1人でできる仕事のメリットとデメリットーー転職活動のポイントとは

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

より自分自身のスキルを発揮したい、もっと自分のペースで仕事を進めたい、という思いはありませんか?

チームで協力しながら1つの大きなことを成し遂げることも素晴らしいことですが、個性の発揮やワークライフバランスの実現のために1人で働く人も増えてきています。

しかし、1人で仕事をすることはメリットばかりではありません。

この記事では、1人でできる仕事のメリットとデメリット、さらに1人でできる仕事に転職したいという人へのアドバイスを紹介します

1人で仕事をするメリット

「1人でできる仕事=自由」というイメージを持っている人は多いでしょう。


確かに、誰かに干渉されずに仕事ができることは大きなメリットですが、それだけではありません。具体的に解説していきましょう。

人間関係の煩わしさが少ない

社会には様々な性格の人がいます。組織の中にいれば、どうしても気が合わない人やなんとなく苦手に感じる人が1人や2人いることは珍しくありません。

組織やチームの規模が大きくなればなるほど、人間関係のストレスは大きくなっていきます。

一方、1人で仕事をしている人は仕事上で関わる人や範囲が狭まります。フリーランスや個人事業主などの場合、仕事上のやり取りはメールやチャットで基本的に済ませられるという人も。

そのため、人間関係のストレスや煩わしさも最小限にすることができるのです。

自分のペースで働ける

1人で仕事をする人は、仕事のスケジュールやペースを自分で決められます。

「急ぎでこれをやってほしい」「今週末出勤できる?」といった差し込みの業務や依頼が少ないため、自分のペースで働けるのがメリットです。

子育てや介護など家庭の事情に合わせて朝早くから仕事を始めて夕方には終了する、といった柔軟な働き方もできるでしょう。

より個性を発揮できる

チームや組織の中で働いていると、その中での立場や役割によっては自分のやりたいことや得意分野の仕事ができないこともあるでしょう。

重要な仕事は先輩や上司に持っていかれ、自分は事務的な作業ばかり…という経験がある人も。

一方で自分1人で仕事を進める人は、全ての作業を自分で行います。

苦手なことも含めて自分でこなす必要もありますが、チームの中でのバランスを見ながら自分の立ち位置や役割を考えるより、より個性を発揮して働けます

1人で仕事をするデメリット

チームや組織の中で働くことにストレスを感じている人にとっては、フリーランスなど自分1人で仕事をこなしている人は羨ましく思えるかもしれません。


しかし、実際には1人で仕事をするからこその大変さや悩みもあります。

責任が重い

自由度や裁量権が大きくなるほど、その行動や決断に対する責任は大きくなるもの。ミスや失敗をかばってくれる人がいないため、個人が抱える責任は大きくなります。

ただし、責任の大きさは業種や働き方によって様々。例えば、警備員など組織に属しながら1人で仕事を進めるような場合は、何かあった時に会社や監督者があなたの責任をとってくれることもあります。

事務作業が増える可能性がある

自分1人の力で全ての作業をこなすため、会社など組織の中では他の人がやってくれていたような業務も自分でやる必要がでてきます。

例えば、請求書や契約書の発行などの書類作業、確定申告などの税務処理などです。

こういった作業の量もフリーランスや会社員などの雇用形態によって異なるため、1人で仕事はしているが事務的な作業はほとんどない、という人もいるでしょう。

休みづらい

病気や休暇などで仕事を休みたい場合に、代わりとなる人が見つけづらいのも1人で働くことのデメリット。

フリーランスであればスケジュールを調整すれば休むことはできますが、その分の収入がない点も考えなければいけません。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめたebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひ無料ebookをご覧ください。

「1人でできる仕事」が向いている人の特徴

この記事を読んでいる人の中には「1人で仕事をすることに魅力は感じるが、本当にやっていけるか不安」という人もいるでしょう。


メリット・デメリットで解説した通り、1人で仕事をすることは向き・不向きがあります。ここからは、1人でできる仕事はどのような人におすすめなのかを解説していきます。

自己管理ができる

タスクやスケジュールの管理を自分で行う必要があるため、自己管理能力があることは必須の条件です。

「締切を守るのが苦手」「依頼された仕事をつい忘れがち」といった人は、まずはこれらの苦手を克服することから始めましょう。

自己管理には体調管理も含まれます。休みづらいことを1人で仕事をするデメリットとして解説した通り、急な欠勤は収入にも響くため注意が必要です。

1人で物事の判断ができる

自分の代わりに判断や決断をしてくれる上司や先輩がいないため、どのような状況においても自分1人で考え、物事の判断ができなければいけません。

具体的には論理的思考力や問題解決力などが求められます。

自主性がない人や縁の下の力持ちタイプだという人は、1人で仕事を進めることに苦労するかもしれません。

向上心が高い

仕事に関わる勉強やスキルアップを自ら積極的に行える素質も大切。特に1人で仕事をする場合、得意・不得意な分野が成果や仕事の質にはっきりと表れます。

「◯◯はできるけど、XXは苦手です」といった弱みがあると、仕事の依頼が減ったり、あなたの評判に悪影響が出たりすることも。

向上心を高く持ち、自身のスキルアップ・キャリアアップを積極的に、楽しみながらできることが、1人で仕事をこなしていくためには欠かせないのです。

孤独感やストレスへの耐性がある

1人で仕事をする上での最大の敵は孤独とストレス。同僚やチームの仲間と励まし合ったり、お互いに支え合うことができないため、これらのマイナスの感情も自分で処理する必要があります。

具体的には、旅行やスポーツ、映画鑑賞などストレスの発散方法を持っている人や、もともと1人でいることに慣れている(孤独感を感じづらい)人が適していると言えます。

転職で1人でできる仕事に就く方法

1人でできる仕事=フリーランスというイメージを持っている人も多いでしょう。


ですが、正社員でも自分のペースで進めやすい、1人で仕事ができる職種はあります。

自身の個性をより発揮して働きたいが、フリーランスとして独立することは考えていない、という人は、正社員として1人でできる仕事に転職するのがおすすめ

しかし「1人でできる仕事」ばかりを考えるあまり、収入などの条件が良くない企業や、やりたくない仕事に就職することは避けなければいけません。

また、同じ職種でも現場や組織によっては、頻繁に同僚や上司とのコミュニケーションが発生するケースもあります。

仕事を探す際には、給与や職場の雰囲気、仕事の進め方、裁量権、責任の所在など様々な観点から見ることが大切。

自分にとって最も優先することは何かを整理しておくことで、一時的な感情に流されて判断を誤ることも防げます。

まとめ

自由で楽しそうなイメージのある「1人でできる仕事」。実際にはメリットだけでなくデメリットもあります。

性格やタイプによっては、1人ではなく組織で仕事をする方が生き生きとしていられることも。

これから転職を考えている人は、自己分析をしっかりと行い、仕事や職場に求めることを改めて整理した上で、慎重に検討を進めていきましょう

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました