ワークアズライフとは?ワークライフバランスの違いや実現のポイントを解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

落合陽一氏が提唱するワークアズライフ。「聞いたことはあるけれど、どんな考え方なのか詳しく知らない」という方も多いでしょう。

この記事ではワークアズライフの意味や考え方、実現のポイント、メリットを解説します。

よく使う「ワークライフバランス」という言葉との違いも紹介するので、この記事を参考に理解を深めましょう。

ワークアズライフとは?

まず初めに、ワークアズライフの考え方を解説します。


いま注目されている理由も紹介しているので、背景も合わせて理解しましょう。

「寝ている時間以外はすべて仕事であり趣味」という考え方

ワークアズライフは、メディアアーティストとして幅広い分野で活躍している落合陽一氏が提唱している考え方です。具体的な内容は以下の通りです。

仕事とプライベートを分けることなく、寝ている時間以外はすべて仕事であり趣味であるという考え方
この考え方では、そもそもストレスを感じる仕事はしないことが前提となっています。会社員として働いていると、苦手な仕事ややりたくない仕事を任されてストレスを感じることもあるでしょう。
ワークアズライフは、好きなことを仕事にして生活することを目指します。

ワークアズライフが注目されている理由

ワークアズライフが注目されているのは、メンタルヘルスによい影響が期待できるからです。

いま労働者のメンタルヘルスを守ることが重視されています。働き方改革により残業時間の規制などが進んでいることからも、国全体で取り組んでいることがわかります。

「仕事=趣味」とするワークアズライフを実現できれば、労働者のストレス軽減が期待できるでしょう。

また、インターネットや技術の発展・普及も、ワークアズライフの注目を後押ししています。自由な働き方がしやすい現代であれば、ワークアズライフの実現も困難ではないという意見も多く見られます。

ライフスタイルとは?理想的な生き方・働き方を見つける方法を紹介
「ウィズコロナ」時代において、私たちにとって「ストレスが少ないライフスタイル」とはどのようなものなのでしょうか。この記事では、理想のライフスタイルを見つける方法を紹介します。

ワークアズライフとワークライフバランスの違い

ワークアズライフとワークライフバランスは言葉やイメージが似ているので、同じ意味なのでは?と思う方も多いでしょう。


ここでは、ワークライフバランスの意味、ワークアズライフとの違いについて解説します。

ワークライフバランスの意味

ワークライフバランスは、直訳すると「仕事と生活の調和」という意味です。世の中に広く普及している言葉なので、認識している方も多いでしょう。

仕事が充実することだけを目指すのではなく、プライベートの充実、ライフステージに応じた多様な生き方を大事にする考え方です。

仕事とプライベートの両方が充実することで人生が豊かになる」という意味で使われることが多いです。

ワークライフバランスについては、以下の記事でさらに詳しく紹介しています。

違いは仕事とプライベートを区切るか区切らないか

ワークアズライフとワークライフバランスの違いは、プライベートを区切るか区切らないかにあります。

  • ワークアズライフ:仕事=趣味のため、仕事とプライべ―トを区切らない
  • ワークライフバランス:仕事とプライベートを区切ることが前提

ワークライフバランスの実現のためには、業務を効率化してプライベートの時間も確保することが大切とよくいわれます。これは、仕事とプライベートを区切っていることがわかる例ですね。

会社員の人は、オフィスに行ったり勤怠を記録したりするので「ワークライフバランス」の考えのほうが理解しやすいかもしれません。

対してフリーランスとして働いている人は、仕事の時間が決まっているわけではないので「ワークアズライフ」の考えもイメージしやすいでしょう。

ワークアズライフの考え方では「仕事も自己実現の手段」

ワークアズライフの考え方では、仕事はネガティブなものではありません。仕事もプライベートも自分の理想を体現するための手段という考え方です。

そのため、仕事の価値を時給ではなくやりがいにおくことが特徴といえます。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめたebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひ無料ebookをご覧ください。

ワークアズライフとワークライフバランスの実現のポイント

続いて、ワークアズライフとワークライフバランスの実現のポイントを紹介します。


実現にあたって重要なことがそれぞれ異なると言われています。

ワークライフバランスではタイムマネジメントが重要

ワークライフバランスを実現するためには、仕事・プライベート共に質の高い時間を過ごすことが大切です。

なぜなら、仕事・プライベートいずれかに時間を使いすぎると、もう一方に悪影響が生じてしまいバランスが悪くなるからです。

例えば非効率的な仕事をしていれば残業が増えてしまい、プライベートの時間が確保できません。ワークライフバランス実現のためには、タイムマネジメントが重要といえるでしょう。

ワークアズライフではストレスマネジメントが重要

仕事にやりがいを感じ熱中しているときが、ワークアズライフを実現している状態です。

自分がどんなことが楽しくてストレスを感じないのか、逆にどんなことにストレスを感じるのか知っていれば、ワークアズライフを実現しやすいでしょう。

公私の境目がなくなることで発生するストレスもあります。ワークアズライフではいかに日々ストレスを溜めないかが重要になります。

ワークアズライフのメリット

ワークアズライフには具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。


以下で解説していきます。

人生まるごと楽しめる

ワークアズライフを実現できれば、寝ている時間以外は好きなことをしていることになります。仕事の悩みを抱えることが少なく、楽しいと思える時間が多い人生になるでしょう。

「仕事の時間は楽しくないけれど仕方ない…」と考えている人も多くいます。仕事している時間を含めて人生まるごと楽しめることは、大きなメリットといえます。

仕事に対するストレスが減る

ワークアズライフを実現すると、自分の意思で仕事量を調整し、自分のペースで仕事を進められることが増えます。

自分の価値観と合う行動をし、自らの意思で日々どのように過ごすかコントロールできるので、仕事のストレスが減るでしょう。

人生を楽しむためにやめるべきことは?名言やおすすめの本も紹介
「人生を楽しむためには何をすべきだろう」と悩んでいませんか?この記事では人生を楽しめない人の特徴、人生を楽しむためにやめるべきこと、前向きになれる名言や本を紹介します。

ワークアズライフ反対派の意見

ワークアズライフの考え方に反対の人もいます。


反対派の意見は主に以下の2つです。

長時間労働となり体調を崩してしまうのでは?

「ワークアズライフでは、長時間労働となり体を壊すケースが出るのではないか」という意見があります。

しかし、ワークアズライフのポイントは「好きなことを仕事にする」、つまり長時間やってもストレスを感じないほどやりがいのあることを仕事にするということ。

体調を崩すほどストレスを感じることを長時間行うのは、ワークアズライフを実現しているとはいえないでしょう。前述のように、心理的ストレスを軽減できるようストレスマネジメントすることが重要です。

ワークアズライフは、常に仕事をしていないと落ち着かないため仕事ばかりして、体力的・精神的に無理が出てしまうワーカホリックな状態とは異なります。

ワーカーホリックになりやすい人の特徴とは?改善法や危険と言われる理由も
「休日も仕事のことを考えてしまい気が休まらない」と悩んでいませんか?取り憑かれたように仕事をしてしまうワーカーホリックは、ワークライフバランスの乱れにつながります。この記事ではワーカーホリックがどのような状態なのかを解説し、ワーカーホリックになりやすい人の特徴や改善方法を紹介します。

自分に合った仕事を探すのは難しいのでは?

「自分に合った仕事を探すのは難しいのではないか」「会社員がワークアズライフを実現するのは無理ではないか」という意見も多く見られます。

たしかに、好きなことを仕事にする人はまだ少ないですしリスクもあるでしょう。

でも最近は、徐々に多様な働き方が認められてきています。すぐに完璧なワークアズライフを実現することが難しくても、自身の幸せのためにも多様な働き方を模索することが大切でしょう。

多様なワークスタイルが選べる時代到来!企業の事例も紹介
これまでは仕事は長時間労働、残業、社命による転勤などが当たり前でした。ITの発達により、個人は働く場所や時間を選べるようになりました。一方、企業は、少子高齢化などによる労働人口の減少に伴い生産性向上のための労働環境の改善に取り組み始めています。この記事では、あなたに合うであろう様々なワークスタイルを解説します。

まとめ

ワークアズライフは「好きなことを仕事にして生活する」という考え方です。実現できば、人生をより楽しめるようになったり、仕事のストレスがなくなったりするでしょう。

以下の記事ではワークアズライフを実現する具体的な方法や、おすすめの職業を紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください。

ワークアズライフを実現する方法やおすすめの職業を紹介
ワークライフバランスと同様に注目されているワークアズライフ。落合陽一氏が提唱する「寝ている時間以外はすべて仕事であり趣味である」という考え方です。この記事では、ワークアズライフを実現する方法や実現しやすい職業、考え方を解説した落合氏の本を紹介します。

仕事もプライベートも楽しめる生活を手に入れよう

自由な働き方を手に入れるためのロードマップをプレゼント!

・フリーランスは自由な働き方の代わりに◯◯を失う
・フリーランスで1000万円以上稼いでいるのは◯◯万人
・未経験からフリーランスになるには◯◯をしなければいけない
・独立する前に◯◯をやっておくべき

ノマドワーカーのような自由な働き方を目指すあなたのために、テックキャンプでは限定eBook「フリーランスとして自由に働くためのロードマップ」をプレゼントしています。

無料eBookをダウンロード
タイトルとURLをコピーしました