仕事に疲れたと感じる人の特徴と原因、ストレスをためない方法を解説

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

「最近仕事で疲れを感じる…」「疲れを感じる原因は何だろう」

このように仕事で疲れを感じることに悩んでいませんか?疲れがたまっている状態ではプライベートの時間も思い切り楽しめず、ワークライフバランスが実現できません。

この記事では仕事に疲れたと感じる人の特徴、疲れを感じる原因、ストレスをためない方法を紹介します。

仕事に疲れたと感じる人の特徴

まず初めに、仕事に疲れたと感じる人の特徴を5つ紹介します。


現在の自分に当てはまる部分がないか、確認しつつ読み進めてみてください。

口数が少なく表情も暗い

仕事に疲れを感じている人は、口数が減り表情も暗くなりがちです。これは、疲れを感じていると心理的に明るい気持ちになれず、他人とコミュニケーションを楽しむ余裕がなくなるからです。

憂鬱な気持ちのときには、他人との会話を億劫に感じてしまうものでしょう。無理をしないと笑顔になれない人は、仕事の疲れが蓄積しているかもしれません。

あらゆることが面倒に感じる

仕事に疲れを感じていると、余裕がなくなりあらゆることが面倒に感じます。たとえば、以下のような日常的なことでも面倒に感じてしまうでしょう。

  • 掃除
  • 洗濯
  • 食事
  • お風呂
忙しいときに部屋が散らかったり、食事がおろそかになったりした経験は誰しもあるでしょう。このように日常的なことが面倒に感じる方は、疲れがたまっているといえます。

食生活がみだれている

普段は健康的な食事をしている人も、疲れを感じていると食生活がみだれがちです。仕事のストレスを食事やお酒で発散する人も多いでしょう。

仕事が忙しいときには、食事をとる時間も不規則になることが多いです。食生活がみだれていることも、仕事に疲れを感じている人の特徴といえます。

眠りが浅くたくさん寝ても疲れが取れない

仕事に疲れを感じている人は、寝るときも仕事のことが頭から離れず睡眠が浅くなりがちです。たくさん寝ているのに疲れが取れないと感じている方も多いでしょう。

「寝る前に仕事のことを考えてしまい上手く寝付けない」という人もいます。このような症状がある方は、仕事で疲れを感じているといえるでしょう。

常にストレスを感じていらいらしている

仕事に疲れを感じていると、余裕がなくなり感情的になりがちです。冷静な判断ができないときには、たとえ些細な仕事の依頼であってもいらいらしてしまうものでしょう。

いつもより余裕がないと感じる人は、仕事での疲れが蓄積しているかもしれません。

無料キャリア相談!本日も予約受付中

テックキャンプは、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクール。(条件を満たせば給付金の支給があります)

徹底したサポート体制があるので、転職成功率は99% 実際に受講した人の体験談はこちらから

今の仕事を続けて大丈夫だろうか」と不安なら、何でも相談できる無料カウンセリングに参加してみませんか?IT転職に特化したプロのカウンセラーが、中立な立場であなたの悩みを解決します。

無理な勧誘は一切行いませんので、お気軽にどうぞ。※2016年9月1日〜2020年12月31日の累計実績。所定の学習および転職活動を履行された方に対する割合

仕事に疲れたと感じる原因

続いて、仕事に疲れたと感じる原因を7つ紹介します。


業務が多忙で睡眠時間が不足している

仕事の疲れを感じる原因として、睡眠時間が不足していることが考えられます。長時間残業する生活が続くと、家での自由な時間が少なく睡眠時間も短くなりがちです。

睡眠が不足すると、会社でも集中できずやる気も起きにくくなります。その結果として、残業が増え、睡眠不足の生活が続くという悪循環にもつながってしまいます。

職場の人間関係に悩みがある

人間関係の悩みも、仕事で疲れを感じる原因になりやすいです。気を遣いながら仕事をしていると、精神的ストレスを感じてしまうものです。

たとえば、以下などの状況では、誰しもストレスを感じるでしょう。

  • 職場でハラスメントが横行している
  • 上司がいつもいらいらしている
  • 職場内のコミュニティに上手く馴染めない
  • 職場に苦手な人がいる
職場の人間関係も、仕事で疲れを感じる原因となります。

現在の仕事にやりがいを見出せない

仕事にやりがいを見出せないと熱心に働けません。低いモチベーションで働いていても、なかなか成果を出せないため充実感も得られにくいでしょう。

義務感で仕事をしていても、楽しさではなく疲れを感じるだけです。仕事にやりがいを見出せないことも、仕事で疲れを感じる原因になります。

仕事が自分に合っていないと感じる

仕事が自分に合っていないと感じると、モチベーション高く働けません。ネガティブな気持ちで働いていると、精神的ストレスを感じるため疲れも蓄積しやすくなります。

以下のように、現在の仕事が自分に合っていないと感じている人も多いでしょう。
  • 入社前にイメージしてた仕事内容と違った
  • 働いてみたら自分には向いていないことが分かった
  • 今の仕事より適性のある仕事が見つかった
このような状態で働いていると、疲れを感じやすくなります。

熱中できる趣味がなくプライベートが充実していない

プライベートでしっかりリフレッシュできない人は、仕事の疲れをためやすいです。休日の楽しみや自分なりのリフレッシュ方法がないと、仕事の疲れだけを感じてつらくなってしまいます

熱中できる趣味がない人は、思い切りストレス発散できる何かを見つけるとよいでしょう。

正当な評価を受けられず給料に不満がある

正当な評価を受けられず給料に不満を抱いていると、精神的ストレスを感じてしまいます。ストレスを感じながら働いていると、仕事の疲れを感じやすくなるでしょう。

また、適切な評価を受けられないと、モチベーションも低下してしまいます。やる気が出ない状態で働いていると、仕事の効率が落ち残業も増えてしまうでしょう。

その結果として、さらに疲れがたまりやすくなってしまいます。

ストレスフルの状態が続いている

仕事の疲れを感じる原因として、ストレスフルの状態が続いていることも考えられます。日常生活の中で、ストレスを感じる原因は仕事だけではありません

たとえば、以下などもストレスを感じる原因になるでしょう。

  • 将来への漠然とした不安
  • 健康面での悩み
  • プライベートの悩み
  • 環境の変化によるストレス
自分では意識していなくても、日常生活の中ではさまざまなストレスを感じているものです。ストレスがたまった状態で働いていると、仕事に疲れを感じやすくなります。

ストレスフルにならないために意識すべきこと

最後に、ストレスをためないために意識すべきことを3つ紹介します。


仕事とプライベートをしっかり切り替える

ストレスをためないためには、プライベートの時間にしっかりリフレッシュすることが大切です。ストレス発散につながるような、熱中できる趣味を持っておくとよいでしょう。

仕事の日でも、帰宅してからON・OFFをしっかり切り替えることが大切です。家でも仕事のことを考えてしまい、上手く休息できていない方も多いでしょう。

プライベートの時間は心身をいたわり、ストレスをためないようにしてください。

何事も1人で抱え込まず周りの人を頼る

ストレスの原因となる悩みがあれば、周囲の人に相談しましょう。話を聞いてもらうだけで心は軽くなるものです。また、自分では思いつかなかった的確な意見をもらえることもあります。

これは公私ともにいえることです。職場では上司や同僚に、プライベートでは家族や友人に相談して、悩みを1人で抱えないようにしましょう。

細かいことを気にしすぎない

神経質になって細かいことを気にしてしまうとストレスを感じやすいです。あらゆることを心配して生活していると、気持ちが落ち着きません。

「心配性で些細なことを気にしすぎてしまう…」という人は、楽観的に過ごすことを意識してみてください。

まとめ

今回は仕事に疲れたと感じる人の特徴、疲れを感じる原因を解説しました。現在疲れを感じている方は、自身に当てはまる内容がないか改めて考えてみるとよいでしょう。

疲れを感じないためにも、ストレスをためない方法を意識して生活を送ってみてください。

仕事に疲れたときの対処法9選!元気が出る名言や本も紹介
「仕事の疲れが取れない…」「疲れを取るにはどうしたらいいのだろう」このように仕事の疲れについて悩んでいませんか?疲れの取り方が分かれば公私ともに充実し、ワークライフバランスも実現しやすくなるでしょう。この記事では「仕事に疲れた」と感じやすいタイミング、疲れたときの対処法、元気がでる名言と本を紹介します。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?