育休復帰の初日に注意することは?復職ブルーの対処法も解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

育休から職場復帰するとき、不安な気持ちを抱えている人も多いでしょう。ベビーシッターサービス キッズラインの調査によると、96%の人が育休復帰に不安なことがわかっています。

では育休復帰の不安を軽減させるにはどうしたらいいのでしょうか?この記事では育休明け初日の注意ポイントや、復職ブルーの対処方法、育休復帰に向けて行うべき準備を紹介します。

育休明けは徐々に自分のリズムを掴んでいき、ワークライフバランスを実現させましょう。

育休明け初日で気をつけるポイント

育休明け初日は誰だって緊張してしまうものです。


職場復帰初日に気をつけるべきポイントを抑え、不安な気持ちを少しでもやわらげましょう。

復帰の挨拶は簡潔に

育休明け初日、朝礼がある職場では復帰の挨拶を求められるでしょう。なるべく簡潔に挨拶できるよう、文言を考えておくと焦らずに済みます。

その際は育休中に自分の業務を代行してくれた社員への感謝の気持ちや、復帰後の働き方の変更点(時短勤務など)を伝えましょう。

復帰の挨拶に手土産を用意するかどうかは、慣例に習うケースが多いようです。もしこれまでのケースがわからない場合は、先輩などに確認してみてください。

また直接職場全体に挨拶しない場合は、必要に応じてメールで復帰の挨拶をしましょう。取引先への挨拶メールもなるべく育休明け初日に送るとよいです。

今後の働き方を職場と相談する

育休明け初日は、職場と今後の働き方を相談するのが大切です。

  • いつまで時短勤務で働く予定なのか
  • 育児のサポート体制はあるのか(実家などから協力を得られるか)

などを伝えておくと、会社側もあなたにどこまで仕事を振れるのかを把握しやすいです。

子育てしながら働けるワークシェアリング!メリット・デメリットも解説
「仕事と子育て両立しながら正社員としてまた働きたい」こう思っている女性は結構多いのではないでしょうか。「ワークシェアリング」はそれを可能にしてくれます。社員1人1人の業務時間を減らし、その分新たな雇用を増やすという働き方です。この記事では、主に子育て中の女性向けにワークシェアリングという働き方について紹介します。

「育休復帰したくない…」復職ブルーの対処方法

育休明けの不安な気持ちから「復帰したくない…」と思ってしまう人も少なくありません。


そのようないわゆる「復職ブルー」に対処するには、以下のマインドを大切にしてください。

「完璧」を求め過ぎない

育休から復帰した直後は毎日が目まぐるしく過ぎていきます。初めは計画通りに進んでいたタイムスケジュールも、子供や自身の体調悪化によって崩れることも。

そんなときも自分を責め過ぎず「こんなときもあるよね」となるべく受け流してください。

特に子供に関することで予定が狂っても、相手は1人の人間ですから自分の思い通りにできないのはある意味当たり前。自分に対しても家族に対しても精神的余裕を持って、徐々に自分の家族のペースを見つけていきましょう。

きついときは支援を求める

育休中にいくら準備をしても、実際に復職したあとにキャパオーバーに気づくことも当然あります。自分1人で何でも抱え込まず、パートナーに頼ったり、支援してもらえる場所を確保しておきましょう。

職場に育休復帰をしている社員がいるなら、相談に乗ってもらうのも1つの手です。

徐々に慣れていけばOK

育休明けは自分自身も家族も気を張っています。ある日を境にプツンと緊張の糸が切れてしまうケースもあるでしょう。少し経ったタイミングで体調を崩したり、疲れがどっと押し寄せることも。

育休明けから一定期間が過ぎるまでは、平日の疲れが休日押し寄せるのを覚悟しておきましょう。休日に外出する予定はあまり入れず、ゆっくり休息するスケジュールにしておくのがおすすめ。徐々に育児しながら仕事をすることに慣れていけばOKです。

融通をきかせてもらうのを悪く思い過ぎない

子供を育てながら仕事をしていると、急に子供が発熱して早退しなければならなかったり、平日開催される保護者会に出席するため休みをもらう必要があったりします。

仕事の融通をきかせてもらう機会が増えるため、同僚への申し訳なさからストレスが大きくなる人もいるでしょう。

しかしそのように融通をきかせることで、あなたが効率的に働けるのなら会社にとってもメリットがあります。スケジュールを調整してもらうことを悪く思い過ぎず、他の部分で成果を出せるように全力で取り組めるようにしましょう。

子供との時間は「長さ」よりも「質」

保育園に子供を預けながら働くと、子供と過ごす時間は当然短くなります。「育休復帰後、子供に寂しい思いをさせてしまうのでは……」と不安に思う人も多いでしょう。

しかし子供と過ごす時間が短くても、その限られた時間の質を大切にしてください。寝る前の少しの時間でもゆっくりお子さんと過ごす時間を設ければ、親子の絆は保てるはずです。

共働きの子育ては大変?共働き育児の問題と解決策を解説
仕事をすることで家庭を持ちながら社会との接点も保つことができ、より毎日にやりがいを感じ、ワークライフバランスを充実させることができるでしょう。一方、共働きの育児に不安を抱えている人も少なくありません。この記事では、共働き育児でよくある問題やその解決策について解説します。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

育休復帰に関するSNSの声

育休復帰に関するSNSの声を紹介します。参考にしてください。


上記のような育休に関する手続きは、自分自身で入念に調べておきましょう。


時短勤務で早い時間に上がっても、その後は子供のお迎えや夕食の準備などでバタバタですよね。職場で理解がなく嫌な気持ちになる人も……。

女性が働きやすい会社とは?特徴や見極めるチェック項目を紹介
働きやすい会社は、柔軟な働き方を推奨する文化が根付いています。結婚・出産後を含めどんなライフスタイルでも働きやすい制度が整う会社なら、女性がワークライフバランスを実現しながら仕事を続けやすいでしょう。この記事では、女性が働きやすい会社の特徴と、あなたに合った会社を見極める方法を解説します。

正社員にこだわり過ぎると、体を壊すきっかけになるのかもしれません。職場と働き方を相談するのはとても大切です。

夫婦で交互に育休を取る…理想的な姿ですね。長く育休が取れなくても、夫婦で家事・育児分担をしていくだけでも変わります。

共働き家庭で家事の不満が生まれる原因とは?家事分担で大切なことも紹介
共働き家庭では家事に関して不満を持つ人も多いのではないでしょうか。そこで厚生労働省が実施した調査をもとに、家事分担の実態や不満が生まれる理由、家事を分担するときに大切にしたいポイントを紹介します。夫婦ともにワークライフバランスを実現するには、家事の分担がカギです。

育休復帰に向けてやるべきこととは?

もし育休復帰までにまだ時間があるなら、行うべき準備を紹介します。


やるべきことを知って、今の不安な気持ちを軽減させましょう。

シッター探し・病児保育の調査

復職後、急な残業を任されたり、子供が熱を出したりすることもあると思います。イレギュラーな事態が発生したときに子供の送迎やお世話を頼めるベビーシッターや、病児保育を探しておくと安心です。

実家にサポートを頼めるなら、このような緊急事態の対応方法を話し合っておきましょう。

家事効率化

育休明けは目まぐるしく日々が過ぎます。家事を行う時間も短くなりますから、限られた時間で効率的に家事が行えるような体制を整えておきましょう。

洗濯物を畳むのを最小限にするためハンガー収納を検討したり、断捨離でモノを減らしたりするのもおすすめです。また乾燥機付き洗濯機やロボット掃除機などの導入も検討するとよいでしょう。

夫婦間の家事・育児分担について話し合う

産休・育休中に夫婦間での家事・育児分担について話し合っておきましょう。育休明けに必要に応じて分担しようと思っていると、お互いの意思疎通がうまくいかずストレスが溜まる原因に。

産休・育休中に家事を分担して行い、予行練習をしておくと安心です。

共働き夫婦が家事を分担する4つのコツ!便利なアプリも紹介
家事の総量を100としたとき夫婦間の割合はなんと「妻 83.2:夫16.8」!夫婦でワークライフバランスを実現するにはうまく家事を分担することが大切です。この記事では共働き家庭で家事をスムーズに分担する方法や、家事育児の分担に便利なアプリ・アイテムを紹介していきます。

スキルアップにつながる勉強

スマートシッターが行ったアンケート調査によると、育休復帰に向けて準備しておけばよかったこととして「仕事・勉強・資格取得」が第2位に挙がっています。

具体的には「社内用語の復習」「キャリアアップのための勉強」が挙がっていました。産休・育休中に副業を行う人もいるようです。

体力づくり

育休中の体力づくりも大切です。産前産後は思うように体を動かせないため、育休前と比較して体力が落ちがち。

育休明けに徐々に体力が戻ると思っている人もいるかもしれませんが、育休前に体力のベースを作っておくのは重要です。とはいえ産後にジムなどに行くのは難しいでしょうから、自宅でできる筋力トレーニングやヨガなどを行うとよいでしょう。

以下の記事を参考にしてください。

家族のスケジュールの見直し

家事育児の分担をする際も、まずは家族のスケジュールを見直したり、共有したりすることが大切。育休中に夫婦それぞれのスケジュールを確認し、調整できそうなところは調整して復帰後家族全体のスケジュールがうまく回るようにしておきましょう。

例えば夫の出勤時間を少し遅くしてもらって保育園の送りを担当してもらう、早く上がれる曜日があるならお迎えを担当してもらうなど、分担してそれぞれの負担を軽減できる工夫をしましょう。

育休復帰経験者が考える復職に向けて準備しておけばよかったことについては、以下の記事でも詳しく紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

育休復帰の経験者が思う「準備すればよかったこと」とは?
育休明けの不安の原因や、復帰のタイミング、不安を解消するために準備すべきものを、育休復帰経験者の声を踏まえて紹介していきます。やるべき準備を知って、今の不安な気持ちを軽減させましょう。

育休復帰に不安があるのは当たり前

育休復帰に不安な気持ちがあるのは仕方ないです。


しかし「漠然とした不安」になっている可能性もあるため、この記事を参考に、少しずつでも準備を進めてみると気持ちが落ち着くこともあります。

育休明け初日から完璧を求め過ぎず、周囲のサポートも頼りながら、徐々にワークライフバランスを実現できるようにしましょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

限定資料を無料で見る
タイトルとURLをコピーしました