仕事がきつい・つらい時の理由と対処法を解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

長時間労働で体力的にきつい、ストレスの多い業務で精神的につらい…など、つい「仕事を辞めたい」と思ってしまうことはありませんか。

実は、働く人の多くが仕事でストレスを抱えています。仕事のストレスで休日も楽しめないなど、ワークライフバランスが崩れてしまう人も。

仕事を続ける自信をなくしてしまいそうな時はどうすればいいのでしょうか。

この記事では、仕事がきつい・つらいと感じてしまう理由から、その対処法を解説します

仕事がつらいのはあなただけではない

毎日の仕事がつらい・きついと感じてしまうのは、自分の心が弱いからではありません。


お金をもらって働いている以上、全くストレスを感じることなく仕事をすることは非常に難しいことでしょう。

事実、働く多くの人が仕事でストレスを抱えています。厚生労働省による調査を詳しく見ていきましょう。

約6割が仕事でストレスを抱えている

厚生労働省による平成30年度労働安全衛生調査(実態調査)によると、現在の仕事や職業生活に関して強いストレスを感じることがある人の割合は、58.0%となっています。(平成29年度調査では58.3%)

強いストレスとなっていると感じる事柄の具体的な内容は以下の通りです。

1.仕事の質・量:59.4%
2.仕事の失敗、責任の発生等:34.0%
3.対人関係(セクハラ・パワハラを含む。):31.3%

この調査が示す通り、多くの人が日常的あるいは定期的にストレスを感じながら仕事をしています。「つらい」「きつい」と感じてしまうのは、あなただけではないのです。

【ケース別】仕事がつらい・きつい理由

厚労省の調査で見たとおり、業務の内容や仕事での失敗が原因となってストレスを感じている人が多くいることがわかりました。


しかし、具体的な悩みの内容は社会人歴や立場によって異なっています。ここからはケース別に仕事がつらい・きついと感じてしまう原因を解説します。

自分はどのケースにあてはまるか考えてみましょう。

入社1〜3年目の社会人の場合

入社1〜3年目の社会人の場合、理想と現実のギャップによってストレスや悩みを抱えることが多いです。

「自分はこんな仕事をしているだろう」「自分はこんな風に仕事をしているだろう」など、思い描いていた働く自分の姿。

それに対して、先輩や上司などの助けがないと仕事ができない姿や、失敗をして怒られている現実に直面して、自信をなくしてしまうのです。

入社4〜7年目の社会人の場合

社会人としてある程度の年数が経った人は、新入・若手社員とはまた違った悩みを持つようになります。

この頃になると、後輩を指導する立場になったり、新しい仕事や人を束ねるポジションに抜擢されたりするようになるでしょう。

これまで上司や先輩の指示に従って仕事をしていた人が、1人で判断したり、人に指示をしたりする立場になったことで、上手く立ち回れないことも。

人の上に立つ人間としての孤独や責任につらさを感じてしまうのです。

異動・転職をした人の場合

異動や転職によって環境が変化した人も、ストレスを感じやすいです。異動・転職をする人の場合、社会人としてある程度の経験や知識を身に着けていることがほとんど。

「自分はこれくらいできる」という自信がある反面、新しい環境に上手く対応できずにストレスを抱えてしまう人も多くいます。

新入社員と違い、即戦力として周囲から期待されているケースもあり、理想と現実のギャップにより苦しんでしまうのです。

労働環境が原因になっている場合も

ここまで解説した理由は、自分自身の理想と現実のギャップによるつらさです。しかし、働いている人の中には労働環境が原因でつらい思いをしている人も

原因となっている労働環境には例えば以下のようなものがあります。

・職場の人間関係(例:上司が高圧的である、競争意識が高すぎて居心地が悪い)
・休めない(例:有給休暇を取得させてもらえない、休日出勤させられる)
・長時間労働(例:仕事が終わるまで帰れない、サービス残業を強いられる)
・給与や待遇に不満がある(例:給与が低い、成果を上げても評価されない)

あなただけのキャリアプランを作りませんか?

テックキャンプでは、プロのカウンセラーの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を行っています。累計利用者数24,000人以上!※1 99%の方が悩み解決を実感されました。※2

今の仕事を続けるか迷っている」「時間や場所に縛られずに働きたい」と思っている方は、カウンセラーと自分だけのキャリアプランを作ってみませんか。

無理な勧誘は一切行いません。ワークライフバランスを実現できないと悩んでいるなら、ぜひ一度ご参加ください。
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) ※2.2020年2月末次点

自己嫌悪や自信喪失で仕事がつらい時の対処法

これまでの解説の通り、多くの人のつらさ・きつさの原因は自分自身の能力の低さや無力感からきています。


その場合、考え方や仕事のやり方を変えることがストレスが軽減されるかもしれません。ここからは、仕事がつらいと感じた時の具体的な対処法を解説しましょう。

「できない自分」を受け入れる

まず大切なのが「できない自分」を認め、受け入れること

「自分はこうあるべき」「これくらいできないといけない」と自分自身のプレッシャーをかけすぎていませんか?

誰であっても最初はできなくて当然。どれだけ経験や知識があっても、初めてのことに戸惑ってしまうのは仕方のないことです。

つらい・きつい原因を書き出してみる

なぜつらいと感じるのか、何がきついのかを書き出してみましょう。

・同じようなミスを繰り返してしまい、悔しい
・先輩に迷惑ばかりかけているのが申し訳ない
・上司の高圧的な態度が苦手

このように、つらい・きついという感情には原因があるはずです。原因がわかったら、そこからどのような対策が取れるかを考えてみましょう。

周囲に協力を依頼する

仕事の量が多くて抱えきれない、こなしてもこなしてもどんどん仕事を振られる、といったことが原因の場合は、周囲に協力を依頼しましょう。

同僚や上司は、あなたが苦しんでいることの気づかず「◯◯さんならやってくれるだろう」という期待をこめて仕事を依頼しているかもしれません。

1人で捌けない場合は、抱え込まずに誰かに手伝ってもらえないか相談するのも大切です。

悩みを打ち明ける・相談する

つらい気持ちや悩みを同僚や家族、友人などに打ち明けることで、気持ちが和らぐこともあります。

先輩や上司などに相談すれば、どうすれば状況が改善するか具体的なアドバイスがもらえたり、仕事の量を調整してくれたりする可能性もあります。

職場の人には話しづらい場合には外部の相談機関を利用するのも方法の1つです。例えば「こころの耳」では仕事に関するストレス・悩みをメールや電話で相談することができます。

自分にご褒美をあげる

いつも頑張っている自分にご褒美を上げて、心や体を労ってあげましょう。

毎週金曜日はスイーツを買う、月末にはマッサージに行くなど、定期的なご褒美を設定するとモチベーションもアップするはず

有給休暇がある人は、何でもない日に休んでみるのもおすすめです。

まとめ

仕事やつらい・きついと感じるのは、日々頑張って働いている証拠

「つらいと感じるのは自分が弱いからだ」と自己嫌悪するのではなく、つらい気持ちを認めた上で自分を労り、どうすれば状況が改善するかを考えてみましょう。

状況を改善する方法が全くない場合は、転職などで環境を変えてみるのも選択肢の1つ。

「つらいという理由で転職してもいい?」というテーマについては、この次の記事で詳しく解説します。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた資料を限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけどプライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひご覧ください。無料資料はこちらから。

限定資料を無料で見る
タイトルとURLをコピーしました