連休・休み明けに仕事行きたくないと思う理由は?憂鬱がなくなる過ごし方も

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

仕事をしていると連休が楽しみに感じる人も多いのではないでしょうか。

しかし、連休・休み明けに仕事に行きたくないと感じる人も同じように多い傾向も。

仕事に行きたくないと感じたまま仕事をするのは、ワークライフバランスの実現を阻害する要素にもなってしまいます。

この記事では、連休・休み明けに仕事に行きたくないと思う理由と対策法を紹介します。

連休明けに仕事行きたくないと感じる人は83.6%

連休明けに仕事に行きたくないと感じるのは珍しいことではありません。


2019年に株式会社スタッフサービス・ホールディングスが行った調査によると「連休明けに仕事が辛いと思う」と答えた人は全体の83.6%。

大多数の人が連休明けには、仕事に行きたくないと感じていることになります。

また、仕事に行きたくないと感じるタイミングとして「朝起きた瞬間」というのが66.0%の回答となっているのも大きな特徴。

連休という楽しいイベントの後には、仕事に行きたくないと感じてしまうことが多いようです。

仕事を辞めたいと思う人も

仕事に行きたくないと感じるだけでなく、なかには仕事を辞めたいと思う人も。

同じ調査における質問の中には「連休明けに退職、転職したいと思ったことがあるか」というものもあり、全体の42.8%の人が「ある」と回答しています。

連休中は自分の楽しいことに集中できる反面、仕事・職場環境含め、自分にとっていやなことについて冷静に考えてしまうこともあります。

今やっている仕事が大変であったり、向いていないと感じている場合は、連休明けの仕事へのモチベーションが上がらず、仕事と辞めたいという思考につながってしまう可能性もあるでしょう。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

ITスキルでパラレルワークを実現する方々のリアルな声を、ぜひこちらからご覧ください。

連休明け・休み明けにやる気が出ない理由

連休明け・休み明けにやる気が出ない原因は、精神的なものから生活の乱れまで様々。


ここでは、連休明け・休み明けにやる気が出ない理由について解説します。

自律神経の乱れ

休み中に「夜更かしをする」「昼過ぎまで寝る」など不規則な生活を送ると、自律神経が乱れ、休み明けにやる気が出ない、体がだるいといった不調が起きる原因に。

自律神経は、人間が生命を維持するためのあらゆる活動を司っており、私たちが特に意識せずに呼吸したり消化したりできるのも、自律神経の働きになります。

自律神経は強いストレスを受けたり、不規則な生活を送ったりすることでバランスが崩れてしまうので注意が必要。

参考:自律神経失調症とは(症状・原因・治療など)

リラックスのしすぎ

連休中しっかり休息がとれたのに、休み明けにやる気が出ない場合は「リラックスのしすぎ」の可能性も。

人間は眠っているときやリラックスしているときは副交感神経が、活動しているときやストレスを感じているときは交感神経が働きます。

連休中にリラックスしすぎると、この副交感神経と交感神経の切り替えがうまくいかなくなり、やる気が出ない状態に。

連休中はずっとだらっとするのではなく、適度に活動したり、リラックスをすることが必要になります。

体内時計の乱れ

連休中に夜更かしをして夜型の生活になっていると、連休明けには時差ぼけのような状態になり、体内時計が乱れることも。

一度体内時計が乱れると、直すために規則正しい生活を3~4週間続ける必要があります。

体内時計が乱れた状態ではいつもどおりの生活をしようとしても、日中は頭と体がうまく動かなかったり、夜は眠れずに寝不足になったりして、結果としてやる気が起きない状態になってしまいます。

疲労がとれていない

連休ということで旅行に行ったり、スポーツで身体をたくさん動かすなどアクティブに過ごす人もいるでしょう。

アクティブに過ごすのはストレス解消などにも効果がありますが、休息がないまま過ごすと休み明けには疲労がとれていないという状態に。

連休中はしっかりと休息をとる日を設定するようにしましょう。

また、連休中にたくさん寝たのに疲れが取れないという場合も。

休日の寝溜めで平日の睡眠不足を解消しようすることもありますが、普段より長く寝たくらいでは睡眠不足は解消されません。

寝だめをすることで生活のリズムが崩れ、睡眠の質が下がってしまい疲れが取れない状態で平日を迎えてしまう可能性もあります。

仕事に疲れたと感じる人の特徴と原因、ストレスをためない方法を解説
「最近仕事で疲れを感じる…」「疲れを感じる原因は何だろう」このように仕事で疲れを感じることに悩んでいませんか?疲れがたまっている状態ではプライベートの時間も思い切り楽しめず、ワークライフバランスが実現できません。この記事では仕事に疲れたと感じる人の特徴、疲れを感じる原因、ストレスをためない方法を紹介します。

仕事のストレスがある

連休前に「やり残した仕事がある」「仕事上のミスをした」など仕事におけるストレスがある場合も連休明けにやる気が出ない状態につながります。

「やり残した仕事のこと」「ミスしたこと」を考えていると、連休中も気が休まらないことも。

そんなときは仕事は仕事と割り切り、思考を切り替えて休日を楽しむことをおすすめします。

また、現在働いている仕事環境そのものが嫌という場合もあります。

人間関係が上手くいってなかったり、業務そのものが合わない場合も、連休明けにやる気になれない要因に。

職場環境が悪くストレスを抱えていませんか? 原因別に改善策を紹介します
職場環境が悪くストレスを抱えていませんか? 職場のストレスがかさむとワークライフバランスも調整が難しくなります。そこで本記事では、職場で抱える悩みごとに対処法を解説。ぜひ本記事を参考にして、職場環境を改善してみてください。

連休明け・休み明けにやる気が出ない場合の対策は?

連休明け・休み明けにやる気が出ない原因はわかりましたが、実際にやる気が出なくなったときの対策にはどんなものがあるのでしょうか。


連休明け・休み明けにやる気が出ない場合の対策の例は下記の通り。

  • 朝日を浴びる
  • To Doリストを作る
  • カフェインをとる

朝日を浴びたり、カフェインをとることは、朝の目覚めを促し規則正しい生活を送るための第一歩となります。

また、To Doリストを作ると、連休明けの仕事をスムーズに進める計画を立てることができ、仕事へのモチベーションを上げることにつながります。

このように、連休明け・休み明けにやる気が出ないときの対策としては、規則正しい生活を送ることを心がけたり、仕事へのモチベーションアップにつながるようにすることがなによりも重要。

その他の対策についても、下記の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

連休・休み明けにやる気が出ない時の対策は?乗り切る方法を紹介
連休・休み明けのやる気が出ない場合も、対策や乗り切る方法を知っているだけで、仕事の効率は上がり、ワークライフバランスの実現に近づけることができます。この記事では、連休・休み明けにやる気が出ないときの対策と乗り切る方法を紹介します。

連休明け・休み明けの憂鬱がなくなる休日の過ごし方

さきほどは、実際にやる気がなくなったときの対策を紹介しましたが、連休前・連休中の過ごし方を工夫することで、憂鬱になることを防ぐことも可能。


ここでは、連休明け・休み明けの憂鬱がなくなる休日の過ごし方について解説します。

連休明けに仕事が多くならないように調整する

連休明け・休み明けの憂鬱になるのは、連休前に残っている仕事の量も影響します。

残っている仕事の量が多いと、連休明けにその仕事を必死に対応する自分をイメージしてしまい憂鬱になってしまうもの。

連休前には、できるだけ仕事を終わらせて連休を楽しむとともに、連休明けにスムーズに仕事に向かえるようにしましょう。

誰かと過ごすようにする

1人が苦手な人は、連休中に1人で過ごせば過ごすほど、寂しさが募って憂鬱な気分になることもあります。

1人が苦手な場合は、連休前に友達や恋人などを事前に誘っておいて一緒に過ごすのもおすすめ。

誰かを一緒に連休中を迎えることで、楽しく過ごすことができ、連休明けのモチベーションにもつながるでしょう。

次の連休に楽しい予定を入れる

連休の終わりに憂鬱になりやすいのは、楽しい連休後に仕事という楽しくない予定が入ってくるためです。

そこで、次の休みや連休に楽しい予定を入れておくことで、その予定に向かって頑張ることが可能に。

楽しく、前向きになるような予定を入れるようにしてみましょう。

ポジティブ思考で生きるコツ!今日から送ろうハッピーライフ
「ポジティブな考え方で生きたいけど、なかなかうまくいかない…」失敗したり落ち込んだりしたとき、こんなことを考えてしまいがちな人もいるでしょう。特に仕事に関してはポジティブに捉えないと精神的にもやられてしまいます。ワークライフバランス...

さいごに

連休・休み明けに仕事に行きたくなくなるのにはいろいろな原因がありますが、特に連休中の過ごし方で生活リズムが崩れることが、仕事に行きたくなくなる原因になります。

連休・休み明けに仕事に行きたくなくなるようにするためにも、連休前・連休中の過ごし方に気をつけてみましょう。

生活のリズムを崩さず、充実した連休の過ごし方することが、仕事とプライベートを両立させることになり、ワークライフバランスを実現に近づけさせることにもつながるでしょう。

休日朝活とは?ダラダラしがちな休みを充実させる方法と朝活の始め方
「平日の仕事の疲れで休日は昼頃まで寝ていることが多い」「せっかくの休日なのにダラダラ過ごしてしまってもったいない気分になる」このような悩みを抱えていませんか。休日こそ、朝活で充実した1日をスタートさせましょう。この記事では休日朝活のメリットと、おすすめの朝活方法を紹介します。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました