感情をコントロールできない原因は?感情的にならない方法も解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

普段生活をしていると、喜怒哀楽さまざまな感情が生まれますよね。

ポジティブな感情を表現することで周囲といい関係性を構築することはできますが、ネガティブな感情を表に出しすぎると、周りの人だけでなく自分にも悪い影響があります。

感情をコントロールすることで、気持ちよく仕事をしたり、楽しくプライベートを過ごすが可能になりワークライフバランスの実現が近づくでしょう。

この記事では感情がコントロールできない原因と、感情的にならない方法について解説します。

感情がコントロールできないと起きるリスク

仕事やプライベートにおいて、話かけにくい人とはどのような人でしょうか。


すぐに怒ったり、不機嫌な顔をしているなど感情がコントロールできない人にはどうしても話かけづらいもの。

仕事では「上司に仕事を任せてもらえない」「同僚に距離を置かれる」「部下から相談されない」といった状況も起こってしまいます。

特に怒ったりしてその場の空気を悪くすると、社内の空気もピリピリと張りつめて息苦しい職場環境になってしまうでしょう。また小さなミスでも落ち込んで仕事が手につかないような人なら、徐々に腫れ物扱いされてしまうこともあります。

その結果「働きづらい」と転職するひとが増えたり、スムーズに仕事が進まなかったりすることにつながるので注意が必要です。

「アンガーマネジメントで怒りと上手に付き合う」ビジネスにおけるメリットや5つの実践ポイントも解説
怒りが込み上げて制御できないときはありませんか?特に仕事などの大事な場面でミスをされると怒ってしまいがちな人も多いでしょう。この記事では、アンガーマネジメントという怒りを制御するコツを紹介します。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

ITスキルでパラレルワークを実現する方々のリアルな声を、ぜひこちらからご覧ください。

感情をコントロールできない原因

感情をコントロールできない理由には、様々な原因があります。


ここでは、感情がコントロールできない原因について解説します。

不摂生な生活になっている

睡眠不足や不規則な生活など、不摂生な生活を送っているをストレスを溜め込みやすい状態に。ストレスは、感情のコントロールを妨げる原因となります。

不摂生な生活により感情がコントロールできない状態になってしまうと、それが原因でさらにイライラしたり、睡眠不足になってしまうという悪循環に陥ってしまうこともあります。

規則正しい生活を心がけて、ストレスを溜め込みにくい状態にすることが重要です。

我慢することが多い

仕事やプライベートで我慢することが多い人は、知らない間にストレスが溜まっていることも。

「頼られたら仕事が断れない」「相手のペースについつい合わせてしまう」など、自分を押し殺しているとき、自分が思っているよりも強く精神的疲労を感じているものです。

ストレスが限界値まで達してしまうと感情が爆発してしまう可能性もあるので、適宜発散することが大切です。

感情がむき出しの環境で過ごしてきた

「両親が頻繁に喧嘩していた」「職場では罵声が飛び交う」など、過ごしてきた環境が原因で感情をコントロールできなくなっている人も。

周りの人が感情をむき出しにしているような環境で過ごすと、感情的になることが当たり前と認識してしまい、自分も感情的な人間になってしまいます。

こういった人は感情をコントロールする方法を学ぶ機会が少なかっただけなので、トレーニングすればきっと改善するでしょう。

仕事やプライベートで悩みを抱えている

「仕事でミスをしてしまった」「恋愛がうまくいっていない」など問題を抱えている状態では、感情のコントロールが難しくなります。

仕事でもプライベートでも何か問題を抱えている状態だと、神経がピリピリと過敏になり、ちょっとしたことにも感情的に反応してしまうことも。

怒りや不安などネガティブな感情を抱えていると、心に余裕がなくなり、どんどん感情がコントロールできなくなるという悪循環に陥ってしまうので注意が必要です。

仕事で悩みを抱えるあなたに。前向きな気持ちを取り戻すための3ステップを伝授
「メンタルが弱くて仕事で指摘を受けるとネガティブモードになってしまう……」「仕事でどんなに頑張っても認めてもらえなくて辛い」このように悩むあなたに向けて。この記事では、仕事の悩みに誠実に向き合うために。前向きな気持ちを取り戻すための3ステップを紹介いたします。

理想と現実のギャップを感じている

自分が考えている理想と現実にギャップを感じている場合も、感情がコントロールできない原因に。

理想に対して現実が上手くいっていないと葛藤が生まれ、ストレスが生まれてしまいます。そのストレスが原因となって、人にあたっている可能性もあります。

また、感情コントロールが苦手な人には、なんでも完璧にこなしたいと思う完璧主義者が多いともいえます。

なりたい自分になる方法ーーなれない理由・理想に近づくための習慣も解説
「海外で生活したいけど英語ができないから無理」「仕事を頑張りたいけど家庭があるから無理」など、様々な理由をつけて「なりたい自分」を諦めていませんか。どうすれば「なりたい自分」になれるのでしょうか。この記事では、なりたい自分になる方法やそのための習慣について紹介します。

今すぐ感情をコントロールする方法

感情がコントロールできないときにも、コントロールを知っていれば制御することが可能になります。


ここでは、感情が湧き上がったときに試してほしいコントロール方法を解説します。

感情的になった時のルールを設定する

感情をコントロールするには、感情的になったときのルールを決めておくことも有効な手段の一つ。ルールの例としては下記の通り。

  • 感情的になりそうになったら、発言をしない
  • 感情が爆発しそうになったら、その場を離れる
  • 感情的になりそうになったら、深呼吸する
  • ネガティブな感情になりそうになったら、視線を上げる

ルールを決めておくことで、感情的になったときに対処法に思考がいき、冷静になることができます。

時間を置く

感情的になったときに、その場の勢いで動いてしまうと周りの雰囲気を悪くしてしまうこともしばしば。感情的になったら時間を置くというのも効果的な方法です。

時間を置く方法としては「発言をする際に一息置く」「その場からいったん離れる」などがあります。感情的になったときは、少しでもクールダウンの時間を確保するようにしましょう。

過去のポジティブな記憶を思い出す

あるとき急にネガティブな感情が溢れ出てしまうことも。そんなときは楽しかった思い出や成功体験など、ポジティブな記憶を思い出すのがおすすめです。

人間の脳はイメージしたことを今起きていることと考え、イメージにあった感情を引き起こすといわれています。

その効果を利用して、ネガティブな感情を出てきたときは、ポジティブなことを思い出すとよいでしょう。

ポジティブなときの体の動きをする

体の動きを変えるのも、感情をコントロールする一つの方法。人間は感情が体に表れるといわれています。多くの人は下記の反応の経験があるのではないでしょうか。

  • 緊張していると、表情がこわばり、体中に力が入る
  • 落ち込むと、目線が下がり、表情がなくなる
  • 自信があると、目線が前を向き、表情が豊かになる

このように心と体の関係は密接なつながりがあるので、体の動きを変えることで感情をコントロールすることにつながります。

なので、ネガティブな感情が生まれたときは「目線を上げる」「背筋を伸ばす」「ガッツポーズをする」「笑顔を作る」など、ポジティブになるような体の動きをとることで感情を前向きなものに変えていけるでしょう。

客観的な視点で捉え直す

対人関係で感情的になる場面では「相手の立場になる」「第三者の立場になる」など、客観的な視点で捉え直すというのも感情をコントロールするのに役立ちます。

自分が感情的になりそうなときに、一息置いて「相手はどう思っているだろう」と自分に質問を投げかけてみましょう。

客観的に自分の状態を分析することができ、周りに悪影響のある言動を防ぐことができます。

感謝できる部分を探す

誰かに対してネガティブ感情が起こった時には、感謝できる部分を探すのも効果的。

小さいことでも視点を変えたりすれば何かしら相手に感謝できることが見つかります。感謝を思い出すことでネガティブな感情を和らげることができます。

少し時間があるなら書き出してリストにするのもおすすめです。書き出す感謝の量が増えていくと相手のポジティブな一面を実感しやすいでしょう。

以下の記事では、感情をコントロールすることが苦手な人に向けて、トレーニング方法を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

感情をコントロールするトレーニング方法は?おすすめの本も紹介
感情をコントロールすることが苦手な人もいますよね。適切なトレーニングを行うことで感情をコントロールできるようになります。この記事では感情をコントロールすることのメリットや、トレーニング法を解説します。

さいごに

この記事では、感情がコントロールできない原因とコントロールする方法について解説しました。


ネガティブな感情が湧き上がった時にはぜひ試してみてください。

また、感情のコントロールにはメタ認知能力を身につけることも効果的です。以下の記事も合わせて読んでみてください。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました