ウェルビーイングとは?働く一人ひとりの幸福を実現する組織と事例を解説

>>ワークライフバランスを実現したい方へ
手に職をつけて自分らしく働く方法を資料で解説!

働き方改革の推進により、働く人たちを取り巻く環境は全てが満たされた状態であることが求められるようになりました。

その指標として注目を集めているのが、幸福の概念であるウェルビーイング(well-being)です。ワークライフバランスの実現のために必要不可欠なものとして認知されています。

この記事では、ウェルビーイングの意味や、メリット、取り入れる方法などを解説します

ウェルビーイングとは

ウェルビーイングとは「幸福」「健康」を意味する言葉です。


1964年の世界保健機関(WHO)憲章の中で以下のようにウェルビーイングは定義され、使用されています。

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます

日本WHO協会訳

本来は社会福祉や医療分野、心理学などで使用されていた用語ですが、近年はビジネス分野でも使われるように。

ビジネス分野では、組織経営や、働く一人ひとりを取り巻く環境を考える際に使用します。

ウェルビーイングの構成要素

ウェルビーイングの具体的な構成要素を紹介します

アメリカの世論調査会社であるギャロップ社はウェルビーイングを以下の5つから構成されると発表しています。

Career Wellbeing(キャリア ウェルビーイング)

1つはキャリアにおける幸福。仕事はもちろんですが、人生におけるキャリアです。

自分の趣味やボランティア、勉強はもちろん、子育てなど家庭全般のことを指します。つまり、1日の中で多くを費やしていることです。

Social Wellbeing(ソーシャル ウェルビーイング)

人間関係の幸福です。どれだけ強い信頼と愛情がある関係性を築けるかも大切な要素になります。

Financial Wellbeing(フィナンシャル ウェルビーイング)

経済的な幸福です。報酬を得る手段を持っているかや、自分の資産を管理・運用できているかなど。

Physical Wellbeing(フィジカル ウェルビーイング)

身体的・精神的な幸福です。心身ともに健康な状態であることを指します。仕事、仕事以外の日常生活を前向きな感情で過ごせているかで判断できるでしょう。

長時間労働や休日の過ごし方など、仕事から受ける影響が大きい要素です。

Community Wellbeing(コミュニティ ウェルビーイング)

住んでいる地域のコミュニティとの関係性や、所属している会社との関係性などに関わる幸福です。

日本でウェルビーイングが求められる背景

近年、日本でウェルビーイングが求められる背景について解説します


主に2つの背景があります。

・働き方改革により多様な働き方とワークライフバランスの重視
・超高齢社会による労働力不足

日本は戦後以降、高度経済成長期を経て発展を続けてきました。その環境下では、社員の健康管理はコストであるとされていました。

しかし、近年は過労死などが問題となり、働き方改革を政府が推進するように。結果「社員一人ひとりが自分らしく働く」という選択肢が増えたのです。

その結果、現在はワークライフバランスを多くの人が重視しています。

また、超少子高齢社会になり、労働力不足が深刻になっていることもあげられるでしょう。企業は優秀な人材を雇うために、働きやすい環境づくりをしなければいけなくなりました

そして、企業は離職率低下と社員の満足度向上や生産性の向上のためにウェルビーイングに力を入れているのです。

幸福度から見た日本の現状

続いて、幸福の観点から日本の現状を見てみましょう。

国連が発表した2020年度版「世界幸福度報告」では、日本のウェルビーイングは、世界62位でした。前年2019年より4位後退しています。

幸福度10段階では日本は5.871。先進国の中でも低い結果で、日本では幸福が満たされている人が少ない傾向があることがわかります。ちなみに要因別ランキングは以下です。

  • 健康寿命 2位(74.8歳)
  • GDP 24位
  • 自由度 64位
  • 寛容さ 92位
  • 腐敗のなさ 39位

自由度や寛容さが極端に低いことがわかります。

自由度は「人生選択の自由」という設問への回答結果です。多くの人が新卒で就職し、会社に拘束されて働いている環境から幸せを感じられない人が多いのでしょう。

寛容さは「社会貢献への寛容度」という設問への回答結果です。他者に貢献することがあまり日本人にはなじみがないため一概には言えませんが、他者への貢献は幸福度に大きく関係しているといえます。

日本人が幸福度を向上させるためにはまだまだ道半ばといえるでしょう。

自分らしい働き方をしたいあなたへ

テックキャンプでは「手に職をつけて柔軟な働き方を叶える方法」をまとめたebookを限定公開しています。

ワークライフバランスを実現させて、自分らしい人生を送りませんか?

<資料の内容>
・手に職をつけて活躍できる人材になる方法
・あなたが知らない新時代の働き方
・目指すべきおすすめの職種と実現方法

仕事も大事だけど、プライベートの時間はしっかりほしい」と考えている方はぜひ無料ebookをご覧ください。

ウェルビーイングのメリット

では、ウェルビーイングにはどのようなメリットがあるのでしょうか


働いている人が得られる利点について紹介します。

自分にとっての幸せを確認できる

会社がウェルビーイングに取り組むことで、自分自身の幸せや健康について確認できるようになります

日々仕事に追われていると、なかなか自分自身のことを客観的に省みる時間はありません。

今の仕事がどうあれば「幸福」「健康」になれるかを確認する機会があると、幸せに働ける環境を作るために、率先して会社に声をあげられるようになります。

会社も社員の声を拾い、よりよい環境づくりを進めるでしょう。

人間関係の改善

ウェルビーイングに取り組むことで人間関係の改善も期待できます

職場は1日の中で多くの時間を過ごす場所です。人間関係が築かれることで、モチベーションも上がり、楽しく仕事を続けることにもつながります。

また、ストレス軽減も期待できるでしょう。

生産性・創造性の向上

生産性や創造性の向上も期待できます。


企業が先進的な取り組みを共有する「ウイングアークフォーラム 2017」では、幸福度が上がることで、社員の創造性は3倍、生産性は1.3倍に向上するという研究があることが紹介されました。

また、ウェルビーイングに取り組むことで離職率も低下し持続的な生産性の好循環も、もたらします。

職場環境の改善

ウェルビーイングを実践している企業は、社員の幸福度につながるような職場環境を目指しています。

生き生きと働けるように有給を取得しやすくしたり、時短勤務やフレックスタイム、テレワークなどの働き方を選べるようにしたりして、よりよい環境を整備していくでしょう。

サービス残業や、長時間労働などがあれば改善にもつながります。

ウェルビーイングをおこなう方法

ここからはウェルビーイングをおこなう方法について解説していきます


あなたの会社で取り組んでいることがあるかどうかも確認してみてください。

福利厚生を充実させる

ウェルビーイングを実践するためには、福利厚生を充実させることが大切です。

家賃補助や、リフレッシュ休暇など特別休暇の付与、花粉症対策への補助などさまざまな福利厚生を整備することで、働きやすい環境が整います。

その結果、社員一人ひとりの幸福度は向上するでしょう。

活発なコミュニケーションを促す環境を作る

コミュニケーションを促すような風通しのよい職場環境、会社風土を作ることも重要

休憩スペースの設置、業務ごとに好きな席で作業ができるフリーアドレス制度の導入することなどがおすすめです。

あるいはSNSなどのコミュニケーションツールで日頃から社員同士が交流がおこなえる場を作ることも大切です。

日常的にコミュニケーションがとれることで、仕事も円滑に進むためウェルビーイングは向上します。

上司と部下のコミュニケーションなら1on1がおすすめ。詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

ウェルビーイング実現度を定期的に確認

取り組みが見えにくい場合は、ウェルビーイング実現度を定期的に確認することも大切です。

アンケートや従業員からの提案制度などを通して、取り組みが成果をあげているかどうかを可視化。

それにより、ウェルビーイング実現に向けて、やるべきことや改善するべきことが把握できるでしょう。

毎朝瞑想を導入する

毎朝、社員全員で瞑想に取り組むこともウェルビーイングには最適です。


瞑想には、集中力やセルフコントロール、ストレス軽減などの効果があります

GoogleやApple、Facebookなどの世界的企業も積極的に取り入れていることから、仕事に効果的なことがわかるでしょう。

副業を推奨する

副業を推奨することもおすすめです。今の仕事のスキルをそのまま副業として活かせることで収入も増え、より働くことにやりがいを得られます。ウェルビーイングの向上に寄与するでしょう。

姉妹サイトでは、会社員におすすめの副業を紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

毎日メモ書きをする

毎日メモ書きすることもウェルビーイング向上に効果的です。メモ書きはA4の白紙1枚ににつき1分以内に頭に思い浮かんだことを書き出していくというもの。

頭のもやもや解消やコミュニケーション能力、行動力向上などに役立ちます

これはマッキンゼーで14年間勤務していた赤羽雄二さんの「ゼロ秒思考」で紹介されているので、ぜひ一読してみてください。

出典:Amazon

ウェルビーイングを導入する企業の事例

最後にウェルビーイングを導入する企業の事例を紹介しましょう

株式会社アシックス

出典:株式会社アシックス

スポーツ文化や健康的な生活につながる商品・サービスを提供する株式会社アシックス。

社員の健康的な生活の実現を目指す「健康経営」に取り組んでいます。「ASICS Well-being」体制を立ち上げ、運動に特化したウェルビーイングを実践しています

・道具がなくても、自分の席で可能な5分でできるリフレッシュエクササイズ講習
・社員によるリレーマラソン大会
・メンタルヘルスケア
・シャワー完備のスポーツ施設

PwC Japanグループ

出典:PwC Japanグループ

グローバル企業のPwC Japanグループは世界中でウェルビーイングを実践。

従業員一人一人が心身ともに健康であり、PwCグループで働くことで成長実感や幸福感を感じ、自律的に高いモチベーションで仕事に取り組める組織」と謳っています

主な取り組みは以下です。

・マッサージルームの設置
・職場復帰支援プログラム
・長時間労働対策の推進
・ストレスチェック
・法定検診以外の補助
・歯科検診の補助
・フレックスタイムでの勤務(コアなし)

サントリーグループ

出典:サントリーグループ

「心身ともに健康で、毎日元気に働き、やる気に満ちている」状態を目指しているサントリーグループ。

ウェルビーイングの実現を進め、魅力ある勤務先を世界共通基準で測る「エンプロイヤーブランド・リサーチ2019」で1位を獲得しました。

社員一人ひとりが生きがいを持ち働ける境があります。主な取り組みは以下です。

・継続的な社員意識調査
・適材適所の人材配置
・「有言実行やってみなはれ大賞」創設
・卒煙サポート制度
・マッサージルームの設置

大和証券グループ

出典:大和証券グループ

社員一人ひとりのモチベーション、一体感を最大限に高め、顧客の満足度向上を目指す大和証券グループ。

2015年から健康経営推進体制を導入し「社員の幸福」と「会社の生産性向上」を両立するというウェルビーイングを実践しています。主な取り組みは以下です。

・ハラハチ(腹八分目プログラム)
・インフルエンザワクチン接種
・がん就労支援プラン
・在宅勤務制度
・ライフサポート有給休暇

まとめ

働き方改革が進む現代において、社員一人ひとりのウェルビーイングの追求はとても重要になっています。

社員の幸福度を高めることは、仕事のモチベーションアップやワークライフバランスの実現につながるでしょう

この記事が具体的なウェルビーイングの活用方法について参考になれば幸いです。

仕事もプライベートも楽しめる生活を手に入れよう

自由な働き方を手に入れるためのロードマップをプレゼント!

・フリーランスは自由な働き方の代わりに◯◯を失う
・フリーランスで1000万円以上稼いでいるのは◯◯万人
・未経験からフリーランスになるには◯◯をしなければいけない
・独立する前に◯◯をやっておくべき

ノマドワーカーのような自由な働き方を目指すあなたのために、テックキャンプでは限定eBook「フリーランスとして自由に働くためのロードマップ」をプレゼントしています。

無料eBookをダウンロード
タイトルとURLをコピーしました