「仕事がつらい・きついから転職」が甘えにならないケースとは

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

仕事がつらい・きつい…もう辞めたい、転職したい…毎日頑張って働く社会人であれば、このような気持ちになったことは誰もが一度はあるのではないでしょうか。

ストレスを抱えたまま仕事を続けることは、ワークライフバランスを維持する上でもよくありません。

しかし、仕事がつらいからと言って退職・転職するのは甘えではないか、と一歩を踏み出せずにいる人も多いはず。

そこで本記事では「仕事がつらいから転職」が甘えになるケースとならないケースについて紹介します

仕事がつらい・きつい原因は主に3種類

多くの社会人が一度は感じたことがあるであろう「仕事がきつい・つらい」という感情。


そこには、主に3つの原因
があります。具体的に解説していきましょう。

自分自身の問題

まずは、自分自身のプライドや能力が原因となっているケース。「これくらいできるだろう」という自分自身で描いていた理想と現実とのギャップに失望し、自信をなくしてしまうのです。

これは仕事を始めたばかりの新入社員や若手社員、転職や異動したばかりの社員に多いです。

「大学時代ではサークルのリーダーをやっていた」「前職では◯人の部下を持っていた」といった経験から、きっと自分はスマートに仕事をこなせるだろうと自分に期待してしまうことが背景にあります。

職場環境の問題

職場環境の問題で大きなストレスを抱えることも。例えば、以下のような問題がある場合は、勤続年数に関わらず仕事がつらいと感じてしまう人は多くいます。

・人間関係が悪くてチームの一体感がない
・ガツガツした社風が合わない
・労働時間が長くて毎日睡眠不足
・仕事がハードなわりに給料が低い
・休日出勤が多い
・シフト制や夜勤で生活リズムが乱れやすい

業務内容の問題

仕事の内容もストレスの一因です。具体的には次のような問題が原因になっています。

・本当にやりたいことではないことをしている
・仕事量が多すぎて、1人でこなしきれない
・ノルマがきつい
・全て自分の責任で判断をしないといけない
・クレーム対応など業務のストレスが多い
・差し込みや緊急の要件を多くて自分のペースで仕事が進められない

つらさから逃げるのが「甘え」ではないケース

この記事を読んでいる方の中には、仕事が続けるのがつらいからと言って退職・転職するのは逃げになるのではないか…と迷っている人もいるでしょう。


しかし、状況によっては逃げることも大切。逃げることは決して甘えではありません。ここからは「つらいから転職」が甘えではないケースについて解説します。

「つらい」以外に転職する理由がある

つらいから、という理由以外に、明確な転職理由がある場合は甘えにはなりません。具体的には、次のようなケースです。

・他にやりたい仕事がある
・今の会社では昇格が難しそうなので、転職してキャリアアップしたい
・他の会社の業務を経験してスキルアップしたい
・これまで培った経験を武器に、年収を上げたい

精神的・体力的に限界を感じている

精神的・体力的に限界を感じている場合は、転職や異動で強制的に環境を変える必要があるでしょう。

ここで意識すべきなのは、限界を感じる度合いは人によって異なるということ。

「自分以外の人は同じ状況でも仕事を続けている」と人と比べるのではなく、自分自身がどう感じているかを優先して考えましょう。

こんな人は要注意

精神的・体力的な限界は一度経験してみないとなかなかわからないものですが、例として次のような人は要注意です。

・何をするにも無気力
・朝起きて憂鬱な気分になる
・夜眠れない、朝起きられない
・出勤時、会社に近づいてくると吐き気がする
・友人に誘われても行きたくないと思ってしまう
・ふいに泣きたくなる時がある

状況改善の余地がない

職場環境や業務が原因でストレスを抱えている場合は、あなた個人が頑張っても状況が改善しないこともあります。

例えば、次のようなケースにあてはまる場合にはあなた自身で環境を変える必要があるでしょう。

・人間関係が悪いが、異動ができない
・会社の業績の問題で将来的に給料アップが期待できない
・そもそも社風が合わない
・ハラスメントを受けているが、上司や会社に相談しても改善しない

ブラック企業に勤めている

ブラック企業に勤めている人は、手遅れにならないうちに転職することをおすすめします。

しかし、企業によっては社員を巧みにモチベート(やる気づけ)して、ブラック企業であることを意識させずに働かせているケースもあります。

「やりがい搾取」とも言われるこの手法が取られている場合、働いている本人が自分の限界に気づけない可能性も。

「ちょっとおかしい」と感じたら他の会社に勤める友人や家族に相談してみましょう。

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

「辞めたい」と思っても一旦は踏みとどまるべきケース

転職はよりよい条件・環境下で働くチャンスである一方、給料ダウンや無職期間の発生などのリスクでもあります。
勢いや一時的な感情で転職を決断するのは賢明とは言えません。次のようなケースに当てはまる場合は、一旦踏みとどまり慎重に判断することをおすすめします。

働きすぎて疲れている

「つらい」「きつい」よりも「疲れた」という感情が強い場合は、一度休暇を取って休んでみましょう。

繁忙期で一時的に忙しくなっていたことで、つい退職が頭に浮かんでしまったという可能性もあります。

2,3日休んだり、旅行に出かけて心と体をリフレッシュさせたりしてから、ゆっくりと考えてみてはどうでしょうか。

なんとなく辞めたい

あてもなく仕事をやめることはリスクでしかありません。また、目的なく転職をしても、再就職先で同じような状況になる可能性が高いです。

「仕事が面白くない」「毎日同じことの繰り返し」といった理由でつらさを感じている場合には、どうすれば自分をモチベートできるかを考えてみると良いでしょう。

目の前の仕事から逃げたい

「明日のプレゼンがストレス」「このプロジェクトがきつい」など、目の前の仕事が原因で転職を決断することもおすすめできません。

転職するにしても、あと1ヶ月程度はその会社で働くことになるため、どちらにせよ目の前の仕事から逃げることはできないのです。

責任感を持ってやり遂げた後に、本当に転職すべきかどうかを検討すべきでしょう。

勤務期間が3年未満

勤務年数が3年に満たない場合、転職活動で不利になる可能性があります。

企業にとって社員を1人雇用することは、入社手続きや教育、備品の手配などコストのかかること。

短期間での転職は「どうせまたすぐに辞めてしまうのでは」というイメージから、採用されづらいケースがあります。

まとめ

つらいこと・きついことから逃げたくなるのは、人として当たり前の感情。しかし、つらいからといってすぐに転職や退職を決断することは、後悔の元になります。

自分のつらさの原因は何か、改善の余地はないか、転職した後に同じ状況になる可能性はないかなど、自身の状況をしっかりと見極めていきましょう

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

限定資料を無料で見る
タイトルとURLをコピーしました