契約社員はありなのか?SNSのリアルな声や正社員を目指す方法も紹介

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

働き方の多様化にともない、ワークライフバランスの実現方法も多様化しています。正社員としてではなく、契約社員として働くこともその方法の一つ。

デメリットが多いと思われがちな契約社員でも、ライフスタイルの理想像によってメリットもあるでしょう。

この記事では、契約社員として働く選択肢がありかどうかについて、SNSのリアルな声を含め紹介します。

契約社員になるか迷ったら知っておきたいこと

多様な働き方が増えてきているなかで正社員として働くのではなく、契約社員・派遣社員として働く人も増えています。


正社員は安定している一方、勤務時間・業務内容の選択をはじめとして融通が利かないことも。

ここでは、契約社員と他の雇用形態の違いについて解説します。

契約社員と他の雇用形態の違い

雇用形態は大きく分けると、正社員と非正規社員の2つ。契約社員は、非正規社員の一つになります。

正社員と契約社員の働き方の比較は以下のとおりです。

正社員 契約社員
雇用期間 長期契約 有期契約(3~5年程度)
業務時間 一律 契約ごとに設定
二重契約 不可
転勤 あり 契約条件によりなし

非正規雇用という括りのなかでも違いがあります。

例えば契約社員と、パートやアルバイトでは1週間に働く勤務時間が異なります。契約社員は正社員に近い勤務時間になることが多いですが、パート・アルバイトは時短勤務となる場合がほとんど。

また契約社員と派遣社員では、契約している会社に違いがあります。契約社員は勤務している会社と契約しているのに対し、派遣社員は登録している派遣会社と契約することになります。

契約社員と他の雇用形態との違いは、以下の記事で詳しく解説しています。理解を深めたい方はぜひ読んでみてください。

契約社員とは?正社員など他の雇用形態との違い、メリット・デメリットも
契約社員は「正社員に比べデメリットが多い」と思われがち。でも契約社員のメリットを理解して活かすことで、ワークライフバランスの実現に近づけることもあります。この記事では、契約社員と他の雇用形態の違い、契約社員で働くことのメリット・デメリットを紹介します。

契約社員のメリット

契約社員のメリットは「自身の経験・スキルに合わせた業務が行える」「プライベートに合わせた働き方ができる」などがあります。

正社員の場合は、適正と部署の人数比率をみて配属先が決定されるため、希望しない部署へ配属されることもあります。

契約社員であれば、募集されている求人情報と自身のスキルを鑑みて応募を行うため、業務内容と持っているスキルにミスマッチが起こりにくい傾向があります。

また、勤務時間に関しては、契約により働く日数や時間を調整することが可能です。

このようなメリットがある反面、正社員に比べ収入が低いというデメリットがあるので注意が必要。自身のプライベートに合わせた働き方を重視したいと考えている場合は、契約社員として働く選択肢もありです。

ライフスタイルとは?理想的な生き方・働き方を見つける方法を紹介
「ウィズコロナ」時代において、私たちにとって「ストレスが少ないライフスタイル」とはどのようなものなのでしょうか。この記事では、理想のライフスタイルを見つける方法を紹介します。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

契約社員にまつわるSNSの反応

ここで、SNSに投稿された契約社員にまつわる意見をいくつか紹介します。まずはポジティブな意見から。

働き方に合わせた選択であれば、契約社員のほうが働きやすい場合もあるというような意見が多く見られます。

一方ネガティブな意見もあります。

ネガティブな意見としては、給与の低さに関することが目立つ意見となっています。

正社員に比べ給与が低いというデメリットはありますが、自身のプライベートに合わせた働き方ができるという点はSNSの意見からもわかります。

契約社員から正社員を目指す方法

「一度契約社員になったら正社員に戻れないかも」と不安に思っている人も多いはず。


でも勤める会社の条件によっては、契約社員から正社員を目指すことも可能です。

ここでは、契約社員から正社員になるための方法について解説します。

正社員登用制度とは

契約社員から正社員になるためには、正社員登用制度を利用するのがメジャーな方法。

正社員登用制度とは、非正規雇用である契約社員・パート・アルバイトなどの形態で働く労働者が正社員へ転換する制度になります。

厚生労働省が出している正社員登用制度の導入状況の文書によると、制度がある事業所における転換実績は全体の52.2%。制度のある事業所において、半数の人が正社員になっていることになります。

しかし、正社員登用制度そのものを導入していない事業所が50.2%と半数以上を占めているため、正社員を視野に入れた就職・転職活動をする際には企業が正社員登用制度を取り入れているか調べることをおすすめします。

正社員登用制度以外に正社員になる方法

制度を利用する以外の方法で正社員になるためには転職があります。

転職により新しい職場で働くのは不安に感じるかもしれませんが、いつ正社員登用されるかわからない状態で契約社員として働き続けると、どんどん就職に不利になってしまうことも。

正社員登用の可能性がないと感じたら、自身の経験やスキルを活かせる企業を見つけて転職するようにしましょう。

また、転職のやり方として直接雇用を前提とした紹介予定派遣を利用する方法もあります。紹介予定派遣は通常の派遣と違い、派遣期間後に直接雇用されることが前提となっているのが大きなポイント。

紹介予定派遣は、大手企業や優良企業の求人もあるので一度試してみることをおすすめします。

紹介予定派遣で働く際には、一度派遣会社への登録が必要なので注意が必要。派遣先企業が自分に合わなければ、期間終了後に直接雇用を断ることも可能です。

働く側と企業側の双方の合意により、直接雇用に切り替わることを覚えておきましょう。

中小でもホワイト企業は存在する!優良企業に転職する方法を解説
ホワイト企業に就職したいけど、調べても大企業ばかり…。中小企業にはホワイトな企業はないの?と疑問に感じている方もいるでしょう。そこで、この記事ではホワイトな働き方ができる中小企業を見つけるコツを紹介します。ぜひ転職時の参考にしてみてください。

さいごに

ライフスタイルの変化や働き方の多様化により、正社員としてではなく、契約社員として働くのも選択肢の一つとして考える人も増えてきています。


また、最初は契約社員として働いていても、正社員登用制度がある企業を選ぶことで将来的には正社員も目指せるようになります。

自身がどういったワークライフバランスを実現したいかを考えて「どんな雇用形態を選ぶのがよいか」「どんな働き方があるか」など必要な知識を得ることが、今後はますます重要になってくるでしょう。

以下の記事では様々なワークスタイルを紹介します。ぜひ参考にしてください。

多様なワークスタイルが選べる時代到来!企業の事例も紹介
これまでは仕事は長時間労働、残業、社命による転勤などが当たり前でした。ITの発達により、個人は働く場所や時間を選べるようになりました。一方、企業は、少子高齢化などによる労働人口の減少に伴い生産性向上のための労働環境の改善に取り組み始めています。この記事では、あなたに合うであろう様々なワークスタイルを解説します。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました