忙しいアピールする人への対処法!「時間がない」を言い訳にしない方法も解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

あなたの周りには、何かにつけて「忙しい」「時間がない」と言ってくる人はいませんか。

こういった「忙しいアピール」をしてくる人には、どのように対処するのが正解なのでしょうか。

また、本当に忙しいのだけど忙しいアピールはしたくない、という場合はどうすればいいでしょうか。

この記事では、忙しいアピールをする人への正しい対処法と、時間がない状況でもワークライフバランスを保つための方法を解説します

仕事で忙しいアピールをする理由

「今月も残業続き」「昨日は徹夜した」「毎日睡眠不足」など聞いていないのに忙しいアピールをする人。


彼らはなぜそのようなアピールをしてくるのでしょうか。

できる人だと思われたい

忙しいアピールをする人の中には「仕事ができる人だと思われたい」という気持ちがあります。

忙しい=周囲から信頼されている、仕事ができる人だと勘違いしているのです。

確かに、仕事ができる人にはより多くの業務が集中することはあります。

しかし、本当に仕事ができる人であれば、そのような状況であってもわざわざ「忙しいアピール」はしません。

「忙しい」を言い訳にしている

「忙しいから」というのを便利な言い訳として使っている人も。

「忙しいから◯◯の仕事はできない」「忙しいから後にして」など、忙しいを理由に業務や会話を避けようとします

このような人は、プライベートにおいても忙しいことを理由に人付き合いを断るケースがあります。

実は仕事をサボりたい

本当に忙しい人は、忙しいアピールをする時間すらないものです。つまり、忙しいアピールをする人は「忙しい」を言い訳にして仕事をサボろうとしている人といえるでしょう。

本来は1日で終わるような仕事をのんびり2日かけてやったり、忙しいと言っているわりに仕事中にスマホをいじっていたり、定時で帰ったりする人がいれば、忙しいアピールをしているだけと判断すべきです。

忙しいアピールをする人への対処法

どの職場にも必ず1人はいると言ってもよい忙しいアピールをする人。


彼らの言い訳を聞いているだけでもイライラしてしまうかもしれません。では、どのように対応するのがよいのでしょうか。

ここからは、忙しいアピールへの対処法を解説します。

これから紹介するような態度を同僚や友人から取られている人は、相手から「この人は忙しいアピールをしている」と迷惑に思われている可能性があるので注意です。

適当に受け流す

同僚や友人の面倒な忙しいアピールに正論で真っ向から対応してもあなたが疲れるだけ。「そうなんだ、大変だね」と適当に受け流すのが一番です。

忙しいアピールをする人には「自分はできる人だと認めてもらいたい」という承認欲求があります。

本心でなかったとしても、その欲求を満たしてあげれば一旦は相手も落ち着くでしょう。

否定も肯定もしない

相手の言葉に否定も肯定もしないのもポイント。「本当に忙しいの?」と否定すれば、相手は自分がどれだけ忙しいかをよりアピールしてきます。

反対に「すごく頑張ってるよね」と肯定をすると、相手は気分がよくなってさらに話を盛り上げてくる可能性が高いです。

あくまでドライに対応するのが、話を早めに切り上げるコツです。

本当に忙しい人の話をする

本当に忙しい人の話をして、相手を牽制する方法もあります。

「◯◯さんはAプロジェクトとBプロジェクトの掛け持ちで朝から夜まで大変そうだよね」とさらっと言うと、相手も返す言葉がなくなるはず。

それでも相手が「◯◯さんもそうだけど私も…」と続けてきた場合は「ごめん私も忙しいので」と忙しいという返しをし、話を切り上げましょう。

距離を置くようにする

口を開くと「忙しい」と言ってくるような人との会話でストレスを抱えるくらいなら、一旦距離を置くのが最適。話しかけられても適当にあしらってしまいましょう。

そっけない態度を続けていれば、向こうも「忙しいアピールをする相手がいなくなった」と黙って仕事をするでしょう。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

「忙しい」を言い訳にせずに時間をつくる方法

この記事を読んでいる人の中には、本当に忙しいのだが「忙しい」と言うとアピールしているみたいで言いづらいという人もいるはず。


確かに何かにつけて「忙しい」を連発するのは、周囲から悪い印象を持たれてしまう可能性が高いです。

「忙しい」を言い訳にせずに仕事やプライベートを乗り切るためにはどうすればいいでしょうか。忙しい中でも時間を捻出する方法を紹介します。

やらないことを決める

忙しい人の多くが、自分で自分を追い込み、自分で自分を忙しくしてしまっています。

「これは自分でないといけない」という責任感・義務感は大切ですが、同僚を信頼して仕事を割り振る気持ちも必要です。

緊急性や重要性が低い仕事は「やらない」と決め、本当にやるべき業務のための時間を作る工夫をしましょう

優先順位を決める

仕事は優先順位の高い順から着手することを徹底しましょう。

それにより、大切な仕事を後回しにして「明日の朝までに仕上げないといけない」とバタバタすることを避けられます。

あらかじめ期限や納期にある程度の余裕を持たせておけば、緊急で対応しなければいけない業務が差し込まれた時にもスムーズに対応できます。

無駄を徹底的に省く

小さな無駄を徹底的に省く工夫をしましょう。例えば、次のような方法があります。

・メールを打つ時には定型文を用意しておく
・報告書はフォーマット化する
・口頭で伝えたほうが早いことはさっさと言ってしまう
・聞くだけの会議には出ない
・業務連絡はメールやチャットで済ませる

午後は同僚や後輩から質問などで話しかけられることが多くて集中できない、という場合は朝早くに出勤して自分の時間を確保するのも方法の1つです。

オンオフの切り替えをする

働く時は働く、休む時は休むというオンオフの切り替えをしっかりとしましょう。

家に仕事を持ち帰っても、結局集中できずにストレスや疲れだけが残る、というケースも少なくありません。

また、残業ありきでスケジュールを立てないことも重要。

規定の業務時間の中でスケジュールを立て、どうしても時間が足りなかった場合にのみ残業をするようにして、ワークライフバランスを実現させましょう。

睡眠の質を上げる

日中に最高のパフォーマンスを上げるために必要なのは、最高の睡眠

忙しい中、十分な睡眠時間を確保できないという人は、次のような方法で睡眠の質を上げる工夫をしてみましょう。

・夜寝る1時間前にはスマホやテレビを見ない
・夜にヨガや瞑想をしてリラックスする
・自分にあったマットレスやまくらを探す
・寝る前にお風呂にゆっくりと浸かる
・部屋の明かりを暗くして自然と眠気がくるようにする

睡眠の質を上げる方法については朝活の記事で紹介しています。こちらも参考にしてみて下さい。

まとめ

長時間労働が社会問題にもなっている日本。「毎日忙しい」「仕事ばかりでプライベートの時間がない」という人は多いでしょう。

しかし、忙しい状況でも仕事のやり方や考え方を変えることで、時間を捻出することはできるはずです。

同僚や友人に忙しいアピールをする暇があるなら、業務を効率化する方法を考えてみましょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

限定資料を無料で見る
タイトルとURLをコピーしました