スマートな断り方のポイント4つ!断れるようになるメリットとは?

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

「急に仕事を振られたときにいい断り方が知りたい」「メンバーが固定されている友達グループの集まりは断りにくい」など、断り方に関して悩む方は多いでしょう。

そこでこの記事では、相手を不快にさせないように断る方法や、スマートな断り方を知るメリットなども紹介します。

相手の申し出を上手に断ることができれば、自分の時間を大切にでき、ワークライフバランスの実現にもつながりますよ。

「断り方」に悩む人あるある

「相手を不快にさせそうで、『断ること』自体が苦手だ…」という人は多いのではないでしょうか?


そのような断り方に悩む人は、以下のような傾向があります。

相手の気持ちを尊重し過ぎる

断るのが苦手な人は、相手の気持ちを気にし過ぎる傾向があります。

「今これを断ったら迷惑がかかるかも」「もう誘われなくなりそうで怖い」「裏で何か言われてしまうかも」のように周囲の気持ちを気にし過ぎると、自分の意思を大切にできなくなってしまいます。

人を頼るのが苦手

人を頼るのが苦手な人も、上手な断り方を知らない傾向があります。例えば急に仕事を振られたとき、予定がすでにあるのにもかかわらずすべて自分で引き受けてしまっていませんか?

そのような場合、例えば一部だけ引き受けて、あとは他のメンバーに協力してもらってもよいのです。それができずにすべて自分でやらなければ…と思ってしまうと、そもそも自分の仕事でないのに苦しむ原因に。

真面目で几帳面

なかなか断れないのは真面目過ぎる性格の影響もあるでしょう。

「自分を頼ってきてくれたから自分がやらなければ」「ここで自分が断るのは無責任だ」などと思い込んでいませんか?

もともと自分にやらなければならないことがあるのであれば、頼まれごとよりも自分のことを優先してもよいのです。その際は相手に理由をはっきり伝えれば大丈夫です。

リーダー的存在

チームのリーダーなど、メンバーを引っ張っていく立場の人も、人からの頼み事を断れない傾向があります。例えば仕事に関する質問に答えたり、仕事のやり方を教えて欲しいといわれたり…断りにくいシーンが多いはず。

そのようなことをしているうちに自分自身の業務の時間が足りなくなる原因に。「自分が教えなければ」という責任感からなかなか断れないこともあるでしょう。

比較的なんでもこなせる

いわゆる「器用貧乏」の人は「この人に頼めば大丈夫」といった存在になりがちです。周囲あら見れば頼み事もスマートに処理しているように見えますが、当の本人は苦労しながらやっているため、損したような気持ちになることが多いでしょう。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

上手な断り方を知るメリット

断るのが苦手な人は、まず「断ることのメリット」を知ってください。


以下で解説します。

自分を大切にできる

頼まれたことを何でも引き受けていると、自分の意思をおざなりにしてしまいます。もっと自分の気持ちに素直になり、断りたいときはキッパリ断っていいのです。

あまりにも周囲の要望に流されてしまうと、自分自身が何をしたいのかを見失ってしまう可能性も。すでに予定が入っているのであれば、あとから誘われたことは断ればいいのです。あなたが思うよりも、相手は気にしていないでしょう。

本当に必要なことに時間を割ける

例えば、恋人や友達との予定があったのに仕事を引き受けてしまい、プライベートをおざなりにしてしまっていませんか?

「別に今日やらなくてもいいから…」「仕事じゃないから…」と自分の予定をリスケして、実行できなかった経験はありませんか?

たとえプライベートの予定でも、先約があるなら急に頼まれた仕事よりも優先していいのです。そのような場合の上手な断り方がわかれば、プライベートも大事にでき、ワークライフバランスの実現にもつながります。

優先順位をつける方法を解説!仕事の効率化やプライベートに使える
「仕事を効率的に進めて、ワークライフバランスを実現させたい」と考えていませんか?仕事をスムーズに進めていくのに有効なのが、業務に優先順位を付ける方法です。この記事では、優先順位をつけるメリットややり方を解説します。

スマートな断り方のポイント4つ

スマートな断り方のポイントは以下の4つです。


ここから1つずつ見ていきましょう。

なるべくスピーディーに返答

断るのが苦手な人でよくあるのが、断りたいけど断りづらいから保留にしてしまうこと。例えば遊びの誘いなどで、LINEの連絡を既読スルーにした経験はありませんか?

あなたにとっては誘いをどう断ろうか迷っている時間なのかもしれませんが、相手にしたらその保留期間何も連絡がないのは気持ちのいいものではありません。

すでに予定が入っているのであれば、すぐに返答したほうが相手も他の予定を入れやすいので親切でしょう。

明確な理由を伝える

断る際は明確な理由を伝えましょう。

例えば「その日は学生時代の友人が久しぶりに会いにきて遊ぶ予定をしている」「今日は親が地元から来てくれているので早く帰宅しなければならないんです…」など。

理由の詳細を濁すよりもはっきりと伝えたほうが、優先すべき予定があることが相手に伝わり、納得感が高まるでしょう。

代替案を提示する

特にすぐに断る場合は代替案を提示するのがマナー。

遊ぶ予定であれば、「仕事の予定が今月の中旬にはわかるから、そのあたりにまた連絡するね」など。

仕事に関することであれば、「その仕事なら〇〇さんも対応可能かもしれません。私も一部なら対応できると思うので分担させてもらってもよろしいですか?〇〇さんにも確認してみます。」など。

「お誘いや頼みごとを受ける意思はある」ということが相手に伝わり、不快な思いをさせるのを防げます

感謝とお詫びの気持ちを伝える

もちろん、断る場合はお詫びの気持ちと感謝の気持ちを伝えるのがマナーです。

「今回はごめんなさい…誘ってもらってありがとうございます。」「引き受けられず申し訳ないです」といった一言があるだけで印象はだいぶ変わります。

以下の記事ではシーン別に断り方の例文を詳しく紹介しています。あわせて参考にしてください。

上手な断り方の例文18選!仕事・友人・恋愛などシーン別で紹介
予定がある日に仕事を頼まれたときなど「断りたいのに断りにくい」シーンってありますよね。そんなとき「スマートな断り方」を知っておくと便利です。この記事では「よくある断りにくいシーン」を紹介し、シーン別の断り方の例文を紹介します。

こんな断り方は避けよう

断り方によっては、相手を不快にさせてしまうリスクがあります。


以下で解説します。

「調整できるのでは?」という理由で断る

明確な理由があれば相手の納得感はありますが、逆に曖昧な理由や今からでも調整が効きそうな理由で断ると「そもそもあまり引き受けたくないのだな…」と相手が思ってしまう原因に。

例えば「〇〇の予定が入りそうなので…」「すみません、その日はちょっと…」など。

「自分の存在を蔑ろにされている」とさえ思わせる可能性があります。

「自分の責任ではない」という断り方

「その日は飲み会があるんですよ〜…あまり行きたくないんですけどね」「急に仕事を頼まれたりするので平日ははっきり予定がわからないんですよ…」など。

シーンにもよりますが、これらの理由で断ると「行きたくないなら自分の予定を優先にしてくれたらいいのに…」と相手が不快に思う原因になります。

そうではなく「今月末に資格試験があって、万全の体制で望みたいんです」「来週重要な商談があるので今週はその準備に費やしたい」という伝え方なら「引き受けたいけれどどうしても無理なんです」という気持ちが伝わりやすいでしょう。

断ることも時には必要

頼まれごとやお誘いなどを断るときは、気持ちがのらないこともあるでしょう。


しかしお誘いを保留にしておくほうが、相手のためになりません。明確な理由で断れば相手も納得がいきますし、不快に思われるようなことはないでしょう。あなたもスマート断り方を身につけて、自分自身の時間を大切にしましょう。

アサーティブコミュニケーションのフレームワークを解説!会話例も
言いたいことが言えないストレス、ありませんか?人間関係のストレスはワークライフバランスを崩す原因にもなるため、積極的に解消していくことが大切です。この記事では「言いたいことが言えない」あなたのために、人間関係をスムーズにするアサーティブコミュニケーションのポイントと習得法を紹介します。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?