みずほFGが週休3~4日制を導入へ!メガバンク初ーー働き方はどう変わる?【ニュース・コラム8】

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

週休3〜4日制のメリット・デメリット

さて、週休3〜4日制は働く側には一体どのようなメリット・デメリットがあるんでしょうか。以下でそれぞれ紹介していきます。

週休3〜4日制のメリット

まずはメリットを紹介します。

プライベート時間の確保

休みが 3〜4日増えるため、趣味や自分のために使える時間が増えます。また、スキルアップの時間も確保しやすくなるでしょう。

仕事のための自己研鑽や、副業につながる勉強もできるため、自身のキャリアアップの可能性が広がります。休める時間も増えるため、ストレス軽減も期待できます。

育児や介護と仕事の両立が可能

育児や介護と仕事の両立が可能です。本来なら有給を使って使って休みを取得せざるを得なかったのが、気にせずに休めることで働きやすさは随分と変わります

また、家族との時間も増え、ワークライフバランスの実現にもつながるでしょう。

仕事の生産性向上

仕事の生産性向上にもつながります。


休みがしっかりと確保されるためメリハリがつけやすい
です。

週3、4日勤務だとその短い時間内に仕事をやりきろうとするモチベーションや集中力の向上も期待できます。

また、プライベート時間で自己研鑽することで仕事を効率よく進めることもできるようになるでしょう。

週休3〜4日制のデメリット

続いてデメリットについても紹介します。

収入が減る

勤務日数が減るため、必然的に収入が減るという懸念があります。副業などがない限りは、週休3〜4日制は家計を苦しめるかもしれません。

コミュニケーション不足の発生

チームで仕事をしている人、取引先とのやり取りがある人はコミュニケーション不足に陥る可能性があります。

週3日ないし4日のみしか仕事上のやり取りができないことで、仕事が滞ることもあるかもしれません。

そのため、常に自分のタスクやスケジュールを早めに共有し、見える化しておく必要があります

1日の労働時間の増加

週3、4日勤務だと1日あたりの業務時間が増える可能性があります。


必要な業務が終わらないため残業で補わざるを得なくなるかもしれません

家に持ち帰って休日に仕事をするとなると、制度の意味がなくなります。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?