仕事を辞める理由ーーランキング上位は?円満退職のコツも紹介

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

仕事を辞める理由は「職場の人間関係が疲れる」「ワークライフバランスが実現できない」など様々。

辞めたいと思っている状態で仕事を続けるのは精神的も辛く、モチベーションが下がるので仕事の効率も悪くなります。仕事を辞めたいと感じたときには、勇気を出して別の会社に転職して環境を変えるというのも一つの方法です。

この記事では、仕事を辞める理由ランキングと、退職時に使える理由例とその伝え方を紹介します。会社を辞めるか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

仕事を辞める理由ランキングTOP10とは

仕事を辞める理由には、職場環境や仕事内容など様々ありますよね。


2019年にエン・ジャパン株式会社が公表した「退職を考え始めたきっかけを教えてください。」に対するアンケート結果のランキングは下記の通り。

  1. やりがいを感じない
  2. 給料が低い
  3. 勤めている会社に将来性を感じない
  4. 人間関係が悪い
  5. 残業や休日出勤などが多い
  6. 評価・人事制度に不満があった
  7. 自分の成長が止まった・成長感がない
  8. 社風や風土が合わなかった
  9. 体調を壊した
  10. やりたい仕事ではなかった

上位には、個人の力で変えることが難しいような問題が多数ランクインしています。自分ではどうにもできない問題で悩み続けるより、新しい会社へ転職することを選ぶ人も多いということですね。

辞めたいと思う理由は、転職する会社を選ぶときの軸になるので明確にしておくと良いでしょう。

離職率3割から見る若者の退職理由。理想の会社の選び方も紹介
大卒者のおよそ3割が、入社3年以内に離職しています。その背景には、働き方が多様化し「ワークライフバランスを実現したい」というニーズの高まりがあります。この記事では、多くの若者が退職を選ぶ理由と、理想的な環境で働くための企業の選び方について解説していきます。また、従業員の満足度が高い企業の実例も紹介します。

円満退職するために建前の退職理由は必要?

会社を退職するとき、退職理由を伝えなくてはいけない場面が訪れます。


退職理由をストレートに伝えると、正当な理由であっても状況によっては受け入れられなかったり、退職日までが居づらくなったりする可能性も。

円満に退職するためのポイントは、本音と建前を使い分けて退職理由を伝えることです。次の項では、円満に退職するためにおすすめの退職理由を紹介します。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめたebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひ無料ebookをご覧ください。

円満に退職するためにおすすめの退職理由とは?

退職理由として使えるのは、ポジティブな理由や個人的な事情がベター。


ここでは円満退職するためにおすすめの退職理由を例文とともに紹介します。

ポジティブな理由

退職理由を伝える際には、ネガティブな内容を避けましょう。退職後を見据えた意欲・向上心というポジティブな理由を伝えることで、上司や同僚も納得しやすくなります。

ポジティブな退職の理由の例文は下記の通り。

  • 業務の中で興味を持った分野の仕事にチャレンジしたい
  • 会社での多くの経験をさせてもらったおかげで起業する決意ができた
  • 新たなスキルを得るために別業種に挑戦したい

個人的な事情

無理な引き止めを回避するには、相手が納得せざるを得ない事情を退職理由に盛り込みます。家族の事情・結婚・体調の悪化など個人的な事情であれば、退職もやむを得ないという判断をされることが多いです。

ただし、退職理由を根も葉もない嘘で塗り固めてしまうと、嘘がばれた際にトラブルになることもあるので避けたほうがよいでしょう。

個人的な事情の理由の例文は下記の通り。

  • 配偶者の転勤に伴って転居する
  • 親の介護が必要となったため、辞めないといけない状況になった
  • 健康状態が悪化したため静養する必要が出てきた
職場環境が悪くストレスを抱えていませんか? 原因別に改善策を紹介します
職場環境が悪くストレスを抱えていませんか? 職場のストレスがかさむとワークライフバランスも調整が難しくなります。そこで本記事では、職場で抱える悩みごとに対処法を解説。ぜひ本記事を参考にして、職場環境を改善してみてください。

円満退職するための退職理由の伝え方

円満に退職するためには退職理由の伝え方にも注意が必要。


ここでは、円満に退職するための退職理由の伝え方について解説します。

直属上司に相談してみる

退職を考えているときは、安易に同僚や部下などに漏らすことを避けましょう。安易に漏らすことで想定していない人に情報が回ってしまい、状況によっては周囲に悪い印象を与えてしまうことも。

そういうことを避けるためにも、まずは直属の上司に相談するようにしてください。

伝える際には、急に退職の意思や退職希望日を伝えるのではなく、あくまで相談ベースで話を持ちかけるのがおすすめ。話し合いのなかであれば、上司に自身の退職の意思を聞いてもらいやすくなります。

また「退職は考え抜いた末の結論であること」「引き継ぎを丁寧に行うこと」なども合わせて伝えることで相手の心証を良くすることにもつながります。

やりたいことを伝える

退職理由を伝える際には、自身のやりたいことを軸に伝えるのがおすすめ。

ネガティブな理由で辞めるのではなく、前向きな理由で退職することを伝えることで応援してもらえるようになります。

伝える内容として、今の職場ではできないこと理由も伝えることで引き止められにくくなるので、ポイントとして覚えておきましょう。

不満を伝えるのは最小限に

「給料や待遇に不満がある」「職場に苦手な人がいる」などの不平不満をメインに伝えてしまうと悪い印象を与えてしまいます。

また上司から「給料を見直すから残ってみてはどうか」などの改善案を提示され、引き止められてしまい、辞めにくい空気になる可能性も。

円満に退職するためにはポジティブな理由で退職をするようにしましょう。

繁忙期を避けて退職することを伝える

退職を伝える際は、繁忙期を避けるといった配慮も必要です。

繁忙期に退職を申し出ると「引継ぎをする時間を確保できない」と退職ができなかったり、「仕事を放棄している」などのマイナスイメージを与えて退職日まで居づらくなる可能性も。

業務の引き継ぎなどの期間も考えると、繁忙期を避けて、最低でも退職希望日の1カ月前には退職の意思を伝えるようにしましょう。

どうしても無理な場合は、退職代行の利用も

職場からの引き止めが強かったり、退職する意思を伝えることが困難な場合は退職代行を利用する手も。円満な退職とはならないことが多いですが、使える選択肢を多く持っていることに越したことはありません。

「ストレスを多く感じる」「ハラスメントが横行している」など多くの問題を抱えている職場であれば、体調や精神を崩す前に退職することも自身を守ることためには必要なこと。直接伝えることも難しいこともあるので、そんなときにも退職代行が使えるということを覚えておきましょう。

「仕事がつらい・きついから転職」が甘えにならないケースとは
仕事がつらい・きつい…辞めたい、転職したい…毎日頑張って働く社会人であれば、このような気持ちになったことあるのではないでしょうか。しかし、仕事がつらいからと言って退職・転職するのは甘えではないか、と一歩を踏み出せずにいる人も多いはず。本記事では「仕事がつらいから転職」が甘えになるケースとならないケースを紹介します。

ウィズコロナ時代における転職事情

転職をするために退職を考える人もいますが、新型コロナウィルスの流行以降、転職市場にも変化が生じています。


ここでは、ウィズコロナ時代における転職事情について解説します。

ウィズコロナにおける求人倍率

新型コロナウィルス発生以降、転職市場は厳しい状況になっているといわれています。

2020年9月に転職サービスdodaが公表したdoda転職求人倍率レポートによると、8月の求人倍率は1.65倍という結果に。

2019年の8月の求人倍率が約2.3倍程度あったことから、新型コロナウィルス発生以降、転職市場は売り手市場から買い手市場に変わってしまったことがわかります。

転職をする場合は見極めが必要

求人倍率が下がっている今の状況で、すぐに転職をするというのは悪手となってしまう可能性も。自身のスキルに自信がある場合は問題ありませんが、スキルのないまま転職を考えても希望する仕事ができないということもあり得ます。

そんなときは、転職を実行に移す前に転職エージェントなどを利用して、自身の市場的価値を確認しましょう。不足しているスキルがあれば資格取得を含め、準備をするようにしましょう。

以下の姉妹サイトの記事ではIT転職におすすめの転職エージェントを紹介します。

IT転職におすすめのエージェント4選!未経験からエンジニアを目指す方法も | テックキャンプ ブログ
現役キャリアアドバイザー監修!IT業界に転職を考えている方に知ってほしい「IT転職におすすめの転職エージェント」の特徴まとめ。自分にあった求人が効率よく見つかるIT転職専門エージェントや、求人のバリエーションが豊富な大手有名エージェントなどを比較します。

まとめ

本記事では、仕事を辞める理由ランキングと、退職時に使える理由の例、その伝え方を紹介しました。「職場に退職したいと伝えたら引き止められてしまった」ということは、じつはよくあること。

そんなときのためにも、自分の中で退職理由をクリアにして説明できるようにしておきましょう。もしもネガティブな理由なら、記事で紹介した退職理由の例を参考にポジティブな理由も考えてみましょう。

以下の記事では、自分に向いている仕事を探すにはどうしたらいいのか、好きな仕事との違いも含めて解説しています。今とは異なる仕事をしたいという人は、ぜひ一度読んでみてください。

向いている仕事を見つける方法!好きな仕事との違いも解説
今の仕事が「天職」だと思っている人は半数ほど!この記事では、自分に向いている仕事を探すにはどうしたらいいのか、好きな仕事との違いも含めて解説しています。「自分に向いている仕事がわからない」と悩む方必見です。

フリーランスとして自由に働くためのロードマップをプレゼント

未経験からフリーランスを目指すための方法はほとんど公開されていません。ですが今回、テックキャンプを運営してきた知見から、未経験からフリーランスとして活躍するまでのロードマップを限定eBookにまとめました。

・フリーランスは自由な働き方の代わりに◯◯を失う
・フリーランスで1000万円以上稼いでいるのは◯◯万人
・未経験からフリーランスになるには◯◯をしなければいけない
・独立する前に◯◯をやっておくべき

ノマドワーカーのような自由な働き方を目指す方は、今すぐ詳細をチェック!

無料eBookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました