主婦必見!おすすめの在宅ワークや探し方、税金の知識を解説

>>在宅ワークやフレックス勤務をするには?
「柔軟な働き方を叶える方法」無料ebookで解説

在宅ワークはスキマ時間を有効活用できるため、主婦に人気の仕事です。この記事を読むあなたも、在宅ワークを始めようと考えているのではないでしょうか。

しかし今まで在宅ワークをした経験がないと、

「在宅ワークってどう探したらいいの?」
「そもそも在宅ワークは私にもできる内容なの?」

このような疑問を抱く人も多いでしょう。

そこでこの記事では、これから在宅ワークを始めるあなたに向けて、在宅ワークで受注できる案件の内容や、報酬を受けた場合に収める税金の知識についても解説します。

この記事を読めば、在宅ワークを始める上で必要な基本的な知識が身につくでしょう。

後半には初めての在宅ワークにおすすめの「クラウドソーシングサービス」も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

在宅ワークはこんな主婦の人におすすめ

在宅ワークは以下の3つのタイプに当てはまる人におすすめです。

普段パソコンを使う人

在宅ワークはパソコンを使った業務が中心です。基本的なパソコン操作ができる人は、在宅ワークもすぐに取り組むことができるでしょう。

もともと事務職などでパソコン作業をしていた人にとっては、webライティングやデータ入力などすぐに始められる案件が多数あります。

スキマ時間を有効に使いたい人

家事や育児に忙しい主婦の人は、仕事のためのまとまった時間がとれないかもしれません。その点、在宅ワークは基本的に時間に拘束されないため、スキマ時間を作業に充てられます。

例えば朝の家事が済んだあとや、お子さんが幼稚園や小学校に通っている間など、空いた時間を有効活用できます。短時間で終わる案件も多数あります。

体力的にハードな仕事はできない人

女性で体力的にハードな仕事をするのは大変でしょう。特に長い間専業主婦をしていた人にとって、再び力仕事をするための体力をつけるのは難しいです。

しかし在宅ワークなら、ハードな力仕事はほぼありません。基本的にパソコンを使った仕事のため体力的な負担は少ないでしょう。

自由な働き方を叶えるパラレルワーカーの声

自分らしいキャリアを描きたくても、やり方がわからず、ワークライフバランスに悩んでいませんか。

テックキャンプは、未経験からフリーランス・副業で生計を立てているパラレルワーカー5名にインタビューを行い、自分らしいキャリアを歩むための方法を無料ebookにまとめました。

【こんな内容が含まれます】
・副業/フリーランスと会社員時代の年収の違いは?
・複数のスキルで自分らしく働くためにやるべきこととは?

クラウドソーシングサービスとは

主婦の人が初めて在宅ワークをする際におすすめしたいのが、クラウドソーシングサービスです。

クラウドソーシングサービスとは、仕事を探している人と、仕事を依頼したい人をマッチングさせるもの。仕事の依頼主と直接会う必要はなく、サービス上で全てのやりとりを完結できるようになっています。

納品やお金のやりとりもサイト上でできます。報酬も仮払いされてから作業を進められるので、納品後に報酬が支払われないことも避けられます。

現在このようなサービスはいくつも存在し、主婦の人でも気軽に在宅ワークを見つけやすい環境となっています。後ほどおすすめのクラウドソーシングサービスも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

またクラウドソーシング についての詳しい解説はこちらをご覧ください。

在宅ワークは豊富な仕事が用意されて居る

在宅ワークでは豊富なジャンルの仕事を受けられます。ここからは在宅ワークで受注できる仕事の特徴や種類について見ていきましょう。

資格不要の仕事が多い

クラウドソーシングサービスで見つけられる仕事は、特別な資格は不要なものが多いです。ですので仕事をすること自体にブランクがあったり、何か特筆できるスキルや資格がない人でも、チャレンジしやすい案件が見つかります。

以下の記事では、資格やスキルがなくても始められる在宅ワークについて解説しています。合わせて参考にしてください。

参照:在宅ワーク初心者が知っておきたい自宅でできる仕事の種類や働き方

ほとんど仕事が在宅作業で完結する

クラウドソーシングサービスで見つけられる仕事は、ほとんど全て在宅でできます。

中にはミステリーショッパーや取材など、外出が必要な案件もあります。しかし外出や出社の必要性は案件内容で確認できますし、事前にクライアントと連絡を取って詳細を把握できます。

クラウドソーシングサービスで見つけられる仕事の種類

クラウドソーシングサービスでは、以下のような仕事を受注できます。

  • システム開発・運用
  • web制作
  • デザイン
  • ライティング
  • 翻訳

これらはいずれもパソコンやインターネット環境があれば始められる業務で、在宅で完了できる案件が多いです。

主婦におすすめの在宅ワーク3選

在宅ワークの中でも主婦の人におすすめしたいのは、以下の3つのジャンルの案件です。

ライティング

この記事を読む人の中には、ネットで検索したWeb記事を読むのが習慣な人や、文章やブログを書くのが好きな人もいるのではないでしょうか。

そのような人におすすめしたいのがライティング案件です。在宅ワークのライティング案件は、ライターの経験がなくても受注できるものが多数あります。

例えば商品のレビュー執筆や自分の過去の経験をつづるコラム執筆など、気軽に受けられる内容のものがあるでしょう。中には未経験からライターのスキルを高められるものもあるので、ぜひ探してみてください。

フリーライターとはどんな仕事?年収や未経験でもなれるのか解説
会社に所属せず、自由な働き方ができるフリーライター。ワークライフバランスの実現をはかるため、フリーライターの働き方に興味を持つ方も多いでしょう。この記事ではフリーライターの仕事内容や、求められるスキルなどを解説していきます。

データ入力

この記事を読む人の中には、もともと事務などでデータ入力をしていた人も多いのではないでしょうか。

そのような人におすすめなのが、データ入力案件です。在宅ワークのデータ入力は、企業から送られてきたデータをエクセルに入力したり、ネットで調査したデータを入力したりするものがあります。

これまでに企業の事務員としてデータ入力をしていた人にとっては、稼ぎやすい案件が多数あります。一方パソコン操作に不慣れな人は、基本的な操作スキルを学ぶいい機会になるでしょう。

イラスト制作

お子さんがいる主婦の人なら、お子さんと一緒に絵を描くのが好きな人もいるのではないでしょうか。

そのような人におすすめなのが、イラスト制作案件です。ゲームや広告に使用するイラストを制作したり、デザインやキャラクターを制作したりするものがあります。

イラストをアナログで制作するのであれば、それに必要な材料(紙やペン、色鉛筆など)や、パソコンで描くのであればイラスト制作ソフトやペンタブなどが必要となります。

元々そのような仕事をしていたり、趣味でイラストを描いていた人にとっては受注しやすい案件です。また未経験でも、少しずつイラストレーターとしての実績を詰める案件もあります。

在宅ワークをする上で気になる「確定申告」について

在宅ワークをした場合、税金はどのような扱いになるのか疑問に思う人も多いでしょう。そこでここからは基本的な確定申告のしくみから解説していきます。

在宅ワークでも確定申告の必要がある

厚生労働省から出ている「在宅ワーカーのためのハンドブック」によると、在宅ワーカー=個人事業主であると記載されています。そして在宅ワークで得られた報酬が一定額を超えると、確定申告の必要性があるということが明記されていいます。

確定申告とは

確定申告とは、収入に見合う税金を支払うために、収入や支出などから所得を算出した申告書を税務署に提出するもの。1年間の収入は、1月1日~12月31日で計算します。この期間の収入の申告は、翌年の3月~4月の決められた期間に行う決まりになっています。

確定申告を行って支払う税金は所得税です。申告する金額によって、支払う税金の金額も変わります。

扶養控除について

扶養控除とは、一定の収入額以下であればご主人などの扶養に入ることができ、支払う税金が少なくなるというものです。所得(収入から必要経費を差し引いた金額)38万円未満が条件となっています。

配偶者控除について

在宅ワークで得られた所得が38万円未満で、かつ納税者本人(ご主人)の所得が1,000万円以下の場合、配偶者控除によって一定の基礎控除が受けられます。

また所得が38万円を越えた場合も123万円以下であれば、配偶者特別控除として一定額の控除が受けられるようになっています。

確定申告を行う必要がある条件

確定申告を行う必要があるのは、在宅ワークで以下の所得を得たときです。

  • 20万円超
  • 38万円超

この2つの違いについては次の項目から解説します。

副業として在宅ワークを行なっている場合

本職が別にあり、副業として在宅ワークを行って収入を得ている場合、その所得が20万円を超えたときから確定申告の義務があります。

本職として在宅ワークを行なっている場合

本職として在宅ワークをしている場合、その所得が38万円を超えたときから確定申告の義務が発生します。

この際に気を付けてほしいのが、収入と所得との違いです。収入金額が38万円を超えたとしても、仕事にかかった経費を差し引いた金額が38万円未満となった場合は申告する必要はありません。

在宅ワークにかかる経費とは、例えば以下のようなものがあります。

  • インターネット関連費
  • パソコン購入費
  • 家賃
  • 取材にかかった交通費や電話代
  • 記事執筆にかかった書籍代
  • 電気代

日頃から経費に入るものの領収書は保管し、しっかり管理をしておきましょう。

以下の記事では、スマホで収支や経費の管理ができるアプリを紹介しています。合わせて参考にしてください。

参照:仕事を効率化するスマホアプリ22選【ビジネスパーソン必見】

実際に支払う金額

所得税として実際に支払う金額は、所得に応じて以下のようになっています。

  • 195万円以下:5%
  • 195万円~330万円:10%
  • 330万円~695万円:20%
  • 695万円~900万円:23%
  • 900万円~1,800万円:33%
  • 1,800万円~4,000万円:40%
  • 4,000万円~:45%

おすすめのクラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスを利用すると、初めての在宅ワークでも簡単に仕事を受注できます。

ここからはおすすめのクラウドソーシングサービスを5つ紹介します。いずれも登録は無料ですので、ぜひチェックしてください。

BizSeek(ビズシーク)

株式会社アイランドが提供するクラウドソーシングサービスです。キャッチフレーズは「信頼できるクラウドソーシングサイト」。実名登録制(表示名は別で登録可)となっています。

ビズシークで受注できる案件のカテゴリーは大きく分けて6つ。システム・アプリ開発、webデザイン、グラフィックデザイン、ライティングなどです。受注方法はプロジェクト方式とコンペ方式の2種類があります。

ビズシークは手数料が安いのが魅力です。受注報酬金額が10万円を超える場合は5%、10万円以下の場合は10%の手数料となっています。

案件が完了するとクライアントから評価され、評価はサービス上に蓄積できるようになっています。

Crowdworks(クラウドワークス)

株式会社クラウドワークスが提供する、国内最大級のクラウドソーシングサービスです。

2012年3月にサービスを開始し、2018年8月には会員数が200万人を突破。仕事依頼数は200万件以上、仕事のカテゴリ数も200以上あります。

受注できる案件は、システム・アプリ開発、ウェブ制作、ロゴデザイン、ライティング、データ収集など、種類が豊富です。

受注方法はプロジェクト、コンペ、タスクの3種類あります。タスク案件は契約を結ばずに簡単に受注できるため、初めての案件としてもおすすめです。

手数料は報酬額によって異なります。金額が10万円以下の場合20%、10万円超〜20万円以下の場合は10%、20万円を超えた場合は5%の手数料を支払います。

受注件数や報酬が一定を超えると、「プロクラウドワーカー」に認定されます。称号が与えられると、発注件数や報酬額アップが見込めます。

Lancers(ランサーズ)

ランサーズ株式会社が提供する日本最大級のクラウドソーシングサービスです。2008年12月からサービスを開始し、2018年4月には依頼総額が2,000億円を突破しました。

270カテゴリ以上の案件があり、Web制作、システム開発、デザインをはじめ、ライティング、単純タスクなど。大企業や中堅ベンチャーも発注の場として利用しており、依頼件数は200件以上を誇ります。

ライターやエンジニアのプロも登録しています。受注方法はプロジェクト、コンペ、タスクの3つで、一定以上の受注件数や報酬金額が得られると「認定ランサー」になれます。

shufti(シュフティ)

出典:shufti

株式会社うるるが2007年2月に開始したクラウドソーシングサービスです。ワーカー数38万以上、クライアント数1万以上で、事務作業を多く取り扱うサービスです。

シュフティで受注できる事務作業では、ライティング・データ入力・あて名書き・梱包作業などがあります。

スキマ時間にできる軽作業から継続案件まで幅広く取り扱っており、約60種類の仕事を受注できます。受注方法はタスク形式とプロジェクト形式の2つです。

システム利用料は報酬額の10%となっています。

Sagoooワークス(サグーワークス)

株式会社ウィルゲートが提供する、ライティングに特化したクラウドソーシングサービスです。登録ライターは20万人以上、発注企業は累計2,500社です。業界最高水準の高単価案件も豊富にあります。

サグーワークスでは大きく分けて3つのカテゴリ(ライティング・リサーチ・チェック案件)の案件を受注できます。高単価ライティングや校閲の案件もありますよ。

報酬は現金・ポイントで受け取れ、ポイントなら即日交換できるようになっています。

独自のライティングレベルチェックテスト「プラチナライターテスト」が実施されています。合格すると「プラチナライター」となり、高単価の案件を受注できるようになります。

さいごに

在宅ワークはパソコンやインターネット環境があれば誰でも簡単に仕事を始められます。スキマ時間を有効活用できるため、まとまった時間を仕事に充てられない主婦の人におすすめです。

在宅ワークが初めての人も、今回紹介したクラウドソーシングサービスを使えば簡単に仕事を探せます。登録は無料なので、まずは気軽にアクセスしてみてください。

未経験ジャンルの案件は、初めは低単価での受注が多くなるでしょう。しかし一つ一つの案件に真摯に取り組みクライアントからいい評価が蓄積されれば、次第に高単価案件のスカウトが来るようになります。

自分の新たなスキルを見出すためにも、まずは在宅ワークにチャレンジしてみてください。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめた無料ebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方は、今すぐ詳細をチェックしてください。

無料ebookの詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました
なぜプログラミングスクールが、ワークライフバランスのメディアをやるのか? プログラミングスクールが、なぜ?