なりたい自分になる方法ーーなれない理由・理想に近づくための習慣も解説

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

「海外で生活したいけど英語ができないから無理」「もっと仕事を頑張りたいけど家庭があるから無理」「この会社で働く限りワークライフバランスを取るのは不可能」など、様々な理由をつけて「なりたい自分」を諦めていませんか。

「なりたい自分」を実現している人とできていない人には、どのような違いがあるのでしょうか。そして、どうすれば「なりたい自分」になれるのでしょうか。

この記事では、なりたい自分になる方法やそのための習慣について紹介します

なりたい自分になれない理由

夢や目標を達成して「なりたい自分」を手に入れている人がいる一方、それを諦めている人もいます。


彼らにはどのような違いがあるのでしょうか。まずは「なりたい自分」を遠ざけている理由を整理します。

「自分には無理」という思い込み

大きな原因の1つが、本人が「自分には無理」と決めつけてしまっていること。

年齢や仕事、プライベートなどの様々な事情を持ち出して、なりたい自分を目指さない(目指せない)理由を探していませんか。

このような人の中には、頑張って失敗するのが怖い、周囲の目が気になるなど、自分に自信が持てない人も多いです。

行動していない

「◯◯になりたい」といった夢や目標を口にしておきながら、行動をしない人も。

このような人は「今は時間がない」「いつかやる」など言い訳をして、動こうとしません。行動せず、待っていても何も得られません。

夢を叶えるためには自分から行動することが欠かせないのです。

周囲に流されている

周囲に流れ、なんとなく日々を過ごしている人も多いでしょう。例えば、次のようなケースが多く見られます。

・本当はもっとスキルや経験を身に着けてキャリアアップをしていきたいが、職場に競争意識がない
・周囲に専業主婦が多く、結婚や出産後にまた仕事を始めようという気になれない
・大学を卒業したらすぐ就職、という友人ばかりで、他の選択肢を選ぶ勇気が持てない

現状に甘んじている

なりたい自分がないわけではないが、今の生活を捨ててまで行動するほどではないという人も。

そして「とりあえずこのままで」「いつかやろう」と考えている間に、だんだんと腰が重くなって結局行動せずに終わってしまうのです。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

なりたい自分になる6つの方法

ほどほどに満足している今の生活を抜け出し、勇気を持って行動してなりたい自分を掴む。


口で言うのは簡単でも実際は非常に難しいことです。

明確な目標設定のもと、計画的に少しずつなりたい自分に近づいていくことが大切。そのための6つの方法を解説します。

決意を口にする・宣言する

まず大切なのは、あなたのその決意を宣言すること。頭の中でなんとなく「なりたいな~」と思っても、いつまで経っても現実になりません。

実際に口にすることで、あなた自身が「自分はそうなるんだ」と意識することができます。

家族や友人に「◯◯になる」「◯◯をする」という思いを宣言する、あるいは紙に書いて見える位置に貼りましょう。

1日10分自分のための時間を作る

なりたい自分を実現するために、1日10分の時間を確保しましょう。その時間を使って、なりたい自分のイメージをより膨らませてみたり、具体的な計画を立てたりします。

たがが10分でも、1週間で70分、1ヶ月で約300分(5時間)になります。

なりたい自分を叶えている人に会う

なりたい自分を叶えている人や、あなたが憧れている人生・生活を手に入れている人に会うのもおすすめ。

彼らがどのようにして目標達成をしたかを聞くと、やる気も湧いてくるでしょう。具体的な計画や方法を聞いて参考にすることもできます。

逆算してスケジュールを立てる

「5年以内に海外移住」など期限を決めた目標の場合は、逆算してスケジュールを立ててみましょう

海外移住をするためには何が必要か、何を決めなければいけないかを洗い出し、今後5年間のどの時点までにそれをやっておくべきかを決めます。

自己肯定感を高める

自己肯定感の高い人は、低い人に比べて新しいことに果敢に挑戦でき、失敗やストレスにも強いと言われています。

つまり自己肯定感を高めることは、自分で自分の背中を押すこと。具体的には次のようなことを意識し、自己肯定感を高めていきましょう。

・自分の短所よりも長所に目を向ける
・毎日、その日に頑張ったことを書き出して自分を褒める
・ネガティブなことをポジティブなことに変換する(例:失敗した→上手く行かない方法を学んだ)

小さいことから始めてみる

千里の道も一歩から、という言葉の通り、まずは小さなことから始めてみるのがポイント

例えば「英語を使って仕事をする自分」を目指している場合は、単語アプリをダウンロードする、ビジネス英会話の体験レッスンを受けてみるなどがあります。

先程解説した1日10分を使ってできることから始めましょう。

なりたい自分に近づくための習慣

なりたい自分を手に入れるためには、悪い習慣をやめ、良い習慣を増やすことも大切


なりたい自分に近づくために意識して行いたいことを紹介します。

ネガティブな言葉はポジティブな言葉に変換する

ネガティブな言葉はその言葉を聞いた人はもちろん、発した人の気持ちもネガティブにします。

例えば次のようにネガティブな言葉をポジティブな言葉に変換し、自分を励ましましょう。

・疲れた → 今日も1日頑張った
・面倒くさい → やりがいがある
・失敗した → 新しいことを学べた

普段つい愚痴や不満を言ってしまいがち、という人は特に気をつけましょう。

やりたいことリストを作る

やりたいことリストを作り、自分の願望や希望を見える形にすることも有効。見える化することで、その実現のための具体的な行動が取りやすくなる効果があります。

達成したらリストにチェックを入れていくことで、充実感や達成感も得られるでしょう。

やりたいことリストの作り方やコツについてはこちらの記事で詳しく解説しています。ぜひ合わせて読んでみてください。

たられば思考をやめる

「1年前に◯◯していたら」「あの時◯◯していれば」など、たられば思考をしがちな人は要注意!

過去を振り返って意味のない推測をするたられば思考は、行動する勇気ややる気を阻害しかねません。

たられば思考をする代わりに「次からこうしよう」と前向きに考えてみてください。

笑顔を増やす

社会人として仕事をしていると、つい眉間にシワがよってムスッとした不機嫌顔になりがち。「不機嫌そうに仕事をする自分」は誰にとってもなりたい自分ではないでしょう。

笑顔には、それを見る人、やる人の両方を幸せにする力があります。例えば次のように、日常の中で笑顔を増やしてみてください。

・笑顔で挨拶する
・楽しい、面白い話を聞いて笑う
・鏡に向かって笑顔を作ってみる

これらを繰り返していくことで人間関係がスムーズになったり、イライラしづらくなったりと様々な良い変化が見られるはずです。

まとめ

なりたい自分になるためには、日々の生活の中で少しずつ行動や習慣、考え方を変えていくことが大切。

また、なりたい自分になりきれていない自分(現状の自分)を認めてあげることも忘れてはいけません。自己肯定感を高めながら、焦らず、計画的に進めていきましょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?