感情をコントロールするトレーニング方法は?おすすめの本も紹介

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

感情をコントロールすることが上手な人もいれば、苦手な人もいますよね。

感情をコントロールすることが苦手な人の中には、感情的になることでさらにネガティブな感情を引き出してしまい、悪循環に陥ってしまう場合も。でも適切なトレーニングを行うことで、感情をコントロールできるようになります。

自分の感情と上手く付き合えるようになると、楽しく日常を過ごすができるようになり、ワークライフバランスの実現にもつながるでしょう。

この記事ではコントロールするためのトレーニング法について紹介します。まずは、感情をコントロールすることのメリットから確認しましょう。

感情をコントロールすることのメリット

トレーニングをする前に、感情をコントロールすることのメリットをしっかり理解しておくとよいでしょう。


ポジティブな感情とネガティブな感情、普段生活しているとどちらも湧いてきます。

どちらも生きる上で必要な感情ではありますが、そのときの感情に振り回されずコントロールできるようになることで様々なメリットを得ることができます。

例えば下記のようなメリットがあります。

  • 緊張しても、人前であがらなくなる
  • 周囲との関係性を構築しやすい
  • 怒りにまかせて、相手にひどいことを言ってしまうことを避けることができる
  • 落ち込んだときも気持ちをすぐ切り替えて、平静な気持ちでいられる
  • 自分の欠点をさらけ出すことができ、自分らしく楽に過ごせる

もし感情をコントロールすることが苦手だという人は、次の項で紹介するトレーニング方法を参考にしてください。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

ITスキルでパラレルワークを実現する方々のリアルな声を、ぜひこちらからご覧ください。

感情をコントロールするためのトレーニング法

感情をコントロールすることが苦手な人でも、トレーニングを行っていくことで感情のコントロールが可能になります。


ここでは、感情をコントロールするためのトレーニング法について解説します。

自分の感情の仕組みを知る

まず自分の中に起こる感情は、誰かが起こしているものではなく、自分自身が起こしているものと理解しましょう。

誰かの行動に腹を立てたり、いやな気持ちになるようなことをしている人も確かにいますが、感情自体はそれに反応することにより起こります。

同じような行動をしているのをみても、相手によって「気にならない」「なんとなく許せる」といった別の感情がわく場合もあるでしょう。

「こんな人と関わったときに、こんな感情が起こる」のように、自分が反応するパターンを知っていれば、同じパターンになったときに反応しないでいることに徐々に可能になっていきます。

自分の感情の仕組みを理解して、感情のコントロールを行えるようにしましょう。

感情的になっているときに状況を実況中継する

トレーニング方法の1つとして、わき上がってきた感情を心の中で実況中継するというものがあります。

「どの感情か」「いまどんな状況か」「自分はどういう風に思っているのか」など、こと細かにゆっくり丁寧に実況をすることで自分を観察することができます。感情は曖昧なものと思われがちですが、しっかり観察することで認識でき、コントロールしやすくなります。

実況中継のイメージがわかない人は、映画やドラマのワンシーンにいる自分を外から見ていることをイメージしてみるのもいいでしょう。

この練習をすることで、自分自身を冷静にみることができ、間違った言動をするリスクを抑えるとができます。

感情をラベリングする

感情をラベリングして客観視することも、トレーニングとしては効果的な方法。

上で紹介した「感情を実況中継する方法」を続けると感情のパターンを見つけることができるはずです。喜怒哀楽のようにわかりやすいものもありますが、自分ではよくわからない場合も多いでしょう。

そんな場合は、その感情にオリジナルの名称でラベリングしておくことで自分の状態を把握しやすくなります。感情をコントロールするためには、冷静になって現状を把握しようとすることが一番の近道なのです。

幸せな毎日を過ごすために。3種類の怒りの感情の説明と対処法を解説
「すぐにイライラしてしまう」「怒ってばかりな自分が嫌だ嫌だ」そんなあなたに向けて。この記事では、3つに分類できる怒りの説明と対処法について解説します。この記事を読めば、怒りの感情を解消することで幸せな毎日を過ごすことができます。...

感情的になる自分を受け入れる

感情的になる自分そのものを受け入れるというのも、感情をコントロールするトレーニングの1つ。感情的になる自分を受け入れていない状態では、どんなトレーニングをしても効果が下がってしまいます。

感情は、自分の心や体からのメッセージ。そのメッセージをしっかりと受け止めてから、どのように対応すればよいかを考えることで、感情をコントロールする力はどんどんついてくるでしょう。

自己肯定感を高めるには、自分の考え方だけでなく環境を変えることも大切
自己肯定感を高めるには、あなた自身の考え方だけでなく身を置く環境を変えることも重要です。自己肯定感は環境によって大きく左右されるものです。では、環境を変えるためには具体的にどんな行動をすればいいのか、この記事で解説します。

感情をコントロールするのに役立つおすすめの本

感情をコントロールする方法に関する書籍は数多く出版されています。


ここでは特におすすめの本を紹介します。

EQ 心の知能指数

ダニエル・ゴールマン著の、理性と感情のバランスよくコントロールする力である、こころの知能指数(EQ)について書かれている一冊。

EQには個人的なスキルである「自己認識スキル」「自己管理スキル」と、社会的なスキルである「社会的認識スキル」「人間関係管理スキル」の4つのスキルがあります。

個人的なスキルを強化することで自身の心の動きを認識することができ、行動や傾向をコントロールすることが可能に。

また、社会的なスキルを強化することで、他社の気持ちや行動を理解し、人間関係を改善することができるようになります。

本書には、このEQスキルを伸ばすテクニックについても書かれているので感情をコントロールしたい人にはおすすめの一冊となります。

1日10分で自分を浄化する方法 マインドフルネス瞑想入門

吉田昌生著のマインドフルネス瞑想に書かれた一冊。瞑想は体のリラックスだけでなく、ストレスの低減に使えるため、感情のコントロールを行うのに最適なトレーニングの一つとなります。

自分の心と瞑想を通して向き合うことで「動じない心」を身につけることができます。

「ネガティブな感情を抱えやすい人」「ストレスと感じやすい人」にとってはおすすめの一冊となります。

瞑想の効果とは?寝る前にできる瞑想の方法やおすすめの音楽を解説
「仕事も勉強もあまり集中できない」と悩んでいる方はいませんか?集中力を高めるには、瞑想が効果的です。本記事では、知られざる瞑想の効果を解説。また、具体的なやり方やおすすめの音楽も紹介します。生産性を高めるためにもぜひ参考にしてください。また、マインドフルネスとの違いや、初心者向け瞑想動画についても触れるのでぜひ読んでみて下さい。

さいごに

この記事では、感情がコントロールできることのメリットとコントロールするためのトレーニング法について解説しました。


感情をコントロールすることが苦手な人にとっては、トレーニング法を知ることが感情をコントロールするための第一歩。トレーニングの効果は一朝一夕で得られるものではありませんが、方法を知って継続的に続けることで必ず効果は出てきます。

感情をコントロールできるようなれば、どんどんネガティブな感情をポジティブな感情に変化させることができ、人間関係含め色々な効果を得ることができるようになっていくでしょう。

以下の記事では、感情をコントロールできない原因について解説しています。ぜひ合わせて読んでみてください。

感情をコントロールできない原因は?感情的にならない方法も解説
ネガティブな感情を表に出しすぎると、周りの人だけでなく自分にも悪い影響があります。この記事では感情がコントロールできない原因と、感情的にならない方法について解説します。感情をコントロールすることで、気持ちよく仕事をしたり、周囲とよい関係を築いたりすることに繋がります。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました