向いている仕事を見つける方法!好きな仕事との違いも解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

「自分に向いている仕事がわからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

自分に向いている仕事が見つかれば、毎日よりイキイキと過ごせるようになり、ワークライフバランスの実現にもつながるでしょう。

この記事では、自分に向いている仕事を探すにはどうしたらいいのか、好きな仕事との違いも含めて解説しています。ぜひ参考にしてください。

今の仕事が「天職」だと思っている人は半数ほど

出典:オウチーノ

オウチーノが行った『仕事』に関する調査 では「今の仕事は、あなたにとって『天職』だと思いますか?」というアンケートを実施。回答結果は上のグラフの通りでした。

「そう思う」と「まぁまぁそう思う」を合計すると全体の54.9%という結果で、今の仕事が自分に向いていると答える人が半数ほどはいることがわかります。

「あまりそう思わない」「そう思わない」がもっとも多いのは20代

出典:オウチーノ

一方で、先程の質問に対する回答を年代別でも集計したところ、若い世代ほど今の仕事が向いているかどうか疑問を抱いている傾向があることもわかりました。

上図の通り、年代に比例して「そう思う」「まぁまぁそう思う」の合計が増えています。20代では「そう思わない」「あまりそう思わない」の合計が半数以上(52.9%)となっています。

働きやすい会社の特徴は?自分に合う職場を見つける方法も紹介
「働きやすい会社でイキイキと仕事がしたい」と思う方も多いでしょう。この記事では、SNS調査の結果も踏まえた「働きやすい会社の特徴」を紹介します。後半では働きやすい会社を探し出す方法も紹介するので、これから転職を考えている方もぜひ参考にしてください。

そもそも自分に合った仕事とは?

そもそも自分の適職・向いている仕事とはどういうものなのでしょうか?

オウチーノの調査では、20~69歳の就労している男女1,106名に対して「あなたの考える『天職』とは何ですか?」というアンケートも実施。回答集計結果は以下ののグラフの通りでした。

出典:オウチーノ

「自分の能力が活かせる仕事」と考える人が多い

全体としてもっとも多かったのは「自分の能力が活かせる仕事」でしたが、年代別で違いがあることもわかっています。

例えば40・50・60代の1位が「自分の能力が活かせる仕事」となっているのに対し、20代は「自分の性格に合っている仕事」、30代では「やりがいが得られる仕事」が1位になっています。

年代によって、自分の適職を考える上で重視する部分が変わっていく可能性が考えられます。

みなさんが考える「向いている仕事」

SNSでも向いている仕事についての投稿を調査してみました。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

向いている仕事を見つけるための自己分析

オウチーノの調査から考えると、自分にとっての適職・向いている仕事は以下の条件が満たされるのが望ましいでしょう。

  • 能力が活かせる
  • やりたいことができる
  • やりがいが得られる
  • 自分の性格に合う
  • 自分がまわりから必要とされる

これらの条件が満たされるかどうかを考えるには、まずは自分の能力ややりたいことを把握しなければなりません。

あなたも以下のような方法で自己分析して、自分自身の能力ややりたいことに向き合ってみてはいかがでしょうか。

何をしているとき楽しい?

自分の能力ややりたいことを把握するときは

  • 何をしているときが楽しい?
  • 何をしているときに自分は生き生きしている?

と考えてみましょう。

楽しいことをしているときは、あなた自身の能力を活かせることに没頭している可能性が高いです。これまでの人生で、何か没頭したシーンを思い浮かべてみてください。

【男性版】楽しい仕事ランキングTOP10!やりがいを持って働ける仕事とは?
「楽しい仕事がしたいなぁ」と漠然と思っているあなた。この記事では楽しい仕事ランキングを紹介します。今回は「やりがいがある」「将来性がある」「ワークライフバランスを保てる」などの観点からランキングを作成しました。楽しい仕事ランキングを...

人生で大切にしたいものは?

やりがいを得られるものを把握するときは、人生で大切にしたいものや普段の生活で優先したいものを把握することが大切。例えば以下のようなものが挙がります。

  • 恋人・家族との時間
  • 趣味の時間
  • お金
  • 健康的な体
  • 自己成長

これらについて優先順位をつけると、人生のなかで大切にしたいものを中心に置きながらできる仕事を探せるでしょう。

自分の嫌なこと・苦手なことは?

向いている仕事を探す際に「やりたいこと」から考えてつまずいた経験はありませんか?そんなときは自分にとって苦手なこと・嫌なことから考えてみましょう。

例えば以下など。

  • 大勢の人の前で話す
  • 同時進行で複数のことをやる
  • 騒がしく集中できない環境
  • 整理整頓

この考え方は、あなたの性格的に合わないことを知るのに役立つでしょう。苦手な部分が少ない仕事なら、長く続けられる可能性も高まります。

周囲の人から褒められることは?

自分の得意なことを考えるときに役立つのが、周囲の人から頼りにされたり、褒められたりした経験です。

得意分野は自分では無自覚なこともありますが、周囲から「こんなことできるなんてすごい」「あなたがやってくれて助かったよ…!」といわれた経験を思い起こしてみてください。それがあなた自身の強みなのでしょう。

よく頼まれる仕事は?

よく頼まれる仕事があれば、それが周囲から求められることといえます。

上司から普段頼まれることを、あなた自身は「ちょうど手が空いている相手に頼んでいるだけだろう」と思っているかもしれません。しかし、実はあなたの強みが活かせるから仕事を頼んでいる可能性もあります。

例えば以下のような頻繁に頼まれる仕事について思い返してみてください。

  • データ整理
  • スライド作成
  • 情報収集
働きながら自由に生きるには?仕事の選び方や大切にしたい考え方も紹介
自由な生活に憧れる人は多いですが、仕事をしながら実現するのはなかなか難しいですよね。働きながら自由に生きるためのポイントは、ワークライフバランスです。この記事では人生をストレスなくもっと楽しむための仕事選びのポイントや、大切にしたい考え方について解説します。

選ぶべきは向いている仕事?好きな仕事?

「向いている仕事」と聞くと「好きな仕事」を連想する人もいるでしょう。しかし厳密には「向いている仕事」と「好きな仕事」は異なります。

「得意」と「好き」が一致しないパターンもある

向いている仕事とは、どちらかというとあなたにとって得意な仕事でしょう。

もちろん得意と好きが一致するのが理想ですが、当然一致しないケースもあります。「好きだけどなかなか成果が出ない」仕事は「好きだけど向いている仕事ではない」可能性があるのです。

では「向いている仕事」と「好きな仕事」どちらを選べばいいのでしょうか?

成果が出やすいのは「得意で向いている仕事」

「どちらが成果が出やすい仕事か」という観点で考えると「向いている仕事」のほうが成果は出やすいです。なぜなら向いている仕事はあなたの得意分野で、強みを活かせる可能性があるから。

そのため成果を出すことにやりがいを感じやすい人は、向いている仕事を選んだほうがいいでしょう。

満足しやすいのは「好きな仕事」

一方向いている仕事でも好きな仕事でなければ、やりがいを感じにくい人もいます。満足度を重視するなら、やはり好きな仕事のほうがいいでしょう。

好きなことに没頭する時間は充実感があります。なかなか成果が出なかったとしても、好きなことができる喜びを第一に考えるなら、好きな仕事を優先するのがいいのかもしれません。

あなたにとっての優先順位で考える

「向いている仕事」か「好きな仕事」かで迷うなら、あなたが何にやりがいを感じられるのかで考えましょう。

前述のように、どんどん成果を伸ばし、自分の成長が実感できることにやりがいを感じるのであれば、成果を出しやすい「向いている仕事」のほうがいいでしょう。

一方、自分の好きなことに集中する時間にやりがいを感じられ、周囲からの評価はあまり気にしない場合「好きな仕事」を選んでもいいのかもしれません。

あなたが仕事上で優先度を高くしたいことを元に決めるのが1番です。

「好き」はプライベートや副業で追求するのも1つの手

「好きな仕事」であっても、得意分野ではない場合はなかなか成果が出せず、生活がままならなくなる可能性も。

そんな場合は「好き」を仕事から切り離し、プライベートで「好き」を追求する方法もあります。その「好き」がビジネスに結びつきやすいのであれば、副業ではじめてみる選択肢もあるでしょう。

理想は「好き」と「得意」が一致する仕事が見つかることですが、切り離して気楽に好きなことをはじめる手もあります。

パラレルキャリアの始め方や注意点を解説!おすすめ本も
実際にパラレルワーカーとして働いている筆者が、パラレルキャリアの始め方と注意点について紹介します。パラレルキャリアはいつでも始めることが可能です。迷っている方はぜひこの記事を参考に挑戦を始めてみてはいかがでしょうか。

向いている仕事は自己分析から導き出そう

自分にとって「向いている仕事」を見つけ出すには、自分が「向いている」と感じるポイントを追求しなければなりません。


今回紹介した自己分析の方法も参考に、自分の適職を探してみましょう。以下の記事では適職診断ができるサイトも紹介していますので、活用してみてくださいね。

今の仕事が向いていないと思うのはなぜ?おすすめの診断サイトも紹介
「今の仕事は自分に向いていない」「自分に向いている仕事が何なのかわからない」と悩んでいませんか?この記事ではあなたが現在の仕事を「向いていない」と思う理由を解説。向いている仕事を探す方法やおすすめの適職診断サイトも紹介しますので、ぜひ活用してくださいね。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

限定資料を無料で見る
タイトルとURLをコピーしました