定時に退社するコツ15選!帰りやすくなる仕事の進め方や心構えを紹介

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

「本当は定時に帰りたいけれど、どうしても残業になってしまう…」「ワークライフバランスよく働きたいけれど、どうやったら仕事が早く終るの?」と悩む方も多いのではないでしょうか。

そんな方に向けて、この記事では「定時に退社するための仕事の進め方のコツ、会議のコツ、心構え」を紹介します。明日から実践してみてください。

定時に退社するためのコツ【仕事の進め方編】

ネガティブ定時退社するためには、業務を効率的に進めることが大事。

そのコツをお伝えします。

仕事に優先順位をつける

仕事を進める前に、今日やるべきものを洗い出しましょう。そして仕事に優先順位をつけて取り組みます。

そうすることで今やるべきことだけに集中できて仕事がはかどります。優先度の低い業務に気を取られることがなくなるのでおすすめです。

作業時間を決める

いつも作業時間を決めてから仕事に取り掛かるようにしましょう。終わりの時間を決めることで、ダラダラと仕事せずに済みます。

また作業時間を決めておくと、業務効率化するための工夫を生み出すきっかけにもなります。

スケジュールにバッファを持つ

1日のなかのタスクとタスクの間や、プロジェクトのスケジュールにはバッファ(余裕)を持ちましょう。そうすると緊急事態やトラブルが発生しても、残業を最小限にして対応できるでしょう。

当たり前ですが、残業を前提としたスケジュールにしてはいけません。

こまめに報連相を行う

定時で帰る人に対して、上司・同僚は「本当にやるべきことは終わっているの?」と疑問を感じています。スケジュールを共有しておき、進捗が問題ないことを報告しましょう。

また、こまめに連絡・相談を行うことで、定時で帰っても「仕事に関心があり、ちゃんと進めようと思っている人」だと周囲に伝わります。作業の手戻りもなくなるので一石二鳥です。

業務効率化のツールを活用する

効率的よく仕事を進めるには、ツールを最大限活用しましょう。

以下の記事では、業務効率化できるツールが紹介されています。参考にしてみてください。

マニュアル・テンプレートを作る

何度も繰り返し行うタスクの場合は、型化しておくとスムーズにできるのでおすすめです。

「1度やった業務であってもマニュアル化していなかったために、再度調べながら仕事をすることになってしまった…」という経験がある方もいるのではないでしょうか。その時は面倒に感じるかも知れませんが、マニュアルやテンプレートを作成することで、後からとても楽になります。

非効率的なやり方になっていないかチェックする

特に「今までずっとそのやり方だったから続けている」という仕事は、非効率的なやり方になっていたり、そもそもやらなくていいものがあったりするケースが多いです。どの仕事も、最大限効率化できているかチェックしながら行う習慣をつけましょう。

非効率なやり方の改善は、上司や同僚からも歓迎されます。

業務用のカレンダーの定時の時間に「帰宅」と書いておく

自分へのリマインドになりますし、周囲へ「定時を意識して働いている人」というアピールになります。業務時間外の会議に入らなくなるというメリットもあります。

集中力が切れたら休憩する

集中力が切れたままやるよりも、適度に休憩したほうが結果的に仕事を早く終わらせることができます。

休憩時間には、スマホをいじるのではなく、少し体を動かしたり外の空気を吸ったりするほうが、リフレッシュできておすすめです。

どうしても業務量が多いときは朝に早く来る

定時で終わらない業務量の場合、潔く帰って、翌日早く出勤して終わらせるようにしましょう。

終わる時間の決まっていない夜の残業はダラダラとしてしまいがち。朝早くに出社すると始業時間というタイムリミットがあり、頭も疲れていないので、短時間で仕事を片付けられるでしょう。

また、夜に残業して帰宅が遅くなってしまうと睡眠不足になり、翌日の業務にも支障がでます。すると翌日も結局残業してしまうという負のスパイラルにはまるので、避けたほうがよいです。

以下の記事でも、業務効率化するアイデアを紹介しています。参考にしてください。

定時に退社するためのコツ【会議編】

定時で退社するためには、会議でも工夫できることがあります。

上司・同僚に提案してみてはいかがでしょうか。

発言しない会議には参加しない

自分がほぼ発言しないような会議には、本来参加する必要がありません。ただ聞いているだけの会議には極力参加せず、議事録を確認するルールを提案するなどして、手を動かせる時間を確保しましょう。

「この会議に自分はいらないのでは?」と感じている人も実は多いので、同僚から喜ばれるかも知れません。

資料を読み上げる時間はなくす

誰かが資料を読み上げているのを聞いている時間は意識が散漫になります。会議のためにせっかく人が集まっているのに無駄な時間になってしまいます。

会議中に黙読する時間を作ったり事前に読んでもらったりして、資料を読み上げる時間はなくしましょう。そのあと質問を集めれば時間の節約になります。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめたebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひ無料ebookをご覧ください。

定時に退社するためのコツ【心構え編】

定時退社するためには、仕事の進め方だけでなく心構えも重要なポイントです。

ぜひ実践してみてください。

今日やるべきもの以外は明日でいいと考える

今日やらなくてもいいことのために残業していてはキリがありません。「今日はここまで」と決めて、それを超えた量の仕事は明日にまわしましょう。

急に発生した仕事は、今日やるべき仕事と比較して優先順位をつけ、優先度が高くないならば明日やります。

もし同僚からその日中にやってほしいと頼まれた仕事で優先度が低いと思う場合「〇〇があって今日はできないけれど明日ならできます」と伝えると角が立たないのでおすすめです。

また、もし上司からの依頼なら「〇〇の仕事があるのですが、どちらを優先してやるべきでしょうか?」と聞くのもよいです。

定時で帰ることを申し訳ないと思わない

早く仕事を終わらせて定時で帰るのは、悪いことではありません。申し訳なさそうにしていたり変な言い訳をすると、周囲に余計イライラされてしまうことが多いです。

定時退社するときは、笑顔で颯爽と帰りましょう。

以下の記事では「他の人が働いているなか定時に帰りづらい…」と思う人に向けて、早く仕事を終らせることのメリットや気まずさをなくす方法を紹介しています。あわせて読んでみてください。

定時退社は悪?早く仕事を終わらせるメリット・リスク、気まずさをなくす方法を解説
定時退社と聞くと、悪いイメージを持つ方もいるかもしれません。本来であれば勤務時間が過ぎれば退社しても問題ないはずですが、なかなか帰りづらいですよね。そこで今回は定時退社をする方法や気まずさを感じなくする方法を紹介します。

同僚に嫌味を言われても敵だと思わない

もし定時に帰ることで同僚に嫌味を言われても、気にしすぎず明るく振る舞い続けましょう。よくコミュニケーションを取る相手には嫌悪感を抱きにくいといわれています。

嫌われるのが辛いと考えているなら「相手と自分の課題を分離する」のもおすすめです。課題の分離について気になる方は、ベストセラー本「嫌われる勇気」を読んでみてください。

Twitterで見つけた定時退社する方法

定時退社する方法について、この記事で紹介したコツの他にもいろいろなご意見がありました。参考にしてみてください。

まとめ

本記事では、定時に退社するコツを紹介しました。仕事を早く終わらせると、趣味や家族の時間が増えて、人生が豊かになったと感じるでしょう。

ワークライフバランスを整えたい方に、以下の記事もおすすめです。ぜひ読んでみてください。

仕事もプライベートも楽しめる生活を手に入れよう

自由な働き方を手に入れるためのロードマップをプレゼント!

・フリーランスは自由な働き方の代わりに◯◯を失う
・フリーランスで1000万円以上稼いでいるのは◯◯万人
・未経験からフリーランスになるには◯◯をしなければいけない
・独立する前に◯◯をやっておくべき

ノマドワーカーのような自由な働き方を目指すあなたのために、テックキャンプでは限定eBook「フリーランスとして自由に働くためのロードマップ」をプレゼントしています。

無料eBookをダウンロード
タイトルとURLをコピーしました