楽しい仕事の見つけ方!タイプ別おすすめの仕事も紹介

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

あなたにとって「楽しい仕事」とはどのような仕事でしょうか。

「今の仕事が楽しい」と思う人がいる一方「今の仕事は楽しいことよりつらいことが多く、ストレスが溜まっている」という人もいるでしょう。

では、どのような仕事であれば楽しく続けられるでしょうか。楽しい仕事はワークライフバランスの観点からも大切になります。この記事では、楽しい仕事の条件やタイプ別のおすすめの仕事を紹介します。

楽しい仕事の条件とは

同じ仕事をしていても、楽しいと感じる人と楽しくない・つらいと感じる人がいます。

つまり、仕事を楽しめるかどうかは、仕事内容、労働条件、本人の性格などにも関係する要素があるのです。

まずは楽しい仕事の条件について整理しましょう。

仕事が好き

まず、本人がその仕事を好きなのかどうかは大切です。

人と話すのが苦手なのにコミュニケーションを伴う職に就いている場合は、なかなか仕事を好きになれないでしょう。

本人がその仕事を楽しんでやれるかどうかは大切といえます。

やりがい・達成感がある

その仕事を通して、やりがいや達成感を得られるかどうかも重要な要素です。例えば、仕事を通して誰かから感謝されると、少しくらいの辛さや大変さは乗り越えられるでしょう。

「誰の役に立っているのかを実感できない」「毎日同じ作業の繰り返し」「頑張っても評価してもらえない」などの場合はどうでしょうか。

その場合は、ただ辛いだけの仕事を楽しいと思うことは難しいことでしょう。

以下の記事では、仕事でやりがいを得るためのこつが紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

給与・待遇が十分である

給与や待遇に満足していることもポイントの1つです。

どれほど人の役にたつやりがいのある仕事でも、給与が不十分で生活に困るようでは、その仕事への不満は次第に溜まっていきます。

人間関係などの職場環境が良い

人間関係などの職場環境も、仕事を楽しめるかどうかを左右するでしょう。

「職場の人間関係がギスギスしている」「上司との相性がどうしても合わない」「競争意識が異常に高い」

どれほど仕事が好きでやりがいがあっても、上記が原因で転職や離職をする人もいます。

1日の多くの時間を過ごす職場の環境は、仕事を楽しく続けるために必要不可欠といえます。

もし、あなたが職場の人間関係に疲れた場合は、以下の記事がおすすめです。人間関係に疲れた時に試したい6つのことを紹介しています。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

楽しい仕事の見つけ方

「どのような仕事であれば楽しく続けられるだろうか」

このように思っている人も多くいらっしゃることでしょう。

ここからは、あなたにとって楽しい仕事の見つけ方を紹介します。

自分にとっての「楽しい」とは何かを考える

人によって「楽しい」の基準は違います。「楽しい」とはどのような状態なのか、どのような状態が「楽しくない」のかを掘り下げて考えてみることが大切です。

例えば、いくら好きなことを仕事にできたとしても、職場の人間関係が悪ければ「楽しくない」と感じてしまうかもしれません。

生き生きと楽しく仕事ができている自分をイメージしてみましょう。そして、どのような仕事や環境を求めているのか、自分の楽しさの条件を明確にしてみることが大切です。

給与や待遇などの条件にマッチする仕事を探す

給与や勤務地、給料や福利厚生などの条件もみて仕事を探すこともおすすめします。

どれだけ仕事が楽しくても、家から職場まで2時間かかるようでは、通勤疲れでストレスを感じてしまうこともあります。

楽しく仕事を続けられるための条件をできるだけ洗い出し、より多くの要素をカバーする仕事・職場を探してみましょう。

以下の記事では、通勤時間の理想と平均について紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

通勤時間の理想と平均。長い・短い通勤時間のメリットとは?
引っ越しなどで新しく住む場所を探す時、一つの基準となるのが通勤時間です。30分未満がいい、1時間以内なら許容できる、など理想の通勤時間や許容範囲は人それぞれです。 この記事では、理想の通勤時間や実際の平均、通勤時間が長い、短いことによるメリットについて解説します。

タイプ別・おすすめの「楽しい仕事」

「自分にあう楽しい仕事のイメージがわかない」という人もいるでしょう。

ここからはタイプ別におすすめの「楽しい仕事」を紹介します。自分がどのタイプに当てはまるか考えながら読み進めていきましょう。

人と話すのが楽しいと感じるタイプ

「人と話すのが楽しい」と思える人におすすめの仕事には、次のようなものがあります。

接客業

飲食店や小売店などの接客業は、人と接することが多い仕事の1つです。丁寧な接客によってお客さんから感謝されたり、売上や業績のアップに貢献したりとやりがいもあります。

接客業に就くためには、希望する店舗にアルバイトとして雇ってもらう方法があります。また、正社員として店舗勤務する方法があるでしょう。

営業

企業の営業職は、高いコミュニケーション力が求められる仕事です。

自社の商品やサービスについて正しく理解し、相手の悩みや課題を解決する方法を説明する提案力なども求められます。難易度が高い分、契約に繋がった時の喜びも大きいでしょう。

営業職に就くためには企業の営業部門に応募することになります。他業種からのキャリアチェンジでも、ポテンシャルで採用してもらえることが多い職種です。

コンサルタント

コンサルタントとは、専門知識やノウハウをもって企業や個人をサポートする仕事です。

就職や転職サポートを行うキャリアコンサルタントの他に、ITコンサルタント、経営コンサルタント、金融コンサルタントなどがあります。

その道のプロとしてアドバイスを行う立場のため、高度な業務知識や論理的思考力が求められる職種です。

企業のコンサルティング部門に就職するのが一般的な道ですが、営業職と同様ポテンシャル採用も多くある業界です。

趣味の時間が楽しいと感じるタイプ

ゲームやファッションなどの「趣味の時間が楽しい」という人におすすめの仕事には、次のようなものがあります。

イベントスタッフ

イベントスタッフとは、コンサートや会議、展示会などのイベントの企画や運営を行うスタッフです。「学生時代に文化祭などの実行委員をするのが楽しかった」という人におすすめです。

イベント会社に就職する他、派遣会社に登録してそこから各イベントに派遣してもらう方法などがあります。

漫画やファッションなどの販売員

漫画やファッション、ゲーム、音楽など「◯◯のことなら何時間でも語れる」という人は、その分野の販売員になる道もあります。

自分の知識を活かして誰かの役に立てる他、その業界にいることでいち早く最新情報を手に入れられるでしょう。

アイデアを形にするのが楽しいと感じるタイプ

「自分のアイデアを形にする作業や過程が楽しい」という人におすすめの仕事には次のようなものがあります。

広報・企画職

企業の広報・企画職は、柔軟な発想や論理的思考能力が求められる仕事です。難易度が高い分、チーム一丸となって1つのものを作り上げることで大きな達成感を得られるでしょう。

未経験から目指す場合には、企業の開発や営業部門など他の部門で業務知識を勉強してから目指すのが一般的です。

プランナー

イベントプランナー、ウェディングプランナーなど特定のイベントの専門プランナー。

自分のアイデアを形にできるやりがいのある仕事です。なりたいジャンルのイベント会社に就職する他、アルバイトとして現場を経験してから正社員として採用してもらう方法もあります。

デザイナー

Webデザイナーやファッションデザイナーなどのデザイナー職も、高い創造性や発想力を発揮できる仕事です。

未経験の場合は、デザインの基礎をスクールなどで勉強した後、企業のデザイン職に就職するのが一般的です。経験を積んでスキルが上がれば、フリーランスとして独立することもできるでしょう。

ものづくりが楽しいと感じるタイプ

「ものづくりをしている時間が楽しい」という人におすすめの仕事には、次のようなものがあります。

システムエンジニア

システムエンジニアもおすすめです。

スマホアプリや企業の基幹業務システム、家電製品の中に組み込まれているシステム開発などを行います。

現代の急速なIT化によって需要が高まっている職種です。

未経験から目指す場合には、スクールなどで最低限のスキルを身に着けてから企業のエンジニア職に応募するのがおすすめです。最近では、未経験でも応募できる求人も多く見られます。

ただし、エンジニアと一言で言っても、開発する内容や具体的な仕事内容は企業や部門によって異なります。

どのようなシステムの開発に携わりたいかを、具体的にイメージしてから応募するようにしましょう。

姉妹サイトでは、無料・有料のプログラミングスクールのどちらに通うべきか解説しています。スクール選びの際はこちらを参考にしてみてください。

メーカー・製造業の研究・開発部門

薬品、化粧品、食品などの研究・開発部門も、おすすめの職種です。

企業の求人に応募するのが一般的ですが、未経験者の場合は先に他の部門で勉強してから、開発部門に異動で配属されるケースもあります。

クリエイター

クリエイターとは自分の持っている力をアウトプットして、それを仕事にしている人のことです。

クリエイターの定義は幅広く、以下のような種類があります。

  • イラストレーター
  • アニメーター
  • ゲームデザイナー
  • インテリアコーディネーター
  • フードコーディネーター

専門知識が求められるため、まずは専門学校などで基礎知識を身に着け、実際の仕事を通して自分のスタイルを確立していく必要があるでしょう。

1人の時間が楽しいと感じるタイプ

「大人数で集まってわいわいするよりも1人の時間が楽しい」という人におすすめの仕事には、次のようなものがあります。

ライター

企業などと契約して決められたトピックに関する記事を執筆するライター。

締め切りに間に合わせる必要はありますが、基本的に誰かの予定に惑わされることなく自分のペースで1人で進められる仕事です。

未経験から目指す場合は、クラウドソーシングサイトで未経験でも受注できる案件で経験を積み、そこから仕事の幅を広げていくのが一般的でしょう。

姉妹サイトでは、おすすめのクラウドソーシングサービスを紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

ドライバー

トラック運転手、タクシードライバーなどのドライバーは、人とのコミュニケーションを最低限におさえられる仕事です。

歩合制によって、頑張れば頑張るほど稼げるケースもあります。

物流会社やタクシー会社などのドライバー職に応募する方法が一般的で、免許は必要ですが未経験でもなりやすい仕事です。

フリーランス

フリーランスエンジニア、デザイナー、美容師などがあります。

経験やコネなしに、いきなりフリーランスをやるのは難しいかもしれません。最初は副業から始めて、仕事が安定してきたらフリーランスになる道がよいでしょう。

以下の記事では、フリーランスになるために必要な準備や仕事の獲得方法について紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

フリーランスになるには?仕事の探し方や仲間の見つけ方も紹介
フリーランスになろうと考えているけど、実際にどのような手順を踏んでなればよいのか分からない。そんな悩みを抱えていませんか?この記事ではフリーランスになる方法はもちろん、あらかじめ知っておくべきことも紹介します。

まとめ

どのような仕事を楽しいと感じられるかは、人によって異なります。

あなたにとってのやりがいや楽しさは何かを考え、給与や条件などもみながら、総合的に楽しい仕事を思える仕事を探してみましょう。

下記の記事では、仕事満足度から見る楽しい仕事について紹介しています。こちらもあわせて御覧ください。

仕事満足度ランキングからみる「楽しい仕事」仕事を楽しむために大切なこととは
「就職や転職にあたり楽しさややりがいのある仕事を探しているが、いまいちどのような仕事が楽しいかわからない」と悩んでいませんか。そのような時は、仕事満足度ランキングで世の中の働く人の意見を参考にしてみましょう。この記事では、仕事満足度を決める要素や仕事を楽しむために大切なことについて解説していきます。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?