フリーランスはどうやって営業する?おすすめの方法とコツを解説

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

フリーランスとして独立をした時に考えなければいけないことの一つに「どのようにして仕事を受注するか」があります。

営業活動はフリーランスにとって重要な仕事の一つであり、仕事を受注しフリーランスとしての収入を得るためには戦略を練り適切な方法で営業を行うことがポイントとなるでしょう。

この記事では、フリーランスとして営業の基本や効率的な営業方法について解説します。

フリーランスに営業は必須

フリーライターやフリーエンジニア、フリーデザイナーなど、フリーランスとして活動できる職業はたくさんあります。いずれの場合においても、フリーランスとして働くのであれば営業活動はほぼ必須となる仕事です。

フリーランスは会社員のように上司や先輩から頼まれた仕事や自分にとって気乗りしない仕事・やりたくない仕事をする必要がなく、自分の好きなことを自分のペースでできるというメリットがあります。

その一方で収入がある程度保障されている会社員とは違い、あなたの仕事量が収入に直結するため、自ら仕事を獲得していかなければ、仕事(収入)が全くない状況になる可能性もあるのです。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

フリーランスの主な営業方法

フリーランスにとって営業活動は大変重要ですが、その方法は電話やインターネット、SNSを活用するものなど、多岐にわたります。主な営業方法を紹介していきます。

クラウドソーシングサイトの利用

フリーランスの営業方法として現在多くのフリーランサーが利用しているのがクラウドソーシングサイトです。

クラウドソーシングを利用するためには、まずあなたのスキルや経験などをサイトに登録します。その後仕事を受注するまでの方法は大きく2種類あります。
1つ目は、誰かに仕事を発注したい企業や個人(発注者)が、サイトに登録されているフリーランサーを検索し、条件にマッチする人材に直接依頼(スカウト)をする方法です。この場合、依頼を受けたフリーランサーは、条件や仕事内容を確認・交渉し、お互いに合意をすることで契約が成立します。

2つ目は、発注者が出した募集広告に対してフリーランサーが応募する方法です。応募を受けた発注者は、スキルや納期などを他の応募者と比較し、最も条件に合致するフリーランサーと契約を結びます。

クラウドソーシングサイトを利用することで、受注者にとっては日本全国の企業や個人から仕事が受注できるメリットがあり、また発注者にとっても希望する人材を日本全国から探すことができるというメリットがあります。

まずはクラウドソーシングサイトを利用しよう

営業経験がない、どのように始めたらよいのかわからないという方は、クラウドソーシングサイトの利用がおすすめです。

クラウドソーシングサイトは、仕事を発注したい企業・個人と仕事を受注したいフリーランサーのマッチングサイトであるため、相手はフリーランスの人材を求めています。サイト内に営業のコツや応募のフォーマットも用意されているので、初めての場合でも受注できる可能性も高いです。

電話・メールでの営業

クラウドソーシングサイトを利用した営業活動が広く普及する以前に、フリーランスの営業活動として一般的だったのが電話やメールを使った営業です。

営業相手としては、過去(会社員時代)に取引のあった企業や個人などすでに面識のある相手に行うケースもあれば、電話帳などを見ながら手当たり次第に営業をかけていくケースもあります。

ただ、電話営業は仕事中の相手の時間を奪ってしまう可能性もあります。その場合、相手に悪い印象を与えてしまうこともあるため、メールを使って営業をするのが無難でしょう。

電話やメールをした時点では相手側に発注できる仕事がなかったとしても、将来的に仕事を誰かに発注したい状況になった時に声がかかる可能性もあります。独立したばかりでこれから営業活動を始めていく、という方は「フリーランスとして活動を始めたので、御用の際はご連絡ください」といったような挨拶だけでも行っておくと良いでしょう。

ブログやSNSを使っての営業

インターネットが普及した現代において、ブログやSNSを使った営業活動も有効な手段です。

例えば、デザイナーであれば自分の作品をInstagramなどで発信したり、ライターであれば自分の関心のあるトピックについてブログを書いたりすることで、それを見てくれた人から仕事の相談が入る可能性もあります。

フリーランスとして活動していることを明確にし、プライベートと区別するためにもSNSなどは仕事用のアカウントを一つ作っておいても良いでしょう。

交流会への参加

SNSやクラウドソーシングサイトなどオンラインでの活動が一般的になった一方で、対面での営業活動も重要です。

あなたの職業と連絡先がわかる名刺などを用意した上で、異業種交流会やビジネススクール・セミナーなどに参加してみましょう。

名刺を渡した相手を通じて、別の人から仕事の相談がある可能性もあるため、まずは相手の職業や立場などについては深く考えずできるだけ多くの人にあなたの存在を知ってもらうようにしましょう。

友人・知人に相談

友人や知人を通じて仕事が受注できる可能性もあります。フリーランスになったことをSNSなどで発信したり、あなたの仕事に関係のある業界に勤めている友人・知人に連絡してみましょう。

他の営業方法と同様、これらの「普及活動」はすぐには仕事には繋がらないかもしれません。しかし、将来的にあなたのスキルを求めている企業・個人が出てきた場合に備えて、できるだけ多くの人に発信しておきましょう。

あまり強要しない範囲で相談してみてください。

フリーランスエージェントを利用する

フリーランスエージェントを利用する方法もあります。フリーランスエージェントとは、就職・転職エージェントなどと同じように、エージェントに案件を紹介してもらいながら仕事を受注するシステムです。

独立した時点で仕事に繋がるコネや経験をあまり持っていない人は、エージェントを利用することでこれらを積み重ねていくことができます。

フリーランスとして活動しているライバルがたくさんいる場合、スキルのレベルと同様にこれまでにこなしてきた案件数(経験)が非常に重要となります。経験をとにかく積みたい、という方はエージェントを利用すると良いでしょう。

営業において大切なポイント

成功する営業のためには、仕事のスキルや経験だけでなく態度や見た目など信頼感を得るための心がけも必要です。営業において大切なポイントを5つ紹介します。

第一印象を良くする

仕事を受注できるかどうかを決定する重要な要素の一つに、第一印象の良さがあります。

特に、同じようなスキル・経験を持った応募者が複数いた場合には、メールや電話などでやり取りをした中で得た印象が決め手となることもあります。

特に企業と仕事をするのであれば、髪型や服装といった身だしなみは整えておくべきです。初対面の人に対して、人間は第一印象からその人の人柄を判断する傾向があります。清潔感はあるか、服にシワやシミはないかなど、社会人として最低限のマナーはしっかりと守っておきましょう。
直接顔を合わせずにメールなどで連絡する場合も同様です。言葉使いや返信の速さなど、相手に合わせて適切に行うように心がけます。

相手の質問にきちんと答える

営業の基本は、「相手(クライアントとなる人)の疑問を解消してあげること」にあります。

世の中で営業のテクニックとして知られているものは様々ありますが、相手の疑問に誠実に対応することはそれらのテクニック以前に重要なことです。誠実な態度はあなたの信頼性にも関わるため、1つ目の第一印象と共に常に意識しておきましょう。

また、「案件を受注したい」という気持ちが強いあまり、質問に対しての的外れな回答をしてしまうケースもあります。営業が慣れていない人はまずは相手の質問を理解し、相手が聞きたい内容を簡潔に答えるようにしましょう。

実績や経歴をまとめておく

実績や経歴、保有している資格などは、フリーランスとしてのあなたのスキルを証明するための重要な武器です。過去に関わったプロジェクトの内容や成果などはいつでも提示できるようにまとめておきましょう。

例えばフリーライターの場合は過去に執筆した記事をまとめておいたり、デザイナーの場合はいくつかの作品をファイリングしておくといったことができます。

保有している資格についても、取得した年月やレベルなど聞かれた時にすぐに答えられるように確認しておきましょう。

名刺を作るのもおすすめ

あなたの存在を相手に印象づけ、かつスキルや実績をアピールするために名刺を作成しておくこともおすすめです。

例えば交流会などで知り合った人や友人・知人に、あなたのやっていることを簡単に説明した上で名刺を渡しておきましょう。将来的にその名刺を見直した相手が、仕事の相談を持ちかけてくる可能性もあります。

自分の強み(アピールポイント)を理解する

営業活動を行う上で、ライバルとの差別化は重要なポイントです。あなたがどのようなスキルを持っていて、どのような価値を提供することができるのかを把握しておくことで、どのような企業・個人に対して営業をかければ良いのかを判断することができます。

自分の強み(アピールポイント)がまだ見つけられていない、という方はマーケティング手法の一つであるSWOT分析を行ってみましょう。

SWOT分析とは

  • S=Strength(強み):あなたがライバルに勝っていること
  • W=Weakness(弱み):あなたがライバルに劣っていること
  • O=Opportunity(機会):あなたのスキルややりたいことが出来るのはどのような業界・場面か
  • T=Threat(脅威):あなたの仕事を奪うのはどのようなもの(人)であるか

の頭文字を取ったもので、自分と市場と関係を整理し、把握するためのものです。

StrenghtやWeaknessであなたの強み・弱みを理解するだけでなく、その強みはどこで活かせるか、あなたの活躍を阻害する要素は何かについても考えます。Threatは必ずしも人ではなく、システムや技術、天候、流行などあらゆるものが可能性としてあります。

断られても粘り強く営業する

営業は必ずしもうまくいくとは限りません。

あなたよりも経験やスキルが高い応募者がいた場合や、求める人物像とあなたがマッチしなかった場合など、断られたり選考に落ちてしまうことは少なからずあります。

また、報酬が高い案件や、将来的なキャリアにつながりそうな案件は倍率も高く、受注するのは難しいのが現状です。フリーランスに限らず、企業の営業活動も簡単にいくものではありません。中には数十回~数百回と営業をかけ続けてようやく一つの案件が受注できるというケースもあります。
営業活動そのものにまだ慣れていない間は、「また受注できなかった」と落ち込むこともあるかもしれませんが、そのような状況が続いても粘り強く営業活動を続けることが重要です。

実績がないうちに仕事を受注する方法

会社員として経験を積んでからフリーランスになる人もいれば、未経験の状態からフリーランスとして活動を始める人もいます。

未経験からフリーランスを始めたため実績・経験がまだない、という方はまずは実績作りとして簡単な案件を受注することがおすすめです。

クラウドソーシングサイトをみると、実績や経歴を問わず、一度に多くの人数を採用している案件もあります。例えばライティングの案件であれば

  • ゲームやアプリの感想
  • 恋愛の体験談
  • 注文住宅や保険商品を購入した際の感想

など、特別な知識がなくても出来るようなものがあります。これらの簡単な案件は単価もあまり高くありませんが、短期間で多くの案件をこなすことができるため実績づくりには役立ちます。

ただ、いつまでもこのような安価で簡単な案件だけをこなすわけにはいかないので、ある程度実績を積み上げた時点でより高額な案件に挑戦してみると良いでしょう。

副業から始めるのがおすすめ

フリーランスとしていきなり独立しても、スキルや実績、コネがない間は十分な収入を得ることは難しいでしょう。収入面を不安視する人は、フリーランスとしての活動が軌道に乗るまでは副業として行っていくという手段もあります。

本業で収入を確保した上で週末や空いた時間に独立の準備を進めることで、営業活動も余裕を持って行うことができます。

経理関連の手続きや書類管理など、実際の仕事以外にも多くことを一人でこなす必要があるフリーランサーにとって、効率的に営業活動を行うことは非常に重要です。

営業活動については苦手意識を持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、最近ではクラウドソーシングサイトやSNSなど、ネット経由で行えるものもあります。まずは手軽にできるものから始めてみましょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?