今の仕事が向いていないと思うのはなぜ?おすすめの診断サイトも紹介

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

「今の仕事は自分に向いていない」「自分に向いている仕事が何なのかわからない」と悩んでいませんか?

この記事ではあなたが現在の仕事を「向いていない」と思う理由を解説。向いている仕事を探す方法やおすすめの適職診断サイトも紹介しますので、ぜひ活用してくださいね。

自分にとって向いている仕事が見つかれば、仕事とプライベートとの両立もうまくいき、ワークライフバランスの実現に近づくでしょう。

あなたが「今の仕事は自分に向いていない」と思う理由

「あ、この仕事は自分に向いていないかも」と思った経験は誰にでもあるのでは?


ここでは、今の仕事を向いていないと感じる理由をいくつか解説します。年代によっても異なるのでその点にも注目して読んでみてください。

思っていた仕事内容と違った

入社して3ヶ月・半年・1年と経ったときに「入社前に想像していた仕事と違っていたな」と思った経験はありませんか?

いくら就職・転職活動で企業分析を行っても、実際に入社してみないとわからない部分はたくさんあります。

また当初希望していた部署とは異なる部署に配属された場合は「望んでいた仕事内容と違っていた」と悩む原因にもなるでしょう。

周囲の評価との差に悩んでいる

入社して2〜3年目は、同期との差や新入社員との差に悩む時期がやってきます。

新入社員の指導を頼まれる時期でもあり、思うように指導ができなかったり、新入社員と仕事ぶりを比較されて落ち込んだりすることもあるでしょう。

「新入社員よりも成果が出せないなんて…もしかしてこの仕事向いていないのかな?」と思ってしまいます。

「このままでいいのか?」という漠然とした不安

入社5年目以降は仕事内容に慣れ、自分のリズムができる時期でしょう。長期的なキャリアを考える余裕も出るため「このままこの会社でずっと過ごして定年を迎えるのか…」などと考える機会も増えます。

そんななか「本当にこの会社だけで終わっていいのだろうか?」という思いが浮かぶこともあるでしょう。

ある程度経験・実績を積んだからこそ「新しいステップを踏んだほうがいいのでは?」「もっと自分に向いている仕事があるのでは?」と考えるようになります。

キャリアデザインとは?意義や具体的な実践方法について解説
「自分の人生設計を考えていますか?」「今後あなたはどんなキャリアを歩んでいきたいですか?」人生100年時代といわれる現代、あなたはこの質問に即答できるでしょうか。この記事では、将来のことを明確に考えるきっかけとなるキャリアデザインについて解説していきます。実践方法やおすすめ本などを紹介します。

責任感のある仕事を任される不安から

30代になると、リーダーを任される機会が出てきます。なかには責任感のある仕事を任される不安から、仕事を楽しめないと悩む人もいるでしょう。

イキイキと仕事をしている同期を見ると尚更「自分にはこの仕事が向いていないのかも」と悩む原因になります。

自分の能力の限界を感じて……

自分の能力に限界を感じてしまうのは、どの年代でも起こりうること。新入社員時代はもちろん、40代・50代の社員も若手社員の活躍を見て、自信を失ってしまうケースもあるでしょう。

どんどん昇進していく同期がいたらその差に愕然とし「自分にはもっと活躍できる場があるのでは?」と考えることもあります。

「仕事がつらい・きついから転職」が甘えにならないケースとは
仕事がつらい・きつい…辞めたい、転職したい…毎日頑張って働く社会人であれば、このような気持ちになったことあるのではないでしょうか。しかし、仕事がつらいからと言って退職・転職するのは甘えではないか、と一歩を踏み出せずにいる人も多いはず。本記事では「仕事がつらいから転職」が甘えになるケースとならないケースを紹介します。

あなたに向いている仕事とは?

ではあなたに「向いている仕事」とはどのようなものでしょうか?


具体的に見てきましょう。

能力が活かせる

能力が活かせる仕事は成果が出やすいメリットがあります。自分自身の強みを活かせるためイキイキと働けますし、成果もしっかりついてくる可能性が高いです。

周囲からの評価も得られやすくやりがいも感じやすいでしょう。

やりたいことができる


やりたいことができると仕事で満足感を得られやすいです。スキルアップにも積極的になれ、自分の成長にもつながります。

やりがいが得られる

向いている仕事で得られるやりがいには「充実感」「自己成長」「存在価値」などが挙げられます。

向いている仕事はあなた自身の力を発揮できるため自己成長感につながりやすいですし、周囲に成果を認められ存在価値も見出しやすいでしょう。

性格的に合う

向いている仕事を探す際に重要なのは、苦手分野が少ないこと。あなたはどんなことが苦手ですか?

例えば同じことを繰り返す作業が苦手だったり、多くの人と関わるのが苦手だったり…などが考えられるでしょう。そのような性格的に合わないシーンが比較的発生しない仕事のほうが、心地よく働ける可能性が高まります。

まわりから必要とされる

周囲から必要とされる仕事ができると自己肯定感が高まります。存在価値を見いだせるためやりがいも感じやすくなりますし、もっと社会に貢献しようと考えるきっかけにもなります。

以下の記事ではオウチーノが行った適職に関する調査結果を紹介しています。「あなたの考える『天職』とは何ですか?」という質問に対する回答結果がありますので、あわせて参考にしてみてください。

向いている仕事を見つける方法!好きな仕事との違いも解説
今の仕事が「天職」だと思っている人は半数ほど!この記事では、自分に向いている仕事を探すにはどうしたらいいのか、好きな仕事との違いも含めて解説しています。「自分に向いている仕事がわからない」と悩む方必見です。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

「好きな仕事」で失敗する理由

「向いている仕事」と「好きな仕事」は厳密には異なります。


理想的なのはどちらも満たされる仕事ですが、好きだけど向いていない仕事に就くとうまくいかない原因になります。詳しく解説します。

好きな仕事で稼げるとは限らない

好きな仕事はやっていると満足感は得られるでしょう。毎日が充実し、やりがいも感じやすいです。しかしそれで生活できるかどうかは別問題

なかなか成果が出せず生活がままならない状態になる可能性も考えられます。

自分に「できること」を考えずに手を出してしまう

「向いている」だけでなく「できること」と「好きなこと」も別です。「できること」を無視して「好きなこと」を追求してしまうと、いざ仕事をはじめてから苦しむことに。

思い通りに成果が出せないモヤモヤから、好きだったことを嫌いになってしまう可能性さえあります。

理想と現実とのギャップ

表面だけの「好き」にとらわれていると、実際にその世界に入ってから苦しむこともあります。理想と現実とのギャップを埋められず「思っていた仕事と違った…」と悩む原因になるでしょう。

ワークアズライフを実現する方法やおすすめの職業を紹介
ワークライフバランスと同様に注目されているワークアズライフ。落合陽一氏が提唱する「寝ている時間以外はすべて仕事であり趣味である」という考え方です。この記事では、ワークアズライフを実現する方法や実現しやすい職業、考え方を解説した落合氏の本を紹介します。

向いている仕事を探すのにおすすめの診断サイト

向いている仕事を探す際、診断サイトを活用する方法もあります。


今回は3種類紹介しましょう。いずれも会員登録などは不要なので、気軽に診断してみてください。

適職診断ONLINE

出典:適職診断ONLINE

株式会社JOIが企画・運営するサイトです。30問の設問に答えると、あなたの適職と能力を診断してくれます。

結果は以下のようなキャラクターで診断されます。

出典:適職診断ONLINE

適職傾向や能力から、おすすめの職業まで診断してくれます。結果が見やすく、キャラクターで診断されるので楽しいでしょう。

強みをもっと伸ばす「お役立ち装備品」や、苦手をフォローする「お助けアイテム」なども教えてくれますよ。

出典:適職診断ONLINE

HAPPYなキャリアを築くための相性診断

出典:女の転職type

女の転職typeによる適職診断です。質問に答えていけば、1分ほどで相性のよい仕事を診断してくれます。

質問内容はよくある自己分析の質問というよりは、気軽に答えられるフランクな質問です。サクサク回答しやすいので、あまり時間がないときでも診断しやすいでしょう。

結果は以下のように出ます。

出典:女の転職type

そのまま女の転職typeで求人を検索できるので便利ですよ。

ジョブリシャス診断

出典:マイナビ転職

マイナビ転職ディグラム・ラボによる適職診断。心理学とマーケティングの観点から開発されたディグラム診断によって、おすすめの適職を診断してくれます。

20の質問に回答すると、27のジョブタイプから適職が探せます。

出典:マイナビ転職

向いている仕事を探すには自分を見つめ直すことから

「向いている仕事」と一口に言っても漠然としていてわからないことも多いでしょう。


しかし「向いている」を「やりたいこと」「能力が活かせる」「性格的に合う」などに分解して考えると、あなたに合う仕事が見つかるはずです。焦らず自己分析しながら適職を見つけていきましょう。

以下の記事では、人生をストレスなくもっと楽しむための仕事選びのポイントや、大切にしたい考え方について解説します。ぜひこちらも参考にしてください。

働きながら自由に生きるには?仕事の選び方や大切にしたい考え方も紹介
自由な生活に憧れる人は多いですが、仕事をしながら実現するのはなかなか難しいですよね。働きながら自由に生きるためのポイントは、ワークライフバランスです。この記事では人生をストレスなくもっと楽しむための仕事選びのポイントや、大切にしたい考え方について解説します。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

限定資料を無料で見る
タイトルとURLをコピーしました