ワーママはなぜしんどい?年収・転職事情などリアルな声を紹介

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

子育てしながら働くワーキングマザー。「ワーママ」とも呼ばれますね。

厚生労働省が発表した調査によると、2017年にワーキングマザーの割合が初めて7割を超えました。

しかしワーママは仕事・家事・育児に日々忙しく、SNS上でも「ワーママしんどい」という声が挙がっています。

この記事では日本で着実に増えているワーママの現状や、ワーママの毎日がしんどい理由を紹介していきます。

キャリアと家庭の両立をはかり、ワークライフバランスの実現を目指したいワーママは参考にしてください。

着実に増えているワーママ

厚生労働省の2019年6月現在の「国民生活基礎調査」結果によると、働きながら子供を育てる母親の割合は72.4%でした。

ワーママとは

ワーママは「ワーキングママ」の略称。働きながら子供を育てる女性を指します。「ワーキングマザー」と同義語です。

2004年から着実に増加しているワーママ

出典:厚生労働省

厚生労働省で行われている「国民生活基礎調査」では、18歳未満の子供を育てながら働く母親(以下、ワーママと表記)の割合を調査しています。

以下は2004年から2019年にかけてのワーママの割合です。

  • 2004(平成16)年…56.7%
  • 2007(平成19)年…59.4%
  • 2010(平成22)年…60.2%
  • 2013(平成25)年…63.1%
  • 2014(平成26)年…65.7%
  • 2015(平成27)年…68.1%
  • 2016(平成28)年…67.2%
  • 2017(平成29)年…70.8%
  • 2018(平成30)年…72.2%
  • 2019(令和元)年…72.4%

このように、ワーママの割合は2017年に初めて7割を突破。2004年の56.7%から2019年にかけて、15ポイント以上ワーママの割合が増えていることになります。

しかしワーママの日々は辛い

日本社会で着実に増加傾向にあるワーママですが、SNS上ではワーママの「しんどい」という声が多く見られます。ここで一部を紹介しましょう。

いくら休みがあっても足りない

休日リフレッシュしても、また平日の忙しさが来ることを考えるだけでげんなりしてしまいますよね。また、連休があっても結局家事や育児に追われることも多いのも、ワーママならではの悩みでしょう。

後輩の面倒を見ながらの育児

会社で部下の面倒を見ながら、自宅では自分の子供の面倒を見る…想像するだけでもしんどいです。

ずっと気を張っていなければならない状況が続き、心身ともに疲労が溜まるワーママも多いでしょう。

子供の成長シーンを見られない切なさ

保育園の連絡帳で子供の成長に気づくこともありますよね。嬉しい反面「リアルタイムに成長を見届けたい」という切なさがあるのも現実です。

育児オンリーの方が辛いという声も

「専業主婦で子供と1対1の時間が多いほうがしんどい」という声も見られます。ずっと子供と一緒に過ごしていると社会とのつながりをあまり感じられず、寂しさを感じる人もいるでしょう。

仕事・家事・育児の両立大変過ぎる

1人で仕事も家事も育児もこなすのはとても大変です。夫婦間で家事分担をしたり、外部サービスを頼ったりするなどの工夫が必要でしょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめたebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひ無料ebookをご覧ください。

ワーママがしんどいと感じる理由とは

ワーママのしんどさの理由には以下のようなものがあります。

キャリアとプライベートとの両立が難しい

ワーママはキャリアとプライベートとの両立が難しいです。職場で満足のいく評価が得られなかったり、職場から求められるものが大き過ぎたりして悩むことも多いでしょう。

理想の年収と現実の年収にギャップがある

育休を経て職場復帰を果たしたあと、時短勤務で働くワーママも多いです。なかには出産前の収入とのギャップに悩む人もいます。

以下はHugkumがワーママに対して実施した、収入に関する調査結果です。

出典:Hugkum

ワーママ全体の現在の年収の調査結果は上図の通りです。年収「200万円以下」が半数以上を占めています。

一方、ワーママの「理想の年収」について調査した結果は以下です。

出典:Hugkum

このように多くのワーママが現在よりも高い年収を求めています。その理由としては「ゆとり」や「子供の学費」「老後」などが挙がっていました。「頑張って稼ぎたいけれど家事・育児の両立のために勤務時間はこれ以上増やせない」というジレンマも、ワーママのしんどさの理由の1つといえるでしょう。

ロールモデルの不在

ワーママはロールモデルを見つけにくいでしょう。なぜなら仕事と家庭とのバランスは人それぞれだからです。自分が理想とするワークライフバランスを実現している人を周囲で見つけるのが困難といえるでしょう。

なかには自分が理想とするバランスを周囲に理解されず、辛い気持ちを抱えているワーママもいます。

子育ての大変さを分かってもらえない

子育てのサポート体制は人によって異なります。なかには実家が遠方で、気軽にサポートを頼めない環境のワーママもいるでしょう。

核家族で子育てしながら働く大変さが周囲に理解してもらえず、孤独感を募らせてしまうケースもあります。

スケジュール管理が大変

ワーママの1日は怒涛のように過ぎていきます。朝は自分の支度だけでなく子供を保育園や学校に送り出すための準備をしなければなりませんし、朝食の準備や後片付けもあります。

夕方時短勤務などで早めに仕事をあがれたとしても、そこから夕食の買い出し、保育園へのお迎え、夕食準備、お風呂など…就寝まではノンストップ。一息つけたと思ったらもう夜中…なんてことも日常茶飯事でしょう。

さらに保育園や小学校の行事やPTA活動などで、仕事の予定を調整する必要もあります。

働き方を周囲に理解されない

ワーママの家事・育児のサポート体制は人ぞれぞれですし、キャリアと家庭とのバランスの取り方も人それぞれです。

なかには自分の価値観を押し付けてきたり、働き方に意見してきたりする人もいるかもしれません。

「女性は家庭を中心に置くべき」といった意見を押し付けてくる人も。キャリアとの両立をはかろうとしているワーママの心を、挫くような言葉をかけられた経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

自分のための時間が持てない

ワーママのもっとも辛い部分は、自分のための時間が確保しにくい点ではないでしょうか?

平日はもちろん、休日も子供の世話や家事に追われ、十分休息が取れない人も。「たまには自分のために時間を使いたい…」というのが本音でしょう。

夫とのすれ違いが起きる

女性は子供を妊娠してから、徐々に母性を育てていける期間があります。

一方男性は妻が妊娠しても、自身の体調に変化があるわけではありません。そのため意識的に父性を育てる機会を設けないと、出産後の育児や家事参加に積極的になれない可能性も。

ワーママは育休中に夫の協力体制を整えておかないと、いざ育休復帰を果たしたあとに夫から満足の行くサポートを受けられず、夫婦仲が悪化する原因になります。

夫婦間の家事・育児分担については以下の記事も参考にしてください。

転職したくても勤務時間がネックになる

育休復帰を果たしたあとに「もう少し子育てしながら働きやすい会社に転職しようかな」と考えるワーママもいるでしょう。

しかし働ける時間が限られ、残業もなるべく避けたい場合、勤務時間がネックとなって転職活動がスムーズにいかない場合もあります。

「キャリアを諦めたくないけれどこのままだとパンクしてしまう…」という悩みを抱えているワーママも多いでしょう。

ワーママの日々が少しでも楽にできる方法

ワーママの日々の負担を少しでも軽減させるには、職場で働き方について相談を重ねたり、家族で家事分担をしたりする必要があります。


以下の記事では、ワーママの辛さを解決する具体的な方法や、参考になるワーママブログなどを紹介しています。あわせてご覧くださいね。

フリーランスとして自由に働くためのロードマップをプレゼント

未経験からフリーランスを目指すための方法はほとんど公開されていません。ですが今回、テックキャンプを運営してきた知見から、未経験からフリーランスとして活躍するまでのロードマップを限定eBookにまとめました。

・フリーランスは自由な働き方の代わりに◯◯を失う
・フリーランスで1000万円以上稼いでいるのは◯◯万人
・未経験からフリーランスになるには◯◯をしなければいけない
・独立する前に◯◯をやっておくべき

ノマドワーカーのような自由な働き方を目指す方は、今すぐ詳細をチェック!

無料eBookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました