっと目を使います。アイマスクは、そんな疲れた目を休める時に最適。

また、他の交通手段の場合にも、視覚を遮断できるので睡眠を取る際に役立ちます。

TEMPUR スリープマスク(アイマスク)

ソフトなフィット感としっかりと光を遮断するアイマスクです。軽くて荷物の負担にもならないので、旅行にも最適です。

スリッパ

地味に便利なグッズがスリッパです。長時間体を動かせない状況は誰にとってもつらいもの。

そこで、足が開放されるととてもリラックスできます。ただ、素足や靴に足を乗せた状態はやはり抵抗があるでしょう。

自分のお気に入りの携帯スリッパを持っておくと、それだけでワンランク上のリラックスした移動が楽しめます。

PAN NAM(パンナム) ルームシューズ

かかとを立てても折っても履けるバブーシュタイプのルームシューズ。しっかりとした作りで長く使えます。

また、携帯用の袋がついているのもうれしいポイントです。

乗用車での移動を楽しむグッズ・ガジェット

メインとなる乗用車での移動を楽しめのおすすめのグッズとガジェットを紹介します。

車載スマホホルダー

スマホを車に固定できるホルダーが車載スマホホルダーです。カーナビや音楽プレイヤーとしてスマホを使う方には必需品と言えるでしょう。

Beyeah 車載スマホホルダー

自動でしっかりと固定しくてる車載スマホホルダーです。急速充電にも対応していますので、バッテリー切れの心配もありません。

車載タブレットホルダー

車内で固定して使える車載タブレットホルダーも用意しておくと便利なグッズ。

フロントガラス・ダッシュボード・ヘッドレストなど、さまざまな設置場所に対応した種類があります。

ファミリーでお出かけの際に、兄弟姉妹でタブレットを奪い合うケンカを防ぐことにもつながるでしょう。子どもがいるご家庭におすすめです。

SAMHOUSING 車載タブレットホルダー

ヘッドレストに取り付けられる後部座席用のタブレットホルダーです。タブレットやNintendo Switchなどの幅広いサイズに対応しています。

カーチャージャー

シガーソケットに挿入して充電器として使えるカーチャージャー。車内で充電したいという場合に便利です。

モバイルバッテリーと合わせて用意しておくと、スマホやタブレットバッテリー切れを心配せずに利用できるでしょう。

Anker PowerDrive 2

Anker PowerDrive 2は、小型で軽量のカーチャージャー。小さくても性能はパワフルで、24wで2ポートの充電に対応します。

車用電気ポット

お湯が沸かせる車用の電気ポットがあると、乗用車の中でもカップ麺やコーヒーが飲めます。また、赤ちゃんのミルクを作る際にも重宝するでしょう。

疲れた時に温かいコーヒーが飲めるはうれしいものです。

ジェーピーエヌ(JPN) 直流湯沸器 ワクヨさん

シガーポケットからの給電でお湯が沸かせます。容器がガラスなのでにおいが気にならず、保温も可能です。

Bluetoothトラッカー

Bluetoothトラッカーは荷物につけると、どこにあるかがわかる便利なグッズ。

これをつけておけば、たくさん荷物がある時に「あれはどこにしまったっけ?」と悩むこともありません。

なくした時にも最後の接続情報から地図で探すことができます。

Tile Mate

音で探しものが見つかる世界中で利用されているBluetoothトラッカー。

Alexa・Googleアシスタント・Siriにも対応しており、スマホに話しかけて見つけることもできるので便利です。

Bluetoothスピーカー

乗用車での移動の際に活躍するのがBluetoothスピーカーです。友だち同士などで盛り上がりたい時やよい音で音楽を楽しみたいという時にぴったり。

スマホからワイヤレスで手軽に接続できるので、みんなで順番に好きな曲をかけることもできます。

Tribit XSound Go

5000円以下とは思えない低音に厚みのあるキメの細かいサウンドが特徴のBluetoothスピーカーです。

IPX7の防水性能と24時間連続再生のバッテリーの持ちのよさは、キャンプなどのアウトドアの用途にもフィットします。

携帯トイレ

長距離の乗用車での移動で、いざという時のために備えておきたいのが携帯トイレ。

コーヒーを飲みすぎたり、予想していなかった渋滞に巻き込まれたりしても携帯トイレがあれば安心です。

チカ21 万能トイレくん

大は小を兼ねる「万能トイレくん」。ポリマーがすぐにジェル状に硬化させるので、漏れやニオイを防げます。

エチケット袋としても利用できますので、携帯トイレと兼用で備えておくとよいでしょう。

携帯ウォシュレットもあると便利

車中では使えませんが、携帯トイレと合わせて用意しておくと便利なのが携帯ウォシュレット。

旅先ではどのようなトイレに出会うかわかりません。ウォシュレットがないトイレも中にはあります。

また、おむつの取り替えの際にも、おしりを流せると子どももよろこぶでしょう。

夜行バス・高速バスでの移動を快適にするグッズ・ガジェット

夜行バスや高速バスといった長時間のバスでの移動を快適にするグッズとガジェットを紹介します。

マスク

鼻と口のケアのために用意しておきたいのがマスクです。バスの車内は想像以上に乾燥しますので、マスクは必需品。

乾燥だけでなく、食べ物などのにおい対策にも役立ちます。

小林製薬 のどぬ~るぬれマスク

フィルターに含まれる水によるスチーム効果で朝までのどをうるおす優れもの。ソフトなゴムで耳への負担が少ないことも見逃せないポイントです。

耳栓

まわりの音を遮断してくれる耳栓があれば、バスの移動での音を気にしないですみます。

アイマスクと合わせて使えば、まわりの音や光を気にせずに熟睡できるでしょう。

Quietide 睡眠用耳栓

高い遮音性とシリコンのソフトなつけ心地が特徴の耳栓です。携帯ケースが付属するので、無くす心配もありません。

水洗い可能で衛生的、繰り返しの利用が可能です。

ネックピロー

バスでリラックスする際に首を快適にサポートしてくれるネックピローも必需品です。ネックピローには、空気で膨らませるタイプやクッションタイプがあります。

空気で膨らませるタイプは、コンパクトに収納できて軽量で持ち運びに便利。クッションタイプは心地よいフィット感が特徴です。

GUAPO ネックピロー

自由な形におりまげることができる低反発メモリーフォームのネックピローです。コットン100%のカバーを使用しており、肌触りも抜群。

丸めてケースに収納できるので、その見た目からは想像できないほどコンパクトに持ち運べます。

カラビナ

バスの種類によって、フックがついていない場合もあります。そのような時にフック代わりになるカラビナは地味に便利。

お菓子・ティッシュ・本など、すぐに出したいものを準備しておけます。最近では、100円ショップでも手に入りますので、準備しておいて損はないでしょう。

エコバッグ

カラビナとセットで揃えたいのがエコバッグ。カラビナにつけるやフックにかけるカバンとして使います。

使わない時はコンパクトに収納でき、旅先で荷物が増えた際にも役立つでしょう。

こちらも、カラビナと同様に100円ショップでも購入可能です。

モバイルバッテリー

スマホをがっつり楽しみたいという方は、モバイルバッテリーを持っていきましょう。動画の視聴やゲームは想像以上にバッテリーを消費するもの。

そんな時にモバイルバッテリーがあれば、使いたい時に使えないということもありません。

TSUNEO モバイルバッテリー

大容量の10000mAhでライトニングとmicroUSBのコネクタが付属するモバイルバッテリーです。

コンパクトなサイズで持ち運びに便利。2つのUSBが使用できるので、旅先の充電器としても活躍します。

飛行機・新幹線での移動を楽しむグッズ・ガジェット

フットレスト・ネックピロー・スリッパ・耳栓・アイマスクなどは、バスと同じ用に飛行機や新幹線でも押さえておきたいグッズ。

それに加えて、飛行機や新幹線であるとさらに便利なグッズを紹介します。

ノイズキャンセリングヘッドホン

飛行機や新幹線で音が気になる人は多いのでは。そのような場合は、耳栓だけでなくノイズキャンセリングヘッドホンという選択肢もあります。

通常のヘッドホンだとまわりの音が気になって音楽に集中できないこともありますが、ノイズキャンセリングヘッドホンであれば、そのようなことがありません。

環境音などのノイズをカットして、音楽に没頭できますBluetooth対応だとワイヤレスでさらに快適に音楽が楽しめます。

SONY WH–1000XM3

「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」によって最高クラスのノイズキャンセリング性能を誇ります。

さらに内蔵されたDAC(Digital Analog Converter)とアンプで、ワイヤレスヘッドホンでありながら高い音質を実現したおすすめのヘッドホンです。

静音モデルのキーボード

打鍵音は自分が気にしていなくても、まわりの人のストレスになることがあります。飛行機や新幹線といった密閉空間では、まわりにも気を使いたいもの。

マナーを守ってPC作業に集中したいという場合には、静音モデルのキーボードがおすすめです。

飛行機や新幹線の中で、PCを使いたい人にぴったりと言えるでしょう。

HHKB Professional Type-S

タイピングの気持ちよさでファンも多いHHKB(Happy Hacking Keyboard )。そんなHHKBの静音キーボードがHHKB Professional Type-Sです。

性能は抜群ですが、有線タイプなのが好みのわかれるところでしょう。

電子書籍リーダー

移動中の読書が好きな方には、電子書籍リーダーがおすすめ。

電子書籍リーダーは読書に特化しているため、目に優しく長時間読んでいても疲れません。また、機能が限定されるため、読書だけに集中できることも魅力です。

Amazon kindle paper white

AmazonのKindleの中でも、高い人気を誇るモデルです。6インチというコンパクトサイズでで、薄くて軽量。旅行のお供にぴったりと言えるでしょう。

300ppiという高解解像度で、IPX8の防水性能があるなど、機能性にも優れています。

自分にあったグッズとガジェットで快適に移動を楽しもう

それぞれの目的別に紹介しましたが、その中には交通手段が異なっても使えるグッズやガジェットも多いです。

あなたの移動時間の長さやスタイルに合わせて、最適なグッズやガジェットを選んでいただき、移動時間も楽しみましょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?